本文へジャンプします。




« S評価寸前の高指数を叩き出した"伸び盛り"の1頭(チャンピオンズC) | トップページ | 今年の牝馬は調教指数的にハイレベル(阪神JF) »

2016年12月 5日 (月)

B評価馬の2頭で決着(チャンピオンズC)

【 調教指数通りの走りができず 】

日曜の中京では、「チャンピオンズC・GⅠ」が行われます。

尚、今回は「計7頭」好調教馬に該当。

勝ったのがサウンドトゥルー。今回は
「美・坂路」で《81》・B評価 をマーク。元来、稽古駆けするタイプではないだけに、いつも以上の仕上がり。


3

レースでは定位置の最後方付近を進み、直線勝負に懸けるレース運び。直線半ばで大外に持ち出すと、先に抜け出した2番アウォーディーを、ゴール前で捕らえて1着。昨年のリベンジを果たす走りはお見事。

1番人気のアウォーディーも今回は「栗・CW」で《82.3》・B評価 をマーク。同馬も稽古駆けするタイプではないだけに、状態は良く、「相手候補」とした次第。


そして、当方が「コラム推奨馬」へとりあげたのがゴールドドリーム。

今回は、「栗・坂路」S評価寸前の《94.3》・A評価順位1位をマーク。調教指数そのものは、ここでもトップクラスであり、強力な古馬勢を撃破するシーンに期待した次第。

結果、スタートで出遅れ、流れに乗りきれず12着に大敗。古馬相手の初GⅠとなった今回は、辛酸を舐める結果となりましたが、調教指数からは、古馬GⅠに手が届く力を見せているだけに、来年に期待。

また、先週末は土曜にも2重賞が行われました。その中で、金鯱賞の「調教から狙える好配当馬」にとりあげたヤマカツエースが快勝。3着の同着により複勝配当は下がってしまいましたが、単勝990円の好配当には満足。


4

馬券の詳細に関しては週中にでも。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。