本文へジャンプします。



« 上半期の締め括りはS評価馬で | トップページ | 夏競馬は「T評価馬」もお忘れなく »

2012年6月25日 (月)

夏場はローカル1200m戦にて一儲け!?

【 「コラム推奨馬」は1勝1敗 】

上半期の締めくくりとなる宝塚記念が終了。勝ったのは"やんちゃんな3冠馬"オルフェーヴル。前日のブログでは、3週連続好調教」A評価×3)で指数的には十分ながら、精神面の問題で順調さを欠いていただけに、どちらに転ぶやら…と書いておりましたが、フタを開けてみれば、2馬身差の圧勝劇。


Photo

そして、オルフェーヴルには敗れたものの2着したルーラーシップは、2週前に栗・CWで《83.0》のB評価をマーク。

Photo_2

さらに3着には当方のお手馬であり、「2週連続好調教」A評価×2)をマークしていたショウナンマイティ。

Photo_3

長らくお手馬としてその成長を見守り、潜在能力がGⅠ級であることは確信していましたので、ようやくGⅠ馬と肩を並べて戦えるようになったのは喜ばしい限り。

一方で、S評価馬として「コラム推奨馬」へ指名したエイシンフラッシュは残念ながら6着と完敗。前走のドバイWCと今走の内容から、「終わった」という声が上がる可能性もありますが、調教内容はGⅠで3度馬券になった昨年に勝るとも劣らず、まだまだ元気いっぱい。

Photo_4

今秋も今回のような調教指数(S評価×1、A評価×1)をマークしてくれば、天皇賞(春)やジャパンCなど、GⅠの舞台で巻き返してくれることでしょう。

さて、「コラム推奨馬」2頭のうち、エイシンフラッシュは残念な結果に終わりましたが、もう1頭の阪神9Rのツルマルレオンは快勝。


Photo_5


3週前の栗・坂路の1番時計を筆頭に3週連続好調教」A評価×1、B評価×2)。加えて今回は2階級の降級。

Photo_6

レースでは激しい叩き合いの末、そのラトルスネークをアタマ差、ねじ伏せて1着。断然人気もやむなしと覚悟していた次第ですが、ラトルスネークと人気を分け合ってくれたおかげで単勝オッズは3倍超え。馬券を含め、詳しい回顧はまた週中にでも。

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




【 今週は早速、ローカル1200mの重賞 】


関西の主場が阪神から中京へ遷り、今週末からは函館・福島・中京の3場開催となり、いよいよ本格的な夏競馬のはじまり。

”夏競馬の期間中は、馬券はお休み”という方もいらっしゃるかもしれませんが、ローカル開催の夏競馬にも、多くの金脈があります。

中でも当方が得意とするのが、(昨夏にも再三申し上げましたが)小回りの芝1200m戦。好調教が実戦に結びつきやすく、必然的に馬券のチャンスも多くなります。例えば、昨夏の北九州記念など、好調教馬+牝馬が最も馬券になり易い組み合わせ↓。

(2011年8月14日 北九州記念・GⅢ 15番 トウカイミステリー 8番人気 1着)

Photo_2


Ko081411abmp
(単勝1700円・複勝370円)

購入額 2万円 払戻額 20万7000円


馬は暑さに弱く、夏場の調整は一筋縄には行かないもの。その夏場に高い調教指数をマークできるということは、能力のみならず体調の保証もされているということ。夏競馬も調教指数で一儲けできると思っている次第です。

そして今週末に早速、ローカル1200mのGⅢ・CBC賞。

ここには、過去に何度となく儲けさせてもらっているお手馬のダッシャーゴーゴーがスタンバイ。

(2011年3月5日 オーシャンS・GⅢ 5番 ダッシャーゴーゴー 3番人気 1着)


Na030511bmp

(単勝700円・複勝200円)
購入額 4万円 払戻額 18万円


過去には、11年のオーシャンSで好配当を掴ませてもらったり、降着で泣かされたりと、当方にとっても思い出深い同馬。

高松宮記念以来、3ヶ月ぶりとなる今回は、1週前にS評価となる《97》の好指数をマーク!


CBC賞の1週前・好調教馬

サンダルフォン
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《90》・A評価
ダッシャーゴーゴー
栗・坂路 4F51.6-1F12.3 ⇒調教指数《97》・S評価
マジンプロスパー
栗・CW 6F80秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《82》・B評価
ミトラ
美・坂路 4F50.4-1F12.3 ⇒調教指数《82》・B評価


1週前の調教指数だけ見れば、勝ち負け必死です。ただし、同馬に関しては過去のブログで指摘したとおり(この件に関してはコチラを)、当週の調教を緩めると結果が好ましくないタイプ。今週の調教指数の確認は必須。

そして、もう1頭のお手馬マジンプロスパーも出走を予定。1週前の調教指数は近走ほどではありませんが、一応はB評価となる《82》をマーク。他に1週前・好調教馬にサンダルフォン、ミトラが該当。まずはダッシャーゴーゴー、マジンプロスパーの2頭の取捨がカギを握ると見ている次第です。


日曜日の福島メインはラジオNIKKEI賞。唯一の3歳限定ハンデ重賞とあり、難解な一戦。軽ハンデで好調教を行っている馬がいれば、買いですが果たして!?

ラジオNIKKEI賞の1週前・好調教馬

メイショウカドマツ
栗・CW 5F64秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《86》・A評価
ロードアクレイム
栗・CW 6F82秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《84》・B評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

1週前・好調教馬」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。