本文へジャンプします。



« 今後の予定(お知らせ) | トップページ | 今、自分に出来ること »

2011年3月17日 (木)

週末の3日間開催へ向けて

【週末の3日間開催へ向けて】

改めて、被災地の皆様におかれましては、心から御見舞申し上げます

競馬を行う雰囲気ではありませんが、美浦・栗東の両トレセンでは、レースへ向けて調教を行っております。私としても「自分に出来ること」を、普段通りにやっていきたいと思います。

阪神及び小倉については、代替分を含め今週末から開催されることになりました。今週は4重賞(ファルコンS、阪神大賞典、フィリーズレビュー、中京記念)がありますが、特に延期となったフィリーズレビュー、中京記念に関しては、輸送も含めて調整が難しい部分が多々あると思います。



ファルコンS


アフォード
栗・坂路 4F50.6-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
エーシンジェイワン
栗・坂路 4F51.9-1F12.0 ⇒調教指数《??》・?評価
シゲルソウサイ
栗・坂路 4F52.1-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
ピルケンハンマー
栗・坂路 4F52.5-1F12.8 ⇒調教指数《??》・?評価

エーシンヒットマン
栗・CW 5F65秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価


アフォード、シゲルソウサイ、ピルケンハンマーなど、お手馬が多数出走を予定しております。エーシンジェイワンは1F12.0秒が優秀。アフォードは4F50.6秒が優秀。A評価以上の期待が持てそうです。



阪神大賞典

オウケンブルースリ
栗・坂路 4F53.2-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
トーセンジョーダン
栗・坂路 4F52.0-1F13.3 ⇒調教指数《??》・?評価
ナムラクレセント
栗・坂路 4F51.2-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価

エクセルサス
栗・CW 6F81秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
キタサンアミーゴ
栗・CW 6F84秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
トゥザグローリー
栗・CW 6F80秒後半-1F11秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


人気を分け合うのはトーセンジョーダン、トゥザグローリーの池江泰寿厩舎の2頭でしょう。トーセンジョーダンは昨暮から坂路で好調教連発。結果にも結びついてきました。今回も4F52.0-1F13.3なら評価は高そうです。

トゥザグローリーは転厩して、初めてCWで追い切りを行いました。どちらが高い指数が興味深い所です。ナムラクレセントの坂路も速い感。今からまずはファルコンS、阪神大賞典の分析から始めたいと思います。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)

高中式調教理論」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。