本文へジャンプします。




2011年5月

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

「自信」と「信頼」

【 ご心配をおかけしました 】

金曜日のブログをアップして以降、それを見た何人もの友人・知人から「ひっくり返ってエライ目に遭ってると心配してたけど、"朝帰り"とは元気そうにしてるやないか」といった類の温かい?御見舞の電話やメールをいただきました。

遅ればせながらご報告申し上げますと、先週の月曜日の「事故」による怪我(首から太股にかけての打撲による痛みや筋肉のハリ、そして、右肘付近のスリ傷による出血)は、微量の出血が右肘部における最も深い傷口から認められる以外、ほぼ完治と言える状態です。

ご心配をいただきました方々には(Mさんには"御見舞"のケーキまで頂戴し)、心から御礼申し上げます。

お陰様で大事に至りませんでしたが、冗談抜きで今回の事故では、ちょとした不注意や気の緩みがゾッとするような事態につながりかねないこと(何気なく送っている日常生活の中に潜む危険→「一寸先は闇」)を痛感した次第です。

先般も書きましたが、これから梅雨も本格化しますので、皆様におかれましても、雨の日の歩行や車の運転には十分にご注意下さいませ。



【 悪天候による影響を懸念しましたが… 】

A評価馬が「単勝回収率378%、複勝回収率134%」と爆発的な成績を収めた先週と比べれば、今週はA評価馬の単勝回収率が105%B評価馬の複勝回収率が102%と、100%超えたのはこの2ケ所のみと、やや大人しい?成績となりましたが、勝率、連対率、複勝率を見る限りでは、今週の好調教馬もコンスタントに馬券に絡んてくれていました。

Tk0528bmp

このところ安定していた好調教馬の成績も、悪天候とそれに伴う馬場状態の悪化によって劇的に落ち込むのではと心配していただけに、ここ数週と比べても全く遜色が見られない成績となり、ホッと胸を撫で下ろした次第です。

なお、"よっちさん"から「馬場が悪い時は調教が良い方がいいのですか?初心者ですが、よろしければ教えて下さい」とのコメントをいただきましたので(いつもありがとうございます)、近いうちにこれに関する当方の見解を書かせていただきます。よっちさん、もう少々お待ち下さい。


ちなみに、↑の成績表はお馴染みのI氏(見かけによらず若いおねーちゃんが好き?↓)が作成してくれるのですが、日曜日の夜、パソコンでこの画面にアクセスする瞬間は、子供の頃、先生から渡された通知簿をそっと開けて見るような気分になります。

Ayakachan_2



【 「ジッと我慢」の土曜日 】


土曜日は予報どおりの悪天候。
新潟競馬場だけが「終日、曇り」の予報でしたので、その辺りも踏まえて「コラム推奨馬」は新潟のレースから2頭を選んだのですが、その成績は(0-0-0-2)。

また、「調教から狙える好配当馬」3頭の成績も(0-2-0-1)と勝ち切れず、馬場状態を考慮して控え目にしていたものの、馬券の収支は、当然の如くマイナス。

悪天候と馬場状態の悪化で元々テンションが低かったことも手伝って、普段ならば、残りのレースで何とか負けを取り戻そうと躍起になることが多い当方が「ここはジッと我慢。勝負は明日の"The Derby Day"」と馬券の方は早々に切り上げ。

しかしながら、その結論に至らしめた真の理由とは、3/27(日)に現場(競馬場行き)へ復帰し馬券の儲けから震災の募金をしようと決めてから苦しい戦いを強いられながらも馬券で勝ち切ってきたという"自信"と「明日もどこかで好調教馬が助けてくれる」という好調教馬に対する"信頼"

ご承知のとおり、日頃は酒ばかり飲んでいて「自信」とか「信頼」といった言葉が全く似合わない当方ですが、この日は何故かそうした高尚な概念?でもって「明日は絶対に勝てる」と確信めいたものを抱いた次第。


そして、翌日、勝負を賭けたのが、「コラム推奨馬」の3頭↓と、

Co0529bmp

「調教から狙える好配当馬」の4頭↓。

Kouhai0529bmp

果たして土曜日の夕方に抱いた思いは、翌日、現実のものとなって現れたのでしょうか?
それとも、朝帰りの寝不足から来る単なる「妄想」に終わったのでしょうか?



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月30日 (月)

1週前・好調教馬

ユニコーンS

グレープブランデー
栗・坂路 4F52.1-1F12.7 ⇒調教指数《81》・B評価

安田記念

ダノンヨーヨー
栗・坂路 4F51.5-1F13.4 ⇒調教指数《81》・B評価

ビービーガルダン
栗・坂路 4F51.9-1F12.9 ⇒調教指数《83》・B評価

ライブコンサート
栗・CW 6F81秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《94》・A評価

リディル
栗・坂路 4F53.5-1F12.7 ⇒調教指数《80》・B評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月28日 (土)

雨中の決戦を征するのは?

明日は競馬の祭典・第78回日本ダービー(GⅠ)ですが、やはり事前の予報どおり雨模様。
台風直撃もあり得る関西と違い"大事(おおごと)"にはならないと思いますが、今後の雨量とそれに伴う馬場状態の変化(悪化)には十分な注意が必要です。


そして、今年のダービーでは好調教馬が全部で9頭(A評価馬×6頭・B評価馬×3頭)。

その中から2週連続してA評価をマークしている1頭に期待。
道悪はこなしてくれるはず?ですので、その辺りはあまり気にしていませんが、それよりも、鞍上が「ダービー制覇+○冠達成」のプレッシャーに潰されないかが心配。
兎に角、結果については運を天に任せ、悔いを残すことがないよう思い切った騎乗をして貰いたいところです。

相手候補としては、百戦錬磨の世界№1ジョッキーが騎乗する"殿下"の馬を含めA評価馬4頭



【 初の「直線千m」で一変を期待 】

(新潟11R ルミエールS 8番 トウカイミステリー)

Ni052911bmp

先週は栗東・坂路で4F51.1-1F12.2と1番時計をマークし、指数の方も《93.9》(A評価)で順位は1位。そして、今週も4F52.4-1F12.4・指数《88.7》(A評価)・順位6位とレベルが高い「2週連続の好調教」

オープンに昇級してから精彩を欠くレースが続いていますが、稽古の動き↑を見る限りデキは超抜ですので、今回は初となる新潟名物「直線1000m」でもってレースぶりが一変することを期待します。
相手は5/20(日)に栗東・坂路で4F49.5-1F12.6と最近では破格の時計を叩き出している12番・エーシンヴァーゴウ。


その他、東京11R・日本ダービー(GⅠ)などの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都6R 9番 ラディアーレ
5月26日(木) 栗・坂路 指数《86.0》(A評価

東京12R 1番 トーホウオルビス
5月26日(木) 栗・坂路 指数《88.0》(A評価

新潟2R 10番 オールドアメリカン 「2週連続の好調教」
5月25日(水) 美・坂路 指数《82.7》(B評価
5月18日(水) 美・坂路 指数《84.8》(B評価

新潟5R 9番 スズカロジック
5月25日(水) 栗・CW 指数《88.0》(A評価




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (3)


2011年5月27日 (金)

「スーパー黒服」と呼ばれるプロの"人なり"

【 日の出を拝みながら 】

競馬をする者にとって1年は「金杯に始まり、有馬記念で終わる」ではなく、「ダービーに始まり、ダービーで終わる」と言われているくらい、東京優駿・日本ダービー(GⅠ)は特別なレース。

あいにく東京地方は明日から日曜日にかけて雨との予報ですが、実際、どの程度の雨量になるのか非常に気になるところです。

「ダービーは最も運が良い馬が勝つ」と言われてますが、そうした天候や馬場状態をも味方につけ、あるいは、悪天候や不良馬場も"何のその"で、世代の頂点を目指して熱い戦いが繰り広げられることを期待しています。


ところで、先般から「大一番に向けて体調を整え…」と言いながら、正直に白状しますと、一昨日は飲みに出て早朝の帰宅。

先日のブログでも書きましたが、今週は12周年を迎える北新地のクラブWでは所謂「周年(しゅうねん)」と呼ばれるイベントが。

日頃お世話になっているあゆ美ママさん↓との「同伴」はかないませんでしたが、水曜日に御祝いを兼ねて飲みに行った次第。

(ママさんから「ブログ用にと」とプロのカメラマンさんに撮って貰った写真を送っていただきました。「さすがプロ!」と言える見事な出来映え。そして、ママさんのオーラでもって周りも光ってます・笑)

Ayumimama

クラブWを出た後は、軽く一杯ということで(何せ、週末にはダービーが控えていますので)、同じビルの地下1階にあるお馴染みのバー「Lapin(ラパン)」へ。

そして、シャンパンを1本空けてそろそろ帰ろうかと思っていたところに来店されたのが、先程までお邪魔していたクラブWで所謂「黒服」をされている"Oさん"。

(Oさんが来店されるまで当方が飲んでいたシャンパン↓)

Lp1

Oさんの気合い十分な仕事ぶりには定評があり、それ故に、同氏は北新地内において「スーパー黒服」と呼ばれる有名人。

そして、Oさんからもシャンパンをご馳走になりながら、色々と貴重なお話を聴かせて貰っていたところ、ほとばしる熱い思い込めてお店や仕事について語る同氏の"人なり"に魅せられ、時間が経つのをすっかり忘れた次第。

(更にOさんからもシャンパンをご馳走になり↓)

Lp2

2週間くらい前に「東の空が白む頃」に帰ったことがありましたが、この日は日の出を拝みながらの帰宅(5時前)。

ただ、いつもならば「また、やってしもたぁ~(泣)」と少々後悔するところですが、この日はOさんのお陰で大変有意義な時間を過ごさせていただき、非常に清々しい気分で朝を迎えた次第。

遅ればせながら、Oさん!シャンパン、ご馳走様でした。そして、多忙なイベント中にも拘わらず、長時間に亘り貴重な話を聴かせていただき、本当にありがとうございました。

(それと、当方のブログを発見?してくれたクラブWのM月ちゃん。今後ともよろしくです!)



【 安田記念の1週前・好調教馬 】

↓は25日(水)の栗・CWのランキングです。「調教ランク」「今週の好調教馬」「栗東CW」から閲覧できます。一番指数は次週の安田記念にも登録のあるライブコンサート。《94.0》のA評価で唯一、《90》超えの高指数となりました。

Photo

週中にも告知しましたとおり、重賞に登録のある1週前・好調教馬を、日~月曜にブログ上でも公開させて頂きます。安田記念の他の1週前・好調教馬は、来週の月曜に公開予定をしております。


栗・坂路では、ダービー出走馬も多数、10位以内。《93.2》のA評価・順位1位をマークした4歳馬は、土曜・東京11Rの目黒記念へ出走。そこそこ人気にもなりそうですので、前述の栗・CWのランキングにおいて、順位8位をマークした3歳馬をブログにて紹介させて頂きます↓



【 初芝を克服すれば 】

(新潟10R カルミヤ賞 8番 サワヤカユウタ)

Ni052810bmp

先週は栗東・坂路で4F53.0-1F12.9・指数《80.2》(B評価)・順位11位、今週がCWで指数《85.1》(A評価)・順位8位と、同馬としては初となる「2週連続の好調教」をマークし、ここに来て稽古の動きが急上昇。

未勝利脱出までに7戦を要しましたが(ただし、初勝利は後続に5馬身差をつける強い勝ち方)、昇級初戦だった前走ではいきなり3着に好走していますので、能力的にも今後楽しみが持てる1頭。

今回は初の芝レースとなりますが、前走の東京千四ダートでもスタートしてからの芝の部分でモタつくことなくスンナリと先行していますので、そのスピード抜群の走りっぷりからしても「芝克服」の期待十分です。

その他、新潟11R・驀進特別の推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都3R 1番 フラアンジェリコ 「2週連続の好調教」
5月25日(水) 栗・坂路 指数《84.2》(B評価
5月18日(水) 栗・坂路 指数《83.7》(B評価

京都10R 10番 ラトルスネーク
5月4日(水) 栗・坂路 指数《85.3》(A評価

東京10R 13番 ドリームスカイラブ
5月25日(水) 美・坂路 指数《84.1》(B評価
5月4日(水)  美・坂路 指数《86.0》(A評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月26日 (木)

雪辱なるか!?(京都・東京の両メイン・レース)

【 12万強の儲けを手に後半戦 】

日曜日は勝負レースである京都&東京の両メイン・レースを向かえる前に12万円強の儲けを叩き出したことで気分も上々。この2レースについては、前走で2着に泣いた2頭の「雪辱戦」となることを期待した次第。結果の程は如何に。



(京都11R 東海S・GⅡ ワンダーアキュート 2番人気 1着)

今週の最終追い切りでは栗東・CWで《92.0》(A評価)と好指数を叩き出し、順位は堂々の1位だった同馬。

前走はスタートで後手を踏んだこともあって13番・ゴルトブリッツに完敗。今回はスタートを決め、「好調教」+「距離延長」を味方に前走の雪辱を果たすことを期待し、まずは同馬の単勝3万円を購入。併せて、「2週連続の好調教」の8番・バーディバーディとの3連複1万2千円(2頭軸総流し・千円×12点・※1)を購入。

Ky052211bmp

今回はスタートも決まり、最内の好位を追走。抜群の手応えから直線に入って逃げた15番・ランフォルセをアッサリとかわし去り、従来のレコードを1秒7更新する好時計で完勝(単勝480円)。相手に据えた8番・バーディバーディは6着に敗れ、3連複はハズレ。

調教指数的には13番・ゴルトブリッツよりも、8番・ワンダーアキュートの方が上。前走は単勝240円で敗れたことにより、今回はちょうど2倍の480円までアップ。前走の雪辱を果たしてくれたことで、当方も「よっしゃー!」といったところ。

Ky052211b
購入額 4万2000円 払戻額 14万4000円

※1 … 16番・クリールパッションが競争除外となったため、3連複の馬券は千円の返還あり。



(東京11R オークス・GⅠ 12番 ホエールキャプチャ 2番人気 3着)


昨日のブログでも少しふれましたとおり、このレースで好指数をマークしていたのは5頭のみ。その中で美浦・坂路で先々週が4F50.5-1F12.1・指数《93.6》(A評価)・順位2位、今週が4F50.1-1F11.8・指数《93.1》(A評価)・順位1位と準「2週連続の好調教」だった12番・ホエールキャプチャを推奨馬に抜擢。

前走の桜花賞は9番・マルセリーナの鋭い決め脚に屈しましたが、同馬も大外を廻りながら(おそらく1800mくらい走ったのでは・笑)、最後は4分の3馬身差まで詰め寄りましたので、スムーズな走りさえすれば「逆転=雪辱」の可能性も十分。

馬券の方は、同馬の単勝3万円を購入し、併せて、同馬に他のA評価馬3頭(2番・メデタシ、4番・エリンコート、9番・マルセリーナ)を絡めた3連複2万1500円(フォーメーション・5百円×33点+α)を購入。

To052211bmp

レースの方は、勝負馬である12番・ホエールキャプチャがアッと驚く出遅れ。

直後、内に切れ込んで道中は後方のINを追走。直線半ばで馬群を割って馬場の真ん中を伸びて来た時は逃げ粘る18番・ピュアブリーゼとそれを先にかわした4番・エリンコートを差しきるかの勢い。しかし、ゴール前では脚色が同じになり、時計差のなしの3着。

マルセリーナには雪辱を果たしましたが…。着差が着差だけに痛恨の出遅れ。


単勝はハズレたものの、相手候補に据えた4番・エリンコートが勝ち、3連複は的中。9番・マルセリーナに人気がかぶっていたこともあって、その配当は45120円と高配当に。

なお、このレースは、1着がA評価馬のエリンコート、2着が「2週連続好調教馬」のピュアブリーゼ、3着が準「2週連続の好調教」のホエールキャプチャで、4着にもA評価馬のマルセリーナと、好指数をマークしていた5頭のうち4頭が上位を独占。


ちなみに、恥ずかしながら一昨日のブログで月曜日の朝に思いっ切りひっくり返ったことを自白?し、その記事の中で「"ちょっした考え事"をしながらスタスタと歩いて…」と書きましたが、その「ちょっした考え事」とはこのレースの馬券のこと。

「好調教馬は実質的に5頭だけやねんから、何でもっと絞って勝負せんかったんやろ」いったことをウジウジと考え、「あーでもない、こーでもない」と妄想に耽っていて足を滑らせた次第。真に持ってお粗末な限り!

To052211b_2

購入額 5万1500円 払戻額 22万5600円




(東京12R のぞみ賞 1番 タイガーストーン  12番人気 6着
              9番 スペシャルハート  7番人気 1着)


元々攻め駆けする両馬ですが、今回もA評価で順位も10位以内に入る好指数をマーク。2頭共、「調教から狙える好配当馬」に取り上げ、1番・タイガーストーンについては、単勝5千円と複勝1万円、9番・スペシャルハートについては、単勝5千円と複勝1万5千円を購入。

To052212bmp

レースの方は、好スタートから一気にハナを奪った9番・スペシャルハートが軽快に飛ばし、長い直線でも脚色衰えることなく完勝(単勝1120円・複勝320円)。

片や、9番・スペシャルハートをしのぐ抜群のスタートを切った1番・タイガーストーンですが、道中は何故か離れた最後方を追走。大外に廻され上がり3Fはメンバー中最速の末脚を繰り出すも、今日の馬場状態や展開では6着が精一杯。

人気はありませんでしたが、降級馬でもある同馬についたは"そろそろ走り頃"と、馬券の金額を見てもお分かりのとおり(9番・スペシャルハートと比べれば随分と人気薄でしたが、馬券の方はほとんど差がない金額を購入)、結構期待を持っていました。次走、再度注目。

To052212b

購入額 3万5000円 払戻額 10万4000円



この日は後半の4レースを4連勝で締め括り(馬券について)、収支の方も通算で47万円弱。朝一番に昨日の儲けの中から震災の募金をしましたが、帰り際に再度"今日の分"から募金。行きと同様、帰りも足取り軽く家路についた次第です。

ところで、春のGⅠ戦線もいよいよクライマックスを迎え、今週末には競馬の祭典「ダービー」。オークスに続き、好調教馬の活躍に期待したいところです。データ作成に気合いを入れて頑張ります。

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




【 ダービーの1週前の調教指数 】


オルフェーヴル
栗・坂路 4F51.7-1F12.4 ⇒調教指数《86》・A評価
デボネア
栗・CW 6F80秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《86》・A評価
トーセンラー
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《81》・B評価
ロッカヴェラーノ
栗・坂路 4F52.0-1F12.6 ⇒調教指数《88》・A評価


↑はダービー出走馬の1週前の調教指数です。オルフェーヴル、デボネア、ロッカヴェラーノがA評価、トーセンラーがB評価。今週の調教でもB評価以上なら、「2週連続好調教」ということになります。

今週からI氏にお願いして、1週前の調教指数(重賞のみ)を出力して貰うことにしました。当週の調教指数、推奨馬などは会員サイト内(PC版 携帯版のみとさせて頂きますが、1週前調教は日~月曜にブログ上でも公開しますので、予想の下準備にお使い下さい。

尚、本日の調教指数は今から計算を始めて、毎度のように金曜の昼までに、会員ページ(PC版 携帯版にて公開させて頂きます。


オルフェーヴル
栗・坂路 4F52.3-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
クレスコグランド
栗・坂路 4F53.5-1F13.7 ⇒調教指数《??》・?評価
コティリオン
栗・坂路 4F53.0-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
サダムパテック
栗・坂路 4F51.4-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
トーセンレーヴ
栗・坂路 4F52.3-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
デボネア
栗・坂路 4F52.9-1F13.8 ⇒調教指数《??》・?評価
ノーザンリバー
栗・坂路 4F55.1-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
ベルシャザール
栗・坂路 4F53.9-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
ロッカヴェラーノ
栗・坂路 4F53.9-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価

ウインバリアシオン
栗・CW 6F85秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
トーセンラー
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ユニバーサルバンク
栗・CW 6F83秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
リベルタス
栗・CW 6F84秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価




【 会員様からのメール 】

週中に会員様から的中メール頂き、大変感謝しております。"NF"さんからは「馬場が悪い時の狙い方はどんな感じでしょうか?」、"K田"さんからは「T評価馬は頭数が多いですが、どれを狙えば良いでしょうか?」と質問頂いております。また時間のある時に説明させて頂きたいと思います。



■"NF"さんからのメール

拝啓、高中様いつもお世話になります。今年より、本格的に高中式を馬券購入の際取り入れたお陰で5ヶ月間で回収率130%を維持することができてます。

Photo

今後より一層競馬に於いては、高中式と共に飛躍できればと思ってます。今週はいよいよダービーですが、生憎の空模様で時季的に仕方ないんでしょうね・・・。そこでこれから1.2ヶ月は雨との付き合いになりますが、馬場が悪い時の狙い方や、高中式調教と重馬場関連はどんな感じでしょうか?ご教授頂ければありがたいです。宜しくお願い致します。

先週はオークスは自信がなく見送り、東京最終でうまく勝つことができました。こちらもありがとうございました。またメール致します。敬具



■"K田"さんからのメール

ご無沙汰してます高中さん(_ _)今日の要件はT評価馬についてです。T評価馬は載せてる数も多いのでどれを狙い撃ちしていいのか解らなくて困っています…。なにかアドバイス等ありましたらお手数ですがお願いできませんでしょうか。

後土曜日のヘッドライナーありがとうございました♪レース前はこんなん来る訳ね~なんて思ってましたが来ちゃいました(笑)


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (2)


2011年5月25日 (水)

来週からの新企画

【 エリンコートは2週前・好調教 】

オークスはA評価馬の4番・エリンコートが1着。「2週連続好調教」の18番・ピュアブリーゼが2着。推奨馬の12番・ホエールキャプチャは3着に敗れましたが、馬券は3連複が45,120の万馬券(オークスの回顧は明日にでも)。

Photo

今回は好指数をマークしたのは5頭のみ。その中で美浦・坂路で先々週が4F50.5-1F12.1・指数《93.6》(A評価)・順位2位、今週が4F50.1-1F11.8・指数《93.1》(A評価)・順位1位と準「2週連続の好調教」だった12番・ホエールキャプチャを推奨馬に抜擢。

そして3頭の相手候補の1頭には4番・エリンコートを選択。直近の追い切りは《80》以下でしたが、2週前に栗・坂路で《88》・A評価をマークしておりました。

Photo_2
5月4日(水)
栗・坂路 4F52.0-1F12.6 ⇒調教指数《88》・A評価


2週前の時点で仕上がっていたとも受け取れます。結果的には「2週連続好調教馬」の18番・ピュアブリーゼを選んでいても、3連複は的中でした。今週の調教のみならず、2週前+1週前は必ず見ておく必要があります。




【 ダービーの1週前の調教指数 】


オルフェーヴル
栗・坂路 4F51.7-1F12.4 ⇒調教指数《86》・A評価
デボネア
栗・CW 6F80秒後半-1F12秒後半 ⇒調教指数《86》・A評価
トーセンラー
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《81》・B評価
ロッカヴェラーノ
栗・坂路 4F52.0-1F12.6 ⇒調教指数《88》・A評価


↑はダービー出走馬の1週前の調教指数です。オルフェーヴル、デボネア、ロッカヴェラーノがA評価、トーセンラーがB評価。今週の調教でもB評価以上なら、「2週連続好調教」ということになります。

今週からI氏にお願いして、1週前の調教指数(重賞のみ)を出力して貰うことにしました。当週の調教指数、推奨馬などは会員サイト内(PC版 携帯版のみとさせて頂きますが、1週前調教は日~月曜にブログ上でも公開しますので、予想の下準備にお使い下さい。

尚、本日の調教指数は今から計算を始めて、毎度のように金曜の昼までに、会員ページ(PC版 携帯版にて公開させて頂きます。


オルフェーヴル
栗・坂路 4F52.3-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
クレスコグランド
栗・坂路 4F53.5-1F13.7 ⇒調教指数《??》・?評価
コティリオン
栗・坂路 4F53.0-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
サダムパテック
栗・坂路 4F51.4-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
トーセンレーヴ
栗・坂路 4F52.3-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
デボネア
栗・坂路 4F52.9-1F13.8 ⇒調教指数《??》・?評価
ノーザンリバー
栗・坂路 4F55.1-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
ベルシャザール
栗・坂路 4F53.9-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
ロッカヴェラーノ
栗・坂路 4F53.9-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価

ウインバリアシオン
栗・CW 6F85秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
トーセンラー
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ユニバーサルバンク
栗・CW 6F83秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
リベルタス
栗・CW 6F84秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価




【 日曜は颯爽と京都へ 】

前日の京都11Rで6万馬券をゲットしたこともあって↓、日曜日は颯爽と京都競馬場に入場。

Ky052111bmp

Ky052111bbmp

そして、いつもようにインフォーメーションで震災の募金。

なお、この日は「通常分」に加え、「馬券の勝ち分」についても↑前日の儲け分からの先に募金し、3月27日(土)の週から続いていた連続記録を更新。

先週は「最後の最後で」という苦しい戦いを強いられましたが、この日は先に募金をすることができ、余裕綽々?で戦闘を開始した次第。

この日の馬券ですが、いつのように「コラム推奨馬」↓と

Co0522bmp

「調教から狙える好配当馬」↓以外で2レースほど手を出してみたのですが、その結果は…。

Kouhai0522bmp




(新潟3R 3歳未勝利戦 13番 プリティアクィーン 2番人気 2着
                14番 マイネエレーナ   5番人気 1着)


↑前日の京都11Rでは12番人気で1着となり、6万馬券をプレゼントしてくれたヘッドライナーは、栗東の西園厩舎の管理馬。
同厩舎は坂路を中心にしっかりとした調教を施し、レースでもきっちりと結果を出してくれるますので、当「高中式」においても大変お世話になっている次第。

このレースでは↑の7枠2頭(T評価馬)が同厩舎の管理馬。
前日の御礼も兼ねて両馬の単勝各1万円と両馬からの3連複7千円(2頭軸総流し・5百円×14点)を購入。

Ni052203bmp

レースの方は、中団の控えていた両馬が直線半ばで抜け出し、同じメンコ同士(西園厩舎のオリジナル)の一騎打ちとなり、ゴール前で14番・マイネエレーナがハナ差しのいで1着(単勝650円)。3連複の方は、人気薄が絡むことを期待しましたが、5番人気→2番人気→3番人気の入線で、その配当が3350円。

本当に頼りになる西園厩舎です(笑)。

Ni052203b

購入額 2万7000円 払戻額 8万1750円


(京都7R 3歳500万下 3番 タイキガラハッド 2番人気 8着)

前走の未勝利脱出時には3連複で儲けさせて貰った同馬ですが、今週は栗東・坂路で自己ベストを大幅に更新する好時計を叩き出し、指数も《90.0》(A評価)・順位3位。「いよいよ本格化か!?」と思わせるような抜群の攻めを披露し、「調教から狙える好配当馬」に抜擢。

今回は一気の距離延長でしたが(1200m→1800m)、その辺りは鞍上(武豊騎手)が何とかしてくれると思ったのですが…。馬券の方は、同馬の単勝2万円を購入。

Ky052207bmp

レースの方は、好スタートを切りながらも距離を意識してか鞍上が抑えて3、4番手を追走。直線を向いてズルズルと後退し、ブービー馬(ドン尻から2番目)に"大差"をつけられての殿負け。そして、タイムオーバーのオマケ付き。

どのようにコメントすればよいか分からないレース。

Ky052207b

購入額 2万円 払戻額 0円


(京都9R 昇竜S 9番 アイアムアクトレス 2番人気 1着)

調教の良し悪しがレース結果に直結する確率が高い3歳馬の限定戦。しかも、古馬を含めても好調教馬の活躍が目立つダートの短距離戦。

このレースには6頭の好調教馬がいましたが、京都千四ダートでは2戦2勝の同馬(T評価馬)に注目。

馬券の方は、同馬の単勝に2万円と、併せて同馬に他の好調教馬3頭(12番・セイカプリコーン、13番・シルクシュナイダー、14番・シゲルソウサイ)を絡めた3連複1万9500円(フォーメーション・5百円×39点)を購入。

Ky052209bmp

好スタートから好位につけた同馬が直線に入って他馬を突き放し、追いすがる相手候補の1頭、14番・シゲルソウサイを振り切って1着(単勝450円)。3連複の方は、2番人気→3番人気→7番人気の入線で、その配当が7920円。

Ky052209b
購入額 3万9500円 払戻額 12万9600円


京都7Rだけは???の結果でしたが、やはり3歳限定戦(未勝利~オープンまで)では好調教馬が走ります。この日のオークスも「今日はイケそう」と何とはなしに期待を膨らませた次第です。


↑の3レースで12万円強の儲けが出ましたので、更に余裕を持って「コラム推奨馬」が出走する京都&東京のメインレースで勝負した次第。

この続きは明日にでも。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月24日 (火)

今週は土曜日に「一か八か」

【 雨の日にはご注意 】

昨日の朝、愛犬チョコラ号の散歩中にひっくり返って背中からお尻にかけて痛打。

散歩中と言っても、雨脚が激しくなってきたので、チョコラを左脇に抱え(↓写真のような状態)、

Wan0430b

右手に傘を差しながら、駅近くの通路を"ちょっした考え事"をしながらスタスタと歩いていたところ、雨で濡れたタイル張りの路面で足を滑らせ、一瞬、身体全体が宙に浮いた後、ほぼ水平の仰向き状態でそのまま床へ落下。

そのド派手なひっくり返りぶりに周りで歩いていた3、4名くらいの方々が「大丈夫ですか?」と慌てて駆け寄って下さり、当方も顔面に向けて容赦なく降り注ぐ雨を浴びながら「これは骨の1本や2本は…」と覚悟していたのですが、息を整えて怖々上体を起こしてみたところ、右肘にそれなりの?痛みを感じた以外は激痛が走るわけでもなく、そのままスクッと立ち上がれた次第。

そして、当方を助けようと駆け寄って下さった方々に「大丈夫です」「ありがとうございます」「ご心配をおかけしました」といった御礼の言葉を連発しながら、気恥ずかしさも手伝って(何せ、ひっくり返ったとは言え、大の大人が人通りの多い通路のど真ん中で仰向けで寝っ転がっていたのですから。しかも、右手には傘、左手にはワンコという摩訶不思議な格好で)「ホント、びっくりしました。死んだかと思いましたわぁ(泣笑)」と軽くボケをかましてみたところ、「ちぃっ」という舌打ちこそ聞こえてきませんでしたが、「朝の急いでる時に心配して駆けつけたのにぃ~」といった表情で皆さんは足早に立ち去れたのでした。

心配そうな面持ちで慌てて駆け寄って下さった皆さん、本当にありがとうございました。そして、しょうもないボケをかまして、すいませんでした。

自宅に戻って痛みがあった右肘付近を見てみたところ、打撲による皮下出血が認められ、所々に擦り傷による出血が。
おそらく、床に落ちる瞬間、咄嗟に左腕のチョコラをかばって(ホンマかいな?←チョコラのツッ込み)、完全な水平状態からほんの少し右へ傾いた状態で路面に着地したことにより右肘部分を打撲したのではないかと勝手に推察しています。

なお、「激しい運動した後の筋肉痛などは、年を取れば取るほど、後からその症状が現れる」とよく言いますが、当方の場合、昨日は右肘部分↑以外、自分でも驚くほど痛みらしい痛みはありませんでしたが、今朝起きると首(床に叩きつけられた衝撃で軽いムチ打ちに?)から太もも(滑った時に踏ん張ろうとして負荷が架かった?)かけての筋肉がセメントで固めたようにガチガチに…。

いずせにせよ、"事故"が起こった状況を思い起こせば「打ち所(特に後頭部)が悪ければ、今ごろ…」といったことが十分考えられましたので、この程度の怪我ですみ胸を撫で下ろしている次第です。

これからの時期は雨が多くなりますので、皆様におかれましても、濡れてツルツル状態の道路・通路を歩かれる際は十分にご注意下さいませ。



【 A評価馬が大活躍 】

今週はA評価馬が単勝回収率378%、複勝回収率134%と、大幅に100%超える大活躍。B評価馬についても、単勝回収率が80%、複勝回収率が91%と好成績。

そして、勝率、連対率、複勝率からも、ここ数週と同様、今週も好調教馬がコンスタントに馬券に絡んでいたことがお分かりいただけると思います。

Tk0521bmp

なお、単勝で最高配当を3720円を叩き出し、A評価馬の単勝回収率及び複勝回収率のアップに貢献してくれたのが、オークス(GⅠ)を征したエリンコート(同馬の複勝は800円。オークスについては、明日以降に回顧させていただきます)。

また、土曜・京都11Rではヘッドライナー(A評価馬)も12番人気で1着となり、単勝3410円、複勝980円を叩き出し、単勝回収率及び複勝回収率を大幅に引き上げると共に、当方の窮地を救ってくれました(この件については↓を)。



【 "坊主"が一変して(土曜日) 】

土曜日は朝から「コラム推奨馬」と「調教から狙える好配当馬」の成績が振るわず。

前日のブログで取り上げた新潟11Rの4番・アドマイヤコスモスに最後の望みを託したところ、同馬自身は「昇級初戦も何のその」といった力強い走りを披露してくれたのですが、

Ni052111bmp_2

馬券の方は、同馬にもう1頭の好調教馬、13番・マイネルガヴロシュを絡めた3連複・3連単で勝負したところ、そのマイネルガヴロシュが8着に敗れてパア。

Ni052111bbmp

でもって、この日、購入を予定していた馬券は全敗=「坊主」。
「気分を切り替え、明日(日曜日)頑張れば」とも考えたのですが、直後に行われる京都11Rには「気になる1頭」がいたのと、「坊主」を回避して1日を終わりたいという気持ちも強く働いて、慌てて同レースの馬券を購入。

そして、その「気になる1頭」とは5番・エーシンホワイティ(B評価馬)。

同馬は前走の4/23・京都11Rでスプリングソングを「コラム推奨馬」とした際に馬券(3連複)の方で相手候補に据えた1頭。スプリングソングの方は2着に敗れましたが、エーシンホワイティは7番人気で3着と頑張り、「3連複的中」に貢献してくれました(この件はコチラを)。

今回は、攻め駆けする同馬にしては最終追い切りがB評価止まりであったことを割り引いて「コラム推奨馬」などには抜擢せず。
ただ、当方のお手馬的存在であったスプリングソング号がこの5月8日に急逝したことで、エーシンホワイティには最後のレースで同馬に続く3着に入った好(よしみ)で亡きスプリングソングの分までも頑張って貰いたいとの思いもあり、同馬のことを気にかけていた次第。

まずは、単勝1万円を購入し、同馬に他3頭の好調教馬(4番・プリンセスメモリー、11番・ヘッドライナー、16番・エーブダッチマン)を絡めた3連複1万6500円(フォーメーション・5百円×33点)を購入。

Ky052111bmp

レースの方は、果敢にハナを奪った相手候補の1頭、11番・ヘッドライナーが大逃げ。5番・エーシンホワイティも好スタートを切って4、5番手を追走。
直線に入ってからもヘッドライナーの逃げ脚は衰えず、エーシンホワイティも残り200m辺りからグイグイ伸びて逃げ粘るヘッドライナーに迫ったがハナ差及ばずの2着。

ヘッドライナーは昨年のこのレースで2着に入っていますが、おそらくは「距離が1F長い」+「斤量59kg」が嫌われての12番人気。稽古ではA評価を連発していましたが、当方もその点が気になり、エーシンホワイティを上位に見立てた次第。
今回の勝因は、好調教もさることながら、躊躇することなくハナを叩いて同馬の持ち味を最大限に引き出した鞍上の好騎乗。

そのヘッドライナーの激走によって単勝はハズレましたが、それよりも人気薄の同馬のお陰もあって、3連複の配当は62860円と6万馬券。

Ky052111bbmp

購入額 2万6500円 払戻額 31万4300円


先週の日曜日のような切羽詰まった「一か八か」ではありませんでしたが、最後の勝負で坊主状態から一気に脱却し、ホッと一安心。

そして、日曜日は足取り軽く京都競馬場へ。
その"戦い"の様子は明日にでも。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月21日 (土)

明日のキーワードは「雪辱」?

【 オークスでの好調教馬は実質5頭 】

明日の優駿牝馬・オークス(GⅠ)では好調教馬は全部で8頭。
ただし、そのうちの3頭がT評価馬ですので、今回の追い切りで好指数をマークしているのは5頭のみ(A評価馬×4頭・B評価馬×1頭)。

阪神競馬場で目の当りにした桜花賞・マルセリーナの爆発力は正に脅威そのものですが、同馬にとって今回は「初の東京コース」+「初の長距離輸送」となりますので、このレースに関しては、美浦・坂路で非常にレベルが高い準?「2週連続の好調教馬」だったA評価馬に「雪辱」を期待してみるつもりです。結果の程は如何に?



ところで、昨日のコラムで「遅れてきた大物」と評した新潟11Rの4番・アドマイヤコスモスが強い勝ち方。
調教で今回と同レベルの動きをしている限り、昇級後の「1600万下」も通過点だと思います。よって、同馬の真価が問われるのはオープンに上がってから。注目の1頭です。

ちなみに、馬券の方は、さすがに1.5倍の単勝には手を出せず、同馬にもう1頭の好調教馬、13番・マイネルガヴロシュを絡めた3連複・3連単で勝負したところ、13番・マイネルガヴロシュは8着敗退(泣)。

Ni052111bmp

「コラム推奨馬」のアドマイヤコスモスが快勝してくれたにも拘わらず、実のところ、この時点で馬券の方は「裏パーフェクト(=坊主)」。

「これはマズい」と思い、先週の日曜日のように大慌てで京都11Rを検討↓。

Ky052111bmp

果たして「2匹目のドジョウ」はいたのでしょうか?これについては週明けにでも。



【 前走の雪辱を 】

(京都11R 東海S・GⅡ 8番 ワンダーアキュート)

Ky052211bmp

前走後も栗東・坂路で入念に乗り込まれ、今週の最終追い切りはいつものとおりCWで。攻めは常に動く同馬ですが、今回も《92.0》(A評価)と好指数を叩き出し、順位は堂々の第1位

前走は13番・ゴルトブリッツに完敗でしたが、この結果についてはスタートで後手を踏んだ影響が大。"逆転"があったかどうかは別としても、五分のスタートを切っていれば、少なくとも「完敗」というイメージをもつことはなかったと思っています。

ですので、今回は是非ともスタートを決め、「好調教」+「距離延長(※1)」を味方に前走の雪辱を果たして貰いところです。

※1 … 中央のみの成績ですが、同馬は「1900mダート」では(0-1-0-0)、「2000mダート」では(3-0-0-0)。

その他、東京11R・オークス(GⅠ)の推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都7R 3番 タイキガラハッド
5月18日(水) 栗・坂路 指数《90.0》(A評価

東京12R 1番 タイガーストーン
5月18日(水) 栗・CW 指数《86.0》(A評価

東京12R 9番 スペシャルハート
5月18日(水) 美・坂路 指数《85.5》(A評価




【 オークスの調教 】

アカンサス
美・坂路 4F52.8-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
スピードリッパー
美・坂路 4F54.2-1F計不 ⇒調教指数《??》・?評価
バウンシーチューン
美・坂路 4F53.9-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ピュアブリーゼ
美・坂路 4F50.2-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
ホエールキャプチャ
美・坂路 4F50.1-1F11.8 ⇒調教指数《??》・?評価

エリンコート
栗・坂路 4F54.0-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
グルヴェイグ
栗・坂路 4F56.5-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
シシリアンブリーズ
栗・坂路 4F55.3-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
ハッピーグラス
栗・坂路 4F54.0-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ハブルバブル
栗・坂路 4F53.8-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
メデタシ
栗・坂路 4F54.6-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価


マルセリーナ
栗・CW 6F81秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (6)


2011年5月20日 (金)

遅れてきた大物登場?

このところ「競馬関係外」の方との食事会・飲み会が続いていましたが、昨日は、木曜日分のデータ作成終了後、久々に競馬関係の友人たちと食事へ。

今週末はオークス、来週末は日本ダービーと、春のGⅠ戦線もいよいよクライマックスを迎えバタバタとする日が続きますので、体力をつけようと焼き肉を食べに行った次第。

当方が走るわけではありませんが(笑)、大一番に備えて体調を整えて万全の態勢で臨みたいと思います。

Yaki1_2

Yaki2_2

ところで、本日の夕方、北新地のクラブWで日頃お世話になっている「あゆ美ママさん」↓が当方の事務所へ(ママさんに関する記事はコチラを)。

Ayumimm_2

来週は12周年を迎える同店の「Party Week」(所謂「周年(しゅうねん)」と呼ばれるイベント週)。

当方が同店へ競馬関係者をお連れした際は、ママさんにはいつもお気遣いただいき楽しく過ごさせて貰っていますので、その御礼も兼ねて「よろしければお食事でも」とお誘いしたところ、こちらが指定した日は「申し訳ありませんが、既に先約が入っていて…」とのこと。

そして、ママさんが来所した理由ですが、「お詫びを申し上げるには電話では失礼にあたるので…」とのことで菓子折を持参して足を運ばれた次第。

こうした振る舞いを「それも商売の内」と言う人もおられますが、私は義理や礼節を重んじる北新地という街の古き良き伝統が育んだ素晴らしい接客スタイルだと思います。

最近、これまでなかったようなジャンルの店舗も次々とオープンし、新地の様子も時と共に変わりつつありますが、姿形(すがたかたち)は変わろうとも、この街特有の「心意気」だけは失わないで貰いたいと思った本日の夕方でした。




【 「ここは通過点」の走りを期待 】


(新潟11R 赤倉特別 4番 アドマイヤコスモス)

Ni052111bmp_2

前走は、地方からの再転入初戦、しかも、初の芝のレースだったにも拘わらず、後続を4馬身ちぎる圧巻の走りを披露。

今週は栗東・坂路で自己ベスト・タイとなる4F51.3-1F12.5を馬也で叩き出し、指数の方も《91.0》(A評価)で順位も2位。前走時の追い切りも4F51.6-1F12.2・指数《90.7》(A評価)・順位4位と抜群でしたが、今回はそれをも上回る超抜の動き。

同馬は重賞ウイナーのアドマイヤフジを半兄に持つ良血馬。血統的な裏付けもあり、「遅れてきた大物登場」を予感させます。昇級初戦でも稽古どおりの走りをすれば勝ち負の期待十分ですが、出来れば「ここは通過点」と思える圧勝劇を見せて貰いたいものです。


Photo

↑の画像は会員ページ(PC版 携帯版)内「調教ランク」「今週の好調教」「栗東坂路」のランキング。 前述したとおり、アドマイヤコスモスは《91.0》(A評価)で順位も2位

私の大のお気に入りキャプテントゥーレは《88.0》のA評価・順位4位。そして5位にはダービーに出走するオルフェーヴルの名が。果たして同馬を脅かす伏兵馬がいるか?来週のダービーの追い切りが今から楽しみです。

そして日曜の京都メーン・東海Sに出走のバーディバーディが6位。もう1頭、栗・CWで順位1位の馬がおりますので悩ましい所(ゴルトブリッツではありません)。その他、京都5R・3歳未勝利戦の推奨馬についても、会員ページ(PC版 携帯版)内で併せてご確認下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都2R 5番 ドリームボルト
5月11日(水) 栗・CW 指数《89.0》(A評価

京都4R 14番 ジョウショードン
5月11日(水) 栗・CW 指数《86.0》(A評価

東京7R 3番 サトノピースピース 「2週連続の好調教」
5月18日(水) 美・坂路 指数《82.0》(B評価
5月11日(水) 美・坂路 指数《83.7》(B評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月19日 (木)

「儲けの約2万円」を元に一か八かの勝負

【 前半戦は6万強のプラス 】

体調不良に拘わらず、日曜日の前半戦は馬券を購入した「調教から狙える好配当馬」2頭の成績が(1-1-0-0)で、収支の方は6万円強のプラス

プラス収支で折り返したことで、気分的には随分と楽になりましたが、さすがに、この日は身体の方が付いてこず、馬主席内のソファーにへたり込んで、「コラム推奨馬」↓が登場する終盤まで体力を温存していた次第です。

Co0515bmp



【 "エンジンの違い"を見せつけられず 】


(京都11R 栗東S 12番 トウショウカズン 3番人気 6着)

栗東・坂路で自己ベストを更新しての「2週連続の好調教」。
レースの方も3連勝中と、只今"絶好調"。
オープン初挑戦となりますが、良績を残す「距離(4-1-0-1)」&「コース(3-2-0-3)」&「騎手(3-1-0-0)」+ハンデ戦故に「斤量差」で好戦必至。

馬券の方は、同馬の単勝2万円、併せて同馬に他の好調教馬3頭(6番・ワールドワイド、9番・トーホウドルチェ、13番・シルクフォーチュン)を絡めた3連複1万9500円(フォーメーション・5百円×39点)を購入。

なお、鞍上は同馬でもって「初特別勝ち」を挙げた国分優作騎手。1日でも早く重賞を勝って先を越された弟・国分恭介騎手に追いつきたいところですが、まずはこのレースで「初メイン・レース勝ち」を期待。

Ky051511bmp

まずまずのスタートを切った同馬は、二の脚を効かせて先頭集団へ。4コーナーを廻って3番手に上がり、直線入り口で楽な手応えで先頭に並びかけようとしたものの、そこからの伸びがひと息で6着敗退。

速い時計での決着となり、同馬にとっては大変厳しいレースとなりましたが、自身でも時計を詰めていますので、次走も再度狙ってみる予定(もちろん、今回並に稽古が動いていれば)。

勝ったのは相手候補に据えた9番・トーホウドルチェで、2着も6番・ワールドワイド(4着にも13番・シルクフォーチュン)。このレースについては当方の見立てが悪く、馬券では結果を出せませんでしたが、ダートの短距離戦は好調教馬の活躍が目立ちます。

ちなみに、先月、国分優作騎手の騎乗馬(4/10の阪神8Rのハートシューター)を「コラム推奨馬」に抜擢した際は、3番人気で7着。「ひょっとして同騎手とは相性が悪いかも?」と思ったところ、この日の最終レースでは…。

Ky051511b

購入額 3万9500円 払戻額 0円



(東京11R ヴィクトリアマイルC・GⅠ 13番 ブエナビスタ 1番人気 2着)


強い稽古をしない厩舎にあって(特に、同馬については)、先週は栗東・CWでしっかりと追い切って指数《82.0》(B評価)・順位11位をマーク。
ローテーションは同じですが、状態に関しては、昨年とは雲泥の差。

牝馬同士のここは"エンジンの違い"を見せつけてくれるはずですが、当然のことながら、断トツの1番人気故に単勝勝負は出来ませんので、相手候補として挙げた次の3頭を絡めた馬券で勝負。

① 相手筆頭は美浦・坂路で今週1番時計をマークして「2週連続の好調教」の16番・アパパネ。
② 栗東・CWで「3週連続の好調教」の1番・ワイルドラズベリー
③ 先週、栗東・坂路で好時計・好指数をマークし「2週連続の好調教」の9番・ショウリュウムーン

馬券の方は、13番・ブエナビスタに↑①②③の3頭を絡めた3連複1万2千円(フォーメーション・5百円×24点)、そして、ブエナビスタを1着に固定した3連単2万円(1頭軸流し・千円×6点+α)を購入。

To051511bmp

13番・ブエナビスタは後方からの競馬。直線に入って先に抜け出した16番・アパパネを追いかけたが、直線半ばでも差が詰まることなく、ゴール近くになって同馬らしい伸びを見せるも時既に遅しで首差の2着。

ブエナの敗因としては「海外帰りの初戦で完調でなかった(これについては昨年も同じ)」「マイルは短い」といった類のことが挙げられていますが、牝馬同士の戦いならば、その程度のマイナスは補って余りある競争能力で克服出来ると思えるのですが…。

調教師先生のコメントの中にも「1回ケチがつくと(昨年のジャパンカップの降着)」とのフレーズがありましたが、勝負事では1度落ちたツキは中々戻りません。

それに対し、勝ったアパパネは史上初となる牝馬6冠制覇へ王手(エリザベス女王杯を残すのみ)。そして、同馬のオーナー(現在は法人化されていますが)はJRAの平地GⅠ22レース中18レースを征し、こちらは完全制覇へ残すところあと4つ。
兎に角、同オーナーの「引きの強さ」には脱帽。

馬券の方は、手広く流した3連複は的中するも(配当は620円)、相手候補の残り2頭、1番・ワイルドラズベリーと9番・ショウリュウムーンは精彩を欠く走りで、「勝負馬券」の3連単はハズレ。

To051511b

To051511c
購入額 3万2000円 払戻額 3100円



(新潟12R 春日山特別 10番 レイナソフィア 1番人気 1着)


攻め駆けする同馬ですが、今回も栗東・CWで指数《93.2》(A評価)をマークし、順位は1位。叩き3走目となる今回はメンバー手薄で、限りなく"勝ち"に近い「勝ち負け」と言ったところ?断トツの1番人気に支持され、単勝オッズはかなり厳しい数字をなっていましたが、それでも「2倍はつくやろ」と、同馬の単勝3万円を購入。


ところで、↑東京11Rが終了し、本日の馬券の収支はマイナスに転落。

このままでは3月27日(土)の週から続いていた「馬券の勝ち分」からの震災募金も途切れてしまいますので、10番・レイナソフィアが敗れた時に備え!?、同馬の馬券購入後は京都12Rを慌てて検討。

Ni051512bmp_2

道中4、5番手を進んでいた同馬は、直線半ば突き抜けて楽勝…かと思えたところ、2着馬の執拗に食い下がられ、最後はハナ差振り切って1着(単勝180円)。

Ni051512b

購入額 3万円 払戻額 5万4000円



【 「儲けの約2万円」を元に一か八かの勝負 】

(京都12R 4歳上1000万下 7番 マルカバッケン 3番人気 3着)

↑のとおり、新潟12Rでレイナソフィアが勝利し、馬券の収支は"約2万円"のプラスへ。
咄嗟に「本日はこれにて終了」でこの"約2万円"の勝ち分から募金して連続記録を更新しようかとも考えましたが、その時は既に「馬券購入モード」に突入していましたので、その"約2万円"を軍資金として京都12Rで一か八かの勝負へ。

ちなみに、この時点における実際の儲けを正確に言うと1万7600円。当方はレイナソフィアの単勝が180円まで急落していたのを見過ごしており、この時点では(=確定前)最低でも200円はついているものとして計算し「儲けは約2万円」と思い込んでいた次第。


さて、このレースは好調教馬の活躍が目立つダートの短距離戦(↑京都11R)。

そして、好調教馬が4頭いる中、「2週連続の好調教」で減量効果も見込める7番・マルカバッケンに狙いを定め、馬券の方は、同馬に他3頭の好調教馬(1番・サダムテンジン、5番・メイショウアツヒメ、12番・マイプラーナ)を絡めた3連複1万9500円(フォーメーション・5百円×39点)を購入。

↑京都11Rで6着に敗れた兄の優作騎手の分まで弟の国分恭介騎手には頑張って貰いたいところ。

Ky051512bmp

レースの方は、好スタートを切った同馬が、逃げる相手候補の1頭、5番・メイショウアツヒメを3番手でマーク。直線入り口で先頭に並びかけた時は思わず「そのままっ!」と声が出そうになったものの、逃げていた相手候補の5番・メイショウアツヒメが失速。

その直後、一旦は先頭に立っていた同馬を2番・シャドウエレメントが一気にかわし去り、連れるようにして伸びて来た相手候補の1頭、1番・サダムテンジンも同馬をかわして2番手へ。更に、外から強襲してきたのが、これまた相手候補の1頭、12番・マイプラーナ。7番・マルカバッケンがこの馬にかわされれば馬券の方はパァになりますので、今度は「やめてくれぇ~」と言ったところ。

結局、7番・マルカバッケンは3着を何とか死守し、3連複は的中。そして、その配当が38520円と3万馬券となり、思わずニンマリ。

期待に応えて2、3着に頑張り、当方の窮地を救ってくれた国分ブラザーズには大いに感謝。

Ky051512b
購入額 1万9500円 払戻額 19万2600円



気力を振り絞って?勝負に出たことが功を奏し、この日の馬券の収支は約19万円のプラスへ。戦いを終えてドッと疲れが押し寄せていきましたが、最後の最後で大物を仕留め、募金の連続記録を途切れさせずにすみましたので、気分の方は非常に爽快。

なお、帰りの「淀駅~淀屋橋間の40分」は、どんな雑音・騒音・話し声にも全く反応することなく、気絶したかのように熟睡したのは、言うまでもありません。

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




【 オークスの調教指数を作成中 】



アカンサス
美・坂路 4F52.8-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
スピードリッパー
美・坂路 4F54.2-1F計不 ⇒調教指数《??》・?評価
バウンシーチューン
美・坂路 4F53.9-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ピュアブリーゼ
美・坂路 4F50.2-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
ホエールキャプチャ
美・坂路 4F50.1-1F11.8 ⇒調教指数《??》・?評価

エリンコート
栗・坂路 4F54.0-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
グルヴェイグ
栗・坂路 4F56.5-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
シシリアンブリーズ
栗・坂路 4F55.3-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
ハッピーグラス
栗・坂路 4F54.0-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ハブルバブル
栗・坂路 4F53.8-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
メデタシ
栗・坂路 4F54.6-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価


マルセリーナ
栗・CW 6F81秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月18日 (水)

まずは順位10位以内の3歳未勝利戦狙い

【 昨日は"ほぼ"予定どおり 】

昨日は一昨年あたりから競馬関係外で大変お世話になっている方をお招きしての食事会。

その方からは事前に「お酒はあまり飲めませんが、その分、よく食べます」と聞いていましたので、食事の方はお腹に貯まるものをと思い「天味 石和川」さんで天麩羅を。

こちらのお店へ食べに来るのは「お化けの日」以来。その時のメニューは「寄せ鍋」でしたが、今回は揚げたての天麩羅等々↓に舌鼓を打った次第です。

(5番目の写真に写っている黒い固まりは「ホタルイカのイカ墨揚げ」)

Iwa1

Iwa2

Iwa3

Iwa4

Iwa5

Iwa6

Iwa7

食後は、その方と一緒に"軽く一杯"と考えていたのですが、やはりお酒を飲まれないこともあって「私はこれで…」と言うことで、本日の食事会はお開きに。

なお、昨日のブログに書きましたとおり、「食事+1軒」は予定していましたので、その予定をこなすために?ツレと2人で飲みに行ったところ「+1軒」が「+3軒」へ。

但し、各お店(ラウンジM → ワインバーK → お馴染みのバー「Lapin(ラパン)」)での平均滞在時間は約30分と非常に短かったので、12時過ぎには自宅に帰り着いた次第。

「予定どおり」とはいきませんでしたが、これぐらいであれば誤差の範囲!?




淀屋橋駅~淀駅までの約40分

土曜日の夜、翌日分のデータ作成から始まり、京都競馬場行きの準備に至るまでの一連の作業を終えたのが午後11時。

ここ数日の寝不足を解消するため、直ぐにでも寝るつもりでその時まで見ていたグリーンチャンネルを消そうと何気なくケーブルテレビのリモコンを手にしたところ、「前選局」という1つ前のチャンネルに戻るボタンに指が触れたようで画面の方はグリーンCから映画番組へ。

そして、そこで放映されていたのが面白そうなSF映画。ついついそのストーリーに引き込まれてしまい、結局、眠りについたのは2時間後の午前1時。

よって、翌朝、京都に向かう時も頭の中はぼぉ~っとした状態。

それでも、いつものように京阪電車で爆睡すれば(淀屋橋駅~淀駅までの約40分)、眠気もそれなりに吹き飛ぶはずでしたが、こういう時に限って当方の前に立っていた男女2人(年配の男性と若い女性・上司と部下?)の会話が耳について一睡も出来ず。

一旦眠りにつくと淀駅を乗り過ごすくらい少々のことでは起きない当方ですが、この日は正に眠りに入ろうとした時、その男性による"人生の教訓めいた話"が聞くとはなしに耳に入り、その内容のあまりの滑稽さに「それは違うやろ」とか「何でそうなるねん」と、寝よう寝ようとする思いとは裏腹に頭の方が勝手に突っ込みを入れ始めた次第。


ちなみに、それを聞いていた(聞かされていた?)女性の方は「そうなんですかぁ!」とか「なるほどぉ~!!」と言った類の相づちを打つだけで、如何にも"どうでもよさそう"でしたが、男性の方はお構いなしに延々と話を続け、気がつけば淀駅に到着。

なお、特段大きな声で話していた訳でもなかったので、「静かにして下さい」と注意する訳にもいかず、心の中で「えぇ加減にせんかい(怒)」と悶々としていたところ、ふとした瞬間、「ひょっとして俺も新地のおねぇーちゃん(ホステスさん)相手にこんな感じで話をしてるんやろか」との思いが頭を過ぎり…。人の振り見て我が振り直せ!


そんなこんなで寝不足は全く解消されませんでしたが、競馬場入場後、いつものようにインフォーメーションで募金をして本日の戦闘を開始。




【 まずは順位10位以内の3歳未勝利戦狙い 】


この日は「コラム推奨馬」↓と

Co0515bmp

「調教から狙える好配当馬」↓に絞って勝負。

Kouhai0515bmp



(京都2R 3歳未勝利戦 15番 バイクスピーク 1番人気 1着)

このレースでの好調教馬は同馬のみ。

3月中旬から栗・CWで良い動きを見せるようになりましたが、今回もA評価となる指数をマークし、順位も7位と「10位以内」。前走は3番人気8着に敗れていることあって、今回は人気を落として"妙味あり"と思っていたところ1番人気。

それでも、4倍前後の単勝オッズは非常に魅力的で(最終オッズは3.7倍)、馬券の方は、単勝2万円を購入。なお、鞍上は穴男の渡辺騎手。「1番人気の馬では逆に…」と不安に感じつつも、「ナベちゃん、頼みまっせ」と心の中で声援。

Ky051502bmp_2

好スタートを切った同馬は、スンナリと好位の3、4番手を追走。直線に入り早めに先頭に立ってからも渋太い走りを見せ、後続を振り切って1着(単勝370円)。朝一から馬券が上手く的中するも、寝不足の影響がことのほか強く、この日に限ってはあまりテンションも上がらず。

Ky051502b
購入額 2万円 払戻額 7万4000円



(東京3R 3歳未勝利戦 14番 トウカイチャーム 5番人気 2着)


稽古の動きからは直ぐにでも勝ち上がれると思える同馬。1月に美・坂路で順位1位をマークしておりましたので、当時は2番人気で11着に大敗しましたが、T評価馬へ。今回も美浦・坂路でA評価となる好指数をマークし、順位は堂々の1位。単勝700円台の人気は美味しいと思い、単勝1万円と複勝2万円を購入。

To051503bmp

好スタートを切った同馬は、ハナに立った5番・ディーエスコンドルを見る形で3番手を追走。直線に入って2番手に上がり、5番・ディーエスコンドルを追撃態勢に入るも、そこから一気に突き放されて2着(複勝190円)。

なお、3着以下は3馬身以上ちぎっていますので、当然、次走も狙い目十分ですが、配当面はかなり厳しくなりそう。

To051503b
購入額 3万円 払戻額 3万8000円



2連勝とはいきませんでしが、「調教から狙える好配当馬」が2頭とも馬券に絡み、ようやく目も覚めてきたところ。

ただ、依然として体調が思わしくありませんでしたので、「ここで調子に乗っては…」と自重し、後半戦は「コラム推奨馬」の2頭に勝負を託すことに(の予定でした?)。昨日の「調教指数愛好者NEO」さんに続き、本日も「Hisano」さんからメールを頂きました↓


--------------------

■「Hisano」さんからのメール■

今月から会員になりました者です。早速良い馬券が取れたのでお礼兼ねて的中報告させて頂きます。まずはブログ記事にあります新潟2Rです。ここは堅軸、ほぼ1着軸のアクアブルーコナーから3連単でいきました。

Ni051502bmp

このレースは堅軸が調教もよし、それ以外の好調教馬が人気薄で妙味がありということでレースに参加しました。14番トップモースト、16番テイエムバカラは3着だけ購入し、ここからが天か地の分かれ道で14番のみ、まさかと2着付けで買い直したところ的中となりました。

3連単 08→14→06
100円購入→払戻365,170円


つづくは新潟5レースです。私は7番オーロラスクリーンが狙いで、調教もよしということでレースに参加しました。調教指数によって走る可能性があるということが分からなければ馬券は購入してなかったと思います。大変貴重な指数を公開して頂きありがとうございます。今後も活用させて頂きますのでよろしくお願します。

Photo
--------------------

二日続けて御礼メールを頂きましたので、調教指数の作成には、より一層力が入ります(感謝)。金曜の昼までにデータを作成して、毎度のように会員ページ(PC版 携帯版)にて公開させて頂きます。後半戦の馬券回顧は明日にでも。

アカンサス
美・坂路 4F52.8-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
スピードリッパー
美・坂路 4F54.2-1F計不 ⇒調教指数《??》・?評価
バウンシーチューン
美・坂路 4F53.9-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ピュアブリーゼ
美・坂路 4F50.2-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
ホエールキャプチャ
美・坂路 4F50.1-1F11.8 ⇒調教指数《??》・?評価

エリンコート
栗・坂路 4F54.0-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
グルヴェイグ
栗・坂路 4F56.5-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
シシリアンブリーズ
栗・坂路 4F55.3-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
ハッピーグラス
栗・坂路 4F54.0-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ハブルバブル
栗・坂路 4F53.8-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
メデタシ
栗・坂路 4F54.6-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価


マルセリーナ
栗・CW 6F81秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月17日 (火)

久々登場のS評価馬が快勝

【 勝負事に挑む際には 】

ゴールデンウィークぼけ?で体調が思わしくなかったにも拘わらず、先週は「木曜(夕方)~金曜(早朝)」にかけて浴びるほど痛飲し(実は水曜日も2時間ほど飲みに出ており)、この土日はフラフラ状態。人には「勝負事に挑む際は"心技体"が完璧でなければ」などと、もっともらしいことを言っていますが…

春のGⅠ戦線も佳境に入り、いよいよオークス、ダービーとクライマックスを迎えますので、「大事な時に飲み過ぎて、フラフラ状態では…」と大いに反省している次第です。

と言っている矢先に、今晩は競馬関係外の方をお招きしての食事会。

幸い?その方はお酒がほとんど飲めませんので、本日は「食事+1軒」で切り上げます(の予定?)。




【 安定した成績 】


今週はS評価馬が3週間ぶりに登場。葵Sの出走の3番・ロードカナロアは、栗・坂路で《97.9》をマーク。着差は0秒2程度でしたが、完勝と言ってよい内容だったと思います。久々のS評価馬の登場だったので、無事に勝ってくれてホッとしています。

Photo

それ以外でもA評価馬の複勝回収率が117%B評価馬の複勝回収率が104%と100%を超え、120頭も該当馬がいたT評価馬についても、複勝回収率が90%強、そして、勝率、連対率、複勝率を見てもお分かりいただけると思いますが、今週も好調教馬はコンスタントに馬券に絡んでいました。

Tk0514bmp

なお、今週は単勝の最高配当が1990円(日曜・京都10Rのトーホウドルチェ)と"大物"はありませんでしたが、複勝では日曜・新潟2Rの14番・トップモースト(T評価馬)が15番人気で2着に激走し、配当3000円を叩き出しました。

ちなみに、このレースの出馬表は↓のとおりで、好調教馬4頭の成績が1着2着、4着、8着。

Ni051502bmp

またしても、タラレバの話ですが、もし、いつものように気合い十分であれば、先週の日曜・新潟4Rのように(この件についてはコチラを)、断トツに1番人気のアクアブルーコナーに他の3頭も好調教馬を絡めて3連複(フォーメーション)を買っていたかも。

そして、その配当が何と82670円で、5百円買っていれば41万円以上の払戻が…。毎度毎度、妄想が過ぎて申し訳ありません(泣笑)。




【 楽しみな1頭 】


↑で書きましとおり、土曜日は、極度の寝不足状態に陥り、テレビとパソコンの前でウツラウツラ状態。

そして、普段であればボールペンを咥えて持ち去るなど、頻繁に当方の作業を邪魔しにくるチョコラ号も(本人は遊んでるつもり)、前日は当方の朝帰りに付き合って?あまり寝ていないとのことで、この日に限っては横に張り付いて「寝ては起き、寝ては起き」の繰り返し↓。

Wan2

Wan3

Wan4

寝ているチョコラ号からは眠気を催すフェロモン?が出ているのか、当方のつられて船を漕ぐことが屡々で、気がつけばレースが終わっていたことも。

ただ、この日は、栗・坂路でS評価となる超抜の時計・指数を叩き出していた京都10Rの3番・ロードカナロアが快勝しましたので(単勝240円)、これでもって一気に目が覚めた次第。

同馬には4年前のアストンマーチャン以来となる3歳馬によるスプリンターズS・GⅠ制覇を目指して貰いたいところです。本当に楽しみな1頭。

Ky051410bmp

Ky051410bbmp
購入額 3万円 払戻額 7万2000円


なお、↑の日曜・新潟2Rに続き恥ずかしげもなく書かせていただきますと、このレースでは13番人気という低評価を覆してA評価馬の10番・サクラベルが2着に入りましたので↑、もし、いつものように3連複を買っていれば3万馬券が…。

勝負事に挑む際に"心技体"が完璧でなければ、美味しい馬券を取り逃がすことになります(猛反省)。会員様から的中御礼のメールを頂けたことが、せめてもの救いでしょうか↓。


--------------------

■「調教指数愛好者NEO」さんからのメール■

前略、いつもお世話になります、会員継続申し込み致しますので宜しくお願い致します。土曜京都9R、複勝2.1倍×4000円+3連複21点(エリモからマジン・ロードのA調教馬に相手10点)97.7倍×200円にて、10,200円投資の27,940円回収

Photo_2

京都10R、単勝2.4倍×5,000円+複勝1.3倍×10,000円+3連複30点(ロードカナロア軸でA調教馬に相手9頭)330.5倍×100円+3連単57点(ロード1着付け相手A調教馬を2.3着付け)1755.1倍×100円にて、23,700円投資の233,560円回収。土曜日は高中式で久々大勝ちできました。大変ありがとうございました。


Photo_6 Photo_9

--------------------

「調教指数愛好者NEO」さんを始め、データの使い方、馬券の買い方が巧い会員様が沢山います。私にとっても参考になりますので、ブログ上でも紹介させて貰おうと思います。ご連絡お待ちしています↓

support@takanaka-tds.com


土曜日は前日のブログで取り上げた「調教から狙える好配当馬」の成績が振るわなかったものの、3番・ロードカナロアを含む「コラム推奨馬」の成績が(1-0-1-0)で、馬券の収支はちょっぴりプラス。

そして、データ作成の作業等が終わり、翌日の京都行きに備えて早めに就寝しようとした次第。日曜日の回顧については、明日以降に。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月14日 (土)

牝馬同士なら"エンジンの違い"で

【昨年は4頭中3頭で万馬券】

明日のヴィクトリアマイルC・GⅠですが、好調教馬は全部で9頭(A評価馬×6頭・B評価馬×3頭)。毎度同じ表現で恐縮ですが、今回も"搭載しているエンジンが違う"あの馬に注目。

海外遠征後の初戦となりますが、強い稽古をしない厩舎にあって(特に、同馬については)、先週、栗・CWでしっかりと追い切りB評価となる指数をマークしていますので、力が発揮できる態勢に十分整っていると思わます。「エンジンの違い」を見せつける走りを期待します。

なお、昨年のこのレースでは人気薄の好調教馬が2、3着に入りましたので↓、馬券に関しては、同馬に人気薄馬も絡めてちょっと"ひねった買い方"をしてみたいと思っています。

(昨年のヴィクトリアMCの出馬表)

Vmc2010bmp

相手筆頭は美・坂路での「2週連続の好調教馬」、そして、栗・CWでの「3週連続の好調教馬」、先週、栗・坂路で好時計・好指数をマークし「2週連続の好調教馬」の3頭をピックアップ。そのうち2頭は人気薄ですので、あの馬が絡んでも結構な配当になると思います。

当方の朝帰り(昨日のブログ参照)の影響もあってか?本日はチョコラ号も寝不足気味↓。ナニが丸見えで失礼!

Wan0514


【 オープン初挑戦でも 】

(京都11R 栗東S 12番 トウショウカズン)

Ky051511bmp

栗東・坂路で先週が4F51.8-1F12.5・指数《86.0》(A評価)・順位10位、今週が4F52.9-1F12.9・指数《84.2》(B評価)・順位15位と「2週連続の好調教」。

ちなみに、先週の「4F51秒8」は自己ベスト。レースの方も現在3連勝中ですので、状態に関しては、これまでで最高と言えるのではないでしょうか。

オープン初挑戦となりますが、良績を残している距離(4-1-0-1)・コース(3-2-0-3)・騎手(3-1-0-0)、そして、ハンデ戦故に斤量差も加味すれば、ここでも好戦が期待できます。


その他、東京11R・ヴィクトリアマイルC(GⅠ)などの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都2R 15番 パイクスピーク
5月11日(水) 栗・CW 指数《86.2》(A評価

東京3R 14番 トウカイチャーム
5月11日(水) 美・坂路 指数《90.5》(A評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (2)


2011年5月13日 (金)

S評価・順位1位の超抜の3歳馬

【 夜明け前 】

昨日は競馬関係外の方との食事会。

京都から来られていた方ですので、早めに切り上げて大阪駅までお見送りする予定にしていたところ、参加者一同が"エンジン全開"状態で、結局は「食事(焼き肉) → クラブJ → ラウンジM → ワインバーC」と廻り、帰宅したのは東の空が白む頃(4時半ごろ)。

本日は体調の回復を待ってデータ作成に取りかかった次第です。

(先日も紹介したラウンジMにあるドンペリニョンのシャンパンクーラー。色が変わるのを時間を忘れて見とれていたところ?帰宅時間が…。最後の写真は同店のスミレさん)

Dp1_2

Dp2

Dp3

Dpx




【 2週連続の1番時計 】


(京都9R 4歳上500万下 1番 エリモサプライズ)

Ky051409bmp
同馬は攻め駆けするT評価馬。今回も栗・坂路で先週が4F51.0-1F12.4・指数《93.9》(A評価)・順位2位、今週が4F51.2-1F12.9・指数《92.0》(A評価)・順位2位2週連続して1番時計をマークし、指数的にもレベルが高い「2週連続の好調教」。

稽古の動きからすれば、500万クラスに留まっているのが不思議なくらい。これまで11戦してほとんどが千八ダート(1戦だけ千九ダート)。ここ数戦は詰めの甘いレースが続いていますが、今回は初距離(千四ダート)で新味が出ることを期待。今回キッカケさえ掴めば、今後もポンポンと連勝していけるはずです。


その他、推奨馬として選んだのが京都10R・葵S。3歳馬の身ながらも、栗・坂路で《97.9》のS評価・順位1位という超抜の調教を披露した馬が1頭。コチラに関しては会員ページ内(PC版 携帯版)の公開とさせて頂きます。調教指数的には、今後の短距離路線をリードして行ける器。負けられない一戦。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


東京12R 13番 コスモミカエル
5月11日(水) 美・坂路 指数《87.0》(A評価

新潟10R 5番 オリオンザポラリス
4月27日(水) 美・坂路 指数《94.0》(A評価)→(T評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (4)


2011年5月12日 (木)

偶には欲もかくもの(日曜日の後半戦)

【2頭の女王の状態面は?】

注目の女王ブエナビスタは「栗・CW」で最終追い切り。調教で真面目に動くタイプ(?)ではありませんが、昨年は1週前に《81》のB評価

Photo
今年は6F84秒前半-1F12秒前半でしたが、調教指数はB評価となる《80》を超えるかどうか。

ブエナビスタ
栗・CW 6F84秒前半-1F12秒前半 調教指数《??》・?評価


対するのが3冠牝馬アパパネ。「美・坂路」で追い切りを消化し、3歳のローズS時の4F49.2を上回る自己新。(といっても、今まで「栗・坂路」がほとんどですが)

アパパネ
美・坂路 4F49.1-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価


マイラーズCはランク外でしたので↓、今回の方が状態が上なのは間違いなし。A評価S評価となりそうです。

Photo_2

関西馬の多くは「栗・坂路」で追い切られましたが、雨の影響で水曜は時計が掛かっていました(特に1F)。

エーシンリターンズ
栗・坂路 4F53.0-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
オウケンサクラ
栗・坂路 4F52.1-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
ショウリュウムーン
栗・坂路 4F53.4-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価


馬場状態を考慮して、今から計算して行きます。金曜の昼までにデータを作成して、毎度のように会員ページ(PC版 携帯版)にて公開させて頂きます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




【怒濤の4連勝の続き(日曜の後半戦)】

土曜日の馬券は所謂「坊主」→「裏パーフェクト」。
ところが、日曜日は状況が一変し、前半戦は怒濤の4連勝。

そして、後半戦は「コラム推奨馬」↓と

Co0508bmp

「調教から狙える好配当馬」↓でもって勝負し、「昨日の"裏パー"を返上して、今日は正真正銘のパーフェクトや」と鼻息も荒かったのですが、結果は如何に?

Kouhai0508bmp
(※ 京都10Rの9番・マームードイモンは出走取消)



(京都7R 4歳500万下 2番 タガノザイオン 4番人気 7着)

最近は栗東・ポリトラック中心の調教だった同馬が、今回は坂路でビッシリ。「調教パターンの変更」で一変の可能性大と「調教から狙える好配当馬」に取り上げ、馬券の方は、同馬の単勝1万円と複勝2万円を購入。

Ky050807bmp
スタート直後に落馬した1号馬を尻目に鞍上が激しく押しながら先手を主張。何とかハナを取り切るも、すぐ後から5番・イーグルにプレッシャーをかけられる厳しい展開。直線に入って勝ち馬と2着馬にかわされながらも、残り200mまでは3番手に粘っていましたが、そこから踏ん張り切れずに7着。

"パーフェクト"どころか、後半戦の1発目でコケてしまい、連勝が"4"でストップ。前半戦の貯金(36万円強)が残っているので、気を取り直して次のレースへ。

Ky050807b
購入額 3万円 払戻額 0円



(東京8R 4歳1000万下 12番 アイソトープ   6番人気 1着
                15番 ワイルドウルフ 4番人気 3着


このところ稽古の動きがイマイチだった12番・アイソトープですが、今回は栗・坂路で好時計・好指数をマークして復調の兆し。

そして、15番・ワイルドウルフも栗東・坂路で「2週連続の好調教」。5ケ月の休養明けになりますが、同馬はこれまでの成績が(2-1-2-0)と3着を外したことのない逸材。

両馬共に思っていたよりも人気がなく、配当妙味は十分と、それぞれの単勝5千円と複勝1万円を購入。併せて、両馬からの3連複7千円(2頭軸総流し・5百円×14点)を購入。

Photo_3
レースは、好スタートからハナを奪った10番・メイショウツチヤマを12番・アイソトープがピッタリとマーク。そして、その直後の3番手に15番・ワイルドウルフが進出。

結局、直線に入ってからもこの3頭の争いとなり、ゴール前で10番・メイショウツチヤマを競り落とした12番・アイソトープが1着(単勝1660円・複勝330円)。15番・ワイルドウルフもよく粘って3着を確保し(複勝330円)、3連複も的中。2着に入った10番・メイショウツチヤマが人気馬(3番人気)だったことで高配は期待していなかったところ、その配当が13490円と万馬券。

連敗を免れ、しかも20万円以上の払戻金を手にし、再びイケイケ状態に。

To050808b
購入額 3万7000円 払戻額 21万6450円



(新潟11R 新潟大賞典・GⅢ 5番 セイクリッドバレー 2番人気 1着)


同馬を「コラム推奨馬」に抜擢するにはこれで3回目。過去2回は結果が出ませんでしたので、ここはその"借り?"を返して貰いところ。

稽古の動きからは同馬らしい切れ味鋭い末脚が戻った感もあり、同馬&鞍上(丸山元気騎手)の初重賞制覇に期待。

馬券の方は、同馬の単勝2万円と同馬に他の好調教馬2頭(6番・アドマイヤメジャー、10番・アロマカフェ)を絡めた3連複2万5千円(フォーメーション・千円×25点)を購入。

Ni050811bmp
レースは、中団を追走していた同馬が、直線半ばで馬群を割って突き抜け快勝(単勝460円)。3連複の方は、相手候補の2頭が12、13着に敗れてハズレ。

ちなみに、当初の資金配分は「単勝3万円」+「3連複1万2500円←1目を5百円」の予定でしたが、3連複の配当が万馬券となった新潟4R(昨日のブログ参照)と東京8R↑で1目を千円から5百円に下げたことを少し悔やんでいたため、このレースでは3連複での大儲けを狙い↑のとおり「単勝2万円」+「3連複2万5000円←1目を千円」にした次第。
やっぱり欲をかくとダメ!

Ni050811b
購入額 4万5000円 払戻額 9万2000円



(東京11R NHKマイルC・GⅠ 9番 ヘニーハウンド 5番人気 12着)


このレースでは好調教馬が全部で10頭。しかし、「S評価馬」もいなければ、「2週連続の好調教馬」もおらず、逃げ先行勢が多数いることで展開面も考え合わせれば、非常に難解な一戦。

その中で、今週、栗東・坂路で4F51.8-1F12.1と自己ベスト「4F51.5」に迫る好時計を叩き出し、指数については《93.0》(A評価)・順位3位と自己最高値を大幅に更新した同馬を最上位に評価し、「コラム推奨馬」へ。

僅か2戦ですが"負け知らず"。しかも、その内の1勝を東京コースで挙げている点も魅力。そして、GⅠと言えば外国人騎手?土曜日は勝ち星を上げれませんでしたが、初来日のピンナ騎手には先週の和田騎手(天皇賞でナムラクレセントに騎乗)のように思い切った騎乗をして貰いたいところ。

よって、人馬共「未知の魅力」に期待した次第です。

馬券の方は、同馬の単勝1万円と複勝2万円を購入。

Photo_4
レースの方は、出遅れ気味にスタートから二の脚を効かせ…ではなく、鞍上が遅れを取り戻そうと仕掛けたところ、同馬は掛かってしまった模様。一気に先団へ取り付いたものの、鞍上は同馬を抑えるのに必死の様子。

直線を向いてからの追い出すタイミングも早く、残り400mで先頭に躍り出るかのような勢いを見せたものの、当然のことながら、そこから大失速の12着。

勝ったのは、もう一人の外国人・ウィリアムズ騎手を背にする13番・グランプリボス(B評価馬)。今年のGⅠも6戦を終え、うち2勝を外国人騎手が挙げ…(ちなみに、桜花賞と皐月賞では外国人騎手の騎乗無し)。

今回は人馬共「未知の魅力」を発揮することなく、反対に、経験の浅さを露呈した感。

当方の見立てが悪かったことは十分に反省していますが、ヘニーハウンドは近いうちに必ずや巻き返してくれるものと思っていますので(ピンナ騎手も?)、次走も引き続き注目してみます。

To050811b
購入額 3万円 払戻額 0円



(東京12R みらい賞 8番 シルクアーネスト 5番人気 1着)


攻め駆けするT評価馬ですが、ここ2走は輸送を意識してか(新潟→東京)軽め目の調教と、調教面からは積極的には狙い辛いところ。

ただ、前走2番人気で2着を確保しながら、今回、5番人気に甘んじているのは不思議なくらい。しかも、人気の有無に拘わらず常に好走する可能性を秘めているT評価馬ですので、単勝オッズも10倍を超えており、配当面も考えれば妙味十分と、同馬の単複各1万5千円を購入。

To050812bmp
まずまずのスタートから道中は中団を手応え良く追走。直線半ばで内を突いて馬群を一気に突き抜け快勝(単勝1070円・複勝360円)。

通常、これくらいの配当であれば単複各1万円のところ、この日はフトコロ具合に余裕があり、単価をちょっと上げたことが功を奏した次第。偶には欲もかくもの(笑)。

To050812b
購入額 3万円 払戻額 21万4500円


「パーフェクト」とは行かなかったものの、後半戦を3勝2敗で乗り切り、この日の儲けは70万円超え。これで3月27日(土)から続いていた「馬券の勝ち分」からの震災募金も途切れさせずにすみ、ホッと一安心。

ただ、「勝負事」故に、このままずっと連戦連勝とは行きませんので、"連勝ストップ"の日に備え?、この日は普段より気持ち多めに募金をし、競馬場を後にした次第。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月11日 (水)

怒濤の4連勝(日曜日の前半戦)

先程、ハイブリッド新聞を主宰するK氏のブログを見たところ、同氏はこの土曜日の馬券が「坊主」だったとのこと。
K氏につられて白状しますと、実は当方も土曜日は全くの「坊主」。

日曜日はその負け分を含めて巻き返さなければ、3月27日(土)から6週続いていた「馬券の勝ち分」からの震災募金も途絶えてしまいますので、朝早くからやる気満々で競馬場に乗り込んだ次第。
そして、まずはインフォーメーションに立ち寄って「通常分」の募金をし、戦闘開始。

ただ、昨日も書きましたように「勝負事に"入れ込み"は禁物」ですので、出来るだけ"はやる気持ち"を抑えるよう心掛けたのですが、ふと気がつくと…。



(京都2R 3歳未勝利 6番 ケンタッキーロード 3番人気 1着)

このレースではT評価馬の2番・サカジロゴールドが単勝オッズ1.4倍と抜けた1番人気に支持されていましたが、同じくT評価馬の6番・ケンタッキーロードは3番人気ながらも単勝オッズは12倍超。

確かに実績面では2番・サカジロゴールドの方が上ですが、調教面では両馬に遜色なく、配当を考えれば6番・ケンタッキーロードの方は妙味十分と、「はやる気持ちを…」と言いながらもいきなりマークカードを手に取り、同馬の単勝5千円と複勝1万円を購入。

Ky050802bmp

レースの方は、内目の好位を追走していた6番・ケンタッキーロードが直線半ばで難なく抜け出して快勝(単勝1260円・複勝490円)。断トツ人気の2番・サカジロゴールドは直線失速して5着。

予定外のレースに手を出して約10万円の儲け。

Ky050802b

購入額 1万5000円 払戻額 11万2000円



(新潟4R 3歳未勝利 3番 タイキガラハッド 1番人気 1着)


このレースの狙いは、前走時に「コラム推奨馬」に取り上げたところ1番人気で4着に敗れた3番・タイキガラハッド。
その前走ですが、長期連続開催の最終日にも拘わらず「内が伸び、外が失速する」という小倉の摩訶不思議な馬場に泣かさての4着敗退。鞍上も手応え抜群で失速し「結果論ながら前に行った方が良かった」とレース後にコメント。

でもって、今回は3番枠からスンナリと先行すれば「確勝級」と思い、単勝オッズを確認したところ、その時点では2倍を切る一本被りの状態。
と言うことで、馬券の方は、単勝勝負を諦め、同馬に他の好調教馬3頭(11番・フェアギャンブラー、12番・シルバーエデン、14番・マイネルスフィア)を絡めた3連複1万9500円(フォーメーション・5百円×39点)を購入。

Ni050804bmp_2

レースの方は、好スタートを切った相手候補の1頭、11番・フェアギャンブラーを内からかわして3番・タイキガラハッドがハナヘ。直線に入っても両馬の競り合いが続き、当方としては「そのままっ」と言ったところ。

そして、3番・タイキガラハッドが11番・フェアギャンブラーを振り切って逃げ込みを決め、焦点が11番・フェアギャンブラーと10番・エムエフコンコルドの2着争いに移った後、、ゴール寸前でこれもまた相手候補の1頭である14番・マイネルスフィアがその2頭をまとめてかわして2着。

3着争いは11番・フェアギャンブラーが10番・エムエフコンコルドに敗れ、好調教馬3頭によるワン・ツー・スリーはならずも、2着に入った14番・マイネルスフィアが超人気薄(13番人気)で3連複「③-⑩-⑭」の配当は33140円と3万馬券。

ちなみに、毎度お馴染みの「タラレバ」の話ですが、もし、3着に11番・フェアギャンブラーが粘っていれば、3連複「③-⑪-⑭」の配当は108080円と10万馬券(泣笑)。

なお、勝った3番・タイキガラハッドですが、単勝の確定オッズは2.4倍。

仮に、馬券を買う時点でこれ位のオッズだったなら、おそらくは同馬の「単勝勝負」へ走っていたと思いますので、今回は"妄想↑"を断ち切り、2万円弱が16万円強に増えたことを素直に喜びたいと思います。

Ni050804b

購入額 1万9500円 払戻額 16万5700円



(京都4R 障害未勝利 3番 ピカピカテッタ 3番人気 1着)


同馬は追いかけ続けていたT評価馬ですが、ついに障害戦へ転身。
今回の追い切りも栗東・CWで指数《80.6》・B評価をマークして稽古の動きは相変わらず良好。

持ち前の先行力が活きれば初の障害戦でも勝ち負けの期待十分と(昔はよく「初障害は頭(=1着)あって、ヒモ(=2着、3着)」なし」と言いましたが)、同馬の単複各1万円を購入。

Ky050804bmp

好スタートを切った同馬ですが、先手を主張する馬を先に行かせ、控えての3番手。
低い飛越で障害でスピードが落ちることなく、前を行く各馬を射程圏に捉えながら抜群の手応えで追走。直線に入って前をアッサリとかわした後は後続を突き放して快勝(単勝700円・複勝190円)。

高齢馬が多い障害馬の中にあって、同馬はまだ4歳馬。飛越もうまく、勝ち時計も中々のもの。よって、障害界に期待のホープ誕生!?

Ky050804b

購入額 2万円 払戻額 8万9000円



(東京5R 3歳500万下 4番 スナイプビッド 3番人気 1着)


2走前は「コラム推奨馬」にも取り上げた攻め駆けするT評価馬。
初の芝のレースで「走り一変」の期待十分。にも拘わらず、今回は3番人気で単勝も6倍超。これは「美味しい」と同馬の単勝1万円を購入。

To050805bmp

まずまずのスタートから道中は中団を追走。直線で大外に持ち出され、鞍上が追い出してから"右へ左へ"とフラつくシーンもありましたが、ゴールまでしっかり伸びて1着(単勝640円)。

To050805b

購入額 1万円 払戻額 6万4000円



前半戦を怒濤の4連勝で終え、この4レースでの儲けは36万円強。
昨日「坊主」を喰らったこともスッカリと忘れ、イケイケ状態へ。

この続き(日曜日の後半戦)は明日にでも。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月10日 (火)

「季節の変わり目」につき体調管理に注意

【 早くも暑気あたり? 】

5/3~5/5の3日間は飲みにも行かず自宅でゆっくりと過ごしたことによって、精神的には随分と鋭気を養いましたが、その分、肉体的には"緩み"が生じたのか、昨日は体調が思わしくなく早めの帰宅。
ここ数日の一足飛びに夏が来たかのような暑さに加え、日曜日には競馬場で激しい戦い(馬券で)を繰り広げましたので?、それによる疲労も重なってのことかと。

いずれにせよ、今の時期はよく言われるところの"季節の変わり目"ですので、皆様におかれましても、体調管理にはご留意下さいませ。



【 流れが悪かった土曜日 】

今週はB評価馬の単勝回収率が137%T評価馬の複勝回収率が100%と、100%超える部分はこの2ケ所だけでしたが、勝率・連対率・複勝率については、ここ2週と比べても全く遜色ない数値を計上。
4/23から3場開催となり、好調教馬の出走頭数も一気に増えましたが、全体的に大変安定した成績を収めています。

Tk0507bmp

そして、単勝で最高配当を3700円を叩き出し、B評価馬の単勝回収率137%に貢献したのが、8番人気で1着となった土曜日・京都10Rの番・ドスライス。
同馬については、前走時(4/17阪神10R)の追い切りが抜群で↓、

Ha041710bmp
今回の追い切りも↓のとおりと好調を持続。

Ky050710bmp
ちなみに、同馬は「降級馬」でこのクラスでは格上的存在。
そのうえ、鞍上も当方のお気に入りの一人である川田騎手への乗り替わって「これは妙味十分」と「調教から狙える好配当馬」の候補に挙げたのですが、距離実績(0-0-0-3)とコース実績(0-0-0-5)が無かったことで取り止め。
取り敢えず、馬券の方だけでも参戦しようかとも考えたのですが、この日は馬券に関しても朝から流れが悪かったので、「ここは我慢のしどころ」とそちらも見送ったところ、同馬はアッサリと快勝(複勝も810円)。
でもって、益々流れが悪くなったような気がして…。


また、T評価馬の複勝回収率100%に貢献したのは、13番人気で2着に激走した日曜・新潟4Rの14番・マイネルスフィアで、その複勝の配当が3340円。
ちなみに、このレースには前走時に「コラム推奨馬」に抜擢したタイキガラハッドが出走しており、馬券の方は同馬を軸とした3連複で参戦してみたのですが…(これについては、追って)。

Ni050804bmp


【 日曜日は意外な展開に 】

土曜日は、このところ好調が続いていた「調教から狙える好配当馬」も、青葉賞ではウインバリアシオンが6番人気で快勝、天皇賞ではナムラクレセントが5人気で3着と先週は復調気配が窺えた「コラム推奨馬」も一服。

↑でも少しふれましたが、馬券の方も勝負した馬が敗れ、見送った馬が勝つという最悪の流れ。
なお、せん馬故にクラシックには出走できませんが、「実力はこの世代№1」とも言われているレッドデイヴィスを推奨馬に取り上げたところ、レースの方は10着に惨敗。そのうえ、翌日には骨折が判明と、同馬にとっても散々な1日。幸い骨折の程度は軽微とのことですので、秋ごろの復帰を楽しみに待ちたいところです。


そして、この日の成績には、既に夕方の時点で「明日は巻き返しや!」と"熱く"なっていましたので、現場で更にヒートアップしないようにと?、翌日は夏物に衣替して京都競馬場へ向かった次第。

でもって、朝から「勝負事に"入れ込み"は禁物」と自分に言い聞かせていたのですが、オッズに釣られて単複を購入した京都2Rの6番・ケンタッキーロード(T評価馬・3番人気ながら単勝オッズは12倍超)が快勝し、その後は、思いもよらない意外な展開へと。

その様子は明日以降にでも。

(日曜・京都2R 3歳未勝利 6番・ケンタッキーロード 3番人気 1着)

Ky050802b

単勝 1260円 複勝 490円
購入額 1万5000円 払戻額 11万2000円




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月 7日 (土)

NHKマイルCは好調教馬が多数

明日のNHKマイルC・GⅠでは好調教馬が全部で何と10頭(A評価馬×5頭・B評価馬×4頭・T評価馬×1頭)。
ただ、「S評価馬」もいなければ、「2週連続の好調教馬」もおらず、非常に難解な一戦。
しかも、内枠で「逃げ宣言」をしている1馬を含め逃げ先行勢の布陣が強烈で、「展開面」を考えると、更に悩ましいところ。

そして、検討の結果、指数的には「上がり目十分」な"未知の魅力"を持つ1頭(鞍上含みで)に期待してみます。


今日の昼間は初夏を通り越して夏を思わせるような強い日差し。
明日は現場(競馬場)で"熱く"ならないように(馬券で?)夏服に衣替えして京都へ向かうことに。



【 復活を賭けた一戦 】

(新潟11R 新潟大賞典・GⅢ 5番 セイクリッドバレー)

Ni050811bmp

美浦・坂路で先週が4F51.7-1F12.4・指数《81.9》(B評価)・順位17位、今週が4F52.3-1F11.9・指数《83.5》(B評価)・順位14位と「2週連続の好調教」。

↑2週とも4Fの時計が今一歩で指数の方は"B評価止まり"でしたが、上がり3F~1Fの時計には大変見所があり、切れ味鋭い本来の末脚が戻ってきたことを思わせる動き。

勝ち星からは久しく遠ざかっている同馬ですが、好成績(2-2-0-2)を残すコースで復活してくれることを期待します。

なお、同馬の鞍上は関東の若手成長株・丸山元気騎手。
本日終了時点で関東リーディングの4位と頑張っていますが、重賞はまだ未勝利。ここは初制覇のチャンス十分。


その他、東京11R・NHKマイルC(GⅠ)の推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都7R 2番 タガノザイオン
4月28日(木) 栗・CW 指数《87.9》(A評価

京都10R 9番 マームードイモン
5月5日(木) 栗・CW 指数《86.0》(A評価




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月 6日 (金)

鋭気を養って通常業務へ

【 ゴールデンウィークもほぼ終了 】

当方もこの3日間は「在宅勤務」。

事務所と比べると作業環境が随分と劣るだけに、自宅での仕事は些細な事にも(PCの処理速度・通信速度が遅い、プリンターが遅くて印刷がキタない…)結構ストレスを感じたりするのですが、少なくとも「通勤に要する時間」と「飲みに出る時間」がなかった分、身体の方はゆっくりさせて貰った次第。

よって、少しは鋭気を養って本日より「通常業務」へ復帰。


この3日間はチョコラ号との朝の散歩も普段より長め。
(彼がお気に入りの公園にて↓)
Wan0504

そして、例年、この時期は山々の新緑が最も綺麗いに映えるのですが、5/4(水)までは「黄砂」の影響で遠くの景色は霞がかかったよう↓。
(5/4の写真↓)
Kousa0504

ようやく5/5(木)に初夏らしい雰囲気が漂う景色に。
(5/5の写真↓)
Kousa0505



【 今回は直前の追い切りもしっかり 】

(京都9R 御池特別 15番 エーシンポルックス)

Ky050709bmp
新馬時から栗東・坂路で好時計を連発していた同馬。

前走時も中間の稽古は抜群でしたが、直前の追い切りが2週に亘りイマイチだったので「コラム推奨馬」や「調教から狙える好配当馬」に抜擢しなかったところ、レースの方は目が覚めるような末脚を発揮して圧勝(3番人気)。

***************

「前走時(4/24京都8R)の回顧記事(原文をそのまま抜粋)」↓

(京都8R 4歳上500万下 6番 エーシンポルックス 3番人気 1着)

Ky042408bmp

↑のとおり栗東・坂路でしっかりと調教が積まれていますが、直近2週の追い切りがイマイチだったので、「コラム推奨馬」などに抜擢せず。

馬券のみの参戦とし、単勝1万円と複勝2万円を購入。

レースの結果は、道中ほぼ最後方に位置していた同馬が直線一気の差し切り勝ちを決めて圧勝。
Ky042408b
単勝 660円 複勝 210円
購入額 3万円 払戻額 10万8000円

***************

今回は4F51.4-1F12.6・指数《88.4》(A評価)・順位9位と直前(5/4)もしっかりと追い切られ、前走時の好調ぶりを維持しています。

気性面でやや難しいところがあった同馬ですが、前走は鞍上との折り合いもバッチリと、その面での成長も見られますので、稽古どおりの走りを披露すれば昇級戦のここも期待十分です。


その他、京都11R・京都新聞杯(GⅡ)などの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都3R 8番 テイエムライジン
5月4日(水) 栗・CW 指数《91.0》(A評価

京都7R 1番 ゴットマスタング
4月27日(水)  栗・CW 指数《88.0》(A評価

東京11R 5番 ハーバーコマンド
5月4日(水) 栗・CW 指数《84.5》(B評価



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月 5日 (木)

最強4歳勢に挑んだ天皇賞。馬券は?

この土日も「調教から狙える好配当馬」が活躍してくれましたが、当方すれば、土曜日の「ウインバリアシオン」に引き続き、「コラム推奨馬」の2頭↓に頑張って貰いたいところ。

特に、古馬最高峰のレースの1つである天皇賞・GⅠでは、「何としても」と力が入ったのです。


Co0501bmp_3



【 京都8R 鷹ケ峰特別 12番 リキサンシンオー 】

栗東・坂路で4/6~4/27までの4週のうち3週で「A評価×1+B評価×2」をマークし、4/6→4/13と4Fの時計で2週続けて自己ベストを更新。

それでもって、「デキについては、5歳のこの時期にして"最高潮"」と思ったのですが、当日の馬体重は前走時の「+12kg」から更に「+10kg」。
6ケ月半ぶりを一叩きされての大幅な馬体重増。「これは成長分?太め残り?」と思いつつ、馬券の方は、単複各1万円を購入。

Ky050108bmp

レースの方は、好スタートを切って直線に入るまでは4、5番手を追走していた同馬ですが、「生涯最高のデキ」ではなく「生涯最高の馬体重」が堪えたのか、そこから大失速の15着。

ちなみに、この大敗に納得がいかず?「馬体重増」以外に何か敗因はないかと調べてみたところ、同馬は関西馬であるにも拘わらず、これまでの18戦で関西の主場「京都競馬場&阪神競馬場」の出走経験がなし(よって、今回の京都も初めて)。ひょっとして同馬は輸送があったり、滞在競馬でないと力を発揮しないタイプかも?

なお、レース前日の4/30に同馬の父であるサクラバクシンオー号が急逝。

競走馬、そして、種牡馬として頑張ってきた疲れを癒し、安らかにお眠り下さい(合掌)。

Ky050108b
購入額 2万円 払戻額 0円




【 京都11R 天皇賞・GⅠ 3番 ナムラクレセント 】


4歳勢の布陣は非常に強力ですが、好調教馬の中で唯一「2週連続の好調教」だった同馬に注目。6歳にして2週続けて4F51秒台と、これまでにないハードな攻めをこなしているところに(これだけの攻めが出来るところに)、状態の良さが窺えます。

昨年の春天は4着。それを除けば3000m以上のレース成績が(1-0-2-0)とスタミナ抜群の同馬。思い切りの良いレースをする鞍上を背に、強い4歳勢に一泡吹かせてくれることを期待し、同馬の単勝1万円と複勝2万円を購入。併せて、同馬に"強い4歳勢"の好調教馬4頭(1番・ビートブラック、4番・ローズキングダム、9番・トゥザグローリー、15番・エイシンフラッシュ)を絡めた3連複1万9千円(フォーメーション・5百円×38点)を購入。

Ky050111bmp

レースの方は、スタートで後手を踏んで前走のようにスンナリと先行出来ず。
脚を溜めて切れ味で勝負するタイプだけに、"思い切った"騎乗をする鞍上が場合によってはハナを叩くことも十分と思っていただけに「う~ん」といったところ。

出足の躓きに不安を感じつつレースの成り行きに注目していたところ、1コーナー過ぎに1番人気の支持されていた9番・トゥザグローリーが意表をついて先頭に立つ展開。

そして、一旦はペースが落ち着きたかのように見えたところ、ここで和田騎手が持ち前の"思い切りの良さ"を発揮し、前を行く十数頭を交わし去って一気にハナへ。


そこからは「このままゴールまで帰ってきてくれ」と祈るような気持ち。
残り200mで追いすがるマイネルキッツを振り切った時は、思わず「そのままっ」と叫びそうになりましたが、声を出すまもなく2番・ヒルノダムールと15番・エイシンフラッシュの強襲に遭って3着(複勝450円)。3連複は1、2番人気が馬券圏内を外したことで25530円と思っていた以上の結構な配当。

なお、鞍上の和田騎手はレース後のコメントにて「具合が良かっただけにスタートが…」と悔やむことしきり。
確かに、勝ち馬とはコンマ3秒差ですので、スタートを決めて流れに乗っていれば、向正面で一気の脚を使うこともなく、結果は違ったものになっていたかもしれません。3着に敗れたと言え、自ら動いて勝機を見出そうとした同騎手の騎乗ぶりは賞賛に値すると思います。


ところで、戴冠の栄誉に預かった2番・ヒルノダムールは、このブログでもしつこく?取り上げてきた当方のお手馬の1頭。

前走は調教パターンを「CW+坂路→坂路1本」に変更し、初の重賞勝ち(この件についてはコチラコチラコチラを)。

ほかの"強い4歳馬"とようやく肩を並べ、当然、この天皇賞でも注目していたのですが、今回の追い切りは2週続けて調教指数《79》台と好調教に一歩及ばず。ですので、昨年のダービーから続いていた「コラム推奨馬」への抜擢も7戦でストップ。

ちなみに、レース後、陣営からなされたコメントの中には「最後の抜け出す脚を見ても坂路調教の効果があった」といった内容のものも。前走時に当方が取り上げた点を、陣営が今回の勝因の1つに挙げていたことは大変嬉しく思います。


Ky0050111b
購入額 4万9000円 払戻額 21万7650円




【NHKマイルCこそは1着を!】

会員の皆様からも、的中報告メールを多数頂きました。ありがとうございます。気合い十分に勝負したナムラクレセントが勝利を上げることは出来ませんでしたので、NHKマイルCこそは1着馬を推奨できるよう、データ作成に取り組みたいと思います。


会員様からの的中馬券↓

21
購入額 1万7000円 払戻額 6万7500円


Photo
購入額 2000円 払戻額 12万76500円



当方も、この日は「コラム推奨馬」でも15万円弱の儲けを上げることができ、「調教から狙える好配当馬」分(6万5千円)と併せれば、21万円強のプラス。

今週もプラス収支で乗り切り、大震災発生後、現場(競馬場行き)に復帰した3/28より続けている「馬券の儲け分」からの募金も滞らせることなく、安堵の思いで競馬場を後にした次第。


末筆ながら、ハイブリッド新聞のKさん、天皇賞の儲けで今回は当方が一席もうけさせて貰おうと思ったのですが、残念ながら今週は当方行きつけの新地の店もほとんどお休み(笑)。

と言うことで、先日の"お返し"は「NHKマイルCで儲けたら」と言うことで!




【今週の栗・坂路の馬場状態は?】

NHKマイルCの出走予定馬の多数が水曜の「栗・坂路」で追い切られました。一番時計はエリモサプライズの4F51.0-1F12.4。先週の水曜はゴールデンルーヴェが4F51.0-1F13.5でしたので、4Fの時計は同じでも、1Fはエリモサプライズの方が1秒以上速い時計。(ナムラクレセントは4F51.1-1F13.4秒の二番時計でした。)

さらに20番時計も比較してみます。先週はウエスタンハピネスが4F52.1-1F13.0、昨日はヘニーハウンドが4F51.8-1F12.1。4Fは先週よりやや速い程度ですが、その他馬も1Fが今週の方が全体的に0.5~1.0秒近く速い気がします。


アドマイヤサガス
栗・坂路 4F52.3-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
エイシンオスマン
栗・坂路 4F52.0-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
グランプリボス
栗・坂路 4F52.1-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
クリアンサス
栗・坂路 4F51.5-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
コティリオン
栗・坂路 4F52.3-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
ヘニーハウンド
栗・坂路 4F51.8-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
リキサンマックス
栗・坂路 4F53.9-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価


NHKマイルCの出走馬も、軒並み4F51~52秒台、1F12秒台ですが、時計を鵜呑みにできない可能性があります。実際の価値はB評価以上となるかがポイントです。金曜の昼までにデータを作成して、毎度のように会員ページ(PC版 携帯版)にて公開させて頂きます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

*木曜まで祝日ですので、入金の確認は金曜となります。早急なID・パスワードの発行をご希望の場合は、以下のアドレスまでご連絡下さい。対応させて頂きます。

support(半角の@)takanaka-tds.com


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月 4日 (水)

今週も「調教から狙える好配当馬」が好調

日曜日は生憎の雨。

ただ、当方が会員サイト内で「コラム推奨馬」として取り上げた天皇賞・GⅠの3番・ナムラクレセントにとっては、恵みの雨。

3000m以上の長距離戦は(1-0-2-1)と抜群の成績(3着を外したは昨年の春天の4着だけ)を収めている同馬。馬場が湿って消耗戦になれば、スタミナ十分の同馬に勝機が訪れるはず。

強い4歳勢を負かすには「天の味方も必要」と、朝から空模様を気にしながら京都競馬場へ向かった次第。

競馬場に到着すると、入場門を入ってすぐのところで某スポーツ新聞の号外が配られており、ふと見ると、先日「皐月賞」の儲けでご馳走になった(この件はコチラを)ハイブリッド新聞を主宰するK氏の記事がデカデカと。
Hbk

Kさん、"一宿一飯"の恩義ではありませんが、貰った号外で競馬仲間に宣伝しておきましたので!

そして、インフォーメーションに置いてある義援金箱へ募金をし、本日も戦闘開始。




【 栗・坂路で順位1位が7番人気で快勝 】


土曜日の成績も(1-0-1-1)と先週に引き続いて「調教から狙える好配当馬」が好調でしたが、日曜日の4頭↓の成績は如何に?

Kouhai0501bmp

(京都9R 11番 ロングロウ 2番人気 2着)

4月27日(水) 栗・坂路 指数《83.0》(B評価

Ky050109b

単勝 ハズレ 複勝 190円
購入額 2万円 払戻額 1万9000円



(東京9R 6番 ワルキューレ 8番人気 7着)

4月28日(木)  美・坂路 指数《85.6》(A評価

To050109b

単勝 ハズレ 複勝 ハズレ
購入額 1万5000円 払戻額 0円


(新潟7R 15番 スズカスパーク 7番人気 1着)

4月27日(水) 栗・坂路 指数《92.5》(A評価

Ni050107b

単勝 1420円 複勝 400円
購入額 1万5000円 払戻額 11万1000円



(新潟12R 4番 ポルカマズルカ 6番人気 14着)

4月14日(木) 美・坂路 指数《91.2》(A評価

Ni050112b

単勝 ハズレ 複勝 ハズレ
購入額 1万5000円 払戻額 0円


この日の「調教から狙える好配当馬」の成績は(1-1-0-2)。そして、昨日からの通算成績は(2-1-1-3)で、その単勝回収率は345%、複勝回収率は142%

「調教から狙える好配当馬」は「コラム推奨馬」のようにガツンとは勝負出来ませんが、その分、投資額が少額でも配当妙味は十分です。驚くほど人気になっている場合もありますが、逆に驚くほど人気薄の場合もあり、的中すれば"それなり"の儲けになります。


なお、新潟の2頭↑については、この日、同コースで3頭出走していたA評価馬のうちの2頭。7Rの15番・スズカスパークについては、当週の栗東・坂路で最上位の指数《92.6》をマーク。同馬が6歳馬であることを嫌って「コラム推奨馬」にはしませんでしたが、500万下でこの指数を叩き出せれば人気に関係なく十分に勝負になるということでしょう。

また、12Rの4番・ポルカマズルカは久々のダート戦ながら、3勝のうち2勝をダートで上げており、血統的(ティンバーカントリー×サンデーサイレンス)にもダート適性は十分。稽古の動きからもここは「変わり身あり」と判断しました。

土曜・東京12Rの6番・マイネプリンセス(単勝1100円)に続いて、日曜・新潟7Rの15番・スズカスパークも単勝1420円で勝ってくれました。単勝10倍超えなら配当妙味は十分と言えます。

この4レースでの馬券の儲けは、6万5千円。そして、天皇賞を含む「コラム推奨馬」での"戦い"によって、この儲けへの上積みが適ったでしょうか?天皇賞の回顧は明日にでも。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

*木曜まで祝日ですので、入金の確認は金曜となります。早急なID・パスワードの発行をご希望の場合は、以下のアドレスまでご連絡下さい。対応させて頂きます。

support(半角の@)takanaka-tds.com



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月 3日 (火)

気分次第では1万円買っていたかも

【 「調教から狙える好配当馬」も好調 】

青葉賞のウインバリアシオンの快勝で気分も盛り上がり(資金の方もゆとりができ)、「次は『調教から狙える好配当馬』で勝負や」と勢いづいたところへ、愛犬チョコラ号からの強烈な「散歩へ連れて行け攻撃」に遭い、今後の段取り(日曜日分の調教データ作成など)も考え、先に散歩へ行くことに。

そして、写真(この日のものではありませんが)↓のようにチョコラを抱えながら、2レース分の馬券(PAT)をそそくさと購入し終え、散歩へ。

Wan0430b


道中はレースの結果が気になり早く帰りたかったところ、丁度、友人からの電話があって公園のベンチに腰掛けて話をしていたところ、チョコラ号はウトウトと居眠りを…↓。

Wan0430c

結果だけならば携帯電話からも見ることが出来ますが、当方は結果を知る前に「JRAレーシングビュアー」でスタートからゴールまでを官能?したい質(たち)。

かと言って、当然のことながら、気持ちよさそうに目を細めて"ウツラウツラ"状態のチョコラを無理矢理連れて帰ることも出来ず、当方も30分近くチョコラと並んで瞑想?に耽っていた次第。

その後は、目を覚ましたチョコラから「早よ、帰るでぇ~」と言わんばかりに催促されて家路につき、帰宅後、チョコラの脚やお○りを拭きながら、レーシングビュアーで馬券を購入した2レースをワクワクしながら見たところ、結果は次のとおりでした。


京都12R 10番 ピンクペガサス 3番人気 3着

4月27日(水)  栗・坂路 指数《91.1》(A評価
4月20日(水)  栗・坂路 指数《82.4》(B評価

Ky043012bbmp

単勝 ハズレ 複勝 190円
購入額 2万円 払戻額 2万8500円



東京12R 6番 マイネプリンセス 4番人気 1着


4月27日(水)  美・坂路 指数《80.8》(B評価
4月21日(木)  美・坂路 指数《85.5》(A評価

To043012bbmp

単勝 1100円 複勝 220円
購入額 1万3000円 払戻額 5万5000円


↑のとおり「調教から狙える好配当馬」に推奨した、「2週連続好調教馬」の2頭が共に馬券に絡んでくれていましたので、「よっしゃ、よっしゃ」といったところ。

ただ、東京12Rのマイネプリンセスについては、馬券を購入した時のオッズが単勝14~15倍、複勝も250円くらいでしたので、馬券の購入金額を単勝3千円と複勝1万円にしたのですが(このレースには単勝1倍台の抜けた馬がいたこともあって)、確定分については、複勝はさほど変わりませんでしたが、単勝については11倍まで降下。

でもって、「もし、直前までオッズを見ていたなら、単勝は3千円でなく、5千円買っていたのにぃ~。しかも、前のレース(京都12R)でピンクペガサスの馬券が的中していたから(複勝だけながら)、気分次第では1万円買っていたかも」と欲深い思いがこみ上げてきて、家人にぼやくことしきり。

その横ではチョコラが当方のつけた「飼い葉(晩ご飯)」を食べながら、時折「このオッサン、相変わらずやな」といった表情でこちらを見やるのでした(笑)。


兎に角、この日も最後の「3連勝」で収支はプラスに出来ましたので、今週も、日曜日は、ゆとりを持って京都競馬場へ。そして、気合いを入れて古馬最高峰のレースのひとつ「天皇賞」へ挑んだのです。

日曜日の馬券に関しては明日にでも。



高中式調教サイト」のご登録はコチラから

*月~木曜は祝日ですので、入金の確認は金曜となります。早急なID・パスワードの発行をご希望の場合は、以下のアドレスまでご連絡下さい。対応させて頂きます。

support(半角の@)takanaka-tds.com



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年5月 2日 (月)

「WIN5」の陰に隠れて複勝万馬券

【 B評価馬の複勝回収率が228% 】

先週に引き続き今週も好調教馬が多数。その成績も、先週に引き続いて、A評価馬については、単勝回収率が145%、複勝回収率が105%と共に100%超。そして、B評価馬については複勝回収率が228%T評価馬については単勝回収率が131%となるなど、全般的に優秀。今週も馬券に貢献してくれました。
Tk0430bmp

単勝で最高配当9410円を叩き出したのは、18頭中15番人気で激走した日曜日・京都7Rの15番・ルナフライト(T評価馬)。同馬は、複勝でも1700円をつけましたので、T評価馬の成績アップ(単勝回収率・複勝回収率)に大きく貢献。

ちなみに、このレースで2着に入ったのも、人気薄(12番人気)のT評価馬-9番・ヤマカツハクリュウ(複勝1050円)で、この2頭の馬連が82570円で、馬単が241190円↓。

毎度申し上げていますとおり、ここまでの人気薄の馬を積極的に狙うのは中々困難ですが、T評価馬については、常に激走する可能性を秘めていますので、馬券のヒモには必ず加えておきたいところです。

Ky050107bmp

そして、この単勝9410円を上回る配当を複勝で叩き出し、B評価馬「複勝回収率228%」の立役者となったのが、日曜日・東京10Rの5番・トーホウオルビス(B評価馬)。
16頭中15番人気と正にブービー人気で2着に入り、「1万690円」と、複勝の配当としては非常に珍しい万馬券(この件に関する記事はコチラ)をマークしました。

ちなみに、このレースも3着にB評価馬の9番・カジノドライヴが入り(同馬は単勝オッズが4.1倍の2番人気でしたが、単勝1倍台の断トツ1番人気の2番・インペリアルマーチは15着に敗れ、超人気薄の5番・トーホウオルビスが2着に入ったことで、その複勝は360円)、3連複の配当が約22万円で、3連単は200万円超↓。

To050110bmp

なお、このレースは、「WIN5」の対象。

今回は離された2着に終わりましたが、もし、ブービー人気の5番・トーホウオルビスが勝っていれば、配当の方は同馬券の上限である「2億円」に迫るものになっていたかもしれません。

土曜日のブログで書きましたとおり、、当方は、この新馬券を「取りに行く(当てに行く)馬券」ではなく「張った網に当たりが飛び込んで来るのを待つ馬券」と位置づけており、現在は「網の張り方」を検討しているところですが、原則として「勝ち馬(勝つであろう馬)」は該当レースに出走している好調教馬の中から選ぶことにする予定です。

ついては、今回のように「ブービー人気のB評価馬があわや…」といったこともありますので、「各レースにおける好調教馬の取り捨てに際し、どんな人気薄でも安易に切り捨てないこと」をルールの1つに挙げておきたいと思います(このレースから得た教訓として)。




【 「コラム推奨馬」が快勝 】


「コラム推奨馬」については「6連勝」があった反動か、この2週ではスカッとした勝ち星を挙げられませんしたが、土曜・東京11Rの青葉賞・GⅡでは、このブログでも取り上げた4番・ウインバリアシオンが快勝。

このレースには、ここ2走「コラム推奨馬」へ取り上げていた、大のお気に入り9番・ショウナンマイティが出走し。2歳時からA評価S評価連発の調教横綱です。それが今回は4月6日に《82》のB評価をマークしたのを最後に、その後は1本も好調教を行っておりませんでした。皐月賞が出走ボーダーラインのギリギリで、調整が難しかったのでしょう。

To043011bmp
4番・ウインバリアシオン

栗・坂路→CWに変更指数《87.0》(A評価)・順位2位


それに対し、4番・ウインバリアシオンは調教パターンを変更(この件に関してはコチラ)。前走からの巻き返しに狙いを定めた攻め。勝負強い鞍上も大変魅力的でしたので「コラム推奨馬」に抜擢。馬券の方は、単勝5千円と複勝1万5千円を購入。


そして、レースの方は、これまでと違ってほぼ最後方からの競馬で、9番・ショウナンマイティのお株を奪うメンバー中最速の末脚を繰り出して、一気の差し切り勝ち(単勝1450円・複勝330円)。大阪杯のヒルノダムール、日経賞のトゥザグローリーに続く、
「コース変更+好調教」での勝利。

To043011bbmp

購入額 2万円 払戻額 12万2000円



しろながす(HN)さんからのコメントも頂きました↓。ご報告ありがとうございます。100万馬券も凄いですけれども、思い切りの良さがお見事です(反動にご注意下さい。笑)。

9番ショウナンマイティは4月6日に《82》のB評価をマークしたのを最後に、その後は1本も好調教を行っておりませんでした。もちろん「2歳時から好調教→潜在能力が高い証拠」ですので、今後は人気落ちで狙える1頭だと思います。A評価S評価をマーク時に推奨馬にも挙げると思います。



-------------------

■しろながす(HN)さんからのコメント■

おはようございます。

無料公開されていた時から、大変お世話になっておりました。御礼のコメントは初めてで申し訳ありませんが、この度人生初の払い戻し〝1レース100万越え〟を体験?させて頂いたので、嬉しさのあまり報告を・・・・といった次第です。

4月30日(土)青葉賞
仕事しながらPC競馬(競馬しながら仕事?)

いつもの買い方は、3連単軸2頭流し(相手2~4点)1点100円程度なんですが、高中さんの推奨馬の4番ウインバリアシアン号をまず軸の1頭に選定。

もう1頭は、2人気の9番ショウナンマイティ号(以前の高中さんのコメント『皐月賞に出走できていたら・・・』)でよかったはずなのですが、直前の調教指数が記載されてなくコラムでも推されていないので、これは皐月賞当時のピークよりも明らかに落ち目なのだと勝手に確信して除外。

1番人気の10番トーセンレーヴ号も折り合い面の不安がありそうなのと鞍上人気に妙味薄く感じて2頭目の軸には、12番ショウナンパルフェ号を選択。

4番と12番軸から、いつも通り相手4点の24点購入してオッズを眺めていると、異状な高配当に気づき買い足しを・・・・

単勝 4番 5,000円
三連複 4、12番軸 相手 13、10番各4、000円
三連単 フォーメーション 1着4番 2着12、13番 3着12、13、10番 各1,000円

思い切った勝負にでた所、おかげさまでそれぞれ見事的中。

払い戻し額合計 ¥1,165,860.-となり、感激している次第です。

誠にありがとうございました。 

-------------------


先般、書きましたとおり、北新地では多くのクラブやラウンジが今週いっぱいお休み。

その中にあって、このブログではお馴染みのバー「Lapin(ラパン)」のママさんから「ウチは開けてるから必ず来るように」と命を受けていますので、今から軽く1杯?やってから帰ることに。

お店に行ったら、閉まってたりして!?



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

*月~木曜は祝日ですので、入金の確認は金曜となります。早急なID・パスワードの発行をご希望の場合は、以下のアドレスまでご連絡下さい。対応させて頂きます。

support(半角の@)takanaka-tds.com




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »