本文へジャンプします。



« まずは順位10位以内の3歳未勝利戦狙い | トップページ | 遅れてきた大物登場? »

2011年5月19日 (木)

「儲けの約2万円」を元に一か八かの勝負

【 前半戦は6万強のプラス 】

体調不良に拘わらず、日曜日の前半戦は馬券を購入した「調教から狙える好配当馬」2頭の成績が(1-1-0-0)で、収支の方は6万円強のプラス

プラス収支で折り返したことで、気分的には随分と楽になりましたが、さすがに、この日は身体の方が付いてこず、馬主席内のソファーにへたり込んで、「コラム推奨馬」↓が登場する終盤まで体力を温存していた次第です。

Co0515bmp



【 "エンジンの違い"を見せつけられず 】


(京都11R 栗東S 12番 トウショウカズン 3番人気 6着)

栗東・坂路で自己ベストを更新しての「2週連続の好調教」。
レースの方も3連勝中と、只今"絶好調"。
オープン初挑戦となりますが、良績を残す「距離(4-1-0-1)」&「コース(3-2-0-3)」&「騎手(3-1-0-0)」+ハンデ戦故に「斤量差」で好戦必至。

馬券の方は、同馬の単勝2万円、併せて同馬に他の好調教馬3頭(6番・ワールドワイド、9番・トーホウドルチェ、13番・シルクフォーチュン)を絡めた3連複1万9500円(フォーメーション・5百円×39点)を購入。

なお、鞍上は同馬でもって「初特別勝ち」を挙げた国分優作騎手。1日でも早く重賞を勝って先を越された弟・国分恭介騎手に追いつきたいところですが、まずはこのレースで「初メイン・レース勝ち」を期待。

Ky051511bmp

まずまずのスタートを切った同馬は、二の脚を効かせて先頭集団へ。4コーナーを廻って3番手に上がり、直線入り口で楽な手応えで先頭に並びかけようとしたものの、そこからの伸びがひと息で6着敗退。

速い時計での決着となり、同馬にとっては大変厳しいレースとなりましたが、自身でも時計を詰めていますので、次走も再度狙ってみる予定(もちろん、今回並に稽古が動いていれば)。

勝ったのは相手候補に据えた9番・トーホウドルチェで、2着も6番・ワールドワイド(4着にも13番・シルクフォーチュン)。このレースについては当方の見立てが悪く、馬券では結果を出せませんでしたが、ダートの短距離戦は好調教馬の活躍が目立ちます。

ちなみに、先月、国分優作騎手の騎乗馬(4/10の阪神8Rのハートシューター)を「コラム推奨馬」に抜擢した際は、3番人気で7着。「ひょっとして同騎手とは相性が悪いかも?」と思ったところ、この日の最終レースでは…。

Ky051511b

購入額 3万9500円 払戻額 0円



(東京11R ヴィクトリアマイルC・GⅠ 13番 ブエナビスタ 1番人気 2着)


強い稽古をしない厩舎にあって(特に、同馬については)、先週は栗東・CWでしっかりと追い切って指数《82.0》(B評価)・順位11位をマーク。
ローテーションは同じですが、状態に関しては、昨年とは雲泥の差。

牝馬同士のここは"エンジンの違い"を見せつけてくれるはずですが、当然のことながら、断トツの1番人気故に単勝勝負は出来ませんので、相手候補として挙げた次の3頭を絡めた馬券で勝負。

① 相手筆頭は美浦・坂路で今週1番時計をマークして「2週連続の好調教」の16番・アパパネ。
② 栗東・CWで「3週連続の好調教」の1番・ワイルドラズベリー
③ 先週、栗東・坂路で好時計・好指数をマークし「2週連続の好調教」の9番・ショウリュウムーン

馬券の方は、13番・ブエナビスタに↑①②③の3頭を絡めた3連複1万2千円(フォーメーション・5百円×24点)、そして、ブエナビスタを1着に固定した3連単2万円(1頭軸流し・千円×6点+α)を購入。

To051511bmp

13番・ブエナビスタは後方からの競馬。直線に入って先に抜け出した16番・アパパネを追いかけたが、直線半ばでも差が詰まることなく、ゴール近くになって同馬らしい伸びを見せるも時既に遅しで首差の2着。

ブエナの敗因としては「海外帰りの初戦で完調でなかった(これについては昨年も同じ)」「マイルは短い」といった類のことが挙げられていますが、牝馬同士の戦いならば、その程度のマイナスは補って余りある競争能力で克服出来ると思えるのですが…。

調教師先生のコメントの中にも「1回ケチがつくと(昨年のジャパンカップの降着)」とのフレーズがありましたが、勝負事では1度落ちたツキは中々戻りません。

それに対し、勝ったアパパネは史上初となる牝馬6冠制覇へ王手(エリザベス女王杯を残すのみ)。そして、同馬のオーナー(現在は法人化されていますが)はJRAの平地GⅠ22レース中18レースを征し、こちらは完全制覇へ残すところあと4つ。
兎に角、同オーナーの「引きの強さ」には脱帽。

馬券の方は、手広く流した3連複は的中するも(配当は620円)、相手候補の残り2頭、1番・ワイルドラズベリーと9番・ショウリュウムーンは精彩を欠く走りで、「勝負馬券」の3連単はハズレ。

To051511b

To051511c
購入額 3万2000円 払戻額 3100円



(新潟12R 春日山特別 10番 レイナソフィア 1番人気 1着)


攻め駆けする同馬ですが、今回も栗東・CWで指数《93.2》(A評価)をマークし、順位は1位。叩き3走目となる今回はメンバー手薄で、限りなく"勝ち"に近い「勝ち負け」と言ったところ?断トツの1番人気に支持され、単勝オッズはかなり厳しい数字をなっていましたが、それでも「2倍はつくやろ」と、同馬の単勝3万円を購入。


ところで、↑東京11Rが終了し、本日の馬券の収支はマイナスに転落。

このままでは3月27日(土)の週から続いていた「馬券の勝ち分」からの震災募金も途切れてしまいますので、10番・レイナソフィアが敗れた時に備え!?、同馬の馬券購入後は京都12Rを慌てて検討。

Ni051512bmp_2

道中4、5番手を進んでいた同馬は、直線半ば突き抜けて楽勝…かと思えたところ、2着馬の執拗に食い下がられ、最後はハナ差振り切って1着(単勝180円)。

Ni051512b

購入額 3万円 払戻額 5万4000円



【 「儲けの約2万円」を元に一か八かの勝負 】

(京都12R 4歳上1000万下 7番 マルカバッケン 3番人気 3着)

↑のとおり、新潟12Rでレイナソフィアが勝利し、馬券の収支は"約2万円"のプラスへ。
咄嗟に「本日はこれにて終了」でこの"約2万円"の勝ち分から募金して連続記録を更新しようかとも考えましたが、その時は既に「馬券購入モード」に突入していましたので、その"約2万円"を軍資金として京都12Rで一か八かの勝負へ。

ちなみに、この時点における実際の儲けを正確に言うと1万7600円。当方はレイナソフィアの単勝が180円まで急落していたのを見過ごしており、この時点では(=確定前)最低でも200円はついているものとして計算し「儲けは約2万円」と思い込んでいた次第。


さて、このレースは好調教馬の活躍が目立つダートの短距離戦(↑京都11R)。

そして、好調教馬が4頭いる中、「2週連続の好調教」で減量効果も見込める7番・マルカバッケンに狙いを定め、馬券の方は、同馬に他3頭の好調教馬(1番・サダムテンジン、5番・メイショウアツヒメ、12番・マイプラーナ)を絡めた3連複1万9500円(フォーメーション・5百円×39点)を購入。

↑京都11Rで6着に敗れた兄の優作騎手の分まで弟の国分恭介騎手には頑張って貰いたいところ。

Ky051512bmp

レースの方は、好スタートを切った同馬が、逃げる相手候補の1頭、5番・メイショウアツヒメを3番手でマーク。直線入り口で先頭に並びかけた時は思わず「そのままっ!」と声が出そうになったものの、逃げていた相手候補の5番・メイショウアツヒメが失速。

その直後、一旦は先頭に立っていた同馬を2番・シャドウエレメントが一気にかわし去り、連れるようにして伸びて来た相手候補の1頭、1番・サダムテンジンも同馬をかわして2番手へ。更に、外から強襲してきたのが、これまた相手候補の1頭、12番・マイプラーナ。7番・マルカバッケンがこの馬にかわされれば馬券の方はパァになりますので、今度は「やめてくれぇ~」と言ったところ。

結局、7番・マルカバッケンは3着を何とか死守し、3連複は的中。そして、その配当が38520円と3万馬券となり、思わずニンマリ。

期待に応えて2、3着に頑張り、当方の窮地を救ってくれた国分ブラザーズには大いに感謝。

Ky051512b
購入額 1万9500円 払戻額 19万2600円



気力を振り絞って?勝負に出たことが功を奏し、この日の馬券の収支は約19万円のプラスへ。戦いを終えてドッと疲れが押し寄せていきましたが、最後の最後で大物を仕留め、募金の連続記録を途切れさせずにすみましたので、気分の方は非常に爽快。

なお、帰りの「淀駅~淀屋橋間の40分」は、どんな雑音・騒音・話し声にも全く反応することなく、気絶したかのように熟睡したのは、言うまでもありません。

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




【 オークスの調教指数を作成中 】



アカンサス
美・坂路 4F52.8-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
スピードリッパー
美・坂路 4F54.2-1F計不 ⇒調教指数《??》・?評価
バウンシーチューン
美・坂路 4F53.9-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ピュアブリーゼ
美・坂路 4F50.2-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
ホエールキャプチャ
美・坂路 4F50.1-1F11.8 ⇒調教指数《??》・?評価

エリンコート
栗・坂路 4F54.0-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
グルヴェイグ
栗・坂路 4F56.5-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
シシリアンブリーズ
栗・坂路 4F55.3-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
ハッピーグラス
栗・坂路 4F54.0-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ハブルバブル
栗・坂路 4F53.8-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
メデタシ
栗・坂路 4F54.6-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価


マルセリーナ
栗・CW 6F81秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)

回顧など」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。