本文へジャンプします。




2011年2月

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

反省一頻りの土曜日

【アーリントンCの3連複6万馬券】

ブログ作成を開始した直後に突然の来客があり、慌てて「すぐに公開」で保存してしまい、暫くの間、正に"書きかけ"状態でアップされていましたことをお詫び申し上げます。ようやく続きが完成しましたので、よろしくお願いします。


日曜日の馬券回顧の前に、土曜日の「出来事」について少々。

土曜日のブログでは「"軽くメシでも"と思っていたところ、ここ数週間の疲れがドッと出て…」とだけ書きましたが、実のところは夕方から腹具合が急におかしくなり、事務所とトイレの往復(失礼)。最初は全く気にしていなかったのですが、治まる気配がなく、食事をして帰宅途中に緊急事態?が発生してはと思い、大事を取って何処にもよらず真っ直ぐ帰宅した次第。

そして、これが土曜日のアーリントンCでの出来事の"伏線"でした。


土曜日は自宅で療養?しながら「PATでの馬券購入&日曜日分のデータ作成」でしたが、午前中には体調の方も随分と回復。ところが、前の夜とその日の朝の食事を極々軽いで済ませていたこともあり、昼メシ時に近所に住むお袋が偶々持ってきた某精肉店のコロッケとミンチカツを「もう大丈夫やろ」と勝手に決め込んで思い切りパクついたところ(何せ当方はかなり口が卑しい方で、目の前にうまそうなものがあると我慢できないたち)、例の?症状が再発。


丁度、中山9Rが終わった頃から(前日のブログで取り上げた「コラム推奨馬」のハンドインハンドが5着に敗れたことが引き金になったのか?)、パソコン前とトイレとの往復を開始。

そのような悲惨の状況の中、迎えた阪神11RのアーリントンC・GⅢ。このレースでは、この土日の唯一のS評価馬の2番・テイエムオオタカを会員サイト内で「コラム推奨」↓。今年に入り3歳馬のS評価馬は4頭いましたが、その成績は(3-0-0-1)と抜群。よって、同馬についても自信の1頭。

Co0226bmp

前日に同馬に関するコラムを書き上げ、その段階では同馬の単複と同馬に他の好調教馬4頭を絡めた3連複を購入する"予定。

Ha022611bbmp_2
テイエムオオタカ
2月16日(水)
美・坂路 4F49.2-1F12.2       ⇒《96.0》・S評価・順位1位

キョウエイバサラ
1月26日(水)
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒《83.5》・T評価・順位21位


↓写真はその時に当方がこのレースのデータシートに書き込んだ買い目(汚い字でスイマセン)。

まずは左端の「2」は軸馬の2番・テイエムオオタカのこと。そして、縦に並んだ「1、3、7、8」は同馬以外の好調教馬、1番・スマートロビン、3番・キョウエイバサラ、7番・ビップセレブアイ、8番・マジカルポケットのこと。そして、その右の「4、6、9、12」はヒモに加える4頭。

つまり、当初、3連複は、「②-①③⑦⑧-①③⑦⑧+④⑥⑨⑫」のフォーメーション22点を購入する"予定"にしていました。

Kaime022611

そして、事前に考えたとおりに馬券をPATで購入しようと、金額面での検討に入ったところ"トイレからのお呼び出し"が(中学の時、英語では「Nature calls me=自然が呼んでいる」と習ったような記憶が)

その時点の同馬のオッズですが、単勝は6倍少しで、複勝は1.6倍と予想以上に低配当。そして、普段はオッズの動きを見ながらギリギリまで購入額を検討するのですが、この時は「今トイレに行くと(馬券購入が)間に合わないかも」との不安があり、この段階でお腹を押さえながら一気に馬券を購入(自宅でしたから許されますが、考えてみれば大の大人が非常にみっともない姿)。


そして、購入した馬券は次のとおり。

1.もちろん「この指数を叩き出していれば勝てる」との自信があったこともありますが、単複の予定を複勝の低配当に嫌気が差して単勝1本3万円を購入。

2.3連複の方ですが、ふと見ると2軸目に入れる予定だった3番・キョウエイバサラ(T評価馬)の単勝オッズが150倍超(最終的には169倍)。「この人気やったら、ヒモ(3列目)で十分やろ」と咄嗟に思い、「②-①③⑦⑧-①③⑦⑧+④⑥⑨⑫」(22点)の予定を、「②-①⑦⑧-①⑦⑧+③④⑥⑨⑫」(18点)に変更し、1万8千円(千円×18点)を購入。

Ha022611bmp

パソコン上で「購入完了」の画面を確認し、一目散に…。
そして、ファンファーレを聴きながら、慌ててテレビの前に戻って来たところ…。

レースの結果は、逃げ粘る2番・テイエムオオタカを内から3番・キョウエイバサラがかわし、さらに外から12番・ノーザンリバーがその2頭をまとめ差し切り、入線順位は⑫→③→②。その3連複の配当は6万5千円強。そして、「低配当」と思って取り止めた2番・テイエムオオタカの複勝も1~3番人気が馬券圏外に去り、11番人気の3番・キョウエイバサラが2着に入ったことで270円の「好配当」。


もうお分かりのとおり、当初の予定どおり、3連複を「②-①③⑦⑧-①③⑦⑧+④⑥⑨⑫」のフォーメーションで購入していれば、65万円以上のお金がこの手の上へ乗ったことに。買い目の点数で言えば、実際に購入した「②-①⑦⑧-①⑦⑧+③④⑥⑨⑫」との差は僅か4点ですので、4千円をケチったことで65万円が手の上からスルリとこぼれ落ち、悔やんでも悔やみきれないところ。今回のように「変えていなかったら当たっていたのに」と口惜しい思いをするのがイヤで、一度決めた買い目については余程の理由がない限り変更することのない私が今日に限り何故…。


それよりも何よりも、普段から「T評価馬は人気がなくても常に激走する要素を秘め」と言いながら、自らが人気がなかったという理由で3番・キョウエイバサラを切ってしまったのは(2軸目から外したのは)本当に情けない限りです。

よく人には「馬券は心技体が完璧な時にでも勝てる勝てないか。まして、体調が悪い時や悩み事がある時などは…」ともっともらしいことを言っていますが、己自身がこの有り様。
大きな馬券というのは、そうそう取れるわけではありませんので、ちょっとしたことでそれを取り逃がすと後々に尾を引くこともあります。

今回の腹痛の再発も、元々と言えば腹具合が悪かったにも拘わらず昼メシ時にコロッケとメンチカツをバカ食いした当方の気の緩み。真剣勝負であるはずの馬券購入という戦いに厳しさを欠き、反省一頻りの土曜日の夜でした。


そして、日曜日は気合いを入れ直し、今年初となる阪神競馬場に出陣。

馬券の方は、今年に入ってS評価をマークしながら唯一馬券に絡めなかった3歳馬・ロッカヴェラーノで勝負したところ…。この件を含め日曜日の馬券については、追って報告させていただきます。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (2)


2011年2月26日 (土)

テーマ?は「S評価馬の巻き返し」

昨夜は土曜日分のデータ作成等が終れば「軽くメシでも」と思っていたところ、ここ数週間の疲れがドッと出て、何処にも寄らずに真直ぐ帰宅。

本日はその疲れを癒しながらの「在宅競馬」でしたが、阪神11RのアーリントンCで更に疲れる出来事が(泣)。
このレースでは今週の唯一のS評価馬である2番・テイエムオオタカを会員サイト内で「コラム推奨馬」に取り上げところ、同馬は5番人気で3着と頑張って馬券に絡んでくれたのですが…↓。
思い出すとまたまた疲れが出そうですので、ネタをふっておいて申し訳ありませんが、この件については、週明けにでも。

Ha022611bmp

ところで、本日のテイエムオオタカを含め、今年に入り「S評価馬」は全部で12頭出走していますが、その成績は(6-0-2-4)。

そして、明日は馬券圏内に入れなかった4頭中2頭が出走します。よって、明日のテーマ?は「S評価馬の巻き返し」。



【明日の新馬戦】

本日の新馬戦は阪神、中山で各2鞍づつ。調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が7頭(A評価馬×1頭、B評価馬×6頭)で、その成績は(1-0-2-4)。

美浦・坂路で指数《85.1》のA評価をマークし、順位も10位以内だった中山6Rの13番・バンダムクレストを会員サイト内(PC版 携帯版)で「妙味のある新馬」に取り上げたところ9番人気で9着。本日はスタートで大きく出遅れて最後方から競馬。そして、勝ち馬とは1秒3差で、3着馬とはコンマ6秒差。稽古の動きからしても、まともにスタートさえ切れば十分に勝負になると思います。

そして、明日の新馬戦は阪神、中山で各1鞍づつで、好調教馬は全部で3頭(A評価馬×1頭、B評価馬×2頭)。

3頭共そこそこの人気馬で、配当的には妙味を欠きますので(そうかと言って「確勝級」とも言えず)、明日の新馬戦は、今後に備えてじっくりと観戦する"予定"




【開幕週の馬場で巻き返す】

(阪神11R 阪急杯・GⅢ 12番 スプリングソング)

Ha022711bmp

このレースは前走時に栗東・坂路で4F50.6-1F12.4・指数《95.3》とS評価となる高指数をマークし、順位も3位だった同馬を推したいと思います。

体質が弱かった同馬ですが、前走後も坂路でしっかりと乗り込まれており、今週は4F52.4-1F12.1・指数《85.6》(A評価)・順位14位と好時計・好指数をマークし、好調を持続しています。

前走はコース替わり(Aコース→Bコース)により予想以上に馬場に脚を殺されましたが(2番人気で7着)、開幕週となる今回は、稽古の良さ(デキの良さ)を活かし、同馬らしい鋭い走りを見せて貰いたいところです。

馬券の方は同馬より高い指数をマークしている6番・ビービーガルダン、7番・ワンカラット、10番・サワノパンサーを絡めた3連複で攻めてみましょう。



その他の中山11R・中山記念・GⅡなどの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


阪神3R 15番 ネオザウイナー
2月23日(水) 栗・坂路 指数《86.5》(A評価

小倉5R 14番 デーヴァローカ
2月24日(木) 栗・CW 指数《86.0》(A評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月25日 (金)

態勢万全か?とりあえずデビューか?

【お疲れ様でした】

この土日を最後に7名の調教師先生が引退・勇退。先週辺りからスポーツ新聞等ではこの件をあつかった記事が多く載せられ、その文章の中にはかつて馬券を握りしめて一喜一憂した懐かしい馬の名前もチラホラ。

その中でも私にとって特に印象に残っているのが坂口大正調教師の管理馬だったマヤノトップガン。
同馬は阪神大震災があった平成7年の菊花賞馬ですが(その年の有馬記念も逃げ切り勝ちを収め、年度代表馬に)、被災地に住む者としては、人生の中で最も特別な年の出来事の1つとして、同馬の菊花賞や有馬記念の走りが記憶の中に深く刻み込まれています。

あとは須貝彦三調教師が管理していたアンブラスモア(平成11年の小倉記念の勝ち馬)。同馬は"欽ちゃん"ことタレントの萩本欽一さんと歌手の前川清さんが共同で所有していたことで有名でしたが、その驚異的な粘り腰にはスタートからゴールまで大変楽しませて貰ったことを感謝しています。

この週末は各先生方による"引退馬券"が炸裂するのでしょうか!?



【態勢万全か?とりあえずデビューか?】

先週の日曜日は京都、東京で1鞍づつの新馬戦が組まれており、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が2頭(B評価馬×2頭)。前日のブログでは「少々妙味があるかも」と取り上げた京都6Rの7番・クレバーステージは5番人気で13着。ところが、もう1頭のB評価馬、16番・ヤマニンモンスターは9番人気で3着に激走。

Photo_10

月曜日のブログで紹介しましたように会員さんから「馬券、取りました」とのご丁寧な御礼のメールをいただき、恐縮するやら脱帽するやら。今週は会員さんに負けないように頑張ります!


先般も書きましたとおり、3歳の新馬戦も今開催で終了。朝の電車の中で某スポーツ紙を読んでいると、「ピカソ vs メジロダイボサツ」の文字が競馬面にデカデカと掲載されていました。

ピカソはダイワメジャー、ダイワスカーレットの半弟。一方のメジロダイボサツはメジロドーベルの仔。2頭ともにディープインパクト産駒です。

新馬戦の終了が迫るこの時期は、「とりあえずデビュー」というケースが多々あります(昨日の「とりあえずノンアルコールビール」ではありませんが)。

栗東の評判馬・トーセンレーヴは3週前に初陣を飾りましたが、同馬は「2週連続好調教」「栗・坂路で順位10位以内」。人気に応えられる調教をこなしていました。


Photo

ピカソ、メジロダイボサツは中間は美・坂路で乗っております。B評価以上が一度でもあるか?はチェックしておきたい所です。明日は他にも阪神、中山で、各2鞍づつの新馬戦が組まれています。好調教馬は全部で7頭(A評価馬×1頭、B評価馬×6頭)。

そのうちの1頭を「妙味のある新馬」に取り上げましたが、奇しくも前述のピカソ、メジロダイボサツと同じ中山6Rへ出走。水曜の美・坂路で《85.1》のA評価をマークし、順位も10位以内。人気は5番人気以下となりそうですが、調教的には「複勝圏内」は十分と思います。これについては、会員サイト内(PC版 携帯版)のみの掲載とさせてさせていただきますので、ご了解下さい。



【攻め強化=勝ち負け?】

(中山9R 水仙賞 4番 ハンドインハンド)

Na022609bmp

栗東の坂路とCWで入念に乗り込まれています。追い切りはCWで先週が指数《91.9》(A評価)と好時計・好指数をマークし、順位も古馬に混じって2位

今週は初の輸送を意識してか「5F追い」で(先週は6F)、しかも馬也と軽めの稽古。それでも指数《81.0》(B評価)・順位21位をマークして「2週連続の好調教」

先週の「コラム推奨馬」等は2着、3着のオンパレードで、しかも「1位降着」のオマケつき。ですので、前走は昇級初戦ながらも僅差の3着に好走し、"攻め強化"で更に上積みが見込める同馬には是非とも「勝ち負け」(出来れば"勝ち")を期待したいところです。

余談ながら、同馬のお母さん「シェイクハンド」も"平成7年"の「ニュージーランドT4歳S」において7番人気で1着となり、馬券の方では大変お世話になった思い出の1頭。


その他の阪神11R・アーリントンCなどの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


阪神7R 10番 エランドール 2週連続の好調教
2月23日(水) 栗・坂路 指数《87.3》(A評価
2月17日(木) 栗・坂路 指数《88.8》(A評価

阪神8R 6番 グランデワイルド
2月23日(水) 栗・坂路 指数《86.5》(A評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月24日 (木)

帝王「クリュッグ(Krug)」で快気祝い

【快気祝い?】

昨日はγ-GTPの数値激減のお祝い?と先月末から「確定申告」の作業に加え色々な出来事が重なり、周りにいるたくさんの方々にお力添えをいただきましたので、その慰労も兼ねて食事会を開催。

Yamatoyamato

スタートは「焼き鳥YAMATO」さんへ。

こちらは、最近、食通のブロガーさんの間で評判のお店。一品毎に素材の良さを活かす"ひと工夫"がされており、一緒に行った全員が大満足。食が進んでコース以外にもあれやこれやと注文し、満腹状態で同店を後にした次第です。

Free
Yamato
Yamato1


そして、向かった先は普段からお世話になっているバー「Lapin(ラパン)」さん(お店に関する記事はコチラコチラ)。昨夜は快気祝い?ということもあって、シャンパンの方は奮発し「帝王」の名をほしいままにするクリュッグ(Krug)。

Krug2

約15年前くらい、某グルメ漫画でこのシャンパンの存在を知り、清水の舞台から飛び降りる思いで買い求めて飲んでみたところ、その高貴な味わいが私の嗜好にピッタリと合い(ホンマかいな・笑)、それ以来、大のお気に入りに。

ただ、このシャンパンの難点は非常に高価なこと。馴染みのホステスさんの誕生日などでこれのピンク(ロゼ)を景気よく開けていた時期もありましたが、最近は"諸般の事情"により1年に1本飲むかどうかといったところ。

そして、久々に飲んだ「帝王」の味はやはり絶品。「禁酒開け」ということで酔いも回り、一緒に飲んだ連中と「毎晩クリュッグが飲めるくらい、頑張ろうや!」などと怪気炎を上げまくった一夜でした。

Krug1

ところで、最近、こちらのお店の同じ名前(Lapin)のバーが舞台となっているドラマが放送されているのですが、そこで使用されているお店のロゴがこちらのものとそっくり。

ママさんは「うちのロゴがパクられた」と言いながらも、そのドラマのサイトからダウンロードした画像を携帯の待ち受けにするなど、大変うれしそうにしています。




【今週の栗・CWは
6F79台でも

快気祝いと称してKrugを景気よく開けて、そうこうしている間に1時が過ぎ、ようやく帰宅したのが2時過ぎ。本日は若干、睡眠不足ではありますが、1件目にて「とりあえずノンアルコールビール」でしたので、体の方は意外と楽。朝から事務所で、昨日できなかった調教データ作成を行っております。


「栗・坂路」では来週のオーシャンSに登録のあるダッシャーゴーゴーが4F48.9秒の一番時計。1F13.0秒掛かっている点が気になりますが、4Fの時計は二番時計のキャプテントゥーレを1.2秒離しています。

「栗・CW」では80秒を切った馬が続出で、20頭以上もおります。普段なら「6F79秒台なら、まずB評価以上だろう」となる所ですが、今週は必ずしもそうではなさそうです。入念に調教指数をチェックしたいと思います。

水曜分の調教データ作成が完了しましたので、引き続き木曜分に取り掛かりたいと思います。明日、金曜の昼までには、会員サイト内(PC版 携帯版)にアップできると思います。



アーリントンC


ノーブルジュエリー
栗・CW 5F67秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
マジカルポケット
栗・坂路 4F52.2-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価


中山記念

ヴィクトワールピサ
栗・CW 6F83秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
キャプテントゥーレ
栗・坂路 4F50.1-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
リーチザクラウン
栗・坂路 4F50.7-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価


阪急杯

コスモセンサー
栗・坂路 4F51.8-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
サワノパンサー
栗・CW 6F76秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
スプリングソング
栗・坂路 4F52.4-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年2月23日 (水)

降着のショックを癒す連続万馬券

【目出度く禁酒解禁】

競馬関係外で営んでいる個人事業に関する確定申告の作業が完了し、朝一番に税理士先生と最終的な打合せ。ここ数年は厳しいながらも何とか"横這い状態"を維持していましたが、昨年については、改めて最終的な決算上の数字を見て身が引き締まる思い。それでも税理士先生からは「税金を払うだけでも(利益が出ているだけでも)立派。ヨソさんは…」等と褒められ(慰められ?)、少しは気が楽になった次第です。


打合せ終了後、向かった先は掛かり付けの病院。事前に肝機能検査の予約を入れていたので、受付後直ちに採血して貰い、その結果が出るまで待つこと約1時間。

そして、結果については、約2ケ月に及ぶ禁酒の成果がバッチリと出て「γ-GTP」の数値は11月の検査から2分の1以下に減少。一抹の不安もありましたが、「検査成績表」の数値が予想以上に良かったことでホッとひと安心。

これで目出度く「禁酒解禁」となりましたが、ここ数年は「γ-GTPの数値上昇→禁酒→再検査→γ-GTPの数値減少→禁酒解禁」を繰り返していますので、今後は年齢的なことも考え、アルコールの摂取については「総量規制」を引く予定。この2ケ月と同様、今後も「取り敢えずビール」を止めて、食事の際は「ノンアルコールビール一筋」を貫きます!



【万馬券の連発で「降着」の傷も癒え】

昨日のブログで書きましたとおり、日曜・東京4Rでは単複各1万円を購入した9番・ラポールが1位入線ながらも7着に降着となり、一旦手の上に乗った10万円強がパア。
「今日は厄日や」と思いつつも、落とした?10万円を取り戻しに馬券で勝負。


(東京9R セントポーリア賞 1番 カピオラニパレス)

このレースには好調教馬5頭いましたが、栗東・坂路で「2週連続の好調教」の1番・カピオラニパレスが出走。前走は強いメンバー相手に10番人気で4着に健闘しており、「調教から狙える好配当馬」へ抜擢。

ただ、思っていたよりも人気しており、単勝オッズが6倍前後で、複勝は1倍台。馬券の方は、同馬の単勝2万円と同馬に他の好調教馬4頭を絡めた3連複3万円(フォーメーション・千円×30点)を購入。

同馬が勝てば2万円×6倍(最終的には5.7倍)=12万円となり、儲けの方は10万円。「これで東京4Rの降着分が…」と欲をかきました。

To022009bmp

レースの方ですが、同馬は最後の直線で内をついて伸びてきたのですが、早め先頭に立った6番・ヒラボクインパクトと馬群を割って伸びてきた8番・メイショウトチワカ(B評価馬)に競り負け3着。単勝は取り逃したものの、3連複が的中し、その配当が12020円と万馬券

To022009b

購入額 5万円 払戻金 12万200円



(東京10R 初音賞 3番 ソーマジック)

土曜日のブログでも取り上げました「コラム推奨馬」に抜擢した3番・ソーマジック。前走はようやく好調教が結果に結び付き牡馬相手に惜しい2着。これまた思っていたより人気はしていましたが、牝馬同士の今回は勝ち負けの期待も十分で「ここは勝負」と単勝3万円を購入。併せて、同馬と鞍上強化のT評価馬、4番・トゥニーポートからの3連複1万1千円(2頭軸総流し・千円×11点)を購入。

To022010bmp

「4番・トゥニーポートが逃げて、それをマークした3番・ソーマジックがゴール前でかわして1着」と勝手なシナリオを描いていたところ、実際のレースでハナを切ったのはソーマジックで、それをトゥニーポートがガッチリとマーク。

そして、懸命に粘り込みをはかるソーマジックをゴール前でかわしたトゥニーポートが1着となり、ソーマジックは、最後に2番・エオリアンハーブにも差されて3着。又しても単勝はハズレとなりましたが、3連複の方は意外と高く13360円と9Rに続いて万馬券に。

To022010b

購入額 4万1000円 払戻金 13万3600円



この時点では連続して万馬券をゲットし、降着によるショックも吹っ飛び、「勝負はここからや!」と意気込んだのですが、昨日のブログのとおり、お手馬であるセイクリムズンの惨敗を目の当たりにし、再びショック状態に。

そして、京都の最終12Rでは、「コラム推奨馬」に抜擢し、「今日は決めてくれるはず」と単勝1本(3万円)で勝負した10番・フィールドがハナ差で2着↓。

Ky022012b

この土日も東京9Rと10Rの連続万馬券でもって、馬券の収支はプラス5万ほどですが、単勝で勝負した馬が2、3着で敗れたことが多く(しつこいようですが降着もあり)、馬券的にもストレスが貯まる週末となりました。



【禁酒解禁&確定申告終了祝い】

Photo_3 


確定申告の方も一段落しましたので、今週はスッキリと勝てる馬を見出せるよう調教データ作成により一層注力いたします。(ただし、今晩は軽く「禁酒解禁&確定申告終了祝い」に行ってきますので、お許し下さいマセ)。


アーリントンC

ノーブルジュエリー
栗・CW 5F67秒前半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
マジカルポケット
栗・坂路 4F52.2-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価


中山記念

ヴィクトワールピサ
栗・CW 6F83秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
キャプテントゥーレ
栗・坂路 4F50.1-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
リーチザクラウン
栗・坂路 4F50.7-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価


阪急杯

コスモセンサー
栗・坂路 4F51.8-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価
サワノパンサー
栗・CW 6F76秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
スプリングソング
栗・坂路 4F52.4-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (2)


2011年2月22日 (火)

ショックな出来事×2

昨日は豪華なランチと会員様からいただいたメールでもって気力を取り戻し(この件についてはコチラを)、深夜まで確定申告の追い込み作業。お陰様で作業の方はほぼ終了し、あとは"微調整"を残すのみとなりましたので、明日の税理士先生との最終打合せには何とか間に合いそうです。

ところで、日曜日はショックな出来事が2件ありましたので、馬券の回顧に先立ちまして、これついてのお話しを。



【際どいハナ差で1位入線も】


(東京4R 3歳未勝利戦 9番 ラポール)

To022004bmp

このレースには5頭の好調教馬が出走していましたが、今週の栗東・坂路で4F52.3-1F12.7・指数《85.5》(A評価)・順位10位と好時計・好指数をマークした16番・ネオウーリボーに注目。前走の新馬戦では同じ東京コースで僅差の3着に入り、その際は今日のレースで断トツの1番人気に支持されている5番・リンゴットにコンマ5秒の先着。3ケ月半の休養明けでしたが、その分、人気がなく配当妙味十分と思い「調教から狙える好配当馬」に取り上げたところ、予想外の2番人気。単勝の5倍強は未だしも、複勝に至っては2倍を切り「好配当」と言い難く、取り敢えず単勝だけを1万円購入。

To022004a

そして、このレースでもう1頭気になっていたのが、前走時に「調教から狙える好配当馬」に取り上げ、5番人気で2着に入り(複勝600円)、当方の馬券に貢献したくれた9番・ラポール(この件についてはコチラを)。前走惜しい2着に好走していたにも拘わらず、単勝は10倍を超え(その時点でのオッズ)、複勝も2倍強と、配当的には16番・ネオウーリボーよりもこちらの方が明らかに"お買い得"でしたので、同馬の単複各1万円を購入。

To022004b

レースでは、直線を向いた時に絶好位に取り付いたのが16番・ネオウーリボー。「やはり(勝つのは)こっちの方か」と思ったのも束の間、休養明けが影響してか、そこからの伸びを全く欠き早々に馬券圏内から脱落(結果は10着)。直後、同馬に替わって大外をついて伸びてきたのが9番・ラポール。
そして、当方の期待を一身に背負った?ラポールは逃げ粘る5番・リンゴットをハナ差捉えて「1着」ではなく「1位入線」。

その後の「出来事」については結論だけを申し上げますと(あれこれと思い出すのもちょっと…)、「1位入線」のラポールは進路妨害により7着に降着。
同馬の最終的な単勝オッズは8.4倍で、複勝が2.1倍~でしたので、最低でも10万5千円(1万円×8.4倍+1万円×2.1倍)が手の上に乗っていただけにショック。


その後、「10万円あれば新地のクラブで…」などとウジウジしたことを考えていたのですが、東京の9Rと10Rで「調教から狙える好配当馬」&「コラム推奨馬」が連続して馬券に絡み、そこそこの払戻金を手にしたことで(この件については明日にでも)、↑の"傷"も一気に癒えて「勝負はここからや!」と、今年最初となるGⅠで「お手馬」の頑張りを期待し、モニター越しながらも気合いを入れて応援。

ところが…。



【お手馬が…】

(東京11R フェブラリーS・GⅠ 14番 セイクリムズン)

このレースでは、昨年の終盤に大変お世話になった当方のお気に入りの2頭-12番・トランセンドと14番・セイクリムズン-が出走。

To022011bmp


そして、↓のとおり、この2頭のうちから14番・セイクリムズンを「コラム推奨馬」へ。

Co0220bmp

12番・トランセンドは今週唯一の評価馬でしたが、この指数をマークしたのが、1ケ月前となる1月19日。その後、栗東・ポリトラック、坂路で入念に稽古は積んでいましたが、やはり直前の追い切りが抜群だった14番・セイクリムズンの方を上位に見立てた次第。
また、直線が長い東京コースでは12番・トランセンドの「先行力」よりも、14番・セイクリムズンの「決め脚」が勝ると判断したのですが…。

レースの方は、ご承知のとおり、果敢にハナを奪った12番・トランセンドが追いすがる16番・マチカネニホンバレ(B評価馬)を振り切り、「公営の雄」13番・フリオーソの猛追を凌ぎ切って1着。今週をこの一レースに賭けた?藤田騎手の渾身の騎乗でした。

片や、14番・セイクリムズンは好スタートから早め3、4番手でレースを進めるも、直線を向いた時には既に手応えなく、馬群の中をズルズルと後退し14着に惨敗。一昨年の秋から同馬の追いかけ続けてきましたが、その間、このような光景を一度も見たことがなかっただけに大変ショックでした(ショックの程度で言えば↑の降着など問題にならないくらい)。

鞍上の幸騎手からは「外の馬に来られハミを噛んでしまい、そこからムキになって…」とのコメント。敗因は色々とあったでしょうが、同騎手も言っているとおり「それにしても負け過ぎ」。

以前はレースで外に馬がいると伸び脚がひと息で、持ち味を全く発揮できなかったセイクリムズンが、カペラSでは、外から来たティアップワイルドをものともせず、しかも、一旦かわされてからも差し返すほどの成長ぶり。従って、「ひ弱さ」は態を潜めたのですが、今回のレースぶりを見ると、精神面で成長し過ぎて?掛かる馬になってしまったのではないかと思わず心配してしまうくらい。

兎に角、重賞連勝を含む3連勝の反動も少なからずあったと思いますので、ひと息入れてしっかり立ち直ってくれることを願います。

To022011b


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月21日 (月)

ステーキ、某メールにより体力+気力回復

【ステーキ、某メールにより体力+気力回復】

確定申告の方もようやく目途が立ちました。本日はラストスパートへ向けて体力を回復させるべく、昼間から新阪急ホテル地下のステーキハウス「ロイン」へ。


1_2 2 


昼から少し食べ過ぎた気もしますが、やはり疲れた時には"肉"を食べるに限ります。そして事務所へ戻ると、某会員さんから一通のメール↓


「新馬の調教を参考にしています。日曜の京都の新馬戦では、9番人気の16番・ヤマニンモンスターが拾え、1500円→2万1880円となりました。新馬で10位以内の馬を使って、年末からだいぶ儲けさせて貰ってます(高中さんほどではありませんが)。また新地ネタも楽しみにしてるので、よろしくお願いします。」

Photo_9

Photo_10

いつも会費を支払って頂いた上に、お礼のメールまでありがとうございます。ステーキ、某会員さんからのメールにより、体力、気力ともに一気に回復しました。水曜には新地へ復活する予定をしておりますので、また新地ネタも書けると思います(検査の結果、異常なければ…)。

あと一日、ラストスパート頑張りたいと思います。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月19日 (土)

明日のGⅠは日本人騎手の頑張りに期待

【GⅠの舞台でお気に入り2頭の直接対決

明日は今年最初のGⅠとなるフェブラリーSですが、日曜日のブログで書きましたとおり、昨年の終盤に大変お世話になった当方のお気に入りの2頭-12番・トランセンドと14番・セイクリムズン-が出走。

両馬共に今回も抜群の追い切りをこなしていますが、諸々の検討の結果、順位が上の1頭を上位に見立てました。心情的には両馬共に同じくらい頑張って貰いたいのですが…。

ちなみに、本日の東京11RのダイヤモンドS・GⅢは外国人騎手によるワン・ツー(クラストゥス騎手→ベリー騎手)となり、僅差の4着馬の鞍上もデムーロ騎手。
そして、明日のGⅠも3人の外国人騎手がそれなりの人気馬に騎乗しますが、ここは(当方としては)日本人騎手に奮起を促したいところです。


ところで、本日、会員サイト内(PC版 携帯版で「コラム推奨馬」とした3頭のうち2頭は馬券に絡んでくれたのですが(共に2着)、昨日のブログで取り上げた京都9Rのアドマイヤセプターは1番人気に支持されながらも6着↓。

Co0219bmp

道中は終始かかり気味で、直線半ばで先頭に立ってからは首を横に向けて鞍上に激しく抵抗。今日の様子からは少々時間を要するかもしれませんが、同馬はまだまだ先がある3歳馬ですので、暫くの間は馬券を見送りつつ、気性面での成長を見守っていきたいと思います。



【明日の新馬戦】

本日は京都、東京で1鞍づつの新馬戦が組まれていましたが、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が2頭(A評価馬×1頭、B評価馬×1頭)。

昨日のブログで書きましたとおり、2頭とも不安要素があり、「コラム推奨馬」や「妙味のある新馬」へは取り上げなかったところ、結果は4着と5着。ただ、馬券圏内は外しましたが掲示板は何とか確保していますので、今回並に稽古が動いていれば、次走は狙い目十分ではないでしょうか。

To021902bmp

そして、明日の新馬戦も京都、東京で1鞍づつ。そして、好調教馬は2頭(B評価馬×2頭)。

↓次の1頭は乗り込み量がやや物足りない点が気になり「妙味のある新馬」にはしませんでしたが、減量騎手の起用でその辺りのマイナス部分が相殺されれば指数的には「馬券圏内は十分」と言ったところです。

京都6R 7番 クレバーステージ
2月9日(水) 栗・CW 指数《83.2》(B評価



【GⅠ前に資金稼ぎ?】

(東京10R 初音S 3番 ソーマジック)

To02210bmp

攻め駆けする同馬ですが、今週は美浦・坂路で4F51.9-1F11.8をマーク。栗東と同様、美浦の方も馬場状態が悪かったので、それも考慮すれば、同馬がマークした上がり「2F~1F」の時計は非常に優秀です。調教指数は《85.0》と高く、A評価・順位10位となりました。

前走は7番人気で2着に入り、稽古の良さがようやく結果に結び付いてきましたので、牝馬同士となる今回は勝ち負けまで期待出来ます。

配当的にも妙味がありますので、GⅠ前に"ひと稼ぎ"といきたいところです。その他の東京11R・フェブラリーS・GⅠなどの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都11R 14番 アンシェルブルー 3週連続の好調教
2月16日(水) 美・坂路 指数《83.3》(B評価
2月9日(水) 美・坂路 指数《87.2》(A評価
2月2日(水) 美・坂路 指数《88.6》(A評価

東京4R 16番 ネオウーリボー
2月16日(水) 栗・坂路 指数《85.5》(A評価

東京9R 1番 カピオラニパレス 2週連続の好調教
2月17日(木) 栗・坂路 指数《88.1》(A評価
2月10日(木) 栗・坂路 指数《82.0》(B評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月18日 (金)

稽古どおりの走りさえ出来れば

【忙しさも山場を超え】

先月末から大変忙しい日々が続いてきましたが、ようやく「出口」が見えてきました。確定申告の方も目途が立ち、来週の水曜日には税理士先生と申告前の最後の打合せをする予定。

それと併せて、約2ケ月に及ぶ禁酒の成果を試すべく、その税理士事務所の近くにある掛かり付けの病院に電話を入れ、肝機能の検査(血液検査)を予約。これまでは採血した1週間後に検査結果を聴きに行っていたのですが、今は1時間くらいで結果が出るとのこと。

今までの経験で言うと、2ケ月も禁酒すれば「γ-GTP」の数値は劇的に良化していましたので、今回もそれを見越し、早くも水曜の夜に宴会をセット。

その席では、この2ケ月と同様、「ノンアルコールビール&氷の水割り?」を飲み続けなければならないのか↓

Allfree


Wmizu


それとも「シャンパンで乾杯!」となるのか↓

Mil2

果たして検査結果は如何にsign02
"禁酒解禁"を楽しみにしている反面、少々の不安も…。

その前に、この土日で宴会の資金を稼がなくては!



【先週は複勝率が83%】

この土日を入れても3歳馬の「新馬戦」は残すところあと5週。時間が経つのは本当に早いものです。まずは、超がつくバタバタでこのブログでもふれることが出来なかった先週の新馬戦について。

先週の土日は京都、東京で合計5鞍の新馬戦が組まれていましたが、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が6頭(A評価馬×2頭、B評価馬×4頭)出走し、その成績は(1-2-2-1)。馬券に絡めなかったが1頭だけ。あと少しで新馬戦が終わってしまうのが、惜しいくらい。

そして、会員コラム内(PC版 携帯版で「妙味のある新馬」とした土曜・京都6Rの2番・マルカプレジオは今年1番の評判馬の9番・トーセンレーヴ(ブエナビスタの半弟)によく喰い下がったもののクビ差の2着↓。単勝オッズが18倍を超えていただけに残念。

Ky021206bmp

明日の新馬戦ですが、京都、東京で各1鞍づつ。そして、好調教馬に該当したのは2頭(A評価馬×1頭、B評価馬×1頭)。

A評価馬(牝馬)については、「2週連続の好調教」で新聞紙上ではズラリと◎が並ぶ人気馬。ただ、このレースは牡馬との混合戦だけに取りこぼしも考えられますので、配当面を考えれば手を出し辛いところ。また、B評価馬の方は、「出走取消明け」になりますので様子見が正解かもしれません。



【好調教馬が多数の京都9R・こぶし賞】

Ky021909bmp

好調教馬が多数。人気の一角12番・アドマイヤセプターは、先週の栗東・坂路で4F52.4-1F12.6・指数《80.2》(B評価)をマーク。今週も坂路で追い切られましたが、非常に馬場状態が悪く、多くの馬が上がりの時計を要していました。

アドマイヤセプター
栗・坂路 4F51.7-1F12.4 ⇒調教指数《93.1》・A評価・順位2位


その中にあって、同馬がマークした1F12.4秒は極めて優秀です(テンから飛ばした馬は大半が上がり1Fを13秒以上を要しています)。調教指数は《90》を超える高い数値となり、順位もフェブラリーS出走馬に次いで2位

同馬は新馬戦を「さすが」と思わせる衝撃的な勝ち方をしたアドマイヤグルーヴを母に持つ良血馬。お母さん譲りか?気性面で課題があり、その後のレースでは結果が出せていませんが、自己条件に戻った今回は、稽古どおりの走りさえ出来れば"アッサリ"の場面も十分でしょう。

その他の東京9R・ヒヤシンスSなどの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都7R 2番 アキノワンツー 3週連続の好調教
2月16日(水) 栗・坂路 指数《85.2》(A評価
2月9日(水) 栗・坂路 指数《89.9》(A評価
2月2日(水) 栗・坂路 指数《88.9》(A評価

京都11R 14番 レジェトウショウ
2月9日(水) 美・坂路 指数《85.5》(A評価

東京6R 12番 キンショーユウジャ
2月16日(水) 美・坂路 指数《87.4》(A評価

東京7R 1番 ピサノユリシーズ
2月10日(木) 栗・坂路 指数《94.0》(A評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (2)


2011年2月17日 (木)

思い出に残る週末&週明け

【「予定外ながらも」の日曜日】

この日は友人のお母様のお葬式へ。

朝9時には自宅を出なければならなかったので"夜間投票"。当初は2時過ぎには自宅に戻っている予定でしたが、一緒に葬儀に参列した友人たちと話し込んでいたため、結局、レースをライブで見ることが出来たのは京都11Rの京都記念以降。

京都記念で「推奨馬&お手馬」のヒルノダムールが直線でいち早く先頭に立った時は「今日は勝ったぞ!」とテレビの前でガッツポーズ。ところが、そこから1、2着馬にアッと言う間にかわされ3着に完敗。完全な「勝ちパターン」だっただけに、お手馬の今後が非常に気がかりです。

そして、続いて行われた東京11Rの共同通信杯・GⅢでは「調教から狙える~」のディープサウンドは直線良く粘ったものの3着。馬体重すらも全く分からない"夜間投票"でしたので、馬券の購入額はかなり抑えざるを得ませんでした。ライブ参戦できたのは最終レースのみ。



(京都12R 4歳1000万下 8番 オースミイレブン)

元々攻め駆けする同馬ですが、今回は栗東・CWで上がりもしっかりした追い切りをこなし、《89.0》(A評価)・順位5位と好指数をマーク。前走が2番人気で6着に敗れこともあってか、思いのほか人気を落としていましたので、同馬の単勝3万円を購入。

レースの方は、先手を取りきった同馬が軽快に飛ばし、直線半ばで2番手追走の2着馬を突き放して1着(単勝510円)。

Photo


Ky021312bbmp
購入額 3万円 払戻額 15万3000円



(東京12R 4歳1000万下 1番 サザンスタディー)

↑の大勝により、イケイケ状態となり、このレースで唯一の好調教馬(B評価)で、降級馬でもある1番・サザンスタディーの単複各1万円を購入。

レースの方は、同馬が"東京千四巧者"ぶりを発揮して快勝(単勝750円・複勝220円)。

この2レースで"夜間投票"で外れた重賞の負け分を数倍にして取り返し、ホッとひと息。普段なら「今週末はこれで終了」となるところが、明日行われる小倉の「続行競馬」のため、当方の作業も"続行"。


To021312bmp


To021312bbmp
購入額 3万円 払戻額 9万7000円




【「強敵が取り消したお陰で」の月曜日】


(小倉10R 萠黄賞 12番 アフォード)

同馬は新馬戦をレコードで圧勝した快速馬。ソエによる放牧で3ケ月半ぶりと間隔は空きましたが、先週、栗東・坂路で4F51.6-1F12.3・指数《90.8》(A評価)と、いきなり好指数・好時計をマークし、順位は古馬に混じって5位

ですので、金曜日の段階では「コラム推奨馬」の候補でしたが、順調に使われおり、小倉実績もある18番・ハピシンという強敵に脚元をすくわれるおそれがあるにも拘わらず、おそらくは1番人気に支持されることになり配当面でも手を出し辛かったので、推奨はパス。

ところが、その強敵・ハピシンが日曜日の夕方に出走を取り消したことで、「これはイケる」と日曜の夜に急遽「コラム推奨馬」へ抜擢。

そして、馬券の方は、単勝1本(3万円)で勝負したところ、その期待に応えてくれて1着(単勝230円)。

Ko021410bmp


Ko021410bbmp
購入額 3万円 払戻額 6万9000円



先般も書きましたが、亡くなられた友人のお母様は、ある時期、その友人以上にお会いする機会が多かったほど親交が厚かった方。そのお母様のお通夜、お葬式あり、続行競馬ありと色々なことが重なりましたので、この週末&週明けは今後も記憶に残る思い出深いものとなるでしょう。

そうした中で好調教馬の活躍により、今週も馬券で利益を出すことが出来ましたので、その友人が落ち着きましたら、今週の儲け分でもって酒でも飲みながら(禁酒を中断してでも)、お母様の思い出話に耽りたいと思います。

改めまして、ご冥福を心からお祈り申し上げます(合掌)。




【積雪によりラストが掛かった栗・坂路】

フェブラリーSについて簡単に。まず注目はご存知の通り、私の一番のお気に入り(=「T評価馬」)のセイクリムズン。栗東で一、二を争う坂路巧者で、遂に主力の1頭としてG1の舞台まで上り詰めました。

今回は中2週での参戦となりますが、G1の舞台だけに最低でも「B評価」、できれば「A評価」以上、「順位10位以内」が欲しい所です。4走前と3走前が4F50秒台、2走前と前走が51秒台。そして今回の時計を確認すると↓


セイクリムズン
栗・坂路 4F52.0-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価


4F52.0秒と同馬としては遅く、あれっ?と思い某TMに電話。聞くところによれば本日の栗東トレセンは雪が積もった状態で、路面が凍結しかけていたそうです。

確かに坂路の時計を見てみると、1F11秒台は1頭もいません。12.0秒のカレンチャンが抜けて速く、セイクリムズンの1F12.6も11番目。4F52.0も10番目に速いもの。今からデータ作成を行いますが、本日の馬場状態なら基準となる4F、1Fの時計は遅くなりそうです。


コスモファントム
栗・坂路 4F55.0-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
シルクメビウス
栗・坂路 4F52.1-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
セイクリムズン
栗・坂路 4F52.0-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
トランセンド
栗・坂路 4F52.8-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価

ダイショウジェット
栗・CW 6F82秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ダイシンオレンジ
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ダノンカモン
栗・CW 5F66秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月16日 (水)

本日のランチ、積雪による影響など

【早くもこの週末はGⅠ】

週末から週明けにかけてドタバタし、頭の中が少々パニくっていましたが、ふと気がつくと、この日曜日は今年最初のGⅠとなるフェブラリーS。

先月末以来、再々に亘り話題にしてきた「確定申告」の作業も佳境に入ってきましたので、今日、明日中に目途を付け、金曜日は朝イチから「GⅠモード」に突入できるよう頑張ります。


(今日のランチ?↓)
2ケ月くらい前の話ですが、とある競馬関係者のブログから誘導されて?某グラビアアイドルのブログへ。その爆乳のオネエサンはアメリカンドッグが大変好きなようで「今日は晩ご飯に3本も買ってきました」とのこと。

"思わず彼女がそれを食べる光景を想像して…"というわけではなく、ただ単に当方も無性にアメリカンドッグが食べたくなりコンビニへ。そして、久々に食べたアメリカンドッグは子供の頃に食べたそのままの味(ホンマかいな?)。それ以来、懐かし味に結構ハマってしまい、手軽さも手伝って、忙しくて食事が取れない時はこれをかじりながら仕事をしています。

Ad

この3日間も「コラム推奨馬」と「調教から狙える好調教馬」を中心に馬券を買いましたので(今週は現場に行ってませんのでPATによる投票)、簡単ですが、その回顧を。



【「S評価馬が快勝」の土曜日】


(東京1R 3歳未勝利戦 8番 トーアクリスタル)

前走時の調教で指数《94.4》と評価一歩手前の好指数で、順位は1位。3歳未勝利戦では、調教的には明らかに格上。前走は「調教から狙える好調教馬」に取り上げたところ2番人気で3着。

鞍上の江田照騎手が次の2Rで「調教の動き一変」+「配当妙味十分」のA評価馬、13番・トラファルガーに騎乗していたことで、「穴を空けることが多い同騎手故に狙うならコチラ」と思い13番・トラファルガーを「調教から狙える~」に抜擢し、8番・トーアクリスタルの方は、馬券のみ参戦(単複各1万円を購入)。

2頭とも「調教から狙える~」にしても良かったのですが、何せ"穴男"の江田照騎手ですから人気馬を飛ばすことも…。


To021201bmp

結果の方は、3番人気に支持された1Rの8番・トーアクリスタルが勝ち(単勝780円・複勝270円)、8番人気と"妙味はあった"2Rの13番・トラファルガーは8着。

江田照騎手には、かつて東京新聞杯でフジサイレンスという馬で大変お世話になったこともありながら(11番人気で1着)、大変失礼なこと(="穴"の江田照騎手は人気薄でこそ)を勝手に思いまして、誠に申し訳ありませんでした(泣笑)。

To021201bbmp
購入額 2万円 払戻額 10万5000円



(京都10R 稲荷特別 7番 フミノイマージン)

前々走時に栗東・CWで指数《94.0》と好指数をマークし「コラム推奨馬」に抜擢。そのレースが牝馬限定戦であったこともありかなり期待をしたのですが、2番人気で6着。

今回もその時に匹敵する指数《91.5》をマークして順位は2位。指数的には"コラム推奨馬級"でしたが、今回は牡馬との混合だったこともあって「推奨馬」でなく「調教から狙える好調教馬」へ。

馬券の方は、単複各1万円を購入したところ、同馬は直線半ばで馬群を割って一気に突き抜け快勝(単勝540円・複勝210円)。

Ky021210bmp


Ky021210bbmp
購入額 2万円 払戻額 7万5000円



(東京11R クイーンC・GⅢ 9番 ホエールキャプチャ)

2/112/12のブログで書きましたとおり、今週、唯一のS評価馬でした同馬が快勝し(単勝360円)、初重賞制覇。桜花賞では、再びレーヴディソールとの芦毛対決が見られると思うと今から楽しみ。

「ホエールキャプチャを負かすとすれば、この馬」と考えていた1番・ダンスファンタジアは圧倒的な1番人気に支持されながらも6着敗退。3角で他馬との接触があったとのことですが、お母さん(桜花賞馬のダンスインザムード)に似て"気ムラ"なところがあるのかも。

To021211bmp


To021211bbmp

購入額 3万円 払戻額 10万8000円


上記の回顧でも書きました通り、購入した3歳戦はすべて順位1位の馬。東京1Rの8番・トーアクリスタルが単勝780円、東京11R・クイーンCの9番・ホエールキャプチャが単勝360円ですから、調教が"超抜"でも意外と3倍以上はついています。東京2Rの13番・トラファルガーは8着敗退ですが、次走以降へ向けて覚えておきましょう。



【積雪によりラストが掛かった栗・坂路】

先にフェブラリーSについて簡単に。まず注目はご存知の通り、私の一番のお気に入り(=「T評価馬」)のセイクリムズン。栗東で一、二を争う坂路巧者で、遂に主力の1頭としてG1の舞台まで上り詰めました。

今回は中2週での参戦となりますが、G1の舞台だけに最低でも「B評価」、できれば「A評価」以上、「順位10位以内」が欲しい所です。4走前と3走前が4F50秒台、2走前と前走が51秒台。そして今回の時計を確認すると↓


セイクリムズン
栗・坂路 4F52.0-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価


4F52.0秒と同馬としては遅く、あれっ?と思い某TMに電話。聞くところによれば本日の栗東トレセンは雪が積もった状態で、路面が凍結しかけていたそうです。

確かに坂路の時計を見てみると、1F11秒台は1頭もいません。12.0秒のカレンチャンが抜けて速く、セイクリムズンの1F12.6も11番目。4F52.0も10番目に速いもの。今からデータ作成を行いますが、本日の馬場状態なら基準となる4F、1Fの時計は遅くなりそうです。


コスモファントム
栗・坂路 4F55.0-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
シルクメビウス
栗・坂路 4F52.1-1F13.2 ⇒調教指数《??》・?評価
セイクリムズン
栗・坂路 4F52.0-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
トランセンド
栗・坂路 4F52.8-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価

ダイショウジェット
栗・CW 6F82秒前半-1F12秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
ダイシンオレンジ
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
ダノンカモン
栗・CW 5F66秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月15日 (火)

1000万とは言わないまでも100万馬券を目指して

【重なる時は重なるもの】

この週末(+週明け)は「続行競馬」あり、私事ながら友人のお母様のお通夜、お葬式ありと、思いもよらないことが重なる時は重なるものでバタバタ状態。

調教データの再作成及び会員サイトの更新については、"代替"ではなく"続行"という初めての事態に少々手間取りましたが、毎度のことながら、データ作成を手伝ってもらているI氏の尽力により事なきを得た次第です(感謝)。

ちなみに、大阪付近は昨日の昼から大雪。もし、これが日曜日で京都開催も「続行競馬」となっていたらと考えると、文字どおり背筋が凍る思い。先般も書きましたが、不測の事態に備え何事も余裕を持って対処することが如何に大事であるかを痛感した週末&週明けでした。


(↓昨日の夕方、南極越冬隊員のような出で立ちで散歩へ出た我が家のチョコラ号。勢い良く外に出たものの、積もった雪の余りの冷たさに僅か20mで家に引き返したとのこと)

Wan0214




【単勝、複勝均等買いでも】

Tk0212bmp

2/112/12のブログで書きましたとおり、今週、唯一のS評価馬でしたホエールキャプチャが、土曜・東京11RのクイーンC・GⅢを快勝し、初重賞制覇。彼女の活躍でS評価馬の単勝回収率は360%、複勝回収率は160%

B評価馬については、複勝回収率は91%と100%に僅かに及びませんでしたが、単勝回収率については、単勝配当3980円をマークし、1950万馬券の片棒を担いだゲティスバーグ(日曜の小倉4R)の激走もあって160%と大幅な100%超えとなりました。

なお、T評価馬については、複勝回収率が124%と100%超えとなったのに対し、単勝回収率が57%と低調でしたが、2着馬が11頭、そして、3着馬も14頭もいましたので、その25頭が"もう一寸"頑張っていれば単勝回収率も一気に跳ね上がっていたと思うと少し残念です(25頭の中にはハナ差で敗れた、小倉4Rの単勝190倍超のカリスマサンミッキー↓もいましたので)。


また、4つのランクの中で最も成績が良くなかったA評価馬についても、他のS、B、T評価馬と同様、複勝率については33%を超えて"3頭に1頭"は馬券に絡んでいましたので、先週に引き続き、今週の好調教馬も安定した成績を収めくれました。



【1000万馬券とは言わないまでも】

ところで、昨日も書きましたとおり、↑9番人気のゲティスバーグ(B評価馬)が勝った日曜の小倉4Rでは、15番人気のT評価馬・カリスマサンミッキーも2着に激走し、人気薄の好調教馬によるワン・ツー。その馬連の配当は12万円で、馬単は36万円。そして、3連単はJRAの最高配当となる1950万円。


1950_2

続行競馬となった昨日は、今週は馬券に飢えていたこともあり?、確定申告の作業の合間を見てはPATで参戦していたのですが、↑「好調教馬2頭で大万馬券」が頭から離れず。


そして、小倉4RではT評価馬の9番・エーシンミラージュが狙い目。前々走は13番人気で3着に入り、ようやく好調教が結果に結び付いてきたと思っていたところ、前走は17番枠から外外を回らされて3番人気で6着。今回は中程の9番枠に入り、鞍上も減量騎手に乗り替わって巻き返し十分。

当初は同馬の単勝・複勝を購入する予定でしたが、昨日、大波乱になったのが"4R"だったことで「ひょとして今日の4Rも好調教馬同士の決着で大穴が…」と、馬券の方は、単勝・複勝以外に好調教馬4頭による馬単・3連単をボックスで購入。

Ko021404bmp

レースの方は、9番・エーシンミラージュは大外をひとマクリして快勝(単勝1000円・複勝310円)。しかしながら、他3頭の好調教馬は4着、5着、13着に敗れ、日曜4Rの再現ならず。購入2万強に対して、払い戻しは6万のみ。

ちなみに、思い切り"タラレバ"の話となり恐縮ですが、仮に、このレースの2、3着馬がいなければ、9番・エーシンミラージュ(T評価馬)→8番・フェニックスソード(T評価馬)→1番・ユウターチェイサー(T評価馬)の入線となり、その馬単のオッズは440倍で、3連単は9258倍=92万馬券(笑)。

Ko021404bbmp

しかし、冗談はさておきまして、狙いを絞り辛いところはあるものの、紛れが多いローカル開催では今回のように人気薄の好調教馬が激走することが結構ありますので、次々週から再び始まる小倉開催では、1000万とは言わないまでも100万馬券を目指し、昨日の小倉4Rのように好調教馬を絡めた馬単や3連単を少額で購入してみたいと思います。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月14日 (月)

1950万馬券は夢のまた夢?

【JRA史上最高の1950万馬券について】

昨日の晩にスポーツ番組を見ていると、民放でも小倉4Rで飛び出した1950万馬券が話題に(確か4ch&8chだったでしょうか)。朝一の事務所でも、とある事務員さんに尋ねられました。


「高中さん、あの馬券獲りました?」、と。


8番・ゲティスバーグ(9番人気)→3番・カリスマサンミッキー(15番人気)→13番・シルクフラッシュ(6番人気)の順で入線。

ブログでも書きましたように、土日は競馬以外の件でバタバタしておりましたので、馬券は小倉までは手が回らず。このレースで勝った8番・ゲティスバーグは直近で唯一、栗・CWにてB評価をマークしておりました。

栗・CW 6F80.4-1F12.8 ⇒調教指数《83.5》 B評価・順位15位


1950_2

そして2着に入線した3番・カリスマミッキー。年末に栗・坂路で動いており、「T評価」(=お気に入り)に加えておいた1頭。ブービー人気で複勝でも3350円でしたので、「何もこんなバタバタしている日に走らんでも…」と思わず嘆きたくもなります。

この好調教馬の2頭に加えて、6番人気の13番・シルクフラッシュで、馬連は10万馬券、3連単はJRA史上最高となる1950万馬券。的中票数は僅か2票(その内の一人になれなくて、非常に残念です)。私の馬券は単勝、複勝、3連複が中心ですので、3連単は購入しなかったと思いますが、狙い続ければ1000万馬券も…

| | コメント (0)


2011年2月13日 (日)

「坂路王」が有力馬としてG1の舞台へ

明日の小倉競馬に関してですが、データはすでに再作成して、会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開しております。S評価馬は1頭もおりませんが、A評価馬が5・9・10・12Rに1頭ずつ。それ以外にも順位10位以内もおります。くれぐれも馬券は控えめにして、来週のフェブラリーSに力を注ぎましょう。



【昨年のダート王・トランセンドの状態】


Photo_2

2歳戦とともに比較的、得意としているダート戦。JCダートは《95.9》でS評価の3番トランセンドが推奨馬。栗・坂路で見事に順位1位でした。3連複は外してしまいましたが、単勝で無事にプラス収支。


Ha120511
購入額 4万5000円 払戻額 7万円


今回はぶっつけ本番で、2ヶ月ぶり。ポリトラック中心の調教内容で、坂路では1月29日(水)に4F50.9-1F12.3をマーク。指数もさることながら、順位が何位かもポイントの一つ。

1月19日(水)
栗・坂路 4F50.9-1F12.3 ⇒調教指数《??》 ?評価・順位?位



【有力馬の1頭としてG1の舞台へ】

当ブログの読者の方には御馴染みですが、「栗東の坂路王」ことセイクリムズン。4歳春に坂路で50秒台を叩き出して以来、「T評価」(=お気に入り)の1頭へ。当時は芝路線を使われておりましたが、ダート路線へ転向し、素質を開花させてくれました。


Photo購入額 3万7000円  払戻金 30万9400円


(霜月S)
栗・坂路 4F50.1-1F12.8 ⇒調教指数《92.0》 A評価・順位5位

2走前の霜月Sは単勝730円で、3連複は21140円の万馬券。購入額3万7000円に対して、払戻金が30万9400円。


Photo_2
購入額 6万円  払戻金 50万2300円


前走のカペラSでも、単勝440円、3連複37030円。《96.9》のS評価・順位1位でした。この時が購入額6万円に対して、払戻金が50万2300円。年末の忘年会費を捻出してくれました。(根岸Sはケイアイガーベラとの2頭軸にしたのでハズレ)

お気に入り馬がG1の舞台まで昇り詰めるのは、感慨深いものがあります(馬券で儲けさせてくれているからでしょうけれども)。しかも、今回は有力馬の1頭として。他にもダイシンオレンジ、シルクメビウス、ダノンカモン、マチカネニホンバレなど強者揃い。

スピードだけでなく、底力が要求される東京の舞台ですので、最低でもB評価以上でないと勝ち負けに加われません。今年一発目のG1ですので、自然と力が入ります。こうして見ていくと、「栗・坂路で順位1位=G1級の潜在能力」なのではないでしょうか。回顧、注目馬など、週中から少しずつ書いていく予定をしております。


高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月12日 (土)

2週連続1位の"白い"馬体が躍動

【忙しくしている時ほど】

本日の開催について、昨日のブログでは"そうあって欲しい"と願う気持ちも込めて「何とかなりそう」と書いたところ、小倉競馬が4R以降、降雪のため中止。そして、その"中止分"が2/14(月)に「続行競馬」として行われることに。「代替」と違って出馬投票をやり直しますので、それに伴って新たな作業が…。

忙しくしている時ほど、予期せぬことが重なるもの。要するに、何事も余裕を持って行うことが大事ということですね(反省)。

昨日、書きました通り、親友のお母様が急逝され、本日、明日がお通夜とお葬式。暫くの間、競馬を含め諸々のことから離れ、心静かにご冥福をお祈りさせて頂きたいと思います(合掌)。



【2週連続・順位1位+S評価の9番・ホエールキャプチャ】

クイーンCでは私のお気に入り9番・ホエールキャプチャが1着。阪神JF以来2ヶ月ぶりの今回は、美浦に戻って調整。昨日のブログにも書きましたように、美・坂路で1週前に4F49.1-1F12.5、今週は4F49.2-1F12.2と49秒台を2度。


(1週前)
美・坂路 4F49.1-1F12.5 ⇒調教指数《93》・A評価・順位1位
(今週)
美・坂路 4F49.2-1F12.2 ⇒調教指数《96》・S評価・順位1位

Photo_4

そのうえ、指数の順位も古馬に混じって連続1位。3歳牝馬としては超抜の時計・指数を連続してマーク、さらに阪神JFより上昇、と判断してコラムの推奨馬へ挙げさせて頂きました。


Photo_2

単勝100円台の強敵が1頭おりましたので、2番人気で単勝360円。"白い"馬体が薄空の東京競馬場で、見事に躍動してくれました。現時点ですでに古馬以上ですから、桜花賞でもアッと驚かせる場面があるかもしれません?!(イメージは地味でも、実際は強いです)。今後は桜花賞へ向けては、早めに栗東入りするかなど注意しておきたいと思います。最も楽しみにしていたS評価でしたので、無事に勝ってくれてホッとしています。



【もう1頭のお手馬、12番・ヒルノダムール

明日の京都記念へもお手馬の1頭、12番・ヒルノダムールが出走します。日経新春杯では栗・CWで調教指数《89》のA評価順位1位。コラムの推奨馬に挙げると伴に、ブログ上でも紹介させて頂きました。


栗・CW 6F80秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《89》・A評価・順位1位

Photo_3

中3週のローテーションとなる今回は、1週前に6F81秒後半-1F11秒後半、今週は6F80秒前半-1F12秒前半をマーク。

(1週前)
栗・CW 6F81秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価
(今週)
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


前走時は年末から目一杯やられていただけに、今回はそれと比べると余裕を持たせた追い切りとなりましたが、時計自体は2週連続して上々です。2着続きに終止符を打ち、同世代の活躍馬に肩を並べられるかどうか。

最終的な判断は、東京5R、東京8Rなどの推奨馬と併せて、会員ページ(PC版 携帯版)のコラムに書かせて頂きました。その他の好調教馬(B評価以上)に関しては、「出走メニュー」→「2月13日(日)」にて公開しています。


プロヴィナージュ
栗・坂路 4F50.5-1F12.3 ⇒
調教指数《??》・?評価
メイショウベルーガ
栗・坂路 4F53.7-1F12.3 ⇒
調教指数《??》・?評価
オウケンブルースリ
栗・坂路 4F53.8-1F12.9 ⇒
調教指数《??》・?評価
ダノンシャンティ
栗・坂路 4F52.0-1F12.2 ⇒
調教指数《??》・?評価

ビッグウィーク
栗・CW 5F66秒後半-1F11秒後半 ⇒
調教指数《??》・?評価



【明日の「調教から狙える好配当馬」】

京都2R 2番 ニホンピロザジ
2月9日(水) 栗・CW 指数《83.6》(B評価

東京6R 11番 ダークフィラメント
2月9日(水) 美・坂路 指数《85.5》(A評価

東京9R 2番 ジェネラルノブレス
2月9日(水) 美・坂路 指数《86.2》(A評価

東京11R 13番 ディープサウンド
2月2日(水) 美・坂路 指数《85.9》(A評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月11日 (金)

白い馬体がターフに舞う?

【久々の大雪?に朝からバタバタ】

今朝、カーテンを開けると外は真っ白。そして、深々と降り続ける大粒の雪。にも拘わらず、愛犬チョコラ号から厳しく"督促"されて朝の散歩へ渋々外へ出たのですが、さすがのチョコラも積もった雪の冷たさに耐えかねたのか「目的」のことを済ませると、いきなりUターンして自宅の方へ。

久々の大雪?に朝からバタバタしました。明日の開催に関しては、3場共に何とかなりそうですが、予定通り開催されたとしても、今日の雪で馬場状態はここ数週とは一変すると思われますので、馬券の方に関しては、慎重を期したいところです。


ところで、昨日、私の親友のお母様が急逝され、明日、明後日はお通夜とお葬式に出席する予定です。ちょっとした事情もあって一昨年は、その友人よりもお母様とお話しする機会の方が多かったくらい非常に懇意にさせていただいておりましたので、最後のお別れはしっかりとさせていただきたく存じます。



【白い馬体がターフに舞う?】

雪予報がやや心配ではありますが、クイーンCへは私のお気に入り9番・ホエールキャプチャが出走します。阪神JFでは早めに栗東入りして、「3週連続好調教」「栗・坂路で順位8位」


Photo 

軸はレーヴディソールで仕方ないと思っておりましたので、相手本線にして3連複で流しました。結果も順位1位のレーヴディソール、同じく1位のライステラス、ホエールキャプチャの3頭で決着。3連複の9,200円を本線で仕留めることができました。


Ha121211b購入額 5万1000円 払戻額 18万4000円


レーヴディソールの単勝が100円台だったので、3連複はよくついた方だと思います。2ヶ月ぶりの今回は、美浦に戻って調整。1月半ばからピッチを上げてきました。そして1週前に美・坂路で4F49.1-1F12.5、今週は4F49.2-1F12.2と49秒台を2度。


(1週前)
美・坂路 4F49.1-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価・順位?位
(今週)
美・坂路 4F49.2-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価・順位?位


1番・ダンスファンタジアという強敵が1頭おりますが、調教的には??最終決断は会員ページ(PC版 携帯版)のコラムにて書かせて頂きました。明日の雪予報の東京競馬場で、"白い"馬体が舞うことができるでしょうか?




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都10R 7番 フミノイマージン
2月9日(水) 栗・CW 指数《91.5》(A評価

東京2R 13番 トラファルガー
2月10日(木) 美・坂路 指数《86.0》(A評価

東京3R 8番 フローラルホール
2月9日(水) 美・坂路 指数《85.8》(A評価

東京12R 10番 カフェマーシャル 3週連続の好調教
2月9日(水) 美・坂路 指数《81.0》(B評価
2月2日(水) 美・坂路 指数《87.5》(A評価
1月26日(水) 美・坂路 指数《80.3》(B評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキン

| | コメント (2)


2011年2月10日 (木)

反省も多かった一日

【今週の重賞のデータ作成中】

京都記念はプロヴィナージュ、メイショウベルーガ、ヒルノダムールなど、私のお気に入りが続々と登場。栗・坂路で目立つのはプロヴィナージュの4F50.5-1F12.3。ヒルノダムールは日経新春杯が6F80秒後半-1F12秒前半で、今回もほぼ同じ。


プロヴィナージュ
栗・坂路 4F50.5-1F12.3 ⇒
調教指数《??》・?評価
メイショウベルーガ
栗・坂路 4F53.7-1F12.3 ⇒
調教指数《??》・?評価
ヒルノダムール
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒
調教指数《??》・?評価
ビッグウィーク
栗・CW 5F66秒後半-1F11秒後半 ⇒
調教指数《??》・?評価

前回は《89.0》のA評価・順位1位でしたので、推奨馬としました。当時と比較して馬場状態がどうでしょうか。共同通信杯の関西馬では、ベルシャザール、ユニバーサルバンクに現時点では注目しています。


ベルシャザール
栗・坂路 4F52.8-1F12.6 ⇒
調教指数《??》・?評価
ユニバーサルバンク
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒前半 ⇒
調教指数《??》・?評価


高中式調教サイト」のご登録はコチラから
(今週は金曜日が祝日となります。今週末からの利用を希望される場合は、木曜15時まで登録&お振込みをお願いします。)



【土曜に続いて大勝ちなるか?】

日曜日は、昨日の「貯金」もあり、気分良く京都競馬場へ。先々週の日曜は「中弛み(4連敗)」があったもののショウリュウムーンのお陰で一気に浮上(この件についてはコチラ)。

そして、昨日のブログで書きましたとおり、土曜日も好調教馬はコンスタントに馬券に絡んでいましたので、結果が出ないレースが少々続いても、ジックリと構えて機会を窺っていれば、先々週のように「好調教馬(→ショウリュウムーン)」がいずれ利息を付けて投下資金を戻してくれるものと信じ、本日も「コラム推奨馬」と「調教から狙える好配当馬」を中心に攻めてみる予定。

そして、滑り出しは「調教から狙える好配当馬」の2頭がそれぞれ馬券圏内に来てくれました↓京都1Rはトリガミでしたが、京都5Rで無事回収。



(京都1R  3歳未勝利戦 6番 ニシオドリーム)

Ky020601bmp

Ky020601b

購入額 1万6000円 払戻額 9800円




(京都5R  3歳未勝利戦 13番 ラポール)

Ky020605bmp

Ky020605b


購入額 1万5000円 払戻額 6万円



京都5Rの13番・ラポールは初戦大敗して、2戦目で一変して2着。「2週連続好調教」「栗・CWで10位以内」の2点で該当。複勝は600円。「今日もこれで大丈夫や」と気楽なことを考えていたところ、その後が些か微妙な結果↓

① 東京6Rの「コラム推奨馬」1番・スナイプビッドは2番人気で4着
② 小倉7Rの「調教から狙える好配当馬」5番・ウィアーザスターは4番人気で7着
③ 東京7Rの「調教から狙える好配当馬」15番・ラインジェシカは4番人気で4着
④ 京都9Rの「調教から狙える好配当馬」3番・メルシーヨークは8番人気で12着



【昇級戦をものともせず】

やや"プッツン状態"となったのは、「4連敗」を喫したことが主な理由。ですが、その伏線としては、前日の会員サイト更新作業中、「コラム推奨馬」の候補に挙げながら、最終的には推奨馬へ抜擢しなかった3頭のうち2頭が快勝したこと。

その2頭は京都8Rの5番・メイショウデイムと小倉10Rの2番・カフナで、共に配当面などを考えた末、推奨馬から外した次第。この結果が「4連敗」と相まって頭の線がプチッと切れたように(好調教馬=「確変モード」に入っていたという理由もありますが)、残るもう1頭の推奨馬"候補"の馬券を購入↓



(京都10R 橿原S 4番 トーホウチェイサー)

同馬は前走時に「コラム推奨馬」としてお世話になった馬(これについてはコチラコチラを)。スタート直後で大きく躓いて後方から競馬となり、更に、直線ではスムーズさを欠く場面がありながらの差し切り勝ち。千二の短距離戦では中々出来ることではありませんので、「次走も注目」と思っていたところ、今回も栗東・坂路で4F52.4-1F12.5・指数《81.6》(B評価)をマークし(1週前も指数《78.9》とB評価一歩手前)、当然の如く「推奨馬候補」へ。

ただ、2、3歳戦なら全く気にしませんが、古馬の「昇級初戦」については、「降級馬の出戻り?」といった特別な場合を除いて、原則として"様子見"しています。特にダートの1600万クラスは「大激戦区」であり、しかも、今回はオープンからの降級馬を含め所謂"骨っぽい"メンバ-構成でしたので。今回は推奨を見送り。

ところが、そうして前日に考えていたことを全てご破算にし、同馬の単勝3万円と元返しの枠連2万1千円。以上、合計5万1千円で勝負。

Ky020610bmp

レースの方は、スンナリとスタートを決めた同馬が、直線では前が壁になりながらも狭いスペースを突き抜けて1着(単勝430円・枠連1210円)。

次走に続き今回も直線でスムーズさを欠きながら強い競馬。次走はオープンへの「昇級初戦」となりますが、このレース内容なら、またまた楽しみ。ちなみに、「コラム推奨馬」とするかどうかは、次走時の調教を見たうえで(指数を算出してうえで)、「昇級初戦」と"規制"を撤廃して検討します。

なお、「昇級初戦」の取扱も含め「コラム推奨馬」の選定基準については、再考します(反省)。

Ky020610b_2
購入額 5万1000円 払戻額 18万9500円



【東西の両重賞は】

↑のレースで再び落ち着きを取り戻し、迎えた東西の両重賞。京都11Rのオルフェーヴルについては、「S評価馬のパーフェクト(3戦3勝)」がかかっていましたし、

Photo_4   

東京11Rのダノンヨーヨーについては、勝手ながら当方は「今年のマイル界の主役候補」と位置づけていていますので、

Photo_3

馬券的には当然のこととしても、今後を占う意味を含めて両馬のレースぶりには大変注目していたのですが、結果は、前者が2番人気で3着、後者は1番人気で7着。

Ky020611b_2

いみじくも両馬共にメンバー中最速の上がり(3F)をマークしていますが、オルフェーヴルついては、勝ち馬には「反応の良し悪し」や「切れ味」といった点で明らかに劣っていましたし、片やダノンヨーヨーについては、2走連続の出遅れ。これが「出遅れ癖」ともなればGⅠはおろか重賞戦線を戦う上で致命傷。

両馬共に攻め駆けする当方のお気に入りですので、今後の動向については注意深く見て行いきたいと思います。土曜は15万浮きとは対照的に、日曜は"僅か"1万円ほどのプラス。二日続けて大勝ちとはならず。


高中式調教サイト」のご登録はコチラから
(今週は金曜日が祝日となります。今週末からの利用を希望される場合は、
木曜15時まで登録&お振込みをお願いします)

| | コメント (0)


2011年2月 9日 (水)

S評価2頭が圧勝で馬券は?

【土曜日はコラム推奨馬が活躍】

"確定申告"でバタバタしていますので、簡単に土曜日の回顧を書いておきます。先々週はS評価が5戦1勝でしたが、基本的にはコレだけ購入しておけばプラスにできます。この日はS評価が2頭おりました。その前に土曜日の「コラム推奨馬」の京都3Rを購入。



(京都3R 3歳未勝利戦 11番 テーオーブユウデン)

Ky020503bmp

前走後は一気に攻めが強化され、今回は栗東・坂路で「3週連続の好調教」。先週は4F50.7-1F12.5と自己ベストを1秒以上短縮し、指数も《90.4》(A評価)・順位7位と優秀。人気は10番・ウィキマジックが集めていましたので、11番・テーオーブユウデンは2番人気でも単勝3倍。1週前の好調教・A評価は盲点になりがちです。


Ky020503bbmp

購入額 3万8000円 払戻額 6万4100円



(東京9R 春菜賞 5番 クリアンサス)

To020509bmp

最も期待していた5番・クリアンサスが登場した東京9R。土曜日のブログにも書きましたように、坂路で自己ベストを1秒以上短縮。それでもって、指数は《97.1》の(S評価)で、順位は古馬に混じって堂々の1位

先ほどの11番・テーオーブユウデンと同じで、S評価の好調教をマークしたのが1週前。レース週に古馬に混じって1位なら、さすがにもう少し人気していたでしょう。3連複を外したのは悔やまれますが、単勝560円で払い戻しは10万強。

To020509bbmp

購入額 3万7500円 払戻額 11万2000円



(小倉10R 小倉城特別 6番 ヒットメーカー)

Ko020510bmp

本日はもう1頭、S評価。6番・ヒットメーカーは最近は、やや物足りない稽古が続いていましたが、先週は指数《85.9》(A評価)・順位5位、今週は指数《95.5》(S評価)・順位2位とレベルが高い「2週連続の好調教」

前走は2番人気で5着に敗退でしたが、今回は好位から突き抜けて4馬身差圧勝。距離短縮、得意のコース(0-2-0-0)というよりも、デキが戻っていたのが大きかったと思います。

Ko020510bbmp

購入額 3万円 払戻額 9万3000円



そして、前日のブログで「調教から狙える好配当馬」に取り上げた2頭のうち1頭も勝ち上がり↓、

(東京4R 3歳未勝利戦 8番 コーラルビュー)

To020504bmp

To020504bbmp

購入額 2万1500円 払戻額 5万7500円


馬券の方は、3連複を購入した分が不的中だったり、配当が激安だったりしたため、"投資効率"は少々悪くなりましたが、金額ベースではそれなりの儲け(15万強の投資で、回収は30万強)。土曜の夜は「この調子なら明日はもっと…」と勝手な思いを巡らせながら床についた次第です。日曜の回顧は後ほど。




【本日の調教から】

京都記念はプロヴィナージュ、メイショウベルーガ、ヒルノダムールなど、私のお気に入りが続々と登場。栗・坂路で目立つのはプロヴィナージュの4F50.5-1F12.3。ヒルノダムールは日経新春杯が6F80秒後半-1F12秒前半で、今回もほぼ同じ。


プロヴィナージュ
栗・坂路 4F50.5-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
メイショウベルーガ
栗・坂路 4F53.7-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
ヒルノダムール
栗・CW 6F80秒前半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価


前回は《89.0》のA評価・順位1位でしたので、推奨馬としました。当時と比較して馬場状態がどうでしょうか。共同通信杯の関西馬では、ベルシャザール、ユニバーサルバンクに現時点では注目しています。《80》を超える調教指数となるでしょうか?


ベルシャザール
栗・坂路 4F52.8-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
ユニバーサルバンク
栗・CW 6F82秒後半-1F12秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価



「新地絶ち」を宣言しましたが、今晩は「確定申告」に関するお願い事があり、お世話になっている取引先と新地で食事会。軽く食事をしてから、本日の調教データ作成へ復帰する予定にしています。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから
(今週は金曜日が祝日となります。今週末からの利用を希望される場合は、
木曜15時まで登録&お振込みをお願いします)

| | コメント (0)


2011年2月 8日 (火)

S評価馬が勝率100%は逃したものの

【残念な大相撲の春場所中止】

先月末から所得税の「確定申告」という大仕事に取りかかっていますが、作業が中々予定どおりに進まず苦戦しています。

先週の"お化け"行きによるロスタイム?は当初から織り込み済みでしたし、付き合いが古い周囲にいる人たちは、当方が非常にナーバスな状態になっていることを知っており(何せ相手は"強敵"の税務署ですから)、出来るだけスムーズに作業をこなせるよう色々と気を遣ってくれています。

ところが、それとは逆に、こういう時に限って無理難題を言ってきたり、アッと驚くような不測の事態を起こしてくれる"奇特な方???"が不思議なことに毎年必ず一人や二人おられるますので、思わず"イラッとしたり、ムカッとしたり"と精神的によろしくない日々を送っています。

ただ、怒ってばかりいると、折角「お化け」で付けた"福"が逃げて行きそうですので、心穏やかにして粛々と作業をこなし、出来る限り早くこの状況を脱したいと思います。

ちなみに、今後のスケジュールとしては、来週中に当方の作業を終え、再来週の初めには税理士先生と打合せをして申告書を完成させるつもりでいます。

なお、その税理士先生の事務所は私が半年に一度の健康診断を受けている病院の直ぐ近く。確定申告の打ち合せと併せて、2ケ月に及ぶの禁酒の成果を試す?べく"肝機能"の再検査を受けてきたいと思います。


ところで、先週末に「新地断ち」を宣言?しましたが、例年でも確定申告の作業で忙殺されるこの時期は、普段と比べ新地行きを含めた飲み食いの機会が激減。そうしますと、何事にも「反動」と言うものがあり、3月に入ると、何やかんやと理由をつけては新地に出没。

そして、この時期、普段なら、大阪で大相撲春場所が開催されるため、新地の各通りやお店でお相撲さんに遭遇することが屡々なのですが、ご承知のとおり、今年は春場所自体の開催が中止。

お相撲さんが闊歩する様子は、その姿形の雄大さもさることながら、髷を結っている「鬢付け油」の何とも言えない良い匂いが独特の雰囲気を醸しだしており、この季節の風物詩としても私のお気に入りの光景でしたので、今回の決定を非常に残念に思っています。

相撲界においては、今回の問題も含め解決しなければならないことが山積みだと思われますが、当方としては、来年再びこの光景が見られることを唯々願うばかりです。




【勝率100%は逃すも複勝率は100%】



Tk0205bmp

先週はT評価馬、B評価馬が好調でしたが、今週はS評価馬A評価馬が期待通り(調教通り)に走ってくれました。

S評価馬
については、日曜日の京都11Rのオルフェーヴルが3着となり、「3戦3勝のパーフェクト」とはいきませんでしたが、その単勝回収率が290%、複勝回収率が183%と共に大幅な100%超となりました。


特に土曜日の東京9R・春菜賞の5番・クリアンサス。母フラワーパークという"超"良血で、土曜日のブログにも書きましたように、坂路で自己ベストを1秒以上短縮。

To020509bmp

それでもって、指数は《97.1》の(S評価)で、順位は古馬に混じって堂々の1位。3番人気で単勝560円は好配当に思えます。馬券のPAT画像をコピーしようとした所、メンテナンス中とのアナウンス。また馬券の画像は明日以降にでも貼っておきます。

それにしても単勝560円もついたのは、S評価の好調教をマークしたのが、1月26日(水)の1週前だったからでしょうか?


そして、A評価馬も、単勝配当2690円をマークしたアペリティフ(日曜の京都4R)を筆頭に39頭中8頭が勝ち星を上げ、単勝回収率は126%と100%を超え、複勝回収率は94%と100%に僅かに及びませんでしたが中々の好成績となりました。

なお、B評価馬とT評価馬についても、勝率・単勝回収率は低かったものの、複勝回収率ではB評価馬126%と100%を超え、T評価馬も90%と100%近くの成績を収めていますので、この土日はS~T評価まで好調教馬全体がコンスタントに馬券に絡んでいたと言えます。

あとはどこに照準を定めるかとなりますが、やはり「栗・坂路、栗・CWで順位10位以内」が最大のターゲット。



ちなみに、馬券の方ですが、土曜日は「コラム推奨馬」の活躍でそれなりの儲けが出ましたので、それでもって日曜日は勢い込んで京都競馬場へ。

途中までで土曜の儲けが半減しましたが、1頭の好調教馬のお陰でこの日も何とか凌ぎ切り、帰りの京阪電車の中では週中の睡眠不足をゆっくり補うことが出来た次第。この件につきましては、明日にでも。


Photo

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキン

| | コメント (0)


2011年2月 5日 (土)

今週のS評価馬、パーフェクト達成なるか?

【本日のS評価馬は2戦2勝】

今週のS評価馬は3頭。本日は昨日のブログで取り上げた東京9Rの5番・クリアンサスと小倉10Rの6番・ヒットメーカーの2頭が出走していましたが、共に快勝↓。

To020509bmp

Ko020510bmp

先週のS評価馬5頭の成績が「ちょっと…」でしたので、明日は最後の1頭にも頑張っていただき、「今週のS評価馬は3戦3勝でパーフェクト達成」といきたいところです。

ところで、明日はそのS評価馬1頭を含め馬券でガツンと勝負できそうな馬が会員サイト内の「予想コラム」(PC版 携帯版で推奨馬に抜擢した3頭。

それとは対称的に、↓の「調教から狙える好配当馬」で取り上げた5頭のほか、配当妙味がありそうな好調教馬が多数いますので、馬券の方は、「控え目」且つ「薄く広く」を心掛けたいと思います。



【明日の新馬戦は…】

会員コラム内で「妙味のある新馬」に抜擢した京都4Rの10番・アキノモーグル(A評価馬)は、果敢にハナを奪い直線に入り後続を突き放す場面もありましたが、その後、力尽きて5着(3番人気)。敗れはしたものの「スピード十分、見せ場タップリ」の走りでしたので、次走も"複勝圏内"ではなく"勝ち負け"を期待しましょう

Ky020504bmp

明日の新馬戦で「妙味のある新馬」に抜擢しようと思っていたB評価馬が出走取消。馬券で勝負できるはずでしたので、非常に残念。明日は新馬戦でなく、「調教から狙える好配当馬」や、東京新聞杯、きさらぎ賞で儲けたいと思います。



【今年はマイル界の主役へ】

(東京11R 東京新聞杯(GⅢ) 4番 ダノンヨーヨー)

To020611bmp

放牧に出されて2ケ月半ぶりのレースとなりますが、帰厩後、栗東・坂路で入念に乗り込まれ、先週は4F50.4-1F12.6・指数《92.0》(A評価)・順位6位、今週は4F52.2-1F12.4・指数《80.4》(B評価)・順位33位と2週連続して好時計・好指数をマーク。4連勝時と同レベルの指数を叩き出しており、いきなりから走れる状態です。

今回は勝ち鞍があるコース(1-0-1-0)で、鞍上とも相性抜群(2-1-0-0)。今年のマイル界で主役を張るためにも同馬としては負けられない一戦ではないでしょうか。

相手候補は先手を奪えば渋太い「
2週連続の好調教馬」の11番・シルポート。

ちなみに、両馬の強敵と言えるのが、昨年のマイルCS(GⅠ)では4番・ダノンヨーヨーと差がない3着に入った1番・ゴールスキー。同馬は、転厩後も引き続き栗東・ポリトラック中心の調教。それに対し、先の2頭は坂路中心。力を要する直線に坂がある東京コース故に、今回は「ポリトラック<坂路」で"ダノンヨーヨー&シルポート"へ軍配が揚がると読んでいます。


その他の京都11R・きさらぎ賞(GⅢ)などの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都1R 6番 ニシオドリーム 2週連続の好調教
2月2日(水) 栗・坂路 指数《80.3》(B評価
1月26日(水) 栗・坂路 指数《80.5》(B評価

京都5R 13番 ラポール 2週連続の好調教
2月2日(水) 栗・CW 指数《90.0》(A評価
1月26日(水) 栗・CW 指数《80.1》(B評価

京都9R 3番 メルシーヨーク
1月27日(木) 栗・坂路 指数《93.0》(A評価

東京7R 15番 ラインジェシカ 2週連続の好調教
2月2日(水) 美・坂路 指数《80.6》(B評価
1月26日(水) 美・坂路 指数《80.1》(B評価

小倉4R 5番 ウイアーザスター
2月2日(水) 栗・坂路 指数《85.0》(A評価




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキン

| | コメント (0)


2011年2月 4日 (金)

"新地絶ち"にチャレンジ?

【"新地絶ち"にチャレンジ?】

先週の日曜の楽しみにしていた北新地の「お化け」も終わり、これから約2週間は「確定申告」との戦いの日々。禁酒の方も今月一杯続きますので、暫しの間"新地絶ち"。と言いながらも、馬券で儲ければ行きたくなりそうで…。

W11

ところで、前開催は1頭しか出走していなかったS評価馬ですが、先週は5頭で、今週は3頭が出走。先週に結果を出すことが出来なかった4頭のS評価馬については次走で巻き返して貰うことにしますか!?今週の3頭については、「明日と明後日」できっちりと結果を出して貰いましょう。



【明日の新馬戦のA評価馬】

先週の日曜の新馬戦で「コラム推奨馬」に抜擢した東京5Rの5番・オルケゾグラフィ。2週連続して美・坂路でB評価で、1週前には順位9位をマーク。

To013005bmp

「走ってみなければわからない」という要素が多分にある新馬戦ですが、今回はタイミングが合わずに出遅れたのが敗因の一つ。調教的には古馬とも互角。名前はシッカリと覚えておきましょう。

明日の新馬戦は京都、東京、小倉で合計4鞍。そして、好調教馬は全部で5頭(A評価馬×1頭、B評価馬×4頭)。そのうちの1頭(A評価馬)を「妙味のある新馬」に抜擢しましたが、これについては、会員サイト内(PC版 携帯版)のみの掲載とさせてさせていただきますので、ご了解下さい。



【自己ベスト更新で大駆けを期待】

(東京9R 5番 春菜賞 クリアンサス)

To020509bmp

元々稽古駆けする同馬ですが、先週、栗東・坂路で4F50.5-1F12.1をマークし、自己ベストを1秒以上短縮。それでもって、指数は《97.1》の(S評価)で、順位は古馬に混じって堂々の1位

同馬は以前にもS評価となる指数をマークしたことがありますが、今回は時計・指数共にその時の数字を上回っていますので、デキに関しては、これまでで1番と言えるのではないでしょうか。

GⅠ挑戦の前走は、スタートで後手を踏み、終始外外を回らされて大敗(17番人気で18着)を喫しましたが、今回は「自己条件」且つ「未勝利戦を快勝した距離」に戻りますので、絶好のデキ(調教)を武器に好走を期待します。6番人気もお手頃。


その他の京都3R・3歳未勝利戦、小倉10R・小倉城特別の推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都7R 3番 レコメンド
2月2日(木) 栗・坂路 指数《84.0》(B評価

東京4R 8番 コーラルビュー
2月2日(水) 美・坂路 指数《86.3》(A評価




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年2月 3日 (木)

毎年恒例の北新地の「お化け」へ

【景気付けにもってこいの行事】

昨日、今年に入ってから幾度となく前振りをしてきた北新地の名物行事「節分祭」、通称"お化け"へ競馬仲間二人と行ってきました。

「お化け」とは、2月3日の節分前後、新地のクラブやラウンジで繰り広げられる大コスプレ大会。いつもはドレス姿のホステスさんが、花魁(おいらん)などのド派手な衣装でドンチャン騒ぎ。私の友人のように「騒がしいから、ゆっくり飲まれへん」と、お化けの時に飲みに出るのを敬遠する人もいますが、勝負事に身を置く者にとっては、"振る舞い、振る舞われること"で福を呼び込み「景気付け」とするにはもってこいの行事。

この破天荒な行事を是非味わって貰いたいと、毎年「お化け初体験」の方を一人はお連れするようにしています。昨日は諸般の事情?により予定外の"長い夜"となってしまいましたが、お店での様子を簡単に紹介させていただきます。



【天味 石和川】


滑り出しの食事は「天味 石和川」さんへ。まずは、お決まりのノンアルコールビールで乾杯。自宅でも愛飲しているサントリー社製の「オールフリー」ですが、最近、これを置いているお店が多いです。

Allfree

そして、本日のメニューは「寄せ鍋」。具材は魚貝類(生の穴子・牡蠣・あんこう・あん肝・たら白子・はまぐり)が中心で、お出汁は上品な白味噌仕立て。

Yosenabe_2

鍋をつつきながら競馬談義に花を咲かせ、お出汁まで飲み干そうかの勢いで出された食べ物を全て平らげ、同店を後に。



【クラブW】

向かった先はクラブW。そして、同店でお世話になっているのが「あゆ美ママ」さん。
昨年12月中旬、「アユミチャン」というママと同じ名前の馬の馬券を買い、同馬が朝1番のレースで快勝した後(12/12の中山1R)、私の買う馬券が"確変モード"に突入。私にとっては正に「福の神」的存在のママさんです(この件についてはコチラを)。出来れば今年もママさんの"運"にあやかりたいところ。

普段は着物姿が多いあゆ美ママさんですが↓、

Ayumimm_2

この日の姿はアッと驚く妖艶な?装い。

(表面↓)「ショーガール」を目指していたところ、出来上がりが「"益若つばさ"のようになってしまった」とママさんは不満げ。ちなみに、手に持っている黒い棒のようなものは"埃ハタキ(失礼・笑)"ではなく、競馬(アユミチャン?)を意識してオプションで買ってきた「鞭」。

W1

(裏面↓)写真には写っていませんが、更に下の方は沢尻エリカ張りの"半ケ○"状態とのこと。

W2

そして、目移りするほど色々な衣装を身にまとった多数のホステスさんに↓、初参加のI氏も目を白黒。
ちなみに、"見れば分かる"衣装から「これは?」と思うものまでありましたが、写真のタイトルは自己申告?によるもの。

(花魁・何と言っても仮装の花形です。胸元には御祝儀の1万円札が…)

W3


W4


(パイレーツ&ドロンジョ・リカちゃん写真ありがとう)

W10


("魔法使い"?だったと思います)

W5


("小悪魔"でしたよね?)

W6

(かぐや姫・この後は"月"に帰るそうです)

W7


(マリーアントワネット・そのノリノリのパフォーマンスに横のK氏も引き気味)

W9


(最後に多数の方々による集合写真・別の世界にきたような…)

W11


華やいだ雰囲気の中で楽しい時間を過ごさせていただき、皆さん、本当にありがとうございました。大変良い「景気付け」となりましたので、早速、今週末から競馬でガンガン稼げるよう頑張ります。



【ラウンジM】

クラブWを出た後は、ラウンジを2軒ハシゴ。
写真は最後に行ったラウンジMのお二人。

(ハイブリッド新聞主宰のK氏がお気に入りのケイコさん。本日の装いはピーターパン。"鳥居みゆき"に似ているとのもっぱらの噂)

M1


(いつも元気なスミレさん。本日はタカラジェンヌ風とのこと)

M3


結局、帰宅にしたのは午前4時近くと、久々にロングランとなる夜遊びでしたが、何せ禁酒中ですから、クラブ、ラウンジで飲んでいたのが"氷のミネラルウォーター割り???↓"とあって当然のことながら二日酔いは全くなし。

Wmizu_2


ただ、先程から寝不足による猛烈な睡魔に強襲されていますので、少し仮眠を取ってから今週分の調教データ作成に勤しみたいと思います。
毎度のことながら、Iさん、Kさん、遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました(と言うか、アッチコッチ引っ張り回してスイマセン)。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (3)


2011年2月 3日 (木)

オルフェーヴルとダノンヨーヨー

何番目に速い時計かどうかがキーポイント

昨日は19時から北新地名物"お化け"へ出撃して、「天味 石和川」~「ラウンジM」まで4件ハシゴ。帰宅したのが4時前。また詳細は時間があれば後ほど(美女の写真付き。笑)。



日曜のブログにも書きましたように、まず今週の注目は東京新聞杯のダノンヨーヨー、きさらぎ賞のオルフェーヴルの2頭。ともに水曜に栗・坂路にて追い切り。

オルフェーヴル
栗・坂路 4F51.2-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価

ダノンヨーヨー
栗・坂路 4F52.2-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価


昨日の坂路は時計が速く、50番目時計でも52秒台。「高中式とは?」の説明ページ(PC版携帯版)にも書いている通り。"重要なのは幾ら時計が速いかどうか?"ではなく、"日別、コース別で何番目に速い時計を出しているのか?"となります。



調教指数は全体を《70》満点、ラスト1ハロンを《30》満点として算出して、調教指数の上限は《100》満点。なお日別、コース別で基準を設定して、馬場状態なども加味します。頭数が多く、また追い切る馬のレベルが高い「栗・坂路」では、20番時計を一つの目安としながら、500万or1000万の平均も取っています。例えば昨日の基準は4F54.0秒-1F13.0秒となります。

4Fを基準と比較して《70》満点で採点、1Fを基準と比較して《30》満点で採点。ココに脚色、コース取り、微調整を加えて、高中式調教指数が完成。調教指数の目安としては以下の通りです。


・《80点》を超えれば水準以上(=B評価
・《85点》を超えれば優秀な部類(=A評価
・《95点》を超えれば非常に優秀(=S評価

Photo
ショウリュウムーン
栗・坂路 4F50.7-1F12.5 ⇒調教指数《93.0》・A評価、順位1位

京都牝馬Sを勝ったショウリュウムーンは、1週前の1月20日(木)に4F50.7-1F12.5。この日の基準となる4F54.3秒-1F13.1秒を元に計算。4F、1Fともに速く、調教指数は《93.0》のA評価・順位1位


こうして高中式中調教指数ができあがり、週末のデータ&コラムへと繋がっていきます。データ作成を手伝って貰っているI氏には、本当に感謝しております。ショウリュウムーンの単勝が買えるのも、"お化け"へ繰り出せるのも、I氏のおかげといっても過言ではありません。

"お化け"へ写真撮影しに行ったんか?というくらい美女の写真を何枚も、ブログ用に取らせて貰いましたので、後ほどアップさせて頂きます。皆さんはどの美女が一番好みでしょうか?私は…




きさらぎ賞

オルフェーヴル
栗・坂路 4F51.2-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価

カーマイン
栗・坂路 4F51.5-1F13.3 ⇒調教指数《??》・?評価

ギリギリヒーロー
栗・坂路 4F55.5-1F13.0 ⇒調教指数《??》・?評価

マーベラスカイザー
栗・坂路 4F52.7-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価


東京新聞杯

シルポート
栗・坂路 4F52.4-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価

ダノンヨーヨー
栗・坂路 4F52.2-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価

ネオヴァンドーム
栗・坂路 4F56.4-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価

リクエストソング
栗・坂路 4F51.9-1F13.8 ⇒調教指数《??》・?評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月 2日 (水)

調教内容が一変の実力馬

【朝一の9万弱の儲けを手に】

先週の土日は「(翌週の)北新地行きの資金稼がねば」と気合い十分。日曜日は「今日は何が何でも儲けなければ」と勢い込んで、京都競馬場へ乗り込みました。


Co0131bmp

(京都1R 3歳未勝利戦)

この日は、S評価馬4頭を含む「コラム推奨馬」↑と「調教から狙える好配当馬」で勝負する予定でしたが、その前に「運試し」も兼ねて京都1Rを参戦。

と言うのは、このレース、関東馬の13番・アルベルティが単勝オッズ2倍を切る圧倒的な1番人気に支持されていましたが、調教的には3番・ラディアーレ(B評価馬)と11番・キョウワダッフィー(T評価馬)が断然上位。「勝つのはこの2頭のうちどちらか」と両馬の単勝各1万円と両馬からの3連複1万3千円(2頭軸総流し・千円×13点)を購入。

Ky013101bmp

レースは、アッサリと先手を奪い逃げ込みをはかる3番・ラディアーレをゴール前で11番・キョウワダッフィーがクビ差捉えて1着(単勝530円)。人気の13番・アルベルティは出遅れて5着止まりで3連複の配当は3990円。

朝一から約6万円儲けて思わずニンマリ。

Ky013101b

購入額 3万3000円 払戻額 9万2900円



(東京1R 3歳未勝利戦 5番 トーアクリスタル)

東京の1Rでも、14番・サトノデートナが単勝1.3倍と1本被り。そして、「調教から狙える好配当馬」の5番・トーアクリスタルは2番人気ながら単勝オッズは8倍と妙味十分。鞍上・江田照騎手の"穴で一発"に期待し、同馬の単複各1万円と14番・サトノデートナとの3連複1万4千円(2頭軸総流し・千円×14点)を購入。

To013101bmp

レースでは、好スタートを切った同馬ですが、直ぐさま14番・サトノデートナにハナを奪われ3、4番手を追走。14番・サトノデートナは軽快に飛ばし、直線に入ってもほとんど追うところもなく快勝。5番・トーアクリスタルは追いすがって3着(複勝180円)。2着に入った10番・グランデアルトが8番人気だったことにより、3連複の配当は4440円。1番人気・2番人気絡みの馬券としてはまずまずの配当。

To013001b

購入額 3万4000円 払戻額 6万2400円


朝一から購入した馬券がポンポンと的中。2レースで9万円弱の儲けを手にし、この時点では「今日はイケるで」と意気揚々。その後、馬券を購入したレースについて時系列で説明しますと↓

① 東京5R 新馬戦 コラム推奨馬 オルケゾグラフィ
出遅れたうえ、直線に入っても馬群の中でウロウロ?。1番人気で7着。

② 京都6R 3歳500万下 調教から狙える好配当馬 9番 ヤマノサファイア
これまた出遅れて離された最後方を追走。4番人気で6着。

③ 東京7R 3歳500万下 コラム推奨馬 7番 ロッカヴェラーノ
またまた出遅れて直線でも前が塞がりまくり。3番人気で7着。

④ 京都9R 春日特別 コラム推奨馬 11番 サクラエルドール
出遅れこそなかったものの、直線の勝負所で前が壁になり、最後まで馬群を割れず。3番人気で6着。

↑"思わず絶句"と言ったレースの4連発。9万円弱の儲けもなくなり、再び一から戦い直すことに。そこで京都牝馬S。



【変わり身を期待できる"調教一変"】


(京都11R 京都牝馬S・GⅢ 5番 ショウリュウムーン)

一昨日のブログに書きましたとおり、2週続きで抜群の稽古を披露した同馬。同馬については桜花賞で「コラム推奨馬」に抜擢したくらい、元々は攻め駆けする方でしたが、昨年の春以降の稽古はサッパリ。

ところが、今回は自己ベストを大きく更新する時計をマークし、調教指数も急上昇。陣営からの「内にモタれるのでハミを替えて…」とのコメントもあり、"変わり身"の期待十分。でもって、悪夢のような4連敗↑を払拭すべく単複各1万5千円を購入。

Ky013011bmp

レースの方は、先のブログで書いたとおり、同馬が直線半ばで馬群を一気に突き抜けて快勝(単勝1070円・複勝330円)。「調教一変」→「レース快勝」という当方が描いた構図が見事にハマり、溜飲が下がる思い。

Ky013011b_2

購入額 3万円 払戻額 21万円



【敗因は左回りか?】


(東京11R 根岸S・GⅢ 1番 セイクリムズン)

このレースでは、好調教馬は4頭↓。

To013011bmp

栗東の「坂路王」ことセイクリムズン。近走に引き続きS評価で、2週続けて5位以内&《90》超え。ケイアイガーベラではなく、同馬を推奨馬に抜擢。着差以上に強い内容で、ついにGⅠへと駒を進めることになりました。

そして、A評価馬の9番・エーシンクールディが4着(8番人気)、B評価馬の3番・ティーアップワイルドが5着(5番人気)と共に掲示板は確保したのですが、坂路女王」こと6番・ケイアイガーベラは1番人気に支持されながらも8着に敗退。

今回は武蔵野Sとは違い、スムーズな競馬が出来ていたように見えましたが、直線半ばで失速。そして、帰宅してから今日のレースと阪神や京都で快勝した時のレース・リプレイを何度も見返したところ、スタート・ダッシュの鋭さや道中の行きっぷりの違いは歴然。

鞍上を含め陣営からは「敗因は左回りかも」とのコメントがなされ、フェブラリーSも今後の予定として視野に入れられていたところ、高知競馬場での「黒船賞(統一GⅢ)」へと。

統一Gレースも含め地方競馬には門外漢の当方ですが、"右回りに変わり、同馬が再び鋭い走りを見せるか(左回りがダメということではなく、彼女は「東京競馬場」が嫌いなだけかもしれませんが!?)"大変興味がもたれるところです。ドライブを兼ねて高知競馬場まで行ってみようかな?


ちなみに、馬券の方は「坂路王&女王」絡みの3連単で攻めてみたところ、「坂路王」の方は面目躍如といったところでしたが…。

思わず「後味が悪い」と先々週のように予定外のレースにまで手を出しそうになりましたが、今回は翌週の新地行きに備え(資金確保のため)て、その思いを封じ込めて、早々に帰り支度へ取りかかった次第。

To013011b_2

購入額 3万円 払戻金 0円



↑のとおり、"大儲け"とまではいかないまでも、ショウリュウムーンのお陰で今日1日分の飲み代15万ほど確保しましたので、今から北新地名物の「お化け」へ"景気づけ"に出発。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年2月 1日 (火)

先週はT評価馬が好調

【S評価馬の巻き返しに期待】

馬券の回顧の前に、まずは先週の好調教馬全体の成績について。

Tk0129bmp

前開催では単勝の配当が万馬券となる超人気薄の好調教馬の激走も見受けられましたが、この土日ではB評価馬のエイシンダヴィンチ(土曜・小倉12R)が単勝配当4360円をマークしたのが最高。これによりB評価馬の単勝回収率が142%と100%を大幅に超えることになりましたが、コンスタントに馬券に絡んでいたのが「T評価馬」。単勝の最高配当が1830円(土曜・東京12Rのビギンマニューバー)と"大物"はありませんでしたが、土日を通じて安定した成績を収め、その単勝回収率及び複勝回収率が共に約104%となりました。
以前にも書きましたが、T評価馬に関しては、人気が有る無しに拘わらず常に好走する可能性を秘めていますので、馬券購入時には、頭の片隅には置いておく必要があります。

これとは対照的だったのが、当方も絶大な信頼を寄せるS評価馬の成績。
先週はスプリングソング(土曜・京都11R)、サクラエルドール(日曜・京都9R)、ロッカヴェラーノ(日曜・東京7R)、セイクリムズン(日曜・東京11R)、ケイアイガーベラ(日曜・東京11R)と珍しく5頭ものS評価馬が出走していましたが、勝利を収めることが出来たのはセイクリムズンのみ。
ただ、毎度お馴染みの話で恐縮ですが、調教でS評価をマークすることが出来るのは"デキが良い"だけではなく"能力が高いこと"を示すひとつの証であり(特に2~3歳馬は)、S評価馬については、この1走がダメでも次走以降で巻き返してきますので、結果を出すことが出来なかった4頭もこれで見限ることなく引き続き注目してみたいところです。

最後に快勝したセイクリムズンについて少々。
同馬も次走はいよいよGⅠ(フェブラリーS)に挑戦。同馬のことは一昨年の秋ごろから"攻め駆けするお手馬"として追いかけ続けてきましたので、当方としては「よくぞここまで!」と非常に感慨深いものがあります。従って、心情的には当然応援したいところですが、やはり、GⅠ故に相手関係は一気に強化されますし、重賞連勝の反動も予想されますので、当方としては、"中2週でGⅠに臨むに際し、どのような追い切りをこなしてくるか"、同馬の動向を冷静に見守っていきたいと思います。


ちなみに、明日と明後日は北新地名物の「お化けの日」。今のところの予定では、明日、競馬仲間と一緒にそのスペシャルな行事に参戦?してみるつもり。ですので、日曜日の馬券については、明日の夜までに回顧させていただきます。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »