本文へジャンプします。




« 長い日曜日 | トップページ | いよいよ新馬戦がスタート »

2011年6月16日 (木)

お手馬に助けられ

日曜日は「コラム推奨馬」の3頭、「調教から狙える好配当馬」の5頭、「T評価馬」の3頭、以上合計11頭(11レース)の馬券を買い、朝一(東京1R)から最終(阪神12R)までの長丁場を戦った次第。

昨日は「調教から狙える好配当馬」の成績を掲載しましたが、残る「コラム推奨馬」と「T評価馬」は如何に。



【 T評価馬 】

先般、単複を含め軸馬として狙える「T評価馬」について、

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

と書きましたが(詳細についてはコチラを)、今週から↑の①又は②に該当する馬を「明日のT評価馬」として前日のブログにて掲載。

そして、日曜日は②に該当した馬が3頭おり(①に該当した馬は無し)、その成績は次のとおり。


(東京1R 3歳未勝利戦 14番 ルイーズ 1番人気 1着)

To061201bmp

To061201b

単勝260円
購入額 2万円 払戻額 5万2000円



(新潟3R  3歳未勝利戦 6番 ビッグスナイパー 2番人気 4着)

Ni061203bmp

Ni061203b

単勝 ハズレ
購入額 1万円 払戻額 0円



(新潟6R 3歳未勝利戦 11番 ダイコウヒョウ 4番人気 14着)

Ni061206bmp

Ni061206b

単勝 ハズレ 複勝 ハズレ
購入額 2万円 払戻額 0円


土曜日の4頭が(2-1-0-1)と成績優秀でしたので、日曜日も結構期待していたのですが、結果は(1-0-0-2)とイマイチ。
ただ、馬券の収支の方は、僅かながら2千円のプラス。



【 コラム推奨馬 】

(阪神3R 3歳未勝利戦 5番 エーシンギガウイン 3番人気 7着)

休養明け後、追い切りが栗東・坂路からCWに変更され、今回も《93.0》(A評価)・順位2位と好指数をマーク。
5ケ月半ぶりの前走も見せ場たっぷりで(4着)、今回は一叩きの上積みも見込めると、単複各1万円を購入。

Ha061203bmp

スタートで後手を踏んで後方からの競馬。直線でもジワジワとしか伸びず7着止まり。
脚を溜めて切れ味で勝負するタイプではなく、前走のように先行して早めに動く競馬がベスト。
と言うことで、次走はスタートが"鍵"になりますが、稽古の動きからは"巻き返し"の期待十分。

Ha061203b

購入額 2万円 払戻額 0円



(阪神6R 3歳500万下 5番 エーティーガンダム 3番人気 7着)

今週は栗東・坂路で4F51.3-1F12.5と自己ベストを更新する好時計を叩き出し、指数は《87.9》(A評価)で、順位も8位
「稽古の動きが良化」→「レースでの走りも一変」を期待し、まずは単勝1万円を購入。
併せて、他の好調教馬3頭を絡めた3連複1万9500円(フォーメーション・5百円×39点)を購入。

Ha061206bmp

まずまずのスタートを切るも先手を主張する馬が多く、中団からの競馬。
道中の手応えも良く、直線で「末脚爆発」を期待するも、追い出してからの反応も鈍く7着に敗退。

ちなみに、このレースは、圧倒的な1番人気の2番・リーサムハーツが5着に敗れたこともあって、3連単の配当が450万円超えと大波乱。

Ha061206b

購入額 2万9500円 払戻額 0円



(阪神11R CBC賞・GⅢ 11番 ダッシャーゴーゴー 1番人気 1着)

好調教馬が多数いる中、先週と今週にS評価となる指数を連続してマークし、これを含めて「3週連続の好調教」だった同馬に期待。
今回は直前でもしっかりとした追い切りが施され、前走の汚名(4位入線も11着に降着)を返上すべく態勢は万全。

まずは、同馬の単勝3万円を購入し、併せて、同馬に3番・ヘッドライナー、5番・エーシンホワイティ、13番・ツルマルレオンのA評価馬3頭を絡めた3連複1万8000円(フォーメーション・5百円×36点)を購入。

Ha061211bmp

スタート自体はそれ程悪くはなかったが、鞍上が抑え気味にいつもと比べると随分と後方寄りの競馬。
直線でスムーズに外へ持ち出されると、そこから鞍上の激しいアクションに応えて一気に加速。
逃げ粘る相手候補の1頭、3番・ヘッドライナーをゴール前では並ぶ間もなくかわし去り快勝(単勝350円)。
3着に13番人気の1番・タマモナイスプレイが粘り込み、3連複の配当は27940円と2万馬券。

レース後の表彰式では同馬の手綱を取り続ける川田騎手が万感の思いから号泣。
そして、それを見た当方は貰い泣き。ただし、その半分は馬券的中の「嬉し涙」ですが(笑)。

Ha061211b

購入額 4万8000円 払戻額 24万4700円



長い1日の戦いを終え、各パート毎の成績&馬券の収支は次のとおり(ブログ掲載順)。

「調教から狙える好配当馬」 (0-0-2-3) ▲2万9500円
「T評価馬」           (1-0-0-2) +2000円
「コラム推奨馬」        (1-0-0-2) +14万7200円

そして、お手馬であるダッシャーゴーゴーの活躍に助けられ、日曜日のトータルの収支は12万円弱の儲け。

長丁場だっただけに身体の方はフラフラでしたが、今週も何とか馬券の儲けの中から募金をすることが出来ましたので、意外と足取り軽く競馬場を後にした次第。

兎に角、今週はダッシャーゴーゴー&川田騎手&安田隆行厩舎(ロードカナロアなどで最近はかなりお世話になっています)に感謝!




【 好調教 + 軽ハンデ = マーメイドS 】


今週の重賞はマーメイドSのみですが、調教指数の作成は楽しみなレース。何故かと言えば、ハンデ戦だからです。ハンデは過去の実績、近走の成績から、JRAのハンデキャッパーによって、ゴールラインで横一線になるようにつけられています(その精度のハンデの精度の高さには、度々驚かされます)。

つまり、過去の成績で横一線にされる訳ですから、「絶対能力に掛かる比重が少なく、今回のデキが良い馬」にかなり有利な条件な訳です。過去の実績よりも、好調教+軽ハンデを重視です。月曜から注目しているのは「1週前好調教馬」のフミノイマージン。


(1週前)
栗・CW 6F79秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《90》・A評価
(今週)
栗・CW 6F82秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価



「栗・坂路」で目立ったのがアスカトップレディの4F50.5-1F12.4。水曜の一番時計ですから、《85》のB評価以上は間違いないでしょう。他に「1週前好調教馬」だったポルカマズルカ、ラフォルジュルネの他にも、人気薄でB評価以上の馬がおりそうです。

尚、本日の調教指数は今から計算を始めて、毎度のように金曜の昼までに、会員ページ(PC版 携帯版にて公開させて頂きます。



アスカトップレディ
栗・坂路 4F50.5-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
イタリアンレッド
栗・坂路 4F53.0-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
ブロードストリート
栗・坂路 4F52.9-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価


プロヴィナージュ
栗・CW 6F82秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
モーニングフェイス
栗・CW 6F79秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ラフォルジュルネ
栗・CW 6F86秒前半-1F11秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ロイヤルネックレス
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


ポルカマズルカ
美・坂路 4F51.2-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
マイネプリンセス
美・坂路 4F53.7-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
セラフィックロンプ
美・坂路 4F52.5-1F11.8 ⇒調教指数《??》・?評価

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。