本文へジャンプします。




« 他馬を圧倒する「3週連続の好調教」(阪神JF) | トップページ | 怪物フランケル産駒に立ちはだかる強力牡馬勢(朝日杯FS) »

2016年12月12日 (月)

今後は短距離戦での活躍を期待(阪神JF)

【 「3週連続好調教」の「コラム推奨馬」 】

昨日の阪神では2歳牝馬の頂上決戦、「阪神JF・GⅠ」が行われました。

当方が「コラム推奨馬」へ取り上げたのがレーヌミノル。

前走時に引き続き、今回も「栗・CW」での調整。2週前には《90.6》・A評価 の高指数を、1週前にもB評価をマークし、最終追い切りでも再び、《90》・A評価 の高指数をマーク。「3週連続の好調教」に該当し、メンバー中でも抜きん出た存在と判断。


2

レースではスタートを決めて絶好位を追走。我慢の利いた走りで、直線もジリジリと伸びてきましたが、上位2頭には競り負けて3着まで。

そして、「相手候補」の1頭がリスグラシュー。

1

今回は、1週前に「栗・坂路」で《86.7》・A評価 をマーク。前走ほどではなかったものの、力を出せる仕上がりにあると判断した次第。

レースでは、1馬身ほどの出遅れがあり後方からの競馬。3角~直線まで、終始外を回す競馬を余儀なくされてしまい、末脚を発揮するも2着まで。終始ラチ沿いをピタリと回り続けた勝ち馬とは出遅れ、コース取りの差。

巻き返しに期待の持てる内容で、来春が楽しみ。


そして、日曜はもう1頭、「コラム推奨馬」へ取り上げたのが中京10Rのペルシアンナイト。

今回は、1週前に「栗・CW」S評価 となる《96》の高指数をマーク。もちろん、順位は1位。

前走は追い出されてから若さを露呈してソウルスターリングの後塵を拝しましたが、強敵不在のここは「通過点」として来春のクラシックを目指すと判断した次第。

結果、想定以上に人気が集中したとは云え、調教指数どおりの力を発揮して完勝。


3

馬券の詳細に関しては週中にでも。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。