本文へジャンプします。



« 人気薄の好調教馬の激走には注意 | トップページ | 栗・CWで古馬顔負けの好調教 »

2011年1月20日 (木)

過去のデータと比較してみると

【意外と得意なダート戦】

Photo_2

2歳戦とともに比較的、得意としているダート戦。JCダートは《95.9》でS評価の3番トランセンドが推奨馬。栗・坂路で見事に順位1位でした。3連複は外してしまいましたが、単勝で無事にプラス収支。


Ha120511
購入額 4万5000円 払戻額 7万円



今回の平安Sでは、そのJCダートで8着だったダイシンオレンジが人気の一角となりそう。当時は中間にCWで《85.0》のB評価でしたが、順位は16位。尚、「過去分一覧」PC版の会員内ページの左下部から閲覧可能です。


Photo_4 


11月7日の2走前・みやこSを振り返ってみると、栗・CWで《81.0》のB評価、《88.0》のA評価。B評価以上が2本ですが、順位は10位以内に入っていません。

Photo_5


先週の13日(木)のCWでは1位ヒルノダムール、2位ダノンカモン、4位サクラエルドールが馬券圏内。坂路でも5位オーシャンカレントが10番人気で1着。10位以内に入ると入らないのとでは、結果、回収率も大きく変わってきます。


13_313_4   



今回は1週前、2週前ともに、いつものパターンで栗・CW追い。10位以内に入っているかどうかも注目したい所。他に人気しそうなインバルコは栗・坂路、マチカネニホンバレは美・坂路での追い切り。

ダイシンオレンジ
(1週前)栗・CW 6F79秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
(今週) 栗・CW 6F83秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価

インバルコ
栗・坂路 4F53.2-1F12.8 ⇒調教指数《??》・?評価

マチカネニホンバレ
美・坂路 4F51.1-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価




【明け4歳馬の勢いか?それとも】

中山のAJCCは登録が12頭と落ち着きました。有馬記念で5着のトーセンジョーダン、中山金杯で重賞初制覇を飾ったコスモファントムが中心となりそう。

有馬記念を調べてみると、トーセンジョーダンは栗・坂路で《92.2》のA評価・順位3位。当時も調教は良かった訳です。対して中山金杯のコスモファントムはランク外で、決して稽古で動いてはいなかったよう。

トーセンジョーダンは前回と同様に順位10位以内か?コスモファントムは前走より少しでも評価が上がっているか?に注目してみましょう。


トーセンジョーダン
栗・坂路 4F51.7-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価

コスモファントム
栗・坂路 4F53.7-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)

高中式調教理論」カテゴリの記事


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。