本文へジャンプします。




2011年6月

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

慌てず騒がず宝塚記念

【 慌てず騒がず後半戦 】

昨日のブログで(6月26日の成績表)として6月25日の成績表を貼り付けていましたので、先程謹んで訂正させていただきました。

この日曜日は、会員サイト内で取り上げた「コラム推奨馬」「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」「妙味がある新馬」の合計12頭(1頭が出走取消となったため、結果11頭に)でもって、翌日の飲み会の資金を稼ぎ出す予定をしておりました。

Photo_3

先週(6/18、6/19)は買う馬、買う馬が2着ばかりで、当ブログでも随分とボヤきました。この日曜の前半は難しい状況でしたが、当初から宝塚記念で勝負する予定をしておりましたので、慌てず騒がず後半戦を迎えた次第。




【 次走の巻き返しを期待(調教から狙える好配当馬) 】

「調教から狙える好配当馬」については、先週の6頭が(0-4-1-1)で、この土曜日の3頭が(2-0-1-0)と、大儲けとまではいかずとも、馬券の収支にはそれなりに貢献してくれました。

この日曜日の4頭は(0-1-0-3)と低調でしたが、全てこれから伸び盛りの3歳馬。昨日も「単複で狙える好調教馬」について同じようなことを書きましたが、明らかに"デキ落ち"といった様子が見られない限り、今後も引き続き狙い目十分。



(阪神8R 南港特別 4番 デンコウジュピター 9番人気 8着)

Ha062608bmp


(阪神9R 皆生特別 8番 カリスマサンスカイ 6番人気 11着)

Ha062609bmp


(中山10R 鹿島特別 12番 ニシノステディー 1番人気 6着)

Na0626010bmp


(函館3R 3歳未勝利戦 6番 ドリームサンライズ 5番人気 2着)

Hk062603bmp




【 痛恨の2着、3着(コラム推奨馬) 】


(阪神11R 宝塚記念・GⅠ 8番 ブエナビスタ 1番人気 2着)

16頭中13頭が好調教馬と攻め巧者が揃った一戦でしたが、最も高い指数をマークしたのが同馬。強い稽古をしない厩舎にあっては(特に同馬に関しては)、非常に珍しいことでしたので、同馬の状態の良さはもちろんのこと、陣営の意気込みも伝わってくる追い切り。

Photo_2

そもそも搭載しているエンジンの違う同馬。

このデキならば「圧勝劇」もあり得るので、今回は、おそらく最初にして最後になると思われる同馬の単勝勝負(購入額は5万円)。

Ha062611a


同馬に次ぐ高い指数をマークした4番・エイシンフラッシュ。「A評価+順位10位以内」×2本。この2頭を絡めた3連複1万4千円(2頭軸総流し・千円×14点)。

Photo

なお、この3連複では人気薄の好調教馬が絡んでくれることを期待して「2頭軸総流し」にしたのですが、人気馬が絡んだ場合は思いっ切り"取りガミ"。2頭が他馬を征して1、2着(出来ればブエナが1着で)に頑張ってくれることを信じ、両馬の馬連2万円と枠連3万円を購入。総額11万4千円の大勝負。


ちなみに、今回は2番人気の3番・ルーラーシップは軽視。

同馬のこれまでの着順を見ると、新馬から3戦は①→②→①でしたが、その後は⑤→①→⑤→①→⑥→①→⑥→①と、何故か好走と凡走を繰り返していましたので、戦前、ルーラシップについて話をする際は「順番からいって今回は5着か6着やでぇ(笑)」と…(冗談を言いつつも、このレースでは3頭しかいない"非好調教馬"であったことが主な理由)。

Ha062611b
購入額 11万4000円 払戻額 10万7200円


レースの方は、好スタートを切った1枠の2頭が後を引っ張る展開。実況放送で千m通過が「58秒7」と聞いた瞬間、自然と周囲からは「速い(速過ぎる)」との声が。そして、当方は、相手候補の4番・エイシンフラッシュの動きを気にしつつも、双眼鏡で8番・ブエナビスタの走りを凝視し続けた次第。

やや縦長の展開が4コーナーで一気に詰まり、ブエナビスタがスムーズの大外に持ち出された時は「今日は勝った!」と勝利を確信(ハイペースで飛ばした先行勢は全て直線の坂で(脚が)止まると思っていましたので)。


ところが、ようやく双眼鏡から目を放し、ブエナの先を見やると、そこには脚色衰えることなく力強く走る2番・アーネストリーの姿。毎度の如くメンバー中最速の末脚を繰り出しても、その時点におけるアーネストリーとブエナの距離は絶望的なものであり、後は「せめてワイドと3連複だけでも」といった心境。

結果、アーネストリーは従来のコースレコードを2秒以上更新し、日本レコードタイの猛時計で快勝。ブエナはゴール前で内から伸びたエイシンフラッシュをハナ差かわして2着。

3連複(2020円)とワイド(290円)が的中するも、馬券はほぼ元返し(正確には6千8百円の取りガミ)。今年の前半戦の最後を"有終の美"で締め括れず残念(泣)。




【 ついに連勝がストップ 】

ここまで書けば既にお分かりだと思いますが、この日の収支は↓のとおりマイナス6万円強となり、

Syuushi0626bmp

ついに、3/27(日)の週から続いていた連勝記録もストップし、馬券の「儲け分」からの募金も出来ず。


先週は2着が多かったと言えども、好調教馬が高い確率で馬券に絡んでいたにも拘わらず、収支の方は"ぎりぎり一杯"のプラス。長年の経験から「馬券の運気」がジワジワと下降線を描いているのが分かりましたので、実のところ「今週はそろそろ連勝記録も…」と思っていた次第。

今年は東日本大震災という未曾有の災害が起こった特別な年でもあり、前半戦終了と言うひと区切りの時に、日頃親しくさせていただいている方々と共にスッキリとした気分でこの半年を振り返りたいと強く思っておりました(月曜日のビアパーティーでもって)。

その「思い」と、これまで3ヶ月、勝ち切ってきた「勢い」で、今週も乗り切るつもりでしたが、流れには逆らえず久々のマイナス収支。




【 得意の2歳戦+お手馬カレンチャン 】


先般、書きましたとおり、この月曜日は連勝ストップを忘れるくらい秀逸の時間を過ごすことが出来ましたので、これでもって早々に悪い流れを断ち切り、新たに連勝街道を驀進出来るよう調教データ作成に粛々と勤しみたいと思います。そのためには、まずは2歳戦↓

Ha062605bmp

単勝 790円 複勝 160円 3連複 740円
購入額 2万1000円 払戻額 7万300円


今週の推奨候補を探していた所、まず目についたのがマイネルドメニカ。おそらくB評価以上にはなると思いますので、あとは10位以内かどうかに注目しております。同レースに出走のサンライズガイア、レッドクラウディアも調教では動いています。


マイネルドメニカ
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
サンライズガイア
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
レッドクラウディア
栗・坂路 4F52.4-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価


前述の3頭をしのいで、坂路で4F50.3秒-1F12.3秒の超抜の時計を叩き出した牝馬が1頭。土曜の京都5Rへ出走するのも楽しみです。尚、函館スプリントSへはお手馬のカレンチャンが出走。


Photo

前走の阪神牝馬Sでは《95.8》のS評価・順位2位


Photo_2

相手の1頭は「3週連続好調教」+順位10位以内のアンシェルブルー。

Photo_3

カレンチャンの単勝420円+3連複6,440円で10万以上は回収に成功。当然、今回も2頭には注目しております↓。

函館スプリントS、ラジオNIKKEI賞、2歳馬を含めて、調教指数は今から計算を始めて、毎度のように金曜の昼までに、会員ページ(PC版 携帯版にて公開させて頂きます。


函館スプリントS
アンシェルブルー
函W 5F69秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
カレンチャン
函W 5F68秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


ラジオNIKKEI賞
ヴィジャイ
栗・坂路 4F51.0-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
カフナ
栗・坂路 4F51.4-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
ターゲットマシン
美・坂路 4F52.6-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ダーズンローズ
栗・坂路 4F53.0-1F13.6 ⇒調教指数《??》・?評価
プランスデトワール
美・坂路 4F52.5-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
フレールジャック
栗・坂路 4F53.5-1F12.8 ⇒調教指数《??》・?評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月29日 (水)

「妙味がある新馬」が初勝利

【 朝一から良からぬ出来事 】

日曜日は「馬券でガツンと儲けて、明日のビア・パーティーでは…」と目覚めもバッチリで気合いも十分。

暑さを避けて5時半からチョコラ号の散歩に行き↓、戻って来てからは早る気持ちを抑えながらゆっくりと朝食を取った後、それでも抑えきれずに普段より早めに競馬場へ。

(散歩後は洗面所で足を洗い)

Wan1

(隣に置いてある洗濯機の上でドライヤーをかけて)

Wan2


いつものようにインフォーメーションに寄って「通常分」の募金した後、5階の馬主席へ。
そして、席に座ってコース内のターフビジョンにふと目をやると、そこには当方が「コラム推奨馬」に取り上げた阪神7Rの3番・アルゴリズムの「出走取消」を知らせるメッセージが。

同馬は、3歳馬ながら古馬に混じって今週の栗東・坂路で最上位の指数をマークしており、かなりの期待を込めてコラム推奨馬へ。

期待馬の出走取消にガックリきたこともありますが、朝一から良からぬ出来事に遭遇し、何やら不吉な予感。
出走取消自体はいたしかたないこととは言え、勝負する前から負けたような気分になり…。



【 「3歩?後退」の日曜日 】

「何かいいことがありそうな」といった良い予感は滅多に現実のものとなりませんが、何故か悪い予感は良く当たるようで(泣)。

この日曜日は、前日のブログに掲載した数頭を含め、会員サイト内で「コラム推奨馬」を2頭(↑1頭は出走取消)、「調教から狙える好配当馬」を4頭、「単複で狙えるT評価馬」を5頭、「妙味がある新馬」を1頭、以上合計12頭をピックアップしたところ↓、

Co0626bmp

その成績は次のとおり↓。

(6月26日の成績表)

Seiseki0626bmp

勝率9%、連対率27%、複勝率27%、そして、単勝回収率72%、複勝回収率51%と、土曜日の成績が先週と比べて「一歩前進」でしたら、この日はそこから「3歩(5歩くらい?)後退」といった成績。

当然のことながら、馬券の方でも悪戦苦闘の連続でしたが、本日はブログでは話の流れの都合上?、「単複で狙えるT評価馬」と「妙味がある新馬」の馬券について回顧をさせていただきます。



【 坊主(単複で狙えるT評価馬) 】

先日から、次の①又は②に該当し、単複を含め軸馬として狙えるT評価馬を「単複で狙えるT評価馬」としてピックアップ(これに関する記事はコチラを)。

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

そして、日曜日は、次の5頭が②に該当(①に該当した馬はいませんでした)。

ところで、6/11(土)~6/25(土)までの5日間で「単複で狙えるT評価馬」にピックアップした馬は全部で21頭。
そして、その21頭については(8-5-0-8)と好成績。ところが、一転してこの日の5頭は(0-0-0-5)と全くの「坊主」。

この5頭については3~7番人気と人気はありませんでしたが、調教指数的にはいつ好走してもおかしくなく(まして未勝利馬同士なら)、次走以降で必ずや巻き返してくれるものと思います。

よって、今週は大変申し訳ない結果になりましたが、ここ暫くは、基本的なスタンスを崩すことなく、これまでと同様の基準でもって該当馬をピックアップしていく予定です。



《 ②に該当 》

(阪神1R 3歳未勝利戦 10番 メイショウブリッジ 3番人気 5着)

Ha062601bmp

Ha062601a

単勝 ハズレ 複勝 ハズレ
購入額 1万5000円 払戻額 0円


(阪神4R 3歳未勝利戦 17番 フェニックスソード 7番人気 7着)

Ha062604bmp

Ha062604a

単勝 ハズレ 複勝 ハズレ
購入額 1万3000円 払戻額 0円


(中山2R 3歳未勝利戦 7番 ジパングパワー 7番人気 8着)

Na062602bmp

Na062602a

単勝 ハズレ 複勝 ハズレ
購入額 1万円 払戻額 0円


(函館2R 3歳未勝利戦 1番 ウォールストリート 3番人気 5着)

Hk062602bmp

Hk062602a

単勝 ハズレ
購入額 1万円 払戻額 0円


(函館6R 3歳未勝利戦 9番 リッシュビスティー 4番人気 7着)

Hk062606bmp

Hk062606a

単勝 ハズレ 複勝 ハズレ
購入額 1万5000円 払戻額 0円



【 初勝利(妙味がある新馬) 】

新馬については、S評価又はA評価となる抜群の指数を叩き出し「稽古通りに走れば勝ち負け」といったレベルの馬でも(単勝オッズが2倍を切るような大本命の馬でも)、初の実戦となるだけに「(気性面などから)走ってみないと分からない」というリスクもありますので、当サイトにおいては、例え、B評価馬であっても、相手関係などから(例えば、そのレースでは調教で目立った動きをしている馬が他に全くおらず、しかも、人気馬の調教がイマイチといったケース)、狙い目も十分であれば、配当の妙味も十分の馬を「妙味がある新馬」としてピックアップしています。

2歳新馬戦が始まった先週からこの土曜日まで6頭を「妙味がある新馬」としてピックアップしたところ、その成績は(0-2-0-4)。

そして、漸くこの日曜日に"片目"が開いてホッとしたところです。
「調教の良し悪しがレース結果に直結する2歳戦」ですので、これからも結果を出せるよう力を入れていきたと思います。


(阪神5R 6番 ニンジャ 4番人気 1着)

このレースではA評価馬が2頭とB評価馬が2頭。
そして、最上位の指数をマークし、2歳新馬にして「2週連続の好調教」だった12番・エーシンエムディーが調教面では抜けた存在。
しかし、6番・ニンジャは、指数的には3番手ながらも順位9位と10位以内に入っており、併せ馬では相手が同じ2歳新馬と言えども"大幅先着"と気性面でも初戦向き。

よって、ここは配当的に最も妙味がある同馬に期待し、馬券の方は、同馬の単勝5千円と複勝1万円を購入。
そして、"主位候補"の12番・エーシンエムディーから6番・ニンジャを含む好調教馬3頭への3連複6千円(1頭軸流し・2千円×3点)を購入。

Ha062605bmp

レースの方は、手応え良く3番手を追走していた同馬が直線半ばで前を行く2頭を一瞬にしてかわし去り圧勝。12番・エーシンエムディーが3着を死守し、2着にももう1頭のA評価馬、4番・ピエナアプローズが入り3連複も的中。

Ha062605a
単勝 790円 複勝 160円 3連複 740円
購入額 2万1000円 払戻額 7万300円



新馬戦で狙い馬が初勝利を挙げてくれたのは非常に嬉しかったのですが、↑のとおり、馬券の方は厳しい戦い。

そして、先般から申し上げているとおり、今年の前半戦を締め括る宝塚記念・GⅠでは「今年一番の大勝負」に出たのです。

残る「コラム推奨馬」と「調教から狙える好配当馬」の馬券については、明日にでも回顧させていただきます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月28日 (火)

梅雨明け?

【 暑気払い 】

気象庁は今日(28日)の午前中に九州南部地方の梅雨明けを発表。平年より16日も早く(昨年よりは22日も早く)、統計がある1951年以降で2番目に早い梅雨明けとのこと。

大阪でも先週半ばから最高気温が連日30℃を超え、梅雨明けを飛び越え一足飛びに真夏になったような暑い毎日。

実際、天気図を見ると、梅雨前線は近畿地方のかなり上(北)の方まで押し上げられていますので(これから又、下へ下がって来るのかもしれませんが)、振り返ると「既に梅雨は明けていた」ということも十分にあり得る状況です。


そうした中、昨日は、今年の前半戦が終了した区切りで、日頃親しくお付き合いさせていただいている競馬関係の方々をお招きして「お疲れさん会(ビア・パーティー)」を催したのですが、これだけ暑いと早くも「暑気払い(しょきばらい)」と言ったところ。

Photo_3   

一次会はお初天神通にあるニューミュンヘン・本店で同店の名物である「阿波乙女鶏の唐揚」を頬張りながら浴びるほどビールを飲み、2次会は競馬バー「そのままっ!!」でシャンパン。

Photo_4

その後、土日の競馬開催日には大変お世話になっている方々を連れ立って北新地の「クラブA」へ。競馬談義はもちろんのことですが、ホステスのお姉様方を交えて、各自好き好きな話題で盛り上がり、非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。

ご参加下さった皆さん、遅くまでお疲れ様でした。そして、お忙しいところ、ありがとうございました。お陰様で後半戦に向けて鋭気を養うことができましたので、早速この週末から「梅雨明け」のようなスカッとした馬券を連発できるよう頑張ります。


末筆ながら、イケメンのO君!年末の忘年会は幹事役に指名しましたので、しっかりと段取りを組んで仕切って下さいね。資金の方は当方で提供させていだだきますので(←のつもりですが・笑)。


なお、昨日は、ハイブリッド新聞のK氏が本領を発揮し?、競馬バー「そのままっ!!」の綾香ちゃん↓を含め3名の女性陣を動員し、1次会から花を添えていただきました。

ちなみに、綾香嬢の腕の赤みは蚊に刺された跡でも、○○マークでもなく、BCGの跡とのこと(彼女曰く「ハンコ注射の跡」)。

Ayakachan



【 今週の好調教馬は平均的な成績 】

今週は単勝回収率、複勝回収率共に100%を超えた部分はありませんでしたが、勝率,

連対率、複勝率を見る限り、A評価馬T評価馬まで正に平均的な成績といったところでした。

Tk0625bmp

先々週、A評価馬が「坊主(勝ち星なし)」を喰らった以外(翌週は巻き返してくれましたが)、最近の好調教馬は大崩れすることなく、安定した成績を収めています。以前から申し上げておりますとおり、このデータを如何に馬券に繋げていくかが課題となります。ブログ上でも随時、説明して行きたいと思います。

現在のところ、当方は「コラム推奨馬」「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」「妙味がある新馬」という区分けでもって狙い目を絞っていますが、皆さんの中でも、「自分はこのように調教データを利用している」といったものがありましたら、support@takanaka-tds.commまでお寄せいただければ大変嬉しいです。よろしくお願い申し上げます。



【 先週より「一歩前進」の土曜日 】

土曜日は、前日のブログに掲載した数頭を含め、会員サイト内で「コラム推奨馬」を2頭、「調教から狙える好配当馬」を3頭、「単複で狙えるT評価馬」を7頭、「妙味がある新馬」を2頭、以上合計14頭をピックアップ↓、

Co0625bmp

その成績は(4-3-1-6)で、詳細は次のとおり↓。

Seiseki0625bmp

勝率29%、連対率50%、複勝率57%、そして、単勝回収率97%、複勝回収率101%と、2着、2着のオンパレードだった先週と比べれば「一歩前進」といった成績。

なお、この日は馬券での戦いもさることながら、翌日の宝塚記念をビシッと当てて、月曜日のビア・パーティーで美味い酒が飲みたいと、日曜日の準備作業に力を入れたのです。

そして、昨日のブログで少しふれましたとおり、宝塚記念では総額12万円(正確には11万4千円)の大勝負に出ましたので、その馬券の回顧などについては、明日以降で。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月27日 (月)

総額12万の大勝負

【 "あの馬"とダービー馬を推奨 】

土曜のブログで書きました通り、宝塚記念の推奨馬は"あの馬"。意外なことに攻め駆けしないことで有名ですが、今回は16頭中で最も高い調教指数《94.4》をマーク↓。

Photo_2

そして、相手は"あの馬"に迫る抜群の指数を叩き出しているダービー馬。

Photo

馬券の方は2頭を絡めて、総額12万の大勝負に出た次第(月曜日には競馬関係の皆さんと"ビアパーティー"をする予定にしていましたので、何としても飲み代を稼ぎ出したいところでした)。回顧は週中にでも。


宝塚記念での儲けは(?)ですが、兎に角、春のGIはこれで一段落。もちろん北海道開催も含めて重賞には注目ですが、特に2歳戦には力を注いで行きたいと思います。


日曜の新馬は推奨馬の6番・ニンジャが1着。2歳新馬で順位10位以内なら、稽古通りなら勝ち負けになりますので、今後も注目してみて下さい。

Photo_3

今週の函館スプリントSの該当馬は2頭↓。すでに函館に入厩している組の該当はありませんが、函館の調教指数も公開しておりますので、今週の追い切りに注目しましょう。



【 函館スプリントS1週前・好調教馬 】

アンシェルブルー
美・坂路 4F49.9-1F12.1 ⇒調教指数《93》・A評価
パドトロワ
栗・坂路 4F52.6-1F12.5 ⇒調教指数《86》・A評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年6月25日 (土)

春のグランプリは"あの馬"の単勝で勝負

明日は今年の前半を締め括る春のグランプリ・宝塚記念(GⅠ)。

好調教馬は16頭中何と13頭もおり(A評価馬×7頭、B評価馬×6頭)、そのうち「3週連続の好調教」が2頭、「2週連続の好調教」が5頭と、調教面からも大変豪華な顔ぶれになっています。

そして、16頭の中で最も高い調教指数《94.4》をマークしたのが、意外なことに攻め駆けしないこと(強い追い切りをしないこと)で有名な"あの馬"。
そもそも、この馬は搭載している〇〇〇〇が違うと思っているだけに、追い切りでもこれだけの指数を叩き出していれば「今度こそは!」と言いたくなるところです。

と言うことで、おそらくこの馬の単勝を買うのは最初にして最後になると思いますが、今回は同馬の"単勝"で勝負してみるつもりです。

なお、調教面からは、この馬に迫る抜群の指数を叩き出している大変気になる馬がもう1頭いますので、馬券の方は、単勝と↑併せて、この2頭からの3連複も購入してみる予定です。


月曜日には日頃お世話になっている競馬関係の皆さんと"ビアパーティー"をする予定にしていますので、何としても、その飲み代を稼ぎ出したいところ!



【 明日の新馬戦 】


明日は阪神、中山、函館で各1鞍づつの新馬戦が組まれていますが、調教指数《80》を超えてB評価以上をマークした馬(好調教馬)が出走しているのは阪神5Rのみ。

このレースでは、4頭の好調教馬が出走していますが(A評価馬×2頭、B評価馬×2頭)、おそらくこの4頭が上位の1~4番人気になると思われます。

そして、4頭の中で最も人気がないと思われる馬を「妙味がある新馬」に抜擢しましたが、明日のこの1頭については、会員ページ(PC版 携帯版)内のみで掲載させていただきますので、ご了解下さい。




【 栗東・坂路で順位1位の3歳馬 】

(阪神7R 3歳上500万下 3番 アルゴリズム)

Ha062607bmp

今週は栗東・坂路で4F52.4-1F12.3・指数《91.0》(A評価)と好時計・好指数をマークし、古馬に混じって順位は堂々の1位
初の古馬との戦いでも、この指数を叩き出していれば見劣りなし。

3ケ月ぶりを一叩きされて、勝ち星を挙げた得意の"阪神千四ダート"(1-1-0-0)で好戦が期待できます。


その他、阪神11R・宝塚記念(GⅠ)の推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


阪神9R 8番 カリスマサンスカイ
6月22日(水) 栗・CW 指数《85.3》(A評価

中山10R 12番 ニシノステディー 「2週連続の好調教」
6月22日(水) 美・坂路 指数《90.0》(A評価
6月15日(水) 美・坂路 指数《87.9》(A評価



【 明日の「T評価馬」 】

出走頭数が多い「T評価馬」の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬は次に該当する場合(これに関する記事はコチラを)。

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

そして、明日の「T評価馬」の中で①又は②に該当する馬を数頭紹介させていただきます。

(①に該当)

明日は該当馬がいませんでした。


(②に該当)

阪神1R 10番 メイショウブリッジ
函館6R  9番 リッシュビスティー



【 お知らせ 】


先週から2歳の新馬戦が始まり、このブログでも「明日の新馬戦」のコーナーを再開いたしました。

なお、「明日の調教から狙える好配当馬」、「明日のT評価馬」、「明日の新馬戦」のコーナーについては、会員様からのご意見もあり、「コラム推奨馬」と同様、該当馬の一部をここで公開させていただくこととし、それ以外については、会員ページ(PC版 携帯版)内での掲載とさせていただきますので、ご了解下さい。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月24日 (金)

上半期の締め括りに向けて

【 お誕生日 】

競馬の方は、今週末でもって早くも前半戦を終了。

追い切りが行われる水曜日からは、宝塚記念・GⅠをビシッと決めて気分良く後半戦を迎えられるよう心血を注いで(大袈裟・笑)調教データ作成に勤しんでいます。

ところで、この火曜日は、北新地の高級クラブ「W」で日頃お世話になっている「あゆ美」ママさんから↓、

Ayumimama

「お誕生日会」?のご案内状↓を頂戴していましたので↓、御祝いのためお店の方へ。

(大抵の場合、お店の定型的な案内状なのですが、ママさんの場合はオリジナル)

Bdc


お店の入り口に置かれている御花の多さにも圧倒されましたが、エントランスに飾られていたドンペリニヨンのオブジェと↓

Bdp2

Bdp3

店内中央に飾られていたドンペリニヨンによる巨大タワー↓には唯々目を見張るばかりでした。

Bdp1

当方も、この日はドンペリニヨン(限定発売のアンディ・ウォーホル・バージョン?)で御祝いの乾杯を。

Dp2

このところ、好調教馬がコンスタントに活躍してくれているお陰で、競馬に関しては大変良好な状況が続いていますが、それとは全く逆に、競馬関係外の案件が御難続きで頭が痛い毎日。

ですので、最近、競馬に携わっている時以外は、飲みに出ていてもあまり元気がなかったのですが、この日は、新地の中でも滅多に味わうことが出来ない華やかな雰囲気な中、非常に優雅で楽しい時間を過ごさせて貰いましたので、モヤモヤした気分も吹っ飛んで「やっぱりドンペリやクリュッグをガンガン開けられるくらい頑張らなアカン」と元気を取り戻した次第。


ただ、先日のブログで書きましたとおり、土曜日~日曜日にかけて肉体的&精神的にフラフラになっていましたので、この夜は、あゆ美ママさんやRちゃんのお陰でもって精神面は回復基調にあったのですが、肉体面がそれについてこれず(寝不足もあって帰る間際は舟を漕ぎそうになっていましたので)、普段ならば同店を出た後は、同じビルの地下1階にあるバー「Lapin(ラパン)」でクールダウン?して帰るところ(その「連対率」はほぼ100%。ただし、ラパンではクールダウンよりヒートアップすることの方が多いですが・笑)、脇目もふらずにタクシー乗り場へ直行。

そして、乗車したタクシーでは行き先を告げるやいなや爆睡。

なお、運転手さんが当方の自宅付近の地理に非常に詳しい方でしたので、無事に送り届けて貰い、事なきを得た次第(運転手さん、ありがとうございました・笑)。



【 明日の新馬戦 】


明日は阪神、中山、函館で各1鞍づつの新馬戦が組まれており、その内の2鞍で調教指数《80》を超えてB評価以上をマークした馬(好調教馬)が全部で3頭出走しています。

そして、3頭の中から2頭を「妙味がある新馬」に抜擢しましたが、その内の1頭がコチラ↓。


阪神5R 9番 タイキベイビー
6月22日(水) 栗・CW 指数《81.0》(B評価

このレースではA評価となる指数をマークした馬が1頭おり、1番人気に支持される模様。
よって、この馬に対してだけには指数的に見劣りはしますが、他の人気馬と比べれば、同馬の方が断然上位。

鞍上はもうすぐ「▲3kg減」を卒業なる国分優作騎手。少なくとも今週中は、この"特権"を活かせますので、同馬についても、フルにその減量効果を発揮して貰いたいところです。

※ 新馬戦に関しては、「走ってみなければ分からない」というリスクは「全レース&全馬共通」ですので、馬券を購入される際は控え目に。



【 遅れてきた大物(おおもの) 】

(阪神10R 京橋特別 8番 アドマイヤコスモス)

Ha062510bmp

地方から再転入後、栗東・坂路での攻めの動きが一変。今回も先週が4F51.6-1F12.2・指数《91.0》(A評価)・順位4位、今週が4F52.2-1F12.4・指数《87.0》(A評価)・順位5位とレベルが高い「2週連続の好調教」

ここ2戦は衝撃的な?の走りを披露し、正に「遅れてきた大物登場」といった感がある同馬ですが、そして、今回は降級戦。もう1頭、上のクラスで良績を残す強い降級馬(2番・ダノンスパシーバ)がいますが、これから大舞台(オープン→重賞戦線)を目指す「大物」としては負けられないところです。

順当ならば、この2頭の一騎打ちになると思いますが、稽古どおりの走りでもって同馬の方に軍配が挙がることを期待。


その他、中山11R・船橋Sの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


中山3R 12番 ヒマラヤ 「3週連続の好調教」
6月22日(水) 美・坂路 指数《82.0》(B評価
6月15日(水) 美・坂路 指数《81.0》(B評価
6月8日(水)  美・坂路 指数《80.8》(B評価



【 明日の「T評価馬」 】

出走頭数が多い「T評価馬」の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬は次に該当する場合(これに関する記事はコチラを)。

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

そして、明日の「T評価馬」の中で①又は②に該当する馬を数頭紹介させていただきます。

(①に該当)

函館3R 8番 ダイキチチョウナン


(②に該当)

阪神6R 7番 グランプリワイルド
中山1R 7番 メリーチャン



【 お知らせ 】


先週から2歳の新馬戦が始まり、このブログでも「明日の新馬戦」のコーナーを再開いたしました。

なお、「明日の調教から狙える好配当馬」、「明日のT評価馬」、「明日の新馬戦」のコーナーについては、会員様からのご意見もあり、「コラム推奨馬」と同様、該当馬の一部をここで公開させていただくこととし、それ以外については、会員ページ(PC版 携帯版)内での掲載とさせていただきますので、ご了解下さい。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月23日 (木)

"ぎりぎり一杯"

昨日のブログで書きましたとおり、この日曜日は諸般の事情?により体調が思わしくありませんでしたが、馬券の方は、会員サイト内で取り上げた「コラム推奨馬」「調教から狙える好配当馬」「単複で狙えるT評価馬」「妙味がある新馬」の合計11頭でもって戦いを繰り広げた次第↓。

Co0619bmp

そして、その成績は、くどいようですが2着、2着のオンパレードで、5頭いた2着馬の内、せめて1頭だけでも…といったところ↓。

(6月19日の成績表)

Seiseki0619bmp

それでは、昨日の「コラム推奨馬」と「調教から狙える好配当馬」に続き、本日は残る「単複で狙えるT評価馬」と「妙味がある新馬」の馬券について回顧させていただきます。



【 馬券を見送ったT評価馬が圧勝(単複で狙えるT評価馬) 】


先日から、次の①又は②に該当し、単複を含め軸馬として狙えるT評価馬を「単複で狙えるT評価馬」としてピックアップ(これに関する記事はコチラを)。

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

そして、日曜日は、次の3頭が①又は②に該当。

ちなみに、函館12Rではテイエムオオタカがレコードタイムで圧勝。
ただ、この日は(この日も?)買う馬、買う馬が2着続きだったことで、単勝1倍台(確定オッズはジャスト2倍)の同馬にドカンと資金を注ぎ込む気になれず、馬券の方は見送ったところ…(泣)。


《 ①に該当 》

(函館12R 道新スポーツ杯 12番 テイエムオオタカ 1番人気 1着)

Hk061812bmp_2

《 ②に該当 》

(阪神12R 3歳上500万下 15番 ホーマンルッツ 9番人気 8着)

Ha061812bmp

Ha061912b

単勝 ハズレ 複勝 ハズレ
購入額 1万5000円 払戻額 0円



(函館6R 3歳未勝利戦 3番 フラアンジェリコ 2番人気 1着)

Hk061806bmp

Hk061906b

単勝 400円
購入額 2万円 払戻額 8万円



【 話題の良血馬には先着しましたが…(妙味がある新馬) 】

新馬については、S評価又はA評価となる抜群の指数を叩き出し「稽古通りに走れば勝ち負け」といったレベルの馬でも(単勝オッズが2倍を切るような大本命の馬でも)、初の実戦となるだけに「(気性面などから)走ってみないと分からない」というリスクもありますので、当サイトにおいては、例え、B評価馬であっても、相手関係などから(例えば、そのレースでは調教で目立った動きをしている馬が他に全くおらず、しかも、人気馬の調教がイマイチといったケース)、狙い目も十分であれば、配当の妙味も十分の馬を「妙味がある新馬」としてピックアップ。


(阪神5R 9番 エピセアローム 3番人気 2着)

ディアデラノビアの長男である良血馬、7番・ディアデラバンデラに人気が集中していましたが、調教面からは明らかに9番・エピセアロームの方が上。
そして、レースでもディアデラバンデラには先着したのですが、同じ新種牡馬・ダイワメジャー産駒の12番・ダローネガに敗れて2着。

単勝はハズレとなりましたが、3着に7番人気のB評価馬、5番・スペリオビームが入り、3連複が的中。

Ha061805bmp

Ha061905b
単勝 ハズレ 3連複 8270円
購入額 1万9500円 払戻額 4万1350円



(中山5R 9番 キープビリービング 4番人気 4着)

4着に敗れはしましたが、二の脚も速くスピード十分の走り。
しかも、最後までバテることなく、渋太く伸びていましたので、(配当妙味は薄れるかもしれませんが)次走、再度期待。

Na061805bmp

Na061905b
単勝 ハズレ 複勝 ハズレ 3連複 ハズレ
購入額 2万5000円 払戻額 0円



【 日曜日の収支は… 】

中山12Rで「調教から狙える好配当馬」に抜擢した11番・ダノンシュナップスが勝てば、単複を合わて10万円前後の払い戻しになりますので、本日の収支が間違いなくプラスになることは分かっていたのですが、結果、同馬が2着に敗れて複勝(280円)のみの的中となり(このレースの回顧は昨日のブログを)、この日の勝ち負け(馬券の収支)は極めて微妙な状況へ。

そして、このレースでの払戻金2万8000円を加えて財布の中の残高を確認したところ、「戦闘」を開始した時点より「福沢諭吉さん一人分(=1万円)」くらい増えている模様。

でもって、金額はこれまでで一番少ないものとなりましたが、何とか今週も儲けの中から募金をすることができ、ホッとひと安心。

ちなみに、帰宅後、「ホンマにプラスやったんか?」と少々不安になり、↓の収支表をエクセルで作成してみたところ、この日の正確な収支はプラス1万1050円。

Syusi0619


さて、早いもので今週末は今年の前半を締め括る宝塚記念(GⅠ)。
そして、その翌日の月曜日は普段お世話になっている競馬関係の方々とのビア・パティー。
↑のとおり、この土日の馬券は"ぎりぎり一杯"と言ったところでしたので、この週末はガッツリと稼いで所謂「勝利の美酒」に酔いしれたいところです!

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



【 宝塚記念の調教指数を計算中 】

アーネストリー
栗・坂路 4F52.5-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
エイシンフラッシュ
栗・CW 6F81秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ダノンヨーヨー
栗・坂路 4F51.5-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
トゥザグローリー
栗・CW 6F81秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価

トーセンジョーダン
栗・坂路 4F52.0-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
ドリームジャーニー
栗・CW 6F80秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
トレイルブレイザー
栗・坂路 4F52.6-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
ナムラクレセント
栗・坂路 4F52.3-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価

ハートビートソング
栗・坂路 4F52.1-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
ビートブラック
栗・坂路 4F52.0-1F12.8 ⇒調教指数《??》・?評価
ブエナビスタ
栗・CW 6F81秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
フォゲッタブル
栗・CW 6F81秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価

ホワイトピルグリム
栗・坂路 4F53.6-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
ルーラーシップ
栗・CW 6F86秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ローズキングダム
栗・坂路 4F52.3-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価


宝塚記念の調教指数は今から計算を始めて、毎度のように金曜の昼までに、会員ページ(PC版 携帯版にて公開させて頂きます。



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月22日 (水)

日曜日は土曜日のコピー?

【 トラブル 】

日曜日は相変わらず鬱陶しい梅雨空ながらも雨の方は小休止。

競馬場も「節電」のためか空調の温度もやや高めに設定しているようで、馬主席内でも少しウロウロしただけで、額に汗が滲むくらいジトッとした蒸し暑さ(特に、ガラス越しに日が差し込む本馬場側の席では)。この日は、体調が思わしくなかったこともあって、余計に蒸し暑く感じたのかもしれません。


ちなみに、体調が思わしくなかった原因はコチラ↓。

普段の土曜日は、当日分の"戦い(馬券での)"と翌日分の準備作業のため競馬以外のことは完全にシャットアウトするのですが、この土曜日は競馬外でのっぴきならないトラブルが発生し、その対応に追われて日中はバタバタ状態。

結構きつい内容のトラブルで、次第に悪化する事態にかなりのイライラを募らせていたところ、それに追い打ちをかけるように競馬の方も2着、2着の連発。

数年前なら間違いなく「ええ加減にせんかい(怒)」とブチ切れていたと思われますが、最近は人間が出来てきたこともあって(嘘です。ただ単に年齢と共に怒るパワーも喪失してきただけです)、トラブルに関する電話やメールには「ため息」、レース結果には「歯軋り」でもって対応するに留めた次第(泣笑)。

そうこうしているうちに、阪神競馬場行きの用意(いつも現場へは不測の事態?に備え、それなりのボリュームの資料を持って行きますので)を含め最終的に全ての作業が完了したのは深夜。

Photo_2 

そして、眠りに就いてからも、日中のトラブルのことや競馬のことが頭の中を駆け巡り、全く寝た気がしないまま、6時前には散歩を督促するチョコラ号にイヌパンチでもって容赦なく叩き起こされ、夢遊病者のような状態で1日をスタート。

よって、競馬場に着いた時点で、既に頭はボォーとし、脚元はフラフラ。

精神的にも肉体的にも非常に厳しい状態の中、まずは、インフォーメーションで「通常分」の震災募金をし、(気持ちを落ち着かせて)この日の戦闘を開始。



【 土曜日のコピー? 】

日曜日は、前日のブログに掲載した数頭を含め、会員サイト内で「コラム推奨馬」を3頭、「調教から狙える好配当馬」を3頭、「単複で狙えるT評価馬」を3頭、「妙味がある新馬」を2頭、以上合計11頭をピックアップし↓、

Co0619bmp

その成績は次のとおり↓。

(6月19日の成績表)

Seiseki0619bmp

勝率18%、連対率64%、複勝率64%、そして、単勝回収率55%、複勝回収率136%と、まるで、土曜日のコピーを見ているような成績。

中山11Rのエーブダッチマンが単勝1140円、中山12Rのダノンシュナップスが単勝770円、函館10Rのアナバティックが単勝1360円、そして阪神5Rのエピセアロームが単勝510円。あと一つでも勝っていてくれれば…(タラレバ)。

土曜日と同様、この日もゴール前では歯軋りの連続であったことは言うまでもありません(泣笑)。

それでは「コラム推奨馬」から順を追って馬券の回顧をさせていただきます。



【 期待のS評価馬が…(コラム推奨馬) 】


(阪神3R 3歳未勝利戦 4番 ラポール 2番人気 6着)

このブログでもお馴染みの攻め駆けする同馬。

今回も栗東・CWで《93.0》(A評価)・順位2位と抜群の指数を叩き出し、デキは前走以上。
前走は首の上げ下げによるハナ差の2着で「今回は2倍を切る一本被りか」と思っていたところ、人気の方は上位3頭がひしめき合っており、単勝オッズは3倍超。「これならば単勝一本で十分」と、単勝3万円のみ購入。

Ha061803bmp

好位追走も直線で追い出されてから前走のような伸びが見られず6着。今回に鞍上は和田騎手へ乗り替わり。同騎手も当方のお気に入りの騎手の一人ですが、やや癖がある馬だけに(直線でヨレて降着になったこともあるくらい)、同馬に関しては元所属騎手でもある国分恭介騎手の方が合っているかも(☆1kg減の恩恵もありますし)。

Ha061903b
購入額 3万円 払戻金 0円



(阪神11R マーメイドS・GⅢ 1番 アスカトップレディ 1番人気 7着)

今週は栗東・坂路で4F50.5-1F12.5と一番時計をマーク。自己ベストも更新し、指数は《95.5》と初のをS評価をマークし、順位は堂々の1位。昇級初戦になりますが(降級しているの格上挑戦?)、ハンデも手ごろなので3連勝の期待十分。

馬券の方ですが、↑ラポールと同様、単勝3倍超が非常に美味しく思え、単勝一本3万円で勝負。

Ha061811bmp

レースの方は、昨年までと傾向が一変し、先行勢がほぼ総崩れとなり、追い込みの競馬に。最内の好位を追走していた同馬も直線伸び切れずの7着。

馬場状態の影響(昨年までは開幕週、今年は3週目)もあったかもしれませんし、同馬に関しては、直線で少し窮屈になる場面もありましたが、手応え自体は抜群だっただけに???と言った結果。

降級して準オープンなら力上位は明らかでしょうが、同馬の今後を考えれば今日のレースぶりは少々気になるところ。

Ha061911b
購入額 3万円 払戻金 0円



(函館11R 五稜郭S 4番 ブリッツェン 1番人気 2着)

今週から函館・CWの調教指数の掲載を開始しましたが、今のところ、ほとんどの馬が軽目の稽古しかしていませんので、指数的に「これっ!」と思える馬は数えるほど。

そうした中で唯一《86.0》とA評価となる指数をマークしていたのが同馬。尚、会員ページ(PC版 携帯版)内では、北海道の調教指数も公開中です。

トップハンデですが、前走で重賞を制覇した勢いからすれば、このメンバーなら力は1枚上。ただ、単勝オッズが2倍少々と配当妙味が薄く、単勝は2万円として、同馬に他2頭の好調教馬を絡めた3連複1万5千円(フォーメーション・千円×15点)で好配狙い。

Hk061811bmp

好スタートを切った後、先手を主張した2頭を見ながら3番手を追走。直線でスムーズに前を捌いて先頭に立った時は楽勝ムードでしたが、ゴール寸前で勝ち馬の切れ味に屈してクビ差の2着。

相手候補に据えた1頭、1番・コロンバスサークルが3着に入って3連複は的中するも、その配当が2120円で取りガミ。

Hk061911b
購入額 3万5000円 払戻金 2万1200円



【 2着に次ぐ2着(調教から狙える好配当馬) 】

見事なくらいの「2着3連発」。

しかも、いずれもが大変惜しい内容。ゴール前では接戦が繰り広げられましたので、おそらく当方の奥歯は歯軋りでだいぶ磨り減ったと思います(泣笑)。新規会員様から「馬連で頂きました!」とメールを何通か頂き、歯軋りは治まりましたが(感謝)。


配当的には随分と妙味がありましたので(↑の成績表では単勝欄に括弧書きで「1着になっていれば」の単勝配当を記載しています)、冗談はさておき、馬券の方でも非常に痛い「2着3連発」でした。



(中山11R バーデンバーデンC 12番 エーブダッチマン 8番人気 2着)

Na061811bmp

Na061911b
単勝 ハズレ 複勝 310円
購入額 1万5000円 払戻金 3万1000円



(中山12R 3歳上500万下 11番 ダノンシュナップス 5番人気 2着)

Na061812bmp

Na061912b
単勝 ハズレ 複勝 280円
入額 2万円 払戻金 2万8000円



(函館10R 湯川特別 11番 アナバティック 5番人気 2着)

Hk061810bmp

Hk061910b
単勝 ハズレ 複勝 340円
入額 1万5000円 払戻金 3万4000円



なお、本日は「(泣笑)」を連発したブログとなりましたが、残る「単複で狙えるT評価馬」と「妙味がある新馬」の馬券については明日にでも回顧させていただきます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月21日 (火)

土曜日の儲けは"ぶっかけうどん"1杯分???

【 A評価馬の巻き返し 】

先週は唯一のS評価馬だったダッシャーゴーゴーが快勝してくれましたので、今週も唯一のS評価馬であるマーメイドS・GⅢ(日曜・阪神11R)に出走していたアスカトップレディにかなり期待をしていたのですが、結果は1番人気に推されながらも7着に敗退(これについては追って)。

ところで、先週はA評価馬が「坊主(勝ち星なし)」を喰らい少々不安を感じていたのですが、今週のA評価馬36頭の成績は(7-10-1-18)で、勝率は19%、連対率は47%、そして、複勝率に関しては"大台"となる50%を達成。

また、単勝の最高配当が560円と所謂「大物(おおもの)」がなかったため、単勝回収率は55%に留まりましたが、複勝回収率は90%を超える成績を収め、こちらが抱いた不安をかき消し「A評価馬の巻き返し」を見事に成し遂げてくれました(内心はホッと胸を撫で下ろした次第です・笑)。

そして、T評価馬については、単勝回収率が112%で、複勝回収率も90%超え、また、B評価馬についても、複勝回収率が100%まであと一歩となる98%。

S評価馬は残念な結果となりましたが、A評価馬B評価馬T評価馬については、いずれも成績優秀で、今週の好調教馬もコンスタントに馬券に絡んてくれていました。

Taka0618bmp




【 ゴール前では歯軋りの連続 】


昨日のブログでも少しふれましたとおり、土曜日は、前日のブログに掲載した数頭を含め、会員サイト内で「コラム推奨馬」を2頭、「調教から狙える好配当馬」を3頭、「単複で狙えるT評価馬」を4頭、「妙味がある新馬」を2頭、以上合計11頭をピックアップ↓、

Co0618bmp


その成績は次のとおり↓。

Seiseki0618abmp

勝率18%、連対率64%、複勝率73%、そして、単勝回収率48%、複勝回収率110%と、数字だけを見れば"まずまずの成績"と言えますが、如何せん2着、2着のオンパレードでゴール前では歯軋りの連続。

↑の表では単勝欄に2着馬の単勝配当を括弧書きしていますが、毎度の如く「タラレバ」の話をさせていただくと、2着になった5頭の内、せめて半分(2頭or3頭)が勝ってくれていれば儲けの方はグンと…(泣笑)。

ちなみに、この日の馬券は取りガミとなったレースも多く、儲けの方は、最近ハマっている「釜たけうどん」さんの"ちく玉天ぶっかけの大盛り"1杯分くらい???


なお、日曜日も土曜日のコピーのような?成績でしたが、馬券の回顧については、明日以降に。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月20日 (月)

重馬場と調教について

【 2着のオンパレード 】

ブログ上にて取り挙げた推奨馬達は、土曜は【2・5・1・3】、日曜は【2・5・0・4】。土日ともに連対率は64%と高かったのですが、2着、2着のオンパレード。単勝でもそこそこ配当がついておりましたので、あと1・2勝してくれいれば、単勝でも大儲けといった所。また馬券の回顧については明日以降にでも。

2

以前に"よっち"さんからは、「馬場が悪い時は調教が良い方がいいのですか?初心者ですが、よろしければ教えて下さい」とのコメントをいただきました。

よっちさんの質問の趣旨からは多少ずれるかも分かりませんが、「重馬場と調教」の関係について書かせていただきます。




【 重馬場と調教について 】

① このブログでも馬場状態が悪い時は「馬券の方は控え目に」と度々書いてきましたが、当方は馬場状態がレース結果に与える影響は非常に大きく、レースにもよりますが、その多大な影響力は「調教の良し悪し」はもちろんのこと、「能力」「実績」等々の全て要素を凌駕する場合もあると考ています。

すなわち、「能力上位」「実績上位」、あるいは「調教抜群」で、しかも圧倒的な1番人気に支持されている馬であっても、重や不良の馬場(以下では単に「重馬場」と言います)に対する適性が低ければ(中には適性が全くないと思える所謂「良馬場でこそ」という馬もいますし)、その能力や状態の良さを活かせず、「何で?」と思わず首を傾げたくなるようなレース結果しか出すことが出来ません。


先般、日本ダービーでは、勝ったオルフェーヴルと2着のウインバリアシオンが3着以下を7馬身ちぎりましたが、仮に、良馬場で行われていれば、例え同じ着順となったとしても、他馬との間でここまでの着差はつかなかったでしょう。

やはり、この2頭は能力もさることながら、重馬場適性が他馬と比べて非常に高かったと言えるのではないでしょうか。

なお、距離が長いレースほど、馬場状態の影響を大きく(長い時間)受けますので、今回のダービーのように重馬場適性の有無が「大きな着差」という形となって現れることが得てして多くなります。

従って、好調教馬が重馬場で良い結果を出せるか否かは、その馬が重馬場適性を備えているかどうかによって大きく変わってきますので、「馬場状態が悪い時は好調教馬の成績が良い(又は悪い)」と一方的に限定することはできません。

当然のことながら、重馬場適性が低いと思われる馬は調教が抜群でも凡走することが屡々ですし、反対に、重馬場適性が高いと思われる好調教馬は「鬼に金棒」?の如く非常に高い確率で好走してくれます。


なお、馬場状態が悪い時は、日によって好調教馬の成績が「絶好調」だったり、逆に「絶不調」だったりと、両極端な結果となることが結構あるのですが、その偏りの原因こそが「重馬場適性」ではないかと当方は推察しています(出走している好調教馬に重馬場適性が高い馬が多い日は「絶好調」、少ない日は「絶不調」)。



② 個々の出走馬について重馬場適性の有無を判断する要素としては、蹄の形状(大きさや形=ベタ、立ちなど)、走法(飛びの大き小さいなど)、気性(雨自体を嫌がる馬もいれば、レース中に泥を被るとやる気なくす馬もいますし、中にはこれらを全く意に介さない馬もいます)、脚質(重馬場の時は逃げ・先行が有利で、差し・追い込みが不利)、そして、過去のレース成績(重馬場でどのような結果を残しているか)といったことが挙げられます。

例えば、蹄の形状については(一般の競馬新聞ではほとんど見ることはありませんが)、当方の競馬の「師匠」の一人でもある赤木一騎氏が率いる「JRDB」(PC版携帯版)さんがこれに関するデータを提供されていますので、これを見ればおよその目安を立てることが出来ると思いますが、「蹄は○でも、それ以外の要素が×」ということもありますので、馬毎に重馬場適性の有無を判断するのは非常に難しいところです。

そうした意味では、実際に重馬場でどのようなレースしているかを参考にするのが一番かと思いますが、これについても、一見、重馬場適性が高いと思える好成績を残していても、たまたま他のメンバーが弱かっただけで、実は、道悪は得意でなかったという場合もありますし、そもそも、良馬場でしか走ったことがない馬については、成績を見ても重馬場適性の有無を判断できないという問題が残ります。



③ そして、馬場状態が悪い時は(あるいは悪天候の時は)、仮に、狙っている好調教馬が重馬場適性が高くても、その馬以上に重馬場が得意な馬~「道悪の鬼」と呼ばれるような水が浮いた馬場でも蹄に水掻きが付いているかの如くスイスイと走る馬~が出走してることもあれば、騎手についても、身体的(腰や頸椎に持病を抱えている等々)、あるいは精神的?理由によって実力が発揮できないこともあり、普段と比べると不確定(不安定)な要素が随分増えますので、冒頭でも申し上げてましたとおり、結論としては「馬券を買う際は控え目に」ということになります。

今週末の宝塚記念におきましても、過去5年で稍重で3回、重で1回。良馬場で施行されたのは一度だけ。有力馬は重適性がないとも思えませんが、良馬場に越したことはありません。




【 宝塚記念の1週前・好調教馬 】

今月から月曜のブログにて、1週前・好調教馬を掲載しております。先週のマーメイドSのフミノイマージン、2週前のCBC賞のダッシャーゴーゴーなど、1週前・好調教馬でした。以下は宝塚記念の1週前・好調教馬です↓


アーネストリー
栗・坂路 4F51.2-1F13.1 ⇒調教指数《82》・B評価
イコピコ
栗・坂路 4F52.9-1F12.1 ⇒調教指数《83》・B評価
トゥザグローリー
栗・CW 6F81秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《88》・A評価
ドリームジャーニー
栗・CW 6F81秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《89》・A評価

ナムラクレセント
栗・坂路 4F51.1-1F13.2 ⇒調教指数《84》・B評価
ハートビートソング
栗・坂路 4F52.3-1F12.9 ⇒調教指数《87》・A評価
ビートブラック
栗・坂路 4F50.7-1F13.4 ⇒調教指数《82》・B評価
フォゲッタブル
栗・CW 6F82秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《83》・B評価


S評価の該当馬こそおりませんが、A評価が3頭、B評価も5頭が該当しております。有力馬ではアーネストリー、トゥザグローリーが該当。ドリームジャーニーも久々に1週前からCWで好指数をマーク。

人気はルーラーシップ、ブエナビスタに集中すると思いますが、2頭ともに1週前は《80》以上とならず。最終追い切りで《80》のB評価以上となるか注目です。

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年6月18日 (土)

雨雲を吹き飛ばす快走を期待

このところ梅雨らしい?ぐずついた天候が続き、それだけで気分までもが冴えない毎日。

そして、本日は「コラム推奨馬」「調教から狙える好配当馬」「T評価馬」「新馬戦」で取り上げた馬がいずれも「これでもかぁ~」というくらい2着、2着のオンパレードで正にこのところの天候に比例したかのようなスカッとしない結果。

つい先程、愛犬・チャコラ号にせっつかれ雨のやみ間を縫って散歩に出ましたが、依然として重苦しい雨雲が低く垂れ込めており、明日の天気も、本日と同様、イマイチの模様。

明日は阪神競馬場へ出陣する予定ですが、当方といたしましては、天気の良し悪しに拘わらず好調教馬さえ活躍してくれれば、気分の方は一気に"快晴"となるのですが(笑)。

なお、今週、唯一の重賞であるマーメイドS・GⅢには、これ又、今週の好調教馬の中で唯一のS評価馬が出走。
先週のダッシャーゴーゴー(CBC賞・GⅢ)のように鬱陶しい天気を吹き飛ばす快走を期待します。


(雨が多いこの季節、"超サマーカット"としていると↓、足やお腹を洗ったり、ドライヤーで乾かしたりするのも随分と楽)

Wan0604c



【 明日の新馬戦 】

明日も阪神、中山、函館で各1鞍づつの新馬戦が組まれており、その内の2鞍で調教指数《80》を超えてB評価以上をマークした馬(好調教馬)が全部で5頭出走しています。

そして、5頭の中から2頭を「妙味がある新馬」に抜擢しましたが、その内の1頭がコチラ↓。


阪神5R 9番 エピセアローム
6月15日(水) 栗・坂路 指数《86.3》(A評価

明日の新馬で最も高い指数をマークしています。

昨日のブログで書きました評判馬の7番・ディアデラバンデラ(ディアデラノビアの長男)に人気が集中する模様で、配当妙味は十分。


※ 新馬戦に関しては、「走ってみなければ分からない」というリスクは「全レース&全馬共通」ですので、馬券を購入される際は控え目に。




【 函館・CWで好指数 】


(函館11R 五稜郭S 4番 ブリッツェン)

Hk061911bmp

今週から掲載を開始した函館・CWの調教指数。
今のところ、ほとんどの馬が比較的軽る目の調教しかしていない中にあって、唯一《86.0》とA評価となる指数をしっかりと叩き出し、当然のことながら順位は1位

トップハンデとなる斤量を背負わされており、また、距離も1F長いような気もしますが、「好調教」+「連勝中(しかも前走は重賞制覇)の勢い」をもって克服!


その他、阪神11R・マーメイイドS・GⅢなどの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


函館10R 11番 アナバティック
6月16日(木) 函・CW 指数《84.0》(B評価



【 明日の「T評価馬」 】

出走頭数が多い「T評価馬」の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬は次に該当する場合(これに関する記事はコチラを)。

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

そして、明日の「T評価馬」の中で↑①又は②に該当する馬は次のとおりです。


(①に該当)

函館12R 12番 テイエムオオタカ


(②に該当)

函館6R 3番 フラアンジェリコ



【 お知らせ 】


今週から2歳の新馬戦が始まり、↑のとおり、このブログでも「明日の新馬戦」のコーナーを再開いたしました。

なお、「明日の調教から狙える好配当馬」、「明日のT評価馬」、「明日の新馬戦」のコーナーについては、会員様からのご意見もあり、「コラム推奨馬」と同様、該当馬の一部をここで公開させていただくこととし、それ以外については、会員ページ(PC版 携帯版)内での掲載とさせていただきますので、ご了解下さい。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月17日 (金)

いよいよ新馬戦がスタート

【 新馬戦の"怖さ"と"旨み" 】

今週末の競馬からクラスの再編成。毎年のことながら、「降級した4歳馬」と「斤量有利な3歳馬」の戦いとなり、暫くの間はその力の比較に頭を悩ますところです。

そして、来年のダービーに向け?、2歳馬による新馬戦もいよいよスタート。2歳馬、3歳馬は稽古の動きがレース結果に直結することが多く、当「高中式」が非常に得意とする分野。

ただ、新馬については、S評価又はA評価となる抜群の指数を叩き出し「稽古通りに走れば勝ち負け」といったレベルの馬でも(単勝オッズが2倍を切るような大本命の馬でも)、初の実戦となるだけに「(気性面などから)走ってみないと分からない」というリスクもあって、実際に「???」といった結果に終わることも屡々。

年明けの京都開催では単勝97.4倍のメイショウマシュウに儲けさせて貰いましたが、このレースでも新馬戦の"怖さ"と"旨み"の両方を味わった次第(この件に関してはコチラ)。

Photo_2
Photo_3
購入額 2万6000円  払戻額 25万7100円


既走馬同士のレースと比べ、情報量が極めて少ない新馬戦にはそうした不可避のリスクが多々ありますので、調教面でどれだけ"堅そう"に思える馬であっても、そこにドカンと資金を投入するわけには中々いきません。

当方では、例え、B評価馬であっても、相手関係などから(例えば、そのレースでは調教で目立った動きをしている馬が他に全くおらず、しかも、人気馬の調教がイマイチといったケース)、狙い目も十分であれば、配当の妙味も十分の馬を「妙味がある新馬」としてピックアップし、会員ページ内(PC版 携帯版で掲載しております。




【 今週の評判馬はディアデラバンデラ 】

今週は計6鞍組まれており、一番の注目は日曜・阪神の芝外1600m戦です。10年は1着アヴェンチュラ、2着エイシンオスマン、08年は2着セイウンワンダー、07年は1着アーネストリー、2着トールポピーなど、後に重賞・クラシックで活躍する馬がズラリと名を連ねます。

今年の前評判を聞く限りは、ディアデラノビアの初仔ディアデラバンデラ(父シンボリクリスエス)が断然の人気ではないかと思います。厩舎(角居厩舎)的にも安定感が高く、「ディアデラバンデラ vs 他11頭」 という図式でしょう。

他11頭で目立つのが新種牡馬ダイワメジャー産駒のエピセアローム。坂路の4F51.5は2歳としては優秀です。調教指数的にはディアデラバンデラより上かもしれません。


ディアデラバンデラ
栗・CW 6F82秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価

エピセアローム
栗・坂路 4F51.5-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価


今週から新馬戦の調教指数の一部を当ブログで掲載させていただきますので、馬券を検討される際、参考にしていただければ幸いです。明日の一鞍を紹介させて頂きます↓




【 明日の新馬戦 】


明日は阪神、中山、函館で各1鞍づつの新馬戦が組まれており、その内の2鞍で調教指数《80》を超えてB評価以上をマークした馬(好調教馬)が全部で7頭出走しています。

そして、7頭の中から2頭を「妙味がある新馬」に抜擢しましたが、その内の1頭がコチラ↓。


阪神5R 4番 カシノラピス
6月15日(水) 栗・CW 指数《86.0》(A評価

Photo_4

明日の新馬の中で唯一のA評価馬です。

断トツの1番人気かと思いきや、このレースに出走している他の好調教馬3頭(B評価馬)にも人気が分散していることもあって、配当面では"それなり"の妙味が…。

ただ、新馬戦に関しては、「走ってみなければ分からない」というリスクは「全レース&全馬共通」ですので、馬券を購入される際は控え目に。




【 実力馬が降級し 】


(阪神11R ストークS 8番 エーシンリターンズ)

Ha061811bbmp

これまでの稽古は栗東・坂路とCWの併用でしたが、今回は坂路一本で入念に乗り込まれています。先週が4F51.1-1F12.9・指数《87.9》(A評価)・順位9位、今週が4F51.7-1F12.0・指数《93.2》(A評価)・順位2位とレベルが高い「2週連続の好調教」をマークし、態勢は万全。

牝馬としては少々ハンデを背負わされたような気はしますが、そこは桜花賞3着の実力馬。「降級」+「得意のコース(1-0-3-0)」で勝ち負けを期待したいところです。

その他、中山11R・の推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


函館4R 5番 ダイキチチョウナン
6月15日(水) 美・坂路 指数《84.0》(B評価



【 明日の「T評価馬」 】

出走頭数が多い「T評価馬」の中にあって、単複を含め軸馬として狙える馬は次に該当する場合(これに関する記事はコチラを)。

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

そして、明日の「T評価馬」の中で↑①又は②に該当する馬は次のとおりです。


(①に該当)

函館12R 9番 サクラゴスペル


(②に該当)

阪神3R 2番 タッチドヘヴンリー



【 お知らせ 】


今週から2歳の新馬戦が始まり、↑のとおり、このブログでも「明日の新馬戦」のコーナーを再開いたしました。

なお、「明日の調教から狙える好配当馬」、「明日のT評価馬」、「明日の新馬戦」のコーナーについては、会員様からのご意見もあり、「コラム推奨馬」と同様、該当馬の一部をここで公開させていただくこととし、それ以外については、会員ページ(PC版 携帯版)内での掲載とさせていただきますので、ご了解下さい。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月16日 (木)

お手馬に助けられ

日曜日は「コラム推奨馬」の3頭、「調教から狙える好配当馬」の5頭、「T評価馬」の3頭、以上合計11頭(11レース)の馬券を買い、朝一(東京1R)から最終(阪神12R)までの長丁場を戦った次第。

昨日は「調教から狙える好配当馬」の成績を掲載しましたが、残る「コラム推奨馬」と「T評価馬」は如何に。



【 T評価馬 】

先般、単複を含め軸馬として狙える「T評価馬」について、

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

と書きましたが(詳細についてはコチラを)、今週から↑の①又は②に該当する馬を「明日のT評価馬」として前日のブログにて掲載。

そして、日曜日は②に該当した馬が3頭おり(①に該当した馬は無し)、その成績は次のとおり。


(東京1R 3歳未勝利戦 14番 ルイーズ 1番人気 1着)

To061201bmp

To061201b

単勝260円
購入額 2万円 払戻額 5万2000円



(新潟3R  3歳未勝利戦 6番 ビッグスナイパー 2番人気 4着)

Ni061203bmp

Ni061203b

単勝 ハズレ
購入額 1万円 払戻額 0円



(新潟6R 3歳未勝利戦 11番 ダイコウヒョウ 4番人気 14着)

Ni061206bmp

Ni061206b

単勝 ハズレ 複勝 ハズレ
購入額 2万円 払戻額 0円


土曜日の4頭が(2-1-0-1)と成績優秀でしたので、日曜日も結構期待していたのですが、結果は(1-0-0-2)とイマイチ。
ただ、馬券の収支の方は、僅かながら2千円のプラス。



【 コラム推奨馬 】

(阪神3R 3歳未勝利戦 5番 エーシンギガウイン 3番人気 7着)

休養明け後、追い切りが栗東・坂路からCWに変更され、今回も《93.0》(A評価)・順位2位と好指数をマーク。
5ケ月半ぶりの前走も見せ場たっぷりで(4着)、今回は一叩きの上積みも見込めると、単複各1万円を購入。

Ha061203bmp

スタートで後手を踏んで後方からの競馬。直線でもジワジワとしか伸びず7着止まり。
脚を溜めて切れ味で勝負するタイプではなく、前走のように先行して早めに動く競馬がベスト。
と言うことで、次走はスタートが"鍵"になりますが、稽古の動きからは"巻き返し"の期待十分。

Ha061203b

購入額 2万円 払戻額 0円



(阪神6R 3歳500万下 5番 エーティーガンダム 3番人気 7着)

今週は栗東・坂路で4F51.3-1F12.5と自己ベストを更新する好時計を叩き出し、指数は《87.9》(A評価)で、順位も8位
「稽古の動きが良化」→「レースでの走りも一変」を期待し、まずは単勝1万円を購入。
併せて、他の好調教馬3頭を絡めた3連複1万9500円(フォーメーション・5百円×39点)を購入。

Ha061206bmp

まずまずのスタートを切るも先手を主張する馬が多く、中団からの競馬。
道中の手応えも良く、直線で「末脚爆発」を期待するも、追い出してからの反応も鈍く7着に敗退。

ちなみに、このレースは、圧倒的な1番人気の2番・リーサムハーツが5着に敗れたこともあって、3連単の配当が450万円超えと大波乱。

Ha061206b

購入額 2万9500円 払戻額 0円



(阪神11R CBC賞・GⅢ 11番 ダッシャーゴーゴー 1番人気 1着)

好調教馬が多数いる中、先週と今週にS評価となる指数を連続してマークし、これを含めて「3週連続の好調教」だった同馬に期待。
今回は直前でもしっかりとした追い切りが施され、前走の汚名(4位入線も11着に降着)を返上すべく態勢は万全。

まずは、同馬の単勝3万円を購入し、併せて、同馬に3番・ヘッドライナー、5番・エーシンホワイティ、13番・ツルマルレオンのA評価馬3頭を絡めた3連複1万8000円(フォーメーション・5百円×36点)を購入。

Ha061211bmp

スタート自体はそれ程悪くはなかったが、鞍上が抑え気味にいつもと比べると随分と後方寄りの競馬。
直線でスムーズに外へ持ち出されると、そこから鞍上の激しいアクションに応えて一気に加速。
逃げ粘る相手候補の1頭、3番・ヘッドライナーをゴール前では並ぶ間もなくかわし去り快勝(単勝350円)。
3着に13番人気の1番・タマモナイスプレイが粘り込み、3連複の配当は27940円と2万馬券。

レース後の表彰式では同馬の手綱を取り続ける川田騎手が万感の思いから号泣。
そして、それを見た当方は貰い泣き。ただし、その半分は馬券的中の「嬉し涙」ですが(笑)。

Ha061211b

購入額 4万8000円 払戻額 24万4700円



長い1日の戦いを終え、各パート毎の成績&馬券の収支は次のとおり(ブログ掲載順)。

「調教から狙える好配当馬」 (0-0-2-3) ▲2万9500円
「T評価馬」           (1-0-0-2) +2000円
「コラム推奨馬」        (1-0-0-2) +14万7200円

そして、お手馬であるダッシャーゴーゴーの活躍に助けられ、日曜日のトータルの収支は12万円弱の儲け。

長丁場だっただけに身体の方はフラフラでしたが、今週も何とか馬券の儲けの中から募金をすることが出来ましたので、意外と足取り軽く競馬場を後にした次第。

兎に角、今週はダッシャーゴーゴー&川田騎手&安田隆行厩舎(ロードカナロアなどで最近はかなりお世話になっています)に感謝!




【 好調教 + 軽ハンデ = マーメイドS 】


今週の重賞はマーメイドSのみですが、調教指数の作成は楽しみなレース。何故かと言えば、ハンデ戦だからです。ハンデは過去の実績、近走の成績から、JRAのハンデキャッパーによって、ゴールラインで横一線になるようにつけられています(その精度のハンデの精度の高さには、度々驚かされます)。

つまり、過去の成績で横一線にされる訳ですから、「絶対能力に掛かる比重が少なく、今回のデキが良い馬」にかなり有利な条件な訳です。過去の実績よりも、好調教+軽ハンデを重視です。月曜から注目しているのは「1週前好調教馬」のフミノイマージン。


(1週前)
栗・CW 6F79秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《90》・A評価
(今週)
栗・CW 6F82秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価



「栗・坂路」で目立ったのがアスカトップレディの4F50.5-1F12.4。水曜の一番時計ですから、《85》のB評価以上は間違いないでしょう。他に「1週前好調教馬」だったポルカマズルカ、ラフォルジュルネの他にも、人気薄でB評価以上の馬がおりそうです。

尚、本日の調教指数は今から計算を始めて、毎度のように金曜の昼までに、会員ページ(PC版 携帯版にて公開させて頂きます。



アスカトップレディ
栗・坂路 4F50.5-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
イタリアンレッド
栗・坂路 4F53.0-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
ブロードストリート
栗・坂路 4F52.9-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価


プロヴィナージュ
栗・CW 6F82秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
モーニングフェイス
栗・CW 6F79秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ラフォルジュルネ
栗・CW 6F86秒前半-1F11秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ロイヤルネックレス
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


ポルカマズルカ
美・坂路 4F51.2-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
マイネプリンセス
美・坂路 4F53.7-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
セラフィックロンプ
美・坂路 4F52.5-1F11.8 ⇒調教指数《??》・?評価

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月15日 (水)

長い日曜日

日曜日は朝からパッとしない天気で、昼からは雨の予報。
阪神のメインレースであるCBC賞にはお手馬のダッシャーゴーゴーが出走しますが、「58.5kg」の斤量を背負っているだけに、雨が振り出すのは出来るだけ遅い方が有り難かったのですが…。

空模様を気にしつつ、競馬場に到着後、直ぐさまインフォーメーションに立ち寄って「通常分」の募金を。

そして、この日は、いつもの「コラム推奨馬」(3頭)と「調教から狙える好配当馬」(5頭)に↓、

Co0612bmp

Kouhai0612bmp

今週から掲載を始めた「T評価馬」(3頭)を加え↓、全部で11頭(11レース)の馬券を買う予定で戦闘開始。

Thyoukabmp

東京1R(14番・ルイーズ)から始まり、最後の阪神12R(4番・ニホンピロシュラブ)まで長丁場の戦いになりますので、途中の成績に左右されることなく(勝っても負けても)、脇目もふらずに(気がないレースまで手を出さないように)粛々と戦っていきたいところ。

なお、今週の回顧については、これまでの時系列で(1日のレースの順番に沿って)ではなく、各「パート」毎に書かせていただいきます。

そして、ブログの掲載の都合上?、まずは「調教から狙える好配当馬」の5頭から。



(阪神5R 3歳500万下 8番 タナトス 4番人気 3着)

1ケ月ぶりのレースとなるが、栗東・坂路で「2週連続の好調教」
鞍上も強化され"一発"の魅力十分と、単複各1万円を購入。

Ha061205bmp

後方寄りに競馬から、直線ではメンバー中最速の脚(3F)を使うも、この日の馬場状態(重)では前が止まらず3着。
単勝は4番人気で7倍超でしたが、複勝の方は3番人気で180円と安く"取りガミ"。

Ha061205b

購入額 2万円 払戻額 1万8000円



(阪神12R 4歳1000万下 4番 ニホンピロシュラブ 6番人気 14着)

栗東・坂路で「3週連続の好調教」。
クラス2走目の慣れも見込めると、単複各1万円を購入。

Ha061212bmp


スタートが決まり一気にハナヘ。軽快に逃げて「今日の馬場状態なら」と期待に胸を膨らますも、直線に入って大失速の14着。

ピッタリとマークされていた7番・ヒシコモンズに並びかけられてレースを止めてしまった様子。少しでも揉まれるとダメなタイプと思われ、2走前に勝った時のように「外枠からスンナリ」が好走の必須条件!?

Ha061212b

購入額 2万円 払戻額 0円



(東京9R エーデルワイスS 6番 タイキパーシヴァル 9番人気 5着)

栗東・CWでA評価となる好指数をマークし、順位も3位
先手を奪って渋太く粘り込むことを期待し、単勝5千円と複勝1万円を購入。

To061209bmp

スタートはやや後手を踏んだものの、鞍上が押して注文どおりハナヘ。
残り400mでは脚色鈍って「売り切れ」かと思えたところ、そこから持ち前の渋太さを発揮。残念ながら、"あと僅か"のところで(50m?)後続に一気に来られて5着。

思っていた以上の「粘り腰」には次走も期待十分。

To061209b

購入額 1万5000円 払戻額 0円



(新潟10R カンゾウ賞 9番 ヤマノサファイヤ 4番人気 3着)

元々攻め駆けするタイプながら、今回も栗東・CWでA評価・順位4位と抜群の動き。
他に好調教馬が5頭いるが、指数的には抜けた存在。
まずは、同馬の単勝5千円と複勝1万円を購入。
そして、調教の動きがレース結果に直結することが多いダートの短距離戦ということで(しかも、3歳馬の限定戦)、同馬に他4頭の好調教馬を絡めた3連複1万7000円(フォーメーション・5百円×34点)を購入。

Ni061210bmp

中団やや後方寄りの競馬。抜群の手応えから馬群を縫うようにして先団に進出し、直線では前との差をよく詰めるも3着(複勝220円)。

勝ったのは、相手候補に据えた10番・オペラモーヴで3連複も的中。
その配当は7500円と、オペラモーヴが断トツの1番人気であったことを考えればまずまず。

Ni061210b

購入額 3万2000円 払戻額 5万9500円



(新潟12R 鳥海山特別 2番 エリモサプライズ 5番人気 8着)

毎回のごとく「コラム推奨馬」に抜擢している同馬。
前走が走りが不甲斐なかったものの「このメンバーが相手なら」と、単複各1万円を購入。

Ni061212bmp

今回は後方から全く競馬をせず。結果は10頭立ての8着。
前回も書きましたが、稽古の動きはオープン並だけに、レースに臨むに当たっては、事前に何らかのと工夫(作戦)が欲しいところ。

Ni061212b


購入額 2万円 払戻額 0円



5頭もいても1頭でも勝てば収支をプラスに持って行ける「調教から狙える好配当馬」ですが、この日の成績は(0-0-2-3)と約3万円のマイナス。

「コラム推奨馬」と「T評価馬」でもって収支をプラスにしなければ「募金の連続記録が…」といった事態ですが、この続きは明日にでも。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月14日 (火)

久々に登場のS評価馬が快勝

【 讃岐うどん 】

昨日は週明けにしては珍しく朝一番からバタバタ状態。
阪急電鉄の梅田駅付近で初っぱなの仕事を終え、午後からも予定がビッシリと入っていたこともあって、11時過ぎに早めの昼食。

そして、向かった先はミナミに本店がある讃岐うどんの超有名店「釜たけうどん」さんが、昨年の9月、新梅田食堂街にオープンさせた「釜たけうどん梅田店」。
同店の1番人気のメニューである「ちく玉天ぶっかけ」は、「並」の値段が780円で、うどんの量が400g。そして、「麺食い(めんくい)」である当方は、常に100円アップの「大」を注文。ちなみに、そのうどんの量は並の倍となる800g!
テーブルに出された時はそのボリュームに圧倒されるのですが、食べ始めると、喉ごし抜群の"シコシコ&ツルツル麺"を官能?しているうちにアッという間に完食。

かなり"デンプン過多"の昼食ではありましたが、タップリとエネルギーを補給し、午後からのハードスケジュールを精力的にこなした次第。


(これだけの量を食べても6時にはお腹が空いて…)

Kamatake



【 この週末は「A評価馬の巻き返し」に期待 】

昨日のブログでも書きましたとおり、今週は久々に登場したS評価馬・ダッシャーゴーゴーがCBC賞・GⅢを快勝(これの回顧は追って)。

Ha061111bmp

そして、ここ数週と同様、土日共に好調教馬がそこそこ馬券に絡んでいましたので、日曜日の夜、I氏が成績表↓をアップしてくれるのを楽しみにしていたところ、A評価馬の成績が…。

Tk0611bmp

このところ好調だったA評価馬が今年に入り2回目となる「坊主(勝ち星なし)」を喫し、成績表を見た瞬間、思わず「う~ん(泣)」と唸ってしまった次第。

と言うことで、この週末は「S評価馬の巻き返し」ならぬ「A評価馬の巻き返し」に期待!



【 今週から狙いの「T評価馬」を掲載 】

先日、単複を含め軸馬として狙える「T評価馬」について、

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

と書きましたが(詳細についてはコチラを)、今週から↑の①又は②に該当する馬を「明日のT評価馬」として前日のブログに掲載。

そして、土曜日に取り上げた4頭の成績は次のとおり↓。

(①に該当)

新潟3R 13番 スズカロジック 1番人気 1着

(②に該当)

阪神4R 12番 テイエムライジン 6番人気 12着
東京4R 11番 エーブフウジン   1番人気 2着
新潟2R  4番 アキノモーグル   1番人気 1着

4頭中3頭が1番人気でしたが、その成績が(2-1-0-1)とまずまずの滑り出しとなり、ホッと胸を撫で下ろした次第です。

なお、↑以外の「コラム推奨馬」の成績が(0-1-1-1)、「調教から狙える好配当馬」の成績が(1-0-0-3)。前半は「T評価馬」を含め大変好調でしたが、後半に入って後が続かず、結局「終わってみれば、前半の儲けを吐き出して…」といったところ。

日曜日は、震災募金の連続記録更新を賭け、「コラム推奨馬」の3頭、「調教から狙える好配当馬」の5頭、「T評価馬」の3頭、以上合計11頭(11レース)の馬券を買って結構ハードな戦いを繰り広げましたが、この様子は明日以降にでも。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月13日 (月)

2週連続S評価+順位1位

【 無事に「汚名返上!?」 】

土曜のブログにも「汚名返上!?」と書きましたとおり、お手馬ダッシャーゴーゴーがCBC賞を快勝。同馬に関しては当ブログで何度も書いておりますように(この詳細に関してはコチラ)、当週の調教を緩めると結果が思わしくないタイプ。


Photo_2
(1週前)栗・坂路 4F51.1-1F12.2 ⇒調教指数《96》・S評価・順位1位
( 今週)栗・坂路 4F50.9-1F11.7 ⇒調教指数《96》・S評価・順位1位



今回は1週前に《96》のS評価・順位1位、さらに今週も《96》のS評価・順位1位。前走の高松宮記念では調教を緩めて、過去最高の534kgでした。今回は「-12kg」の522kgでしたので、馬体が絞れたと確信できて、"よっしゃー!"という感じ。同馬に関しては「好指数=好結果」ですので、今後もお手馬の1頭として注目です。


(2011/03/05 オーシャンS)3番人気・1着

Photo_3
「4週連続好調教」A評価・順位10位以内



(2011/03/27 高松宮記念) 2番人気・4位入線→11着降着

Photo_4
当週はランク外




【 マーメイドSの「1週前好調教馬」 】

今週は重賞はマーメイドSのみ。「1週前好調教馬」にはフミノイマージン、ポルカマズルカ、ラフォルジュルネが該当↓


マーメイドS
フミノイマージン
栗・CW 6F79秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《90》・A評価
ポルカマズルカ
美・坂路 4F50.8-1F12.2 ⇒調教指数《88》・A評価
ラフォルジュルネ
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《85》・A評価


フミノイマージンは格上挑戦で挑んだ中山牝馬Sで14番人気・2着。次走の福島牝馬Sでも評価は低かったのですが、当時は栗・CWで《90》のA評価・順位1位

Photo_5

「調教から狙える好配当馬」に取り挙げ、期待に応えて快勝してくれました(この件に関してはコチラ)。


Photo_7

当ブログでは月曜に、「1週前好調教馬」を公開しております。前述のダッシャーゴーゴーでも示しましたとおり、"1週前好調教かどうか?"は重要なポイントです。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年6月11日 (土)

汚名返上!?

春のGⅠ戦線も今週と来週はお休み。そして、あとは再来週の宝塚記念を残すのみ。

明日は東京と阪神でそれぞれ重賞が行われますが、週中のブログで書きましたとおり、CBC賞に出走するお手馬・ダッシャーゴーゴーは2週続けて気合が入った抜群の攻め。
指数を見る限り、「前走の汚名(4位入線も11着へ降着)返上は濃厚」と思いたいところですが、如何せんハンデ戦故に3歳馬・ツルマルレオンより6.5kgも重たい「58.5kg」の斤量が…。
天候の方も微妙ですが、何とかレース終了まで持ち堪えて貰いたいところ。


昨日はちょっと訳ありで?、土日に競馬が控えているというのに飲み歩いてしまった次第。
毎度のことながら、ウーロン茶とジュースで遅くまで付き合ってくれたI氏に感謝。

それと、どんなに遅くなっても"お出迎え"してくれるチョコラにも↓。

Wan0611



【 稽古の動き一変→レースでも一変? 】

(阪神6R 3歳500万下 5番 エーティーガンダム)

Ha061206bmp

今週は栗東・坂路で4F51.3-1F12.5と自己ベストを更新する好時計を叩き出し、指数は《87.9》(A評価)で、順位も8位と10位以内。
ここに来て稽古の動きが一気に良化していますので、これがレースに直結すれば「一変」の可能性も。


その他、阪神11R・CBC賞(GⅢ)などの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


阪神5R 8番 タナトス 「2週連続の好調教」
6月9日(木) 栗・坂路 指数《80.9》(B評価
6月1日(水) 栗・坂路 指数《85.1》(A評価

阪神12R 4番 ニホンピロシュラブ 「3週連続の好調教」
6月8日(水) 栗・坂路 指数《89.9》(A評価
6月1日(水) 栗・坂路 指数《83.8》(B評価
5月25日(水) 栗・坂路 指数《80.4》(B評価

東京9R 6番 タイキパーシヴァル
6月8日(水) 栗・CW 指数《90.3》(A評価

新潟10R 9番 ヤマノサファイア
6月9日(木) 栗・CW 指数《88.0》(A評価

新潟12R 2番 エリモサプライズ
6月8日(水) 栗・坂路 指数《81.0》(B評価




【 明日の「T評価馬」 】


6/6(月)に単複を含め軸馬として狙える「T評価馬」について、

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

と書きましたが(詳細についてはコチラを)、今週から↑の①又は②に該当する馬を「明日のT評価馬」として前日のブログで挙げさせていただきます。


(①に該当)

明日は該当馬が出走していません。


(②に該当)

東京1R 14番 ルイーズ
新潟3R  6番 ビッグスナイパー
新潟6R 11番 ダイコウヒョウ




【 お知らせ 】


来週からは2歳の新馬戦が始まりますので、現3歳馬の新馬戦が終了するまで掲載していました「明日の新馬戦」のコーナーを再開いたします。

なお、これまでの「明日の調教から狙える好配当馬」、↑の「明日のT評価馬」、そして、来週から再開する「明日の新馬戦」のコーナーについては、会員様からのご意見もあり、該当馬の一部をここで公開させていただくこととし、それ以外については、会員ページ(PC版 携帯版)内での掲載とさせていただきますので、ご了解下さい。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月10日 (金)

震災の余波も払拭し巻き返しを期待

昨日は調教データの作成終了後、メシでも食いながら軽く一杯という気になり、頭に浮かんだのが北新地の名物喫茶店「グリンピース」のサンドイッチ。

ハイブリッド新聞のK氏を誘ったのですが、同氏は、最近、京都馬主協会さんの「仕事」を引き受け、今はその打合せでミナミにいるとのことでしたので、当方は一人でバー「Lapin(ラパン)」へ行って「ミックスサンド」↓を出前して貰った次第。

Gp0609

玉子が熱々&フワフワの"絶品"ミックスサンドをパクつきながら、ビール代わりにシャンパンをガンガン飲んでいたところ、空きっ腹だったこともあってか一気に酔いが回り、シャンパンが空になった時点でこの日は退散。

Lp0609




【 震災の余波を払拭し 】

(阪神9R あざみ賞 11番 カピオラニパレス)

Ha061109bmp
3/9(水)にS評価となる抜群の指数をマークし、3/12(土)に予定されていたレース(阪神9R)では「勝ち負け」が期待できましたが、震災により中止。

その後、ローテーションの狂いが影響してか?、稽古の動きもレースの成績も共に精彩を欠いていた同馬ですが、今回は漸く本来の動きが戻り、栗東・坂路で4F51.8-1F12.3・指数《85.5》(A評価)・順位4位と好時計・好指数をマーク。

ここ3走は人気を裏切ってきましたが(いずれも3番人気で8着→7着→6着)、この指数を叩き出せれば震災の余波も払拭し、巻き返しの期待十分です。

なお、AKB48の板野友美ちゃんではありませんが(ファンの方には申し訳ありません)、一気の人気落ちで配当妙味は十分。


その他、新潟10R・粟島特別などの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


阪神8R 16番 ジャポニズム
6月8日(水) 栗・CW 指数《90.0》(A評価

阪神10R 12番 ラッキーポケット 「2週連続の好調教」
6月8日(水) 栗・坂路 指数《86.0》(A評価
6月2日(木) 栗・坂路 指数《81.4》(B評価

東京3R 1番 トキノサコン 「2週連続の好調教」
6月8日(水) 美・坂路 指数《80.2》(B評価
6月2日(木) 美・坂路 指数《80.5》(B評価

東京7R 6番 ルペルカリア
6月8日(水) 美・坂路 指数《89.5》(A評価




【 明日の「T評価馬」 】


6/6(月)に単複を含め軸馬として狙える「T評価馬」について、

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬
② 過去に高い指数(S評価又はA評価)をマークしたことがある2歳馬、3歳馬(あるいは常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す準A評価馬的な2歳馬、3歳馬)

と書きましたが(詳細についてはコチラを)、今週から↑の①又は②に該当する馬を「明日のT評価馬」として前日のブログで挙げさせていただきます。


(①に該当)

新潟3R 13番 スズカロジック


(②に該当)

阪神4R 12番 テイエムライジン
東京4R 11番 エーブフウジン
新潟2R  4番 アキノモーグル




【 お知らせ 】


来週からは2歳の新馬戦が始まりますので、現3歳馬の新馬戦が終了するまで掲載していました「明日の新馬戦」のコーナーを再開いたします。

なお、これまでの「明日の調教から狙える好配当馬」、↑の「明日のT評価馬」、そして、来週から再開する「明日の新馬戦」のコーナーについては、会員様からのご意見もあり、該当馬の一部をここで公開させていただくこととし、それ以外については、会員ページ(PC版 携帯版)内での掲載とさせていただきますので、ご了解下さい。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月 9日 (木)

無くて七癖

昨日のブログで書きましたとおり「T評価馬作戦?」が見事に決まって、その儲けが32万円強。

それに対し、いつもの「コラム推奨馬」↓と

Co0605bmp

「調教から狙える好配当馬」↓の成績は…。
Kouhai0605bmp

(新潟8R 4歳上500万下 11番 サンヴァンサン 4番人気 2着)

今週は栗東・坂路で指数《84.2》と初のB評価となる指数をマークして上り調子。
新人・藤懸騎手が仕上がり抜群の自厩舎の同馬で「初勝利」を挙げるのではとの思惑もあって「調教から狙える好配当馬」へ。馬券の方は、同馬の単複各1万円を購入。

Ni060508bmp

直線入り口で早め先頭に立って後続を突き放した時は、おそらく藤懸騎手も「初勝利」が頭にチラついた思いますが(もちろん当方も)、その直後、1頭だけ全く"別口"の末脚を繰り出した1番人気の7番・アオゾラペダルにアッサリとかわし去られ4馬身差の2着(複勝220円)。

しかし、同馬も3着以下を4馬身チギりましたので、次走も注目(藤懸騎手にも)。

Ni060508b

購入額 2万円 払戻額 2万2000円



(阪神9R あじさいS 2番 アフォード 2番人気 5着)

今週は馬場状態が良くない中、4F51.2-1F12.3と3歳馬としては秀逸の時計を叩き出し(今週の2番時計)、指数もS評価に迫る《93.0》(A評価)で順位も古馬に混じって2位
この指数を叩き出していれば「勝ったも同然」と「コラム推奨馬」に抜擢し、馬券の方は、単勝3万円を購入。

Ha060509bmp

前走に続き、スタートがイマイチ。二の脚で3番手へ。直線を向いて絶好位から追い出されるも。鞍上に抵抗する素振りを見せて走りもヨレヨレ状態の5着。

「出遅れ癖」に「ヨレる(モタれる)癖」。これだけの指数をマークしているのですから、能力はかなり高いと思っていますが、こうした癖(気性難)でそれが発揮出来ず。
おそらく次走の稽古でも今回と同等の指数を叩き出すでしょうが、レースで狙い撃ちするかどうかは難しいところ。

Ha060509b

購入額 3万円 払戻額 0円



(阪神11R 垂水S 9番 バアゼルリバー 1番人気 9着)

稽古の動きが良化し、前走は鋭い末脚を発揮し着差以上の強い勝ち方。
今回は栗東・CWで指数《86.0》(A評価)・順位5位と同馬として最高指数を更新し、デキは前走以上。
昇級してペースが速くなる分、強烈な末脚がより活きるはず。2割近い勝率を誇る強力な鞍上の手腕に期待し、馬券の方は、単勝3万円を購入。

Ha060511bmp

「昇級してペースが速くなる…」どころかかなりのスローペース。直線では追いづらい場面もありましたが、4コーナーで最後方の位置取りでは…。「勝ち味に遅い実力馬は一度勝つとポンポンと」とは行かず9着。

Ha060511b

購入額 3万円 払戻額 0円



(東京11R 安田記念・GⅠ 13番 ダノンヨーヨー 2番人気 10着)

春のマイル王決定戦。
ここは攻め駆けする当方のお手馬的存在である同馬に念願のタイトル奪取を期待。
今回も栗東・坂路で「2週連続の好調教」でしたが、同馬としては指数も低く、正直言ってやや物足らないところもありましたが、その分、追い切り本数が前走時、前々走時の2本から3本に強化されており、正に「GⅠ仕様」の仕上げ。

馬券の方は、単勝3万円と同馬にA評価馬5頭の中から2番・シルポート、4番・クレバートウショウ、17番・エーシンフォワードの3頭を絡めた3連複2万2千5百円(フォーメーション・5百円×45点)を購入。

To060511bmp

この日の朝一番、阪神競馬場に到着するや否や、ハイブリッド新聞を主宰するK氏に会って立ち話をしたところ、同氏もこのレースでは同馬を推奨しているとのこと。
二人して「昔から「牝馬の1番人気は○○」と言うし(アパパネのこと)、メンバー的にも同馬でイケるよなぁ~」と言いながらも、差し・追い込み脚質の同馬にとって外差しが決まらず、内有利の東京競馬場の馬場状態が懸念していたのですが、それについても「鞍上(ウイリアムズ騎手)がしっかりしてるし、大外をブン廻すことはないやろ」と結論づけた次第ですが…。

春のマイル王を賭けた大一番で出遅れ。しかも、直線では「それはないやろ」と考えていた大外へ。更に、そこから内へ内へとヨレて鞍上が満足に追うことも出来ず10着に大敗。

「無くて七癖あって四十八癖」と言いますが、↑のアフォードと同様、競走馬にとっては2つも「癖」が重なれば、競争能力は半減(半減以下)。

ダノンヨーヨーに関しては既に5歳馬ですので、気性面の成長による癖の解消は中々難しいかもしれませんので、今後は、これらを端正するひと工夫が必要のなるかもしれません。
秋以降、再びお手馬が快走してくれることを期待します。

To060511b

購入額 5万2500円 払戻額 0円



(阪神12R 4歳上1000万下 6番 マイプラーナ 2番人気 1着)

稽古の動きは常に「コラム推奨馬」級。
実際に昨年は何度か推奨馬に抜擢したこともありましたが、最近はスタートが安定せず、また、前々走では「競争中止」を思わせるようなブービー馬からも10馬身離された殿負けを喫するなど気性面でやや難しいところも見せていましたので、超抜の稽古の動きからその実力は認めつつも、今回も「コラム推奨馬」ではなく「調教から狙える好配当馬」に。

馬券の方は単勝400円超えならと、3万円の一本勝負。

Ha060512bmp

祈るような気持ちでゲートの出を見守っていたところ、ポンと好スタートを切って持ったままでスッと2番手へ。道中の手応えも抜群で、直線半ばで早々に先頭に立ち最後まで脚色衰えることなく1着(単勝420円)。

好スタートといい、道中のスムーズな走りといい、同馬に関しては、ここに来て一気に気性難が解消!?

Ha060512b

購入額 3万円 払戻額 12万6000円



最後の阪神12Rで「調教から狙える好配当馬」のマイプラーナが快勝し、多少は溜飲を下げましたが、「コラム推奨馬」については(0-0-0-3)と不甲斐ない成績。

「T評価馬」のお陰("エアグルーヴ"さんのお陰・笑)でこの日のトータルの収支はプラス30万円強となり、帰り際にその「儲け分」から震災の募金。
3/27(日)からの"連続募金記録"も更新することができましたが、今週末は「コラム推奨馬」でもガッチリ儲けを出せるように今からデータ作成に頑張りたいと思います。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




【 お手馬2頭が「2週連続好調教馬」?  】

エプソムCに出走のセイクリッドバレーには、前走の新潟大賞典で儲けさせて貰いました(この件に関してはコチラ)。今回も1週前に調教指数《81》・B評価をマークしています。

セイクリッドバレー
(1週前)美・坂路 4F51.6-1F12.1 ⇒調教指数《81》・
B評価
( 今週)美・坂路 4F52.7-1F11.9 ⇒
調教指数《??》・?評価


そして今週は美・坂路4F52.7-1F11.9の時計で、4Fは速くはありませんが、1Fは優秀だと思います。「2週連続好調教」となるかどうかに注目してみましょう。その他の現時点での注目馬です↓

キャプテンベガ
栗・CW 5F70秒前半-1F12秒前半 ⇒
調教指数《??》・?評価
ダンツホウテイ
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒
調教指数《??》・?評価
ドリームゼニス
栗・坂路 4F52.4-1F12.5 ⇒
調教指数《??》・?評価


CBC賞へはお手馬ダッシャーゴーゴーが出走。1週前に栗・坂路で4F51.1-1F12.2をマークしておりますが、先週の馬場状態を考えればかなり優秀。調教指数《96》は久々の
S評価の登場となりました。

ダッシャーゴーゴー
(1週前)栗・坂路 4F51.1-1F12.2 ⇒調教指数《96》・S評価
( 今週)栗・坂路 4F50.9-1F11.7 ⇒
調教指数《??》・?評価


同馬に関しては当ブログで何度も書いておりますように(この詳細に関してはコチラ)、当週の調教を緩めると結果が思わしくないタイプ。今週も4F50秒台、1F11秒台ですので、今回は"鍛えてきたな~"という感じ。まず、
B評価以上は間違いないでしょう。

その他の現時点での注目馬です↓尚、本日の調教指数は今から計算を始めて、毎度のように金曜の昼までに、会員ページ(
PC版 携帯版にて公開させて頂きます。

グランプリエンゼル
栗・坂路 4F51.2-1F12.7 ⇒
調教指数《??》・?評価
ツルマルレオン
栗・坂路 4F51.1-1F12.9 ⇒
調教指数《??》・?評価
ヘッドライナー
栗・坂路 4F50.8-1F12.0 ⇒
調教指数《??》・?評価


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月 8日 (水)

T評価馬の活躍

阪神開催に移ったことで8時半過ぎに自宅を出発。7時には出発しなければならない京都競馬場行きと比べれば、身体の方も随分と楽。

競馬場到着後、前回の開催時と同様、馬主席の受付カウンターに置いてある義援金箱に募金をするつもりでいたところ、その箱が見あたらず、先に馬主席に上がって「戦闘体制」を整えてから再び2階に舞い戻り、インフォーメーションにある義援金箱へ「通常分」の募金を完了して戦いを開始。

この日は、いつもの「コラム推奨馬」と「調教から狙える好配当馬」に加え、一昨日及び昨日のブログで書きましたとおり土曜日にピックアップした「T評価馬」でも勝負。




【 "エアグルーヴ"さん、ありがとうございました 】


本日のブログのタイトルは「T評価馬の活躍」ですが、本当は↑の「"エアグルーヴ"さん、ありがとうございました」としたかったくらい。

先般から書いていますとおり、"エアグルーヴ"さんからのメールで

「ご無沙汰してます高中さん(_ _)今日の要件はT評価馬についてです。T評価馬は載せてる数も多いのでどれを狙い撃ちしていいのか解らなくて困っています…。なにかアドバイス等ありましたらお手数ですがお願いできませんでしょうか」

とのご質問いただき、土曜日にこれの回答を書き終えた後、日曜日の出馬表を検討していたところ、「これはイケるかも」と思える「T評価馬」を何頭か見つけましたので、日曜日に馬券でもって実戦してみた次第。

そして、その結果が…↓。

なお、馬券の回顧については、いつも時系列で(1日のレースの順番に沿って)書かせていただいていますが、今回は、先に「T評価馬」分をまとめて紹介されていただきます。



(阪神2R 3歳未勝利戦 5番 メイショウブリッジ 8番人気 2着)

このレースではT評価馬が2頭。

11番.クークーダダが断トツの1番人気に支持されていましたが、5番・メイショウブリッジも栗東・CWで《85.5》とA評価となる好指数をマークしていましたので、調教面からは人気の差ほど力の差があるとは思えず、また、11番.クークーダダはここ2走が1番人気で3着とやや詰めの甘いところ見せていましたので、穴男の浜中騎手を背に5番・メイショウブリッジが激走してくれることを期待した次第。

馬券の方は、同馬の単勝5千円と複勝1万円、併せて、両T評価馬からの3連複9千円(2頭軸総流し・千円×9点)を購入。

Ha060502bmp

好スタートから先手を奪った5番・メイショウブリッジですが、直線の叩き合いで11番.クークーダダに首差敗れて惜しい2着。単勝オッズが50倍を超えていただけに残念。ただ、11番.クークーダダに次いで人気を集めていた4番・タガノキズナが4着に敗れたこともあって、複勝が820円、3連複が6240円と好配当に。

Ha060502b
購入額 2万4000円 払戻額 14万4400円



(新潟4R 3歳未勝利戦 11番 セクシイスイート 3番人気 11着)

このレースでもT評価馬が2頭。

A評価はマークしたことはありませんが、常にB評価又はB評価を近くの指数を叩き出す11番・セクシイスイートに注目。

3走前にスピード溢れる走りを見せ2着に入り、前々走は1番人気に支持されながらも8着。そして、前走も4着に敗れていますが、今回はローカル開催で相手関係も楽になり「ここならスピードの違いで押し切る場面も」と考えた次第。鞍上の斤量▲51kgも魅力で単勝1万円を購入。

Ni060504bmp

スタート直前、ゲートの下をくぐり出て馬体検査。当然、競争除外(=馬券は返還)と思いきや「馬体に異常を認められませんので」との無常なアナウンスが流れ外枠発走へ。当然のことながら、結果は…(13着)。

馬体に異常がなくても、繊細な牝馬故に精神状態は"レースどころでなかった"のでは?

Ni060504b
購入額 1万円 払戻額 0円



(阪神5R 3歳未勝利戦 6番 タガノエベンヌ 5番人気 1着)

このレースではT評価馬が同馬だけ。同馬以外は、高い指数をマークしている馬が全くおらず、調教面だけ見れば、同馬は断トツの存在。

前走は逃げて惜しい4着。今回も単騎逃げが見込めるメンバー構成で、「距離短縮+開幕週」といった点も加味すれば「逃げ切り勝ちも十分」と、同馬の単勝5千円と複勝1万円を購入。

Ha060505bmp

難なくハナを奪ってマイペースの逃げに持ち込んだ同馬が、直線に入っても脚色衰えず完勝(単勝1520円、複勝380円)。

読みどおりの展開に思わず「よっしゃー!」といったところでした。

Ha060505b
購入額 1万5000円 払戻額 11万4000円



(阪神6R 3歳500万下 7番 カリスマサンスカイ 1番人気 1着)

前日の段階では予定していなかったレース。↑の阪神5Rの結果に気を良くし、何気なくこの6Rの出馬表を見たところ、ここでも好調教馬はT評価馬の3頭のみ。

そして、その内の1頭、7番・カリスマサンスカイが「連闘」であったことに食指を動かされ、急遽、馬券の方で参戦。なお、「連闘」という特殊な使い方(ローテーション)は「勝負がかり」ということも結構ありますので、要注意です。

特に、身体が完全に出来上がっていない2歳、3歳馬の場合では、そのことを押してでも厳しい使い方をするわけですから、「調子が落ちない間に何とか勝ち上がっておきたい」といった陣営の思惑が強く働いていることも十分考えられますので。

当初は同馬の単勝2万円のみを購入するつもりでマークカードを塗ってしていたのですが、あとの2頭についても非常に気になり始め、11番・ホーマンルッツの単勝5千円、13番・ナイトフライトの単勝5千円と複勝1万円を一緒に購入。

Ha060506bmp

前走と同様、スタートが良くなく後方寄りの競馬となった7番・カリスマサンスカイですが、直線で外に持ち出されると"豪脚一閃"。力の違いを見せつける4馬身差の圧勝(単勝400円)。連闘で走りが一変した?

なお、11番・ホーマンルッツは3着、13番・ナイトフライトは6着。

予定外のレースに衝動的に4万円も投資してしまい、しかも、7番・カリスマサンスカイがスタートで後手を踏み、その時は正直言って「しまったぁ~(泣)」といった心境でしたが、結果、投資金4万円が丁度2倍の8万円になり、ホッと胸を撫で下ろした次第。

Ha060506b
購入額 4万円 払戻額 8万円



(新潟12R 真野湾特別 8番 オリオンザポラリス 2番人気 1着)

前々走時は「コラム推奨馬」、前走時は「調教から狙える好配当馬」に抜擢し、いずれも5着だった同馬。今回は初ダートになりますが、母父がダート得意(特に短距離)の「シャンハイ」なら問題なし。ここは前2走の"借り"を返して貰おうと、同馬の単勝3万円の1本勝負。

Ni060512bmp

ダートに入っても行きっぷりは衰えることなく好位の5、6番手を追走し、直線で前が開いてからは末脚爆発。ゴール前で逃げ粘る2、3着馬をまとめて差し切って1着(単勝340円)。

前2走分の「借り(馬券の負け分)」を返して貰い、少し「お釣り(儲け)」が出たくらい(笑)。

Ni060512b
購入額 3万円 払戻額 10万2000円



途中でアクシデント(新潟4R)もありましたが、その分、予定していなかったレース(阪神6R)でも儲けを出すことができ、この日の「T評価馬作戦?」の成果は32万円強のプラス。

そして、この結果に至ったのは"エアグルーヴ"さんからご質問をいただいことが始まり。

改めまして"エアグルーヴ"さんには御礼申し上げます(笑)。


なお、「T評価馬」の活用方法については、一昨日のブログで書かせていただきましたが、更により良い方法を見つけるべく色々と試行錯誤を繰り返していきますので、今後共よろしくお願い申し上げます。


いつもの「コラム推奨馬」と「調教から狙える好配当馬」の回顧は明日にでも。


ちなみに、半年に一度受けている恒例の健康診断が先程終了。
この結果が郵便で送られてくるまでの間(1週間から10日)、取り敢えず「禁酒解禁」。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月 7日 (火)

調教データを実戦(馬券)でどう活かすか

【 調教データの活かし方 】

今週はA評価馬の単勝回収率が103%と、100%超えたのはこの1ケ所のみ。単勝の最高配当が日曜・阪神5Rのタガノエベンヌによる1520円と、所謂「大物(おおもの)」、がヒットしなかったことで単勝回収率と複勝回収率は低くなりましたが、勝率、連対率、複勝率に関しては、ここ数週と比較しても非常に優秀で、今週の好調教馬もコンスタントに馬券に絡んてくれていました。

Tk0604bmp

週毎に多少の波はありますが、最近の好調教馬は大変安定した成績を収めています。ただ、これをデータとして眺めているだけでなく、実際の馬券で活用していくためには色々な方策を講じる必要があります。

昨日は"エアグルーヴ"さんから質問いただいた「T評価馬」に関する記事を書かせていただきましたが、今後は、当方が馬券という実戦の中で体得した調教データの利用方法を、機会ある度に掲載させていただきたいと思います。


なお、"エアグルーヴ"さんからの質問は、当方にとっても毎週末毎の戦いの中で漠然と実戦していたことを体系立てて考える良い機会となりましたので、"エアグルーヴ"さんには大変感謝しています。

そのうえ、日曜日の馬券では…。誠に申し訳ありませんが、この件は明日に書かせていただきます。


ちなみに、皆さんの中で「自分はこのように調教データを利用している」といったものがありましたら、support@takanaka-tds.commまでお寄せいただければ大変嬉しいです。よろしくお願い申し上げます。




【 「先週の反動が…」の土曜日 】


先週は柄にもなく「自信」とか「信頼」とか言葉を多用したところ、日曜日にその言葉が見事にハマる結果となり(これについてはコチラコチラコチラを)、気分的に余裕を持って向かえたこの週末。もちろん、馬券の方でも儲け「フトコロ」の方に余裕があったことが大きかったのですが(笑)。

そのうえ、今週から関西地方での開催が自宅近くの阪神競馬場に移りましたので(通勤ッ時間が約20分へと大幅短縮)、慌ただしい朝の業務(厩務員として愛犬チョコラ号の世話)も?、ゆとりを持ってこなせることに。

チョコラ号との散歩の途中、近所で評判のパン屋さん「P」で朝ご飯(朝ごパン?)を買って帰ることがあります。

その際は、チョコラをお店の入り口付近に繋いでおくのですが、当方のようにワンコの散歩の途中で立ち寄る人も多く、その場所は「駐車場」ならぬ「駐犬場」状態で、偶に「満車」、もとい「満犬(まんけん)」の時があります。

ちなみに、その時は「満犬(まんけん)」→「万券(万馬券のこと)」と勝手に「今日は良いことがありそう」とちょっと嬉しくなったりするのですが、実際に"良いこと"が起こったとはありません(笑)。

(お店の前につなぐ時は「俺をおいて行くなよ」と少し不安そう)

Wan0604a

(でも、戻って来ると「遅い」といった感じて怒っています)

Wan0604b

(その後、この日は散髪に行って「スーパークールビズ」仕様のサマーカット)

Wan0604c


この土曜日は「コラム推奨馬」の成績が(0-1-0-2)、「調教から狙える好配当馬」も(0-1-0-1)と勝ち馬をヒットさせることが出来ず、馬券の方も低調。

ダービーが終わったことで気合いが抜けたのが、先週のような日曜日に向け"燃えるような思い"もなく、「3/27(日)から続けていた馬券の勝ち分からも募金もいよいよ今週でストップかな」などと妙味に弱気になっていた次第。


ところが、日曜分のデータ作成の合間を縫って"エアグルーヴ"さんからの質問に対する回答を書き終え、明日の出馬表を検討していたところ、「これは結構イケるかも!」と思える「T評価馬」が数頭いましたので、それでもって俄然元気を取り戻した次第。

↑で多少ネタをふりましたが、その結果は如何に。


(1枚だけですが「阪神5Rの6番・タガノエベンヌ(T評価馬)」の馬券を紹介)

Ha060505b

単勝1520円 複勝380円
購入額 1万5000円 払戻額 11万4000円


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月 6日 (月)

「T評価馬」の2通りの狙い方

いつも当サイトやこのブログをご利用、ご覧いただき、本当にありがとうございます。

皆様からご質問等をいただいておりましたので、↓で回答させていただきます。回答が大変遅くなりしたことを深くお詫び申し上げます。



【 T評価馬について 】

まずは"エアグルーヴ"さんからのメールで

「ご無沙汰してます高中さん(_ _)今日の要件はT評価馬についてです。T評価馬は載せてる数も多いのでどれを狙い撃ちしていいのか解らなくて困っています…。なにかアドバイス等ありましたらお手数ですがお願いできませんでしょうか」

とのご質問いただきました。

まずは、「T評価馬」については、詳しくは調教データサイト「高中式」のページ下部にある『データの見方(調教指数)』をご参照いただければと思います。

Photo

簡単に言えば、私が調教面から注目している「お気に入り」の馬(JRA-VANのCMで眞鍋かをりさんが宣伝している「My注目馬」的な存在)。

調教で抜群の動きをする馬は、継続的に注目していると、レース成績が一変することがあります。それでもって、追い続けていた馬が、人気を落とした時に激走し、馬券的に非常に美味しい思いをすることが結構あります。

Photo_3

特に、2歳、3歳馬の場合は、調教にその馬の「能力」「成長度合い」「調子」などがダイレクトに現れる度合いが強く、調教は抜群ながらレースでは結果が出ていない馬についても、何かの拍子にいきなり「能力全開」ということも屡々です。

当サイトでは、調教面から激走、好走の可能性を秘めている馬を「T評価馬」と称して、データをストックしている次第です。


(単複を含め軸馬として狙い撃つ場合)

① 前走時に「コラム推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」に抜擢した馬

「コラム推奨馬」や「調教から狙える好配当馬」に取り上げるからには、当然のことながら、少なくともそれ以外の馬よりも高い確率で好走するものと考えています。

更に言えば、「コラム推奨馬」などに抜擢するくらいレベルが高い指数を叩き出していれば、偶々(?)、推奨したレースで結果が出せなくても、次走、次々走でもって好走する可能性も十分だと考えていますので(このブログで言うところの「S評価馬の巻き返し」のように)、当週の追い切りで好指数をマークしていない場合でも(S~B評価馬になっていなくても)、「T評価馬」として積極的に狙う価値も十分です。


② 過去に高い指数をマークしたことがある2歳馬や3歳馬

↑でも少しふれましたとおり、2歳、3歳馬の場合、調教の良し悪しが非常に高い確率でレース結果に直結し、「高い指数をマーク」=「高い能力を持つ」と言っても過言ではありません。「T評価馬」の中には、気性、コース適性、展開、相手関係、レース中の不利…といったことで結果を出ていない馬が古馬以上に多くいますので、激走、好走の可能性が高いと考えます。

ただし、高い指数をマークしていても、それが遠い過去のものであったり、加えて、その後の稽古がパッとしない馬もおり、その場合は「デキ落ち」というよりも「成長が止まった」といったことも考えられますので、2歳、3歳馬と言えども軸馬として狙い撃とうとする時は、やはり馬毎の検討が必要になってきます。ちなみに、再来週からいよいよ2歳戦が始まります。馬券で儲かる確率が高いので、今から非常に楽しみにしております。


なお、土曜日に"エアグルーヴ"さんからのご質問の原稿を書き終え、日曜日の出馬表を検討していたところ、↑の①及び②のケースに当てはまる「T評価馬」が数頭いましたので、馬券の方で実戦してみました。

これついては、明日以降の回顧で書かせていただきます。



(相手候補あるいはヒモ候補に据える場合)


↑以外の「T評価馬」については、"エアグルーヴ"さんも言われているとおり、頭数も非常に多いので、これらを全て単複で狙うわけにはいきませんので、仮に、好調教馬を含めて別に「堅軸」と思える馬がいれば、その相手候補として(少なくともヒモには加える貰えば)結構かと思います。

「T評価馬」の場合、人気薄であっても突然の如く激走することがあり、少額でも相手候補(あるいはヒモ候補)に据えておかないと痛い目に遭うことがありますので、要注意です(かく言う当方も、あまりの人気のなさに「T評価馬」を相手候補から切ってしまい非常に「痛い目」に遭った事もあります)。



(実際に馬券を購入した事例 5月8日 新潟4R 3歳未勝利)


それでは、以前にも書きましたが、1ケ月ほど前に「T評価馬」で儲けたレースを事例として紹介させていただきます。

このレースでは、前走時に「コラム推奨馬」に取り上げた3番・タイキガラハッドが軸馬。

前走は外枠に入り、レースも外外を廻り1番人気で4着。今回は3番枠からスンナリと先行すれば「確勝級」。

そして、同馬以外の「T評価馬」3頭(11番・フェアギャンブラー、12番・シルバーエデン、14番・マイネルスフィア)が相手候補。

Ni050804bmp_2

馬券の方は、3連複1万9500円(フォーメーション・5百円×39点)を購入したところ、軸馬の3番・タイキガラハッドが勝ち、相手に据えた13番人気の14番・マイネルスフィアが2着に入り、3連複の配当は33140円と3万馬券。

ちなみに、4着にも相手候補の1頭、11番・フェアギャンブラーが入り、もし、同馬が3着に粘っていれば、その配当は108080円と10万馬券(泣笑)。

Ni050804b
購入額 1万9500円 払戻額 16万5700円


そして、"サニーブライアン"さんからメール頂いていた【 「推奨馬」以外のA評価について 】
及び"よっち"さんからの【 重馬場と調教について 】に関しては、また週中に説明させて頂きます。もう暫くお待ち下さいませ。




【 今週の重賞の1週前・好調教馬 】


GⅠの谷間となる今週は東京でエプソムC、阪神ではCBC賞が行われます。エプソムCに出走のセイクリッドバレーには、前走の新潟大賞典で儲けさせて貰いました(この件に関してはコチラ)。今回も1週前に調教指数《81》・B評価をマークしています。

一方でCBC賞へはお手馬ダッシャーゴーゴーが出走予定。1週前に栗・坂路で4F51.1-1F12.2をマークしておりますが、先週の馬場状態を考えればかなり優秀。調教指数《96》は久々のS評価の登場となりました。ただ、同馬に関しては当ブログで何度も書いておりますように(この詳細に関してはコチラ)、当週の調教を緩めると結果が思わしくないタイプ。果たして今週、ビッシリ追い切ってくるかどうか(B評価以上かどうか)は要チェックです。


エプソムC・G3

アドマイヤダンク
栗・CW 6F80秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《81》・B評価
セイクリッドバレー
美・坂路 4F51.6-1F12.1 ⇒調教指数《81》・B評価
ドリームゼニス
栗・坂路 4F52.0-1F13.5 ⇒調教指数《80》・B評価
ハンソデバンド
美・坂路 4F52.4-1F11.8 ⇒調教指数《80》・B評価


CBC賞・G3

アポロフェニックス
美・坂路 4F51.5-1F11.9 ⇒調教指数《80》・B評価
エーシンホワイティ
栗・坂路 4F53.5-1F12.9 ⇒調教指数《83》・B評価
ジェイケイセラヴィ
美・坂路 4F49.7-1F11.9 ⇒調教指数《92》・A評価
スカイノダン
栗・坂路 4F53.5-1F12.2 ⇒調教指数《83》・B評価
ダッシャーゴーゴー
栗・坂路 4F51.1-1F12.2 ⇒調教指数《96》・S評価

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月 4日 (土)

「GⅠ仕様」の仕上げが施され

明日は春のマイル王決定戦・安田記念(GⅠ)。

昨日のブログでも少しふれましたが、諸々の検討をした結果、最終的に当方の「お手馬」的存在でもあるダノンヨーヨーを推奨馬に取り上げることへ。

今回はこのブログで同馬について書かせていただきます↓。
なお、同馬以外の推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。


明日は6週間ぶりとなる阪神競馬場へ。
競馬場への「通勤時間」が一気に短縮されますので(京都が約2時間に対し、阪神は20分弱)、気持ちに"ゆとり"を持って出陣したいと思います。
本日分(馬券の方が…)を巻き返すためにも!



【 春のマイル王を目指して 】

(東京11R 安田記念・GⅠ 13番 ダノンヨーヨー)

To060511bmp

このレースでは好調教馬が全部で10頭(
A評価馬×5頭、B評価馬×5頭)。

その中で、攻め駆けする当方のお手馬的存在であり、今回も栗東・坂路で先週が4F51.5-1F13.4・指数《81.6》(
B評価)・順位22位、今週が4F52.55-1F12.9・指数《80.5》(B評価)・順位32位と「2週連続の好調教」だった同馬に念願のタイトル奪取を期待。

↑の各指数について言えば、このレースには同馬よりも高い指数をマークしている馬がたくさん出走していますし、また、同馬自身がこれまでの追い切りで叩き出してきたものと比べても正直なところ物足りません。

ただ
、今回に関しては、前走後からこのレースに向けての乗り込み量が半端ではなく、5/20(金)にも4F51.2-1F12.5をマークし、本番前に合計3本の速い追い切りを消化しており(前走時、前々走時は2本)、正にここに照準を合わせた「GⅠ仕様」の仕上げが施されています。
今年3戦目にして漸く"エンジン全開"と言ったところではないでしょうか。

同馬の相手候補としては、
A評価馬5頭の中から2番・シルポート、4番・クレバートウショウ、17番・エーシンフォワードの3頭をピックアップしましたが、残る6頭の好調教馬へも手を広げてみるつもりです。


その他、阪神11R・垂水Sなどの推奨馬については、会員ページ(
PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


阪神12R 6番 マイプラーナ
6月2日(木) 栗・坂路 指数《89.0》(
A評価

新潟8R 11番 サンヴァンサン
6月1日(水) 栗・坂路 指数《84.2》(
B評価




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月 3日 (金)

ダービーの慰労会?で絶品の中華料理を官能

【 一段落 】

今週も安田記念、月末の宝塚記念と春のGⅠ戦線もあと2レース残っていますが、ダービーが終わったことで気分的には一段落。

そして、この水曜日はシステムに関し全面的にお世話になっているI氏とハイブリッド新聞を主宰するK氏、それと、営業時間を大幅に過ぎても当たり前の如く競馬談義を続けている当方らをやさしく見守ってくれている?バー「Lapin(ラパン)」のママさんをお誘いして慰労会を開催。

ダービーは私は単勝を的中、K氏は単勝+3連複、I氏は3連複を的中。最も特別なレースを、3者揃って的中させることができ、ホッとひと息。


↓私の馬券
To052911b

↓K氏の馬券
Photo


でもって、食事の方は、最近、北新地の中華料理では最も予約を取りにくいとの評判の「中国料理 星華(ほしのはな)」さんへ。

次々に出される絶品の料理を官能?しながら↓、取り留めない話に花を咲かせました。

(前菜)

Hh1

(期待に胸を膨らませて、フタを開けると…)

Hh2

(一人分としては特大のフカヒレがいらっしゃいました・笑)

Hh3

(本日のコースのテーマは洋食風のアレンジということでステーキ。無理を言って中国の蒸しパンを貰いお皿のソースを拭い尽くしました)

Hh4

(〆の麺類は香港焼きそば)

Hh5

(ハイボールも「北新地」でビシッと極めてみました?)

Hh6


同店を出た後は、男3人がママさんに引き連れられて(失礼・笑)、バー「Lapin(ラパン)」へ同伴出勤。

↓はシステムと若いおねーちゃんには強いがお酒には弱いI氏が飲んでいたシャンパンのピーチ・ジュース割り(ただし、その割合はシャンパン:ピーチ・ジュース=1:9)。

Lp1

それと、ダービーの取材のため東京競馬場へ行っていたK氏のお土産↓。

Lp2

毎度の如く熱のこもった競馬談義を繰り広げていたところ、友人S氏から連絡が入ったこともあって、本日の慰労会はお開き。

当方はI氏とK氏と別れ、向かった先はワインバーC(↓は同店のエリちゃん)。

Erichan

このパターンでいくと、またまた「朝帰り」かとお思いでしょうが、この日は、来週(水曜日)に恒例?の健康診断が控えていることもあって12時過ぎには新地をあとにした次第。

なお、僅か1週間足らずのことではありますが、昨日から「禁酒」へ。




【 新路線を開拓 】

(阪神11R 天王山S 6番 レディルージュ)

Ha060411bmp

2ケ月ぶりのレースとなりますが、5月半ばから栗東・坂路で休みなく乗り込まれており、先週が4F51.1-1F12.4・指数《93.4》(A評価)・順位1位、今週が4F51.5-1Fエラー・指数《83.0》(B評価)・順位22位と「2週連続の好調教」

元々稽古は動く方ですが、この指数を叩き出していれば、イキナリから走れる状態です。

芝では頭打ちのレースが続いていますが、ダートは2戦2勝。ここを勝って新たな路線(短距離ダートの重賞戦線)を開拓したいところです。


その他、東京10R・湘南Sなどの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。




【 ダノンヨーヨーが「2週連続好調教」なら 】

先週から告知しましたとおり、1週前・好調教馬を月曜のブログ上にて公開しております。マイルCS時は「2週連続好調教+順位10位以内」。今週もB評価以上であれば、推奨馬に取り挙げようと思っております。会員の皆さまは会員ページ(PC版 携帯版)内にて、ダノンヨーヨーの調教指数をご確認下さい。最終決断は明日にでも。


ダノンヨーヨー
(1週前) 栗・坂路 4F51.5-1F13.4 ⇒調教指数《81》・
B評価
( 今週) 栗・坂路 4F52.5-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


阪神5R 2番 ラポール
6月1日(水) 栗・CW 指数《84.0》(B評価

新潟11R 6番 ナサニエル 「2週連続の好調教」
6月1日(水)  美・坂路 指数《91.0》(A評価
5月26日(木) 美・坂路 指数《83.9》(B評価




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月 2日 (木)

信頼に応えてくれた好調教馬に感謝

【 日曜の後半戦の戦い 】

日曜日の前半戦は3レース中、2レースで10倍台の単勝を仕留めて気分も上々。

後半戦も"信頼"がおける「コラム推奨馬」の3頭↓と、

Co0529bmp

「調教から狙える好配当馬」の1頭↓で"自信"をもって勝負。

Kouhai0529bmp



(京都7R 4歳上500万下 7番 エリモサプライズ 1番人気 5着)

稽古ではいつも抜群の動きを見せる同馬ですが、前走は栗東・坂路で2週連続して1番時計を叩き出し、3番人気で3着。今週も栗東・坂路で4F51.4-1F12.8・指数《91.4》(A評価)・順位5位と好時計・好指数をマークし、デキ落ちはなし。

今回は走り慣れた距離に戻り「確勝級」と、単勝3万円の1本勝負。

Ky052907bmp

好スタートを切った同馬は逃げ馬をピッタリとマークしながら抜群の手応えで2番手を追走。直線に入って先頭に立った時は「楽勝」かに思えたところ、そこからの伸びがイマイチで後続に差し込まれて5着。

調教はオープン馬をしのぐ時計を叩き出す同馬がこのクラスで藻掻き苦しんでいます。

レース後、鞍上が指摘していたように"走り慣れた千八"は同馬にとって距離が長いのかもしれませんが、ここ数戦、レースぶりが代わり映えしませんので、一度、目先を変えて極端な戦法(逃げるか、後方に控えるか)を取ってみてはと思うのですが。

Ky052907b
購入額 3万円 払戻額 0円



(新潟11R ルミエールS 8番 トウカイミステリー 2番人気 7着)

先週、栗東・坂路で4F51.1-1F12.2と1番時計をマークした時から出走を心待ちにしていた同馬(指数の方も《93.9》(A評価)で順位は堂々の1位)。そして、今週も4F52.4-1F12.4・指数《88.7》(A評価)・順位6位とレベルが高い「2週連続の好調教」

オープンに昇級してから精彩を欠くレースが続いていますが、この稽古の動きなら「復活」の下地十分。初挑戦の新潟名物「直線1000m」もカンフル剤になるはず。

そして、相手は5/20(日)に栗東・坂路で4F49.5-1F12.6と最近では破格の時計を叩き出している12番・エーシンヴァーゴウ。

馬券の方は、まずは同馬の単勝2万円を購入し、併せて、相手候補の12番・エーシンヴァーゴウが入っている8枠との枠連1万円を購入。

なお、枠連にした理由は、トウカイミステリーの馬体重が「-12kg」と大幅に減っていたのが少々気がかりで、仮に、同馬が馬群に沈んだ時、所謂「代用品(6枠のもう1頭→7番・セブンシークィーン)」がひょっとして救済してくれるのでは…という助平心から。

Ni052911bmp

まずまずのスタートを切ったものの、二の脚が続かず後方からの競馬。そして、鞍上は終始追いどおし。ゴール前200m辺りでようやく先団に取り付くも「時既に遅し」で6着。

レース内容からすれば「この距離は忙しかった」といったところでしょうが、道中の行きっぷりも悪く、牝馬故に大幅な馬体減の影響があったのでしょう。

レース後、調べてみると、同馬は5勝のうち3勝を札幌・函館で挙げていることからも、どうやら滞在競馬で力を発揮するタイプのよう。抜群の調教に目が行き、飛びつくように推奨馬に抜擢し、長距離輸送によるリスクを全く考慮していませんでした。反省。


後半戦に入り2連敗と「自信」と「信頼」が揺るぎそうでしたが、気合いを入れ直し、いざ「日本ダービー」へ。

Ni052911b
購入額 3万円 払戻額 0円



(東京11R 日本ダービー・GⅠ 5番 オルフェーヴル 1番人気 1着)

好調教馬が9頭いる中(A評価馬×6頭・B評価×3頭)、栗東・坂路で先週が4F51.7-1F12.4・指数《86.9》(A評価)・順位5位、今週が4F52.3-1F12.5・指数《90.5》(A評価)・順位3位「2週連続の好調教」の同馬に「2冠達成」を期待。

皐月賞は力の差を見せつける強い勝ち方でしたが、今回の稽古は、前走時のそれを遥かにしのぐ絶好の動き(A評価×2)。

相手候補は2番・サダムパッテク、9番・コティリオン、11番・デボネア、16番・トーセンレーヴのA評価馬4頭

鞍上にはダービー1番人気の重圧をはねのけ、思い切った騎乗をしてくれることを願いながら、馬券の方は、同馬の単勝2万円と、併せて、同馬にA評価馬4頭↑を絡めた3連複3万2千円(フォーメーション・5百円×42点+5百円×22点)を購入。

To052811bmp

2年前を思い起こさせる土砂降りの中での決戦。

スムーズなスタートを切った同馬は、その後控えて後方からの競馬。

直線に入り口でのゴチャつくシーンにはヒヤッとさせられましたが、そこで怯むことなく力強く馬群を割り、ゴールを目指して一気に加速。ゴール前100mで1番・ウインバリアシオンに迫られるも、逆に突き放して快勝(単勝300円)。

オークスでは1~4着まで独占した好調教馬も、勝った5番・オルフェーヴルを除き、今回は相手候補に挙げたA評価馬4頭を含めて精彩を欠く成績。よって、3連複はハズレ。

なお、唯一、接戦に持ち込んだのが前走の青葉賞(同レースについてはコチラの記事内で)で大変お世話になった1番・ウインバリアシオン。ただ、今回はその時に比べると稽古の動きが明らかに軽かったことで思いっ切り軽視(デキ落ち?)。今後、同馬については、どのような調教パターンを取られるか(どのような調教が施された時に好走するのか)注目。

儲けは少なかったですが、ダービーという最も特別なレースで勝ち馬を的中させることができ、ホッとひと息。そして、この日、好調だった「調教から狙える好配当馬」でもってもう一勝負。

To052911b

To052911c
購入額 5万2000円 払戻額 6万円



(東京12R つばさ賞 1番 トーホウオルビス 8番人気 1着)

前走は15番人気で2着に入り、複勝万馬券を叩き出した同馬(馬券を買っていなかったのが惜しい所)↓

Photo_2

余談となりますが、過去の調教指数、コラムに関しても閲覧できます。「トップページ」→左下の「過去分一覧」からお進み頂き、日付を選択して下さい。

Photo_3

今回は《88.0》の(A評価)と前走時を上回る好指数をマーク。それでも、前走がフロック視されたのか人気は全くなし。願ってもない1枠に入り、馬場状態を考えれば逃げ残り十分と、同馬の単勝5千円と複勝1万円を購入。併せて、他2頭の好調教馬(5番・ピースオブパワー、8番・ドスライスを絡めた3連複2万7千円(フォーメーション・千円×27点)を購入。

この日の最後のレースも「信頼」する好調教馬で「自信」を持って勝負!

To052912bmp

レースの方は、好スタートを切った同馬が一気にハナヘ。直後、9番・アーリーロブストに一旦ハナを奪われるもコーナーで内枠を利して再びハナヘ。直線に入っても脚色衰えず、当方はモニターに向かって「そのままっ!」と叫びそうになるのを堪えるが必死(←何しろ馬主席ですので…)。

ゴール前では際どい争いになるも、同馬が相手候補に据えた8番・ドスライスを頭差抑えて1着(単勝1800円・複勝400円)。3着には3番人気の9番・アーリーロブストが粘ったものの、3連複の配当は15440円と万馬券。

To052912b
購入額 4万2000円 払戻額 28万4400円



最後まで好調教馬が当方の信頼に応えてくれた感謝感謝の1日でした。この日の儲けは45万円を超え、帰り際にこの「儲け分」の中から募金。

これで3/27(日)からの連続記録も更新し、台風接近で雨風が強まってきたにも拘わらず、"晴れやかな気分"で競馬場を後にした次第です。




【 2週連続・好調教なるか?! 】

先週から告知しましたとおり、1週前・好調教馬を月曜のブログ上にて公開しております。安田記念は以下のとおり↓ダノンヨーヨー、ビービーガルダン、ライブコンサート、リディルの4頭が該当。今週も《80》以上であれば、
「2週連続好調教」ということになります。


ダノンヨーヨー
(1週前) 栗・坂路 4F51.5-1F13.4 ⇒調教指数《81》・B評価
( 今週) 栗・坂路 4F52.5-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価

ビービーガルダン
(1週前) 栗・坂路 4F51.9-1F12.9 ⇒調教指数《83》・B評価
( 今週) 栗・坂路 4F計不-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価

ライブコンサート
(1週前) 栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《94》・A評価
( 今週) 栗・CW 6F85秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価

リディル
(1週前) 栗・坂路 4F53.5-1F12.7 ⇒調教指数《80》・B評価
( 今週) 栗・坂路 4F53.3-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価


ダノンヨーヨーはマイルCS時が「2週連続好調教+順位10位以内」。今週もB評価以上であれば、秋の状態に戻っていると判断できそうです。同じくエーシンフォワードもマイルCS時が栗・坂路で《89》のA評価・順位8位↓(当時は人気薄でしたが、)

Photo

今回は他馬と比較すれば、1Fの時計が優秀に思えます。調教指数は金曜の昼までに、会員ページ(PC版 携帯版にて公開させて頂きます。特にダノンヨーヨー、エーシンフォワードの調教指数が気になる所です。

エーシンフォワード
栗・坂路 4F53.2-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
シルポート
栗・坂路 4F52.0-1F13.3 ⇒調教指数《??》・?評価
コスモセンサー
栗・坂路 4F53.5-1F12.8 ⇒調教指数《??》・?評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年6月 1日 (水)

単勝10倍超えの「3連勝」に共通する点

【 ターフィー君 】

朝起きると、案の定、日曜日は大雨。

いつもなら雨降りというだけでテンションが下がるところですが、昨日のブログで書きましたとおり、土曜日の夕方から何故か「気力充実」状態でしたので、起きる否や雨にめげず愛犬チョコラ号の散歩に行き、厩務員としての一連の作業~足洗い(この日は雨に打たれてほぼ全身)から始まり、飼い葉つけ(朝ゴハン)まで~を一気に終えて京都競馬場へ出発。

そして、この日は、京都競馬場へ入場して直ぐのところで「ターフィー君」が震災の義援金箱を持ってお出迎え。

Turfy

それならば今日の「通常分」の募金はターフィー君へと同君に近寄りかけた正にその時、小さな男の子と女の子が鮮やかな?金髪のお母さんと思しき女性と共に「ターフィー君やぁ~」と言いながら同君をめがけて突進して来たので、その勢いに当方は思わず身を引いてしまった次第。

でもって、ターフィー君へ募金を諦め、いつものようにインフォーメーションにて募金をし、「The Derby Day」の戦いを開始。




【 まずは出足快調 】


(新潟2R 3歳未勝利戦 10番 オールドアメリカン 7番人気 1着)

デビュー2戦は、芝1600m戦(4番人気・9着)→ダ1800m戦(7番人気・16着)。そして3走目となる前走時に、美・坂路で《94.0》のA評価・順位1位をマーク。4番人気・9着と結果こそ出ませんでしたが、すぐさまT評価馬へ抜擢した次第。

約2ケ月ぶりのレースとなる今回は、1週前には美・坂路で《84.8》のB評価で、順位も10位以内。そして今週もB評価をマークして、「2週連続の好調教」。鞍上の▲(3kg減)も魅力で「調教から狙える好配当馬」に抜擢。馬券の方は、単複各1万円を購入。

Ni052902bmp

好スタートを切って2、3番手を追走。

直線に入り逃げ馬をかわして早めに先頭に立ち、残り200mでは3番・プットオンザリッツに詰め寄られるも、ゴール前では逆に同馬を突き放して快勝(単勝1170円・複勝380円)。

これだけ調教で動くのであれば、今の未勝利戦で力が上なのは明らかでしょう。あとは一変するタイミングを図るのみ。1発目のレースから好調教馬が当方の「信頼」に応えてくれたことで、更に気力充実。

Ni052902b

購入額 2万円 払戻額 15万5000円



(新潟5R 3歳未勝利戦 9番 スズカロジック 3番人気 2着)


今回、栗東・CWの追い切りで指数《88.0》(A評価)・順位3位をマークし、初めて好調教馬に名前を連ねた同馬。「稽古の動き一変」と「初ダート」で変わり身が見込めると、「調教から狙える好配当馬」に取り上げ、馬券の方は、単勝1万円と複勝2万円を購入。

Ni052905bmp

まずまずのスタートから、鞍上が押して2、3番手へ。

4コーナー手前からハナを切る12番・ドリームクレドを捉えにかかった時はその脚色から「よっしゃー、勝った!」と思えたのですが、12号馬の鞍上である"逃げ馬を乗らせたら天下一品"の中館騎手に見事に逃げ粘られて、何処まで行っても差が詰まらずの2着(複勝220円)。

Ni052905b

購入額 3万円 払戻額 4万4000円



(京都6R 3歳500万下 9番 ラディアーレ 6番人気 1着)

栗東・坂路 指数《86.0》(A評価)・順位5位と抜群の追い切りを披露しながらも、前走の成績(2番人気で11着)が祟ってか6番人気と低評価。

前々走は7馬身差をつけ圧勝しており能力的にも見劣らず、自分の形に持ち込めば巻き返し十分と「調教から狙える好配当馬」に抜擢し、馬券の方は、単複各1万円を購入。

Ky052906bmp

レースの方は、好スタートを切った同馬が一気にハナヘ。

直後から4番・バージニアキャットにピッタリとマークされ、そこからゴールまでその2頭によるマッチ・レースが繰り広げられるもラディアーレは最後までハナを譲ることなく粘り切り1着(単勝1070円・複勝290円)。

Ky052906b
購入額 2万円 払戻額 13万6000円



「調教から狙える好配当馬」に抜擢した3頭が「1着→2着→1着」と、ほぼ完璧に当方の期待に応えてくれて願ってもない展開。

3頭に共通するのが「ダート短距離戦で一変」という点、そして「順位10位以内をマーク」している点の二つ。オールドアメリカンは休養明け、スズカロジックも初ダート+距離短縮、ラディアーレはクラス2走目。好調教馬がダート短距離戦で活躍するのは、調教コースと距離・コースが似ているからでしょうか?!


"サニーブライアン"さん、メールありがとうございます↓「推奨馬以外のA評価はやはり何かの要素がなくて推奨まではいかないのでしょうか?」という質問頂いております。

"よっちさん"からも「馬場が悪い時は調教が良い方がいいのですか?初心者ですが、よろしければ教えて下さい」とのコメントを頂いております。時間がある時にじっくり説明しますので、それまでお待ち頂ければ幸いです。



--------------------

■"サニーブライアン"さんからのメール

サニーブライアンです!土曜日は13万円負け、気持ちもどん底でしたが、高中さんの理論を信じ、今日の日曜日。新潟2R、京都6Rで昨日の13万円が帰ってきて、エリモサプライズは残念でしたが、ダービーそして新潟11R、東京12Rで連続的中!支払い金額は24万円でプラス9万円でした!

本当にこの理論の素晴らしさをまざまざと実感致しました!質問なんですが、推奨馬以外のA評価はやはり何かの要素がなくて推奨まではいかないのでしょうか?お時間がありましたらよろしくお願い致します。
--------------------


馬券的にも「3連勝」と儲けは26万円強。後半戦はよほど下手なことをしない限り「本日のプラス収支は確定」といったところですが、当方の頭の中は「あと幾ら儲けを上積み出来るか」との考えで一杯。


「コラム推奨馬」の3頭↓

Co0529bmp

「調教から狙える好配当馬」の残り1頭↓

Kouhai0529bmp


後半戦に控える「コラム推奨馬」3頭、「調教から狙える好配当馬」1頭についても、「自信」もあれば「信頼」もしていましたので、この日の勢いからすれば、当然の如く、更に儲けを増やせるとものと。この続きは明日にでも。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (2)


« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »