本文へジャンプします。



« 「坂路王」が有力馬としてG1の舞台へ | トップページ | 1000万とは言わないまでも100万馬券を目指して »

2011年2月14日 (月)

1950万馬券は夢のまた夢?

【JRA史上最高の1950万馬券について】

昨日の晩にスポーツ番組を見ていると、民放でも小倉4Rで飛び出した1950万馬券が話題に(確か4ch&8chだったでしょうか)。朝一の事務所でも、とある事務員さんに尋ねられました。


「高中さん、あの馬券獲りました?」、と。


8番・ゲティスバーグ(9番人気)→3番・カリスマサンミッキー(15番人気)→13番・シルクフラッシュ(6番人気)の順で入線。

ブログでも書きましたように、土日は競馬以外の件でバタバタしておりましたので、馬券は小倉までは手が回らず。このレースで勝った8番・ゲティスバーグは直近で唯一、栗・CWにてB評価をマークしておりました。

栗・CW 6F80.4-1F12.8 ⇒調教指数《83.5》 B評価・順位15位


1950_2

そして2着に入線した3番・カリスマミッキー。年末に栗・坂路で動いており、「T評価」(=お気に入り)に加えておいた1頭。ブービー人気で複勝でも3350円でしたので、「何もこんなバタバタしている日に走らんでも…」と思わず嘆きたくもなります。

この好調教馬の2頭に加えて、6番人気の13番・シルクフラッシュで、馬連は10万馬券、3連単はJRA史上最高となる1950万馬券。的中票数は僅か2票(その内の一人になれなくて、非常に残念です)。私の馬券は単勝、複勝、3連複が中心ですので、3連単は購入しなかったと思いますが、狙い続ければ1000万馬券も…

| | コメント (0)

高中式調教理論」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。