本文へジャンプします。




« 波乱を予感した今年のジャパンC | トップページ | 競馬は生き物 »

2013年11月26日 (火)

トーセンジョーダンのみ該当した"1週前・好調教馬"

【 ジャパンCダートの1週前・好調教馬 】

今週はジャパンCダートが阪神で行われます。実績上位のグレープブランデー、ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエ、ローマンレジェンド。さらに、新興勢力のブライトライン、ベルシャザール、フリートストリート。3歳のベストウォーリア、インカンテーション。

ややメンバーの寂しくなったジャパンCと比較すると、こちらの方が豪華な顔ぶれ。現ダート界のオールスターと言っても過言ではありません。


昨年の覇者・ニホンピロアワーズは、ぶっつけでの参戦で仕上がりがカギ。その1週前追い切りは、「栗・CW」で《89》・A評価。久々ながら高い指数をマークしており、当週の追い切り次第では、能力全開の可能性も。


ニホンピロアワーズ
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《89》・A評価


グレープブランデーは、今回が骨折明けの叩き3走目。いつもどおり「栗・坂路」で、1週前追い切りを行い、《92》・A評価の高指数をマーク。漸く、稽古駆けするこの馬らしい指数になってきており、一変の可能性を感じさせます。


グレープブランデー
栗・坂路 4F52.0-1F12.4 ⇒調教指数《92》・A評価


JCダートの1週前・好調教馬
メーデイア
栗・坂路 4F52.6-1F12.5 ⇒調教指数《83》・B評価
ローマンレジェンド
栗・CW 6F82秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《82》・B評価


その他では、昨年1番人気のローマンレジェンドが《82》・B評価 、そしてJBCレディスクラシックを快勝し、現ダート界の牝馬では最強のメーデイアも《83》・B評価をマーク。

1週前・好調教馬
には計4頭が該当。


ジャパンCでは「"大荒れ"の予感」と書いたとおり、1週前・好調教馬に該当したのがトーセンジョーダンだけ(この件に関してはコチラを)。


ジャパンカップの1週前・好調教馬
トーセンジョーダン
栗・CW 6F82秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《83》・B評価


京阪杯でも唯一、1週前にA評価をマークしたアイラブリリが、人気薄ながら2着に好走。


京阪杯の1週前・好調教馬
アイラブリリ
栗・坂路 4F53.3-1F12.8 ⇒調教指数《85》・A評価


【調教判断の重要な4ポイント】
・レース当週の調教は重要だが、1週前&2週前も考慮する
・日別、コース別に調教内容の優劣を判断する
・全体、ラスト1ハロンを併せて判断する
・「馬なり」「強め」「一杯」の追い方も考慮する

高中式調教指数とは?


現時点では、1週前・好調教馬に注目。4頭の当週の調教指数も楽しみにしています。

そして、今週から中京が開幕。そのオープニングの土曜日には、GⅡ・金鯱賞が行われます。

ウインバリアシオンは昨年の宝塚記念以来となる実戦。その1週前追い切りでは、《91》・A評価の高指数をマーク。常識的に考えれば厳しい休養期間ですが、今週の調教指数次第では初戦から狙える可能性があります。


金鯱賞の1週前・好調教馬
ウインバリアシオン
栗・CW 6F79秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《91》・A評価


ジャパンCダート、金鯱賞、スプリンターズSを含む全レースの調教指数、「コラム推奨馬」などは、金曜昼頃から会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開させて頂きます。


Photo_4

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。