本文へジャンプします。




« 昨年と同じく香港で巻き返す!?(エイシンヒカリ) | トップページ | 「怪物」を父に持つ「良家のお嬢様」もいますが(ファンタジーS) »

2016年11月 3日 (木)

函館2歳Sの2着馬が勝ち馬を逆転??(京王杯2歳S)

【 3週連続の「30勝台」&「勝率10%以上」 】

Tk1029

先週の勝ち星数は「31勝」。これで3週連続して「30勝台」をキープし、4週間前に「7.8%」まで落ち込んだ好調教馬全体の勝率も「10.9%→10.3%→10.0%」と3週連続して「10%以上」をキープ。

ところで、今年の中央競馬も残すところ8週となりましたが、今年の勝ち星等については、現時点でいずれも昨年を上回る数字をマークしており↓、直近の1~2ケ月の状況からしても、今年は昨年以上の実績を残せるのはほぼ確実。

Tds1030
ただ、以前にも書きましたが、データ自体が優秀である必要があるのは当然として、最も重要なのは「データを利用して馬券で儲けを得ること」ですので、昨日のブログでも書きましたとおり、この週末はデータ作成に続き好調教馬の「取り捨て」に関する諸作業にも注力いたします。




【 「2週連続好調教」に該当かは要注目(京王杯2歳S) 】

今週はGⅠの"谷間"となりますが、東西で合計4重賞が行われます。

この中で当方の注目が得意とする「2歳重賞」「京王杯2歳S・GⅡ」

主役の1頭は、函館2歳Sの覇者・レヴァンテライオン。今回は1週前に「栗・CW」で《84》・B評価 をマーク。そして、今週は「栗・坂路」での最終追い切り。尚、今週の「栗・坂路」は2頭が49秒台をマークしている時計の速い馬場状態。でもって、基準となる「20番時計」は4F51.2秒。1F12.4秒はまずまずですが、4F53.3秒は今週の馬場状態だと平凡。初の長距離輸送を控えて軽めの内容ですが、1週前の内容から仕上がりの不安はありません。


レヴァンテライオン
(1週前)
栗・CW 6F80秒前半-1F13秒前半 ⇒調教指数《84》・B評価
(当週)
栗・坂路 4F53.3-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価


モンドキャンノは「栗・CW」での1週前追い切りを消化して、《91》・A評価 の高指数をマーク。そして、今週も同コースで追い切り、6F82秒前半をマーク。1Fも12秒前半でまとめていますので、「2週連続好調教」に該当する可能性あり。


モンドキャンノ
(1週前)
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《91》・A評価
(当週)
栗・CW 6F82秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


そして、小倉2歳Sを圧勝のレーヌミノルは1週前に「栗・CW」で5F追い切りを消化して、66秒前半の好タイムでもって、《87》・A評価 に該当。今週は長めの追い切りを消化。1F12秒前半はまずまずですが、6Fは輸送を意識してか85秒前半と軽め。ただし、1週前の時点で仕上がっており、力は出せる状態にはあります。


レーヌミノル
(1週前)
栗・CW 5F66秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《87》・A評価
(当週)
栗・CW 6F85秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


関東馬の多数が「美・南W」で追い切りを消化。

尚、今週の同コースは時計の掛かる馬場状態。

その中では、ダイイチターミナルが数少ない1F12秒台をマーク。5F68秒前半も含め優秀。
好調教馬に該当するかご注目下さいマセ。


アポロミッション
美・南W 6F84秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
グッドヒューマー
美・南W 5F--秒前半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
コウソクストレート
美・南W 5F68秒前半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ダイイチターミナル
美・南W 5F68秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
タイムトリップ
美・南W 5F--秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ダノンハイパワー
美・南W 5F--秒前半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ディバインコード
美・南W 5F67秒前半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


昨年は、A評価馬のボールライトニングが快勝。3着のシャドウアプローチもB評価に該当。今年も好調教馬に多数が該当しそうな感。

モンドキャンノは函館2歳Sでレヴァンテライオンに敗れましたが、調教指数的には逆転のチャンスは十分。「2週連続好調教」に該当するかご注目下さいマセ。


3
 
尚、「京王杯2歳S・GⅡ」を含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。




【 Tのランチ&晩ご飯(カルボを追い求めて) 】

先週の金曜日はグルメ雑誌に多大な影響を受けて頭の中が「カルボナーラ」で一杯になった当方(この件はコチラを)。

そして、その金曜日のランチで食べたパスタが"カルボとは似て非なるモノ"↓でしたので、

(海老クリームのパスタ。これ自体は結構なお味でしたが…)

Ebic201610a

これが引き金となってカルボへの欲求を更に募らせることになり、翌日の土曜日は競馬開催日にも拘わらず地元の小さなイタリア料理店へと。

何せレースの合間を縫ってのランチだけに自宅から最も近くにあるお店へ飛び込んだのですが、いざ注文してみるとランチタイムに提供されるのは黒板に書かれていた3種類のパスタだけ。

勿論、カルボしか頭になかった当方は「あのぉ~カルボナーラを作っていただくことは出来ませんでしょうか?」と極めて丁重に?リクエストしたのですが、お店の方からはキッパリと「お昼はこれだけなんですよぉ」との厳しいお言葉(←当方が我が儘言っただけなんでスイマセン・笑)。

ただ、時間的な制約もあり別のお店に移動するのは困難でしたので、こちらでランチメニューのパスタをいただくことに相成り、従って、この日もカルボにはありつくことが出来ず。

(カルボではなかったものの↓の2種類のパスタには大満足。開催日、しかも、日曜日分の作業もありワインが飲めなかったのが残念至極)

Pst20161029a

Pst20161029b

Pst20161029c

Pst20161029d

そして、その翌日の日曜日は"ダメもと"で京都競馬場内でカルボを探索しましたが、"予想どおりの結果"でしたので(ナポリタンとミートソースのパスタは発見しましたが)、諸般の事情から"念願のカルボ"は更に月曜日へと持ち越し。

それでもって、その月曜日も紆余曲折あって?お目当てのカルボと漸く巡り会えたのは夜の9時過ぎ。

しかしながら、ここでは間違いなく「カルボナーラ」と注文しましたので、ビールで喉を潤しながらカルボとのご対面を心待ちにしていたのですが、徐に登場したカルボを愛おしむように口に放り込んだ瞬間…。

Pst1031a

Pst1031b

Pst1031c

その直後、事情は↓で説明しますが、当方は↑のカルボをまるで駅中の「立ち食い蕎麦」で食べるが如くのスピードで完食し、速攻でお店を後にして近くにある別のお店へ走って行き再びカルボを注文↓。

Pst1031d

Pst1031e

Pst1031f

そして、この暴挙とも云える"カルボの梯子"を敢行した理由は「1軒目のお店のカルボが冷たかったから」(それ以外にも諸々の理由はありますが)。

1軒目のお店ではカウンター越しに見える厨房でシェフが鍋を振るっており、当方のカルボが"出来たてほやほや"であったことは間違いありませんが、厨房からテーブルまで約5mを移動する間、そして、当方が写真を2~3枚撮る間に「ここまで急速に冷(さ)めるかぁ~!?」と不思議の思うくらいその"冷めっぷり"にはビックリ。それでもって、ほぼ4日に亘ってカルボを追い求めていた強い思い・欲求が衝動的にこの梯子と云う行動に走らせる次第。

なお、2軒目のお店で食べたカルボは「こうあるべき」と云うに相応しいほど"熱々(あつあつ)"。そして、ソースも見た目以上に濃厚で自家製の生パスタもこれによく絡み十分に"達成感"を味わいましたので、これでもって漸くカルボの呪縛から解き放された当方でした。

ちなみに、当方がカルボに"熱々"を求めるようになったのは約25年前の"とある出来事"から。

昭和の終わり、平成の始まりの頃に大阪へ出て来た当方ですが、その時は右も左も分からずランチも先輩の後ろを付いて行くだけ。そして、先輩によく連れて行っていただいたのが、事務所から徒歩3分のところにあったイタリアン料理店(←何年か前に別の場所へ移転)。

その当時は関西テレビが直ぐ近所にあり、そのお店にも芸能人(多くが吉本の芸人さんでしたが)が多数来店し、ランチタイムは大盛況。最近、愛人問題が発覚した某師匠もよくお見受けしましたが(その愛人さんが師匠への報復措置?としてコチラへ出演)、ある日、その師匠が数人のお供の方と混雑するランチ時に訪れ「オバチャン(恰幅の良いオーナー・シェフ)、夜のコースはでけへんのぉ?」と尋ねられたのですが、その時、厨房の中で死に物狂いで鍋を振るっていた(大袈裟・笑)オバチャンは「こんなんやから(バタバタしているから)コースは無理やわぁ~」とキッパリ。それに対し、その師匠がどのようなレスポンスをするか注目していたところ、師匠も「そりゃしゃあないわなぁ~(標準語に翻訳すると「それは仕方がないな」)。また、来るわぁ」と何事もなかったようにお店を後に。

ところで、その思い出深いお店にはテーブル周りを仕切っていたオバチャンがもう一人いたのですが(イタリアンよりも「食堂」の方がよく似合う…失礼・笑)、その接客ぶりは極めて無愛想。ただ、そのオバチャンは態度や言葉使いがぶっきらぼうなだけでお客さんに対しては実に細やかな心遣いをされており、若かりし当方がカウンターの端にせせこましく座っていところ「お兄ちゃん、あそこの広いテーブルが空いたからアッチへ替わりぃ」などとよく面倒を見て貰った次第。

そして、ある時、当方が取引先の方をお連れしてお店を訪れた際、その方が注文されたのが「カルボナーラ」。ただ、その方はカルボがテーブルに運ばれてきてからも料理に全く手を付けることなく話に夢中。

正直言って当方もそれが気になって仕方なく少しイライラし始めた時、先のオバチャンが当方らのテーブルまでツカツカとやって来て言い放ったのが「このカルボは冷めたら美味しくないねん。早よ食べた方がええよ」の一言。それでもって、苦笑しながらも漸くカルボを食べ始めたその取引先の方ですが、お店を出た途端に「あのオバハン、わざわざ席まで来て余計なこと言いやがって。気分悪いわぁ」と吐き捨てるように…。

この事があって以来、その方とは"10万光年"くらいの距離を置きながらの付き合い(取引)しかしなくなった当方ですが、バブルの時は振り良く超イケイケだったその方もバブル崩壊後に"音信不通"となり、その後は"消息不明"に。

長々となりましたが、そのような出来事もあってカルボナーラと接する機会がある度に、その頃のことが頭に過ぎり「カルボは熱(あつ)なかったらアカン」となった次第です。

オーナー・シェフともう一人のオバチャンは元気にしてはるやろか?ネットで調べてみると移転先で営業されているようですので、機会があれば是非訪ねてみたいと思います。




【 お知らせ 】

10月15日(土)から東京の「書泉グランデさん&書泉ブックタワーさん」におきまして、当方が単行本の出版等々で大変お世話になっているKKベストセラーズさんの競馬本に関するフェアを開催されることなりました(詳細については↓の告知文をご覧下さい)。

Keibabonnf2016a

このフェアでは当方も11月20日の「マイルCS・GⅠ」と12月25日の「有馬記念・GⅠ」の予想を担当させていただきますので(ちなみに、このブログでもお馴染みのハイブリッド新聞を主宰するK氏こと久保和功氏は10月16日の「秋華賞・GⅠ」と12月25日の「有馬記念・GⅠ」を担当します)、何卒よろしくお願い申し上げます。


☆ 魅力の特典!秋華賞予想からスタート ☆ 

書泉グランデ&ブックタワー2016秋  KKベストセラーズ競馬本フェア

書泉グランデ(3F競馬本売り場~都営地下鉄神保町駅03・3295・0011)、書泉ブックタワー(4F競馬本売り場~JR秋葉原駅03・5296・0051)にて、「秋競馬に勝負をかける! KKベストセラーズ競馬本フェアSeason6」を開催します。

10月15日~年内に、KKベストセラーズ刊行の競馬単行本、競馬ベスト新書、月刊誌「競馬最強の法則」のいずれか1冊でも購入されると、おなじみの下記3大特典が付きます!

●特典1「次、買いたい馬」週替わりで府中の飲み屋から、水上学、ヒノくん、上野誠ら予想家たちが、反省を込めて贈る涙とヤケ酒の生リポート! (毎日付きます※10月17日~)

●特典2「秋のGⅠ激走馬予想」今季も水上学、ヒノくん、久保和功、高中晶敏、境和樹などの人気予想家が登場。有馬記念までの秋のGⅠを分析予想します。(GⅠ開催の土日のみ※10月15日・16日秋華賞~)

●特典3「GⅠ熱闘ポートレート」2016年春のGⅠの名シーンをプリント。①桜花賞 ②皐月賞 ③オークス ダービー。(※10月15日~毎日付きます。ただし枚数に限りがあるので先着制です)




【 先般発売の単行本が増刷に! 】

先般、関係各位のご協力を得て↓の単行本を出版する運びとなり、5月の半ば過ぎから発売が開始されましたが、この度、初版分が「完売」となり、第2版の
「増刷」が決定いたしました。

これも一重に、お買い求めいただきました皆様方、そして、本書出版に際してご尽力いただきましたKKベストセラーズのHさんとライターのNさん、プレゼント企画でご協力いただきましたサンスポのT部長、競馬王のAさんをはじめとし、平素から愚生を支えて下さっているたくさんの方々のお陰と、心から感謝し、厚く御礼を申し上げます。

そして、皆様方からのご厚情にお応えすべく、より一層の努力をして参る所存ですので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

3rf20160521x

☆ KKベストセラーズのHさんから送っていただいた「増刷分」が到着! ☆

3rf20160810


(お陰様でamazonさんの「競馬の売れ筋ランキング」では「第1位」の座も獲得!)

3rf20160527amz

(平素から大変お世話になっている「サンスポ」さんでプレゼント企画をしていただきました。T部長、ありがとうございました!)

Sansp20160604a

(そして、こちらも大変お世話になっている「競馬王」さんでも。Aさん、ありがとうございました。今度は"ま○ちゃん"の企画でもって是非!)

Keibao201606a

Keibao201606b


■ 高中晶敏 『 ここに
あり!3連複 』 ■


3rf201605a

⇒「amazon」さんからのご購入はコチラ


区 分 : 単行本 四六版並製 本文208頁
出 版 : KKベストセラーズ
価 格 : 本体1667円+税
発 売 : 5月21日(土)

(内容紹介)
3連単の6倍当てやすく、馬連の約4倍オイシイ配当! JRAで3連単に次ぐ馬券シェアを誇る「3連複」の買い方に初めてスポットライトを当てた馬券本。ボックス、1頭軸流し、2頭軸流しなどのオーソドックスな買い方から、3軸目総流しや変則2頭軸などの知られざるフォーメーション馬券まで、七色の3連複馬券テクニックを伝授! 併せて著者・高中の単勝万馬券馬の激走まで見抜く調教予想法も紹介。3連複の馬券パワーで、競馬シーズンを儲けまくる!





【「調教サイト 高中式」の「出馬表」がコンビニでも 】


Eps201605a

5月20日からコンビニ(ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス)に設置されています
マルチコピー機を利用いたしまして「調教サイト 高中式」PC版 携帯版)内の「出馬表」(eプリントサービス仕様)がご購入いただけるようになりました。

Eps201605b

Eps201605c

お値段は1日・全場分で「1000円」(税込)となっておりますので、ご購入のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、ご利用方法(コンビニでのプリント方法)は↓のとおりですが、詳しくはコチラをご覧下さい。

Eps201605d

Eps201605e

Eps201605f


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。