本文へジャンプします。




« 攻めが一変すればレースぶりも…(朝日杯FS) | トップページ | キタサンブラック危うし??(有馬記念) »

2016年12月19日 (月)

"好調教ゼロ"では牡馬相手に勝てず(朝日杯FS)

【 「馬体減」&「テンションの高さ」で強い負荷を掛けられず 】

今週は阪神で「朝日杯FS・GⅠ」が行われました。

今年、注目を集めたのは牝馬で参戦のミスエルテ。

阪神JFを制したソウルスターリングと同じ、怪物フランケルの産駒ということもあり、牡馬相手にも堂々の1番人気。尚、今回は1週前・好調教馬に該当せず。

そして、当週も4Fから軽めの調整。池江厩舎お馴染みの調整パターンとは云え、中間に"好調教ゼロ"となると、"危険な人気馬"の可能性も十分と判断した次第(この件に関してはコチラを)。


結果は、道中で中団を進んだものの、直線は伸びあぐねて4着まで。もちろん、掛かった分もありますが、当方の見解としては、牡馬相手のタフな闘いに向けて調教での負荷が足りなかったとではないかと考えている次第。


2

そして、当方が「コラム推奨馬」へとりあげたのがレッドアンシェル。

今回は、「栗・CW」で《88.3》・A評価をマーク。これまでは稽古で目立った動きを見せぬまま連勝してきた同馬が、攻めの動きを一変させた点を評価。レース振りの更なる良化を見込んで、世代の頂点に立つシーンに期待した次第。

レースでは、中団を進み、直線でも良いポジションを得たかに見えたものの、前を走る2頭がフラフラして間を割れず。不完全燃焼のまま8着という結果に終わってしまい残念。

叩き2走目となる次走でも、今回のような調教指数をマークできれば巻き返しは必至。
今回の結果は受け入れつつも、今後も注目したい1頭です。


1

尚、中京1Rには当週に「栗・CW」S評価をマークしていたスズカロングが登場。

2 未勝利戦、それもローカルでS評価馬が登場するのはレアケース。
「正に暮れのボーナスや!!」と飛びついた次第。(「調教から狙える好配当馬」にも推奨。)

結果、マッチレースの相手となった人気薄の3号馬が予想以上に渋太く、肝を冷やしましたが、最後は半馬身競り落としての勝利。

人気馬が1頭取消になり、オッズは下がりましたが、それでも前述の背景がありながらの、単勝410円は好配当の部類。最終週もS評価馬の登場にご期待下さい。

馬券の詳細に関しては週中にでも。
 


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。