本文へジャンプします。




2011年1月

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

「ハマナカ~!」と叫ぶこともない圧勝劇

【1週前に順位1位の5番・ショウリュウムーン】

順延にはならず一安心でしたが、それにしても冷え込んだ一日でした。京都牝馬Sでは推奨馬に推した5番・ショウリュウムーンが1着。他馬が止まって見える突き抜け方でしたので、ゴール前は「ハマナカ~!」と叫ぶこともせず。安心して見ていられました。先週の木曜、栗東・坂路で4F50.7-1F12.5と自己ベストを1秒近く更新。指数も《93.0》(A評価)で順位は1位

Photo

今週も4F50.7-1F12.5・指数《88.2》(A評価)・順位10位と好指数をマークして「2週連続の好調教&順位10位以内」。デキに関しては、ここに来て急上昇。3冠牝馬・アパパネを破ったこともある実力馬で、走るなら今回と見ていました。


Photo_2

単勝1070円なら"まずまず"。「栗・坂路&栗・CWで順位1位」はS評価並み(いやそれ以上?)に走ります。この1ヶ月でも5回以上は言ってるでしょうか?北新地の"お化け"へ出向く資金もそうですが、今週は時間を取るのも大変。回顧を書こうと思っていた所、急用が入りましたので、また購入馬券は明日or明後日にでも貼っておきます。

| | コメント (0)


2011年1月30日 (日)

前走は2週続けて10位以内。今回は?

【前走は2週続けて10位以内。今回は?】


Photo

きさらぎ賞はやや手薄なメンバーとなりそうです。人気はオルフェーヴルが集めるでしょうか。シンザン記念は人気的に他の好調教馬狙いも、オルフェーヴルも2週続けて好調教・順位10位以内でした。


1月27日(木)
栗・坂路 51.9秒-1F12.3秒 ⇒調教指数《89.0》・A評価

Photo_2

今回は1週前に栗・坂路で4F51.9秒-1F12.3秒。《89.0》のA評価・順位3位。頭数の少ない木曜追いでも、なかなか順位は優秀です。他のメルシーヨーク、グレープブランデー、エースインザホールらもA評価馬。出走してくれば注目してみましょうか。



Photo_3

東京新聞杯では早くもダノンヨーヨーが始動。マイルCSでは前述のオルフェーヴルと同じく、2週続けて好調教・順位10位以内。能力的に勝ち負けは当然ですので、前走と比較して何分に仕上げているかを判断しましょう。


1月26日(水)
栗・坂路 4F50.4秒-1F12.6秒 ⇒調教指数《??》・?評価

| | コメント (0)


2011年1月29日 (土)

本日は新馬戦が好調。明日はS評価馬4頭に期待。

本日の好調教馬は新馬戦を含め↓1日を通じてコンスタントに馬券圏内を賑わしてくれたのですが、最も期待していた昨日のブログでも取り上げたS評価馬・スプリングソング(京都11RシルクロードS)が2番人気で7着。しかも、「Bコースに替わっても内枠&先行馬有利」と書いたところ、逃げ馬?のジョーカプチーノに"大外一気"を決められビックリ。

明日はこのブログでお馴染みの「栗東の坂路王&女王」を含め4頭のS評価馬が出走していますので、彼ら、彼女には本日のスプリングソングの分まで頑張ってもらうことを大いに期待します。


ちなみに、明日は今のところ雪の心配がなさそうですので、北新地の"お化け代"を稼ぐため京都競馬場へ出陣の予定。


【明日の新馬戦】

本日は京都、東京で合計3鞍の新馬戦が組まれていましたが、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が4頭(B評価馬×4頭)出走し、その成績は(2-0-0-2)。
昨日のブログで紹介した東京5Rの10番・サクラゴスペルを含め会員コラム内(PC版 携帯版で「妙味のある新馬」とした2頭がいずれも1着↓。

To012903bmp

To012906bmp

明日の新馬戦は京都、東京、小倉で各1鞍づつで、好調教馬も各場で1頭づつ(A評価馬×1頭、B評価馬×2頭)。
「妙味のある新馬」に該当する馬はいませんでしたが、「コラム推奨馬」とした抜群の調教をしていた馬が1頭おりましたので、↓で紹介させていただきます。



【美浦・坂路で好時計・好指数を連発】

(東京5R 新馬戦 5番 オルケゾグラフィ)

To013005bmp

美浦・坂路で稽古を積まれ、その乗り込み量は本日新馬勝ちした「ベルモントメジャー」と「サクラゴスペル」に勝るとも劣りません。
12/29に4F51.5-1F12.6・指数《86.0》(
A評価)・順位11位をマークした後、年明けからは毎週の如く好時計を連発し、先週は4F51.1-1F12.8・指数《83.1》(B評価)・順位9位、今週は4F51.5-1F12.8・指数《80.2》(B評価)・順位31位と「2週連続の好調教」。
調教面からは他馬を圧倒していますので、新馬勝ちの"期待大"です。


その他の京都11R・京都牝馬S(GⅢ)、東京11R・根岸S(GⅢ)などの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都6R 9番 ヤマノサファイア
1月27日(木) 栗・CW 《91.0》(A評価

東京1R 5番 トーアクリスタル
1月26日(水) 美・坂路 《94.5》(A評価




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月28日 (金)

今週はS評価馬の活躍に期待

【今週はS評価馬が多数】

前開催の8日間では調教指数《95》を超えたS評価馬は1頭のみでしたが↓、今週は一挙に5頭。ようやく正月競馬も終わり、調教にも熱が篭ってきたようです。

(1月5日 京都3R 14番 ホッコーガンバ 9番人気 1着)

Ky010503bmp

Ky010503

購入額 1万円 払戻額 13万7000円


明日のシルクロードSのS評価馬は、絶好の内枠に入りました。来週は北新地の名物行事である「節分祭」、通称"お化け"が催されます。ですので、S評価馬たちに活躍して貰って、新地へ繰り出す資金を捻出したいと思います。




【明日の新馬の好調教馬は4頭】


先週の日曜は京都、中山、小倉で合計4鞍の新馬戦が組まれ、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が7頭出走。その成績は(1-1-3-2)で、5頭が馬券圏内でした。

明日の新馬戦は京都、東京で合計3鞍。調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で4頭(B評価馬×4頭)。

会員コラム内(PC版 携帯版では「妙味のある新馬」として2頭を取り上げていますが、そのうちの1頭だけ簡単に紹介させていただきます。会員の皆さまは、その他の3頭も注目してみて下さい。


東京6R 10番 サクラゴスペル

1月19日(水) 美・坂路 《81.0》(B評価

美浦・坂路での乗り込み量は非常に豊富で、↑1/19以外にも1/9に4F51.3-1F12.0(指数は未計算で「T評価」)と好時計をマークしています。今週はコースで追い切られ、入念に仕上げられています。人気は割れ加減ですが、調教面からは「新馬勝ち」に1番近い1頭です





【内枠に入ったS評価馬を狙い撃ち】


(京都11R シルクロードS 3番 スプリングソング)

Ky012911bmp

このレースは好調教馬が7頭もいますが、唯一のS評価を叩き出したのが3番・スプリングソング。今週、栗東・坂路で4F50.6-1F12.4をマークし、調教指数は《95.2》と高指数。おまけに順位も3位でした。超長期(19ケ月)休養明け後、稽古量も格段と豊富になり、体質も強化された感があります。

前開催の京都・短距離芝は正に「内枠天国」と言える状態。今週からBコースに替わりますが、だからと言って、(この1ケ月のレースを見る限り)一気に「外枠有利」となるとは考えにくい状況ですので、初重賞勝ちとなった前走と同様、内枠からスンナリと先行すれば渋太さを活かせるはずです。馬券の方は、他の好調教馬に手広く流してみる予定です。


その他の京都8R・3歳500万下の推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


東京7R 14番 ランパスインベガス
1月20日(木) 美・坂路 《88.0》(A評価

東京9R 11番 マイネルロガール
1月26日(水) 美・坂路 《90.9》(A評価

東京12R 3番 エクストラセック 2週連続の好調教
1月19日(水) 美・坂路 《80.1》(B評価
1月13日(木) 美・坂路 《85.2》(A評価



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月28日 (金)

1日遅れのhappy birthday

【1日遅れのK氏のhappy birthday】

今週は月曜日と昨日に競馬関係以外の方々との食事会。禁酒中につき両日ともノンアルコールビールでもって何とかその場をしのぎ切りました。

Non1

Non2

ところで、昨日はハイブリッド新聞を主宰するK氏のお誕生日。同氏には日頃大変お世話になっているので、食事会終了後、遅まきながら北新地のラウンジMから"お誕生日会"のお誘いを。それでもって、当初は1時間後に"合流"の予定でしたが、K氏から「週末のデータ作成が間に合わなくて…」との電話が入り、お誕生日会はお流れ(実は他の"予定"が入ったのかも!?何せ「お誕生日」ですから・笑)。
Kさん、来年の誕生日会は事前にセットさせていただきますので、今年はひらにご容赦を。

と言うことで1日遅れながら"Congratulations on your happy birthday!"

(↓写真はK氏お気に入りのラウンジMのケイコさん。始めは「Kちゃん、来るんや」と喜んでいた彼女も、「K氏来られず」の連絡にがっかり。"女泣かせ"のK氏です)。

Keikosan




【気になる週末のお天気】

今朝、愛犬チョコラ号と散歩をしていたら突然の雪。短時間で止みましたが、降り始めた時は、競馬開催のことが頭によぎりドキリ。

そして、散歩終了後、各競馬場の週末の天気をチェックしたところ、3場共(東京、京都、小倉)、ところどころに「雪」や「みぞれ」のマークが。

個人事業を営んでいる関係で来週からは「確定申告」という"大仕事"に取りかからなければならず、毎年のことながら多忙を極めますので、先々週も書きましたが、「降雪により中止」→「代替開催」だけは何卒ご勘弁を。


(雪に"強襲"されたチョコラ号↓)
Wanyuki




【ただ今、コラム推奨馬を選定中】

P1060677_3 P1060678

調教指数の「補正」も完了して、すでに会員ページ(PC版 携帯版)内にて公開済みです。前日コラムは今から書きますので、夕方以降の更新となります。先に、コース別&出走レース別の調教指数をご覧になっておいて下さい。

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (2)


2011年1月27日 (木)

ケイアイガーベラが美浦の坂路女王へ?

【調教指数のデータを作成中】

水曜の栗・坂路の調教指数から作成を始めています。4F50秒台が10頭もいて、普段よりやや時計は速め。高中式調教理論(PC版携帯版)では、4Fと1Fのバランスを重視します。

エーシンクールディは4Fが速くても、1F13.8秒は掛かり過ぎ。ストリートスタイルは1Fが速くても、この日の馬場では4F52.5秒は目立ちません。


エーシンクールディ
栗・坂路 4F51.0-1F13.8 ⇒調教指数《78.0》・評価なし

グランプリエンゼル
栗・坂路 4F51.9-1F12.4 ⇒調教指数《84.5》・B評価

ストリートスタイル
栗・坂路 4F52.5-1F12.4 ⇒調教指数《79.5》・評価なし


グランプリエンゼルは4F51秒台とやや速めで、1F12.4秒も上々。3頭の中では唯一、B評価としてピックアップされます。4F、1Fとも優秀で初めてS評価となります。セイクリムズン、ケイアイガーベラ、トランセンドのように、よほど潜在能力が高い証拠です。



P1060677_3 P1060678

基本的には自動でポイントを出力し、その後に「補正」して好調教馬を決定します。坂路は好ポイントが続出で、全体的にやや下げるかもしれません。これは私の経験で調整します。金曜の昼間に会員ページ(PC版 携帯版にて、コース別、出走レース別にアップすることになります。




【今回のダイシンオレンジは順位5位】

先週は平安Sの注目点として、ダイシンオレンジの状態を挙げました。JCダートではCWで《85.0》のB評価でしたが、順位は16位止まり。

2走前・みやこSは栗・CWで《81.0》のB評価、《88.0》のA評価B評価以上が2本ですが、何れも順位は10位以内に入っていません。調教駆けする同馬としてはB評価は出るので、問題は10位以内に入っているかどうかでした。


Photo

今回は1週前にCWで《83.3》のB評価で、さらに順位も5位。休み明けを2戦して、中身が伴っていたのでしょう。ゴール前の大きな"ハナ差"に繋がったと思います。


Photo_2

一方で中山のAJCCはトーセンジョーダンのみが、栗・坂路で《83.8》のB評価・順位18位。配当を考えれば馬券は見送り。昨日の回顧でも書いたように他のレースで勝負した先週でした。




【ケイアイガーベラが美浦の坂路女王へ?】

先週末から書いているように、根岸Sへはお手馬中のお手馬ケイアイガーベラ、セイクリムズンが出走します。まずセイクリムズンの時計をチェックすると、4F51.4-1F12.2は同馬にしては標準程度。

ではケイアイガーベラは?と探してみても、上位に名前が全く見つかりません。木曜追い切りかと美・坂路を見ていたところ、ケイアイガーベラの名前が。先に美浦入りしていたようで、美・坂路で4F50.9-1F12.2の時計。栗東とは基準が違うので、果たして優秀なのか?何位にランクインするのか?


セイクリムズン
栗・坂路 4F51.4-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ティアップワイルド
栗・坂路 4F52.8-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
ケイアイガーベラ
美・坂路 4F50.9-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価




【短距離重賞だけあって好時計連発】


シルクロードSの調教を見ると、美浦、栗東ともに好時計が続出。先のセイクリムズンを上回っているので、かなり好調馬として名が挙がりそうな気がします。


ジョーカプチーノ
栗・坂路 4F52.7-1F13.5 ⇒調教指数《??》・?評価
スカイノダン
栗・坂路 4F50.8-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
スプリングソング
栗・坂路 4F50.6-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価

モルトグランデ
美・坂路 4F52.4-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
ケイアイアストン
美・坂路 4F51.3-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価
シンボリグラン
美・坂路 4F49.7-1F12.3 ⇒調教指数《??》・?評価
ジェイケイセラヴィ
美・坂路 4F51.5-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価




【明け4歳の勢いが通用するか】

強い明け4歳世代ですが、牝馬の方はどうでしょうか。アグネスワルツ、ショウリュウムーンは栗・坂路、アプリコットフィズは美・坂路で、好調馬に入りそうな時計。


アグネスワルツ
栗・坂路 4F52.2-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
アプリコットフィズ
美・坂路 4F52.5-1F11.9 ⇒調教指数《??》・?評価
ショウリュウムーン
栗・坂路 4F51.7-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価


あとは会員ページ(PC版 携帯版にて。特に1週前に栗・坂路で好調馬をマークした馬が多く、「調教ランク」→「先週までの好調教馬」→「栗東坂路」をよく確認しておいて下さい。

| | コメント (0)


2011年1月26日 (水)

払い戻しパーフェクト達成なるか

【前半の快調を持続できたか?】

日曜日の前半は馬券を購入した「コラム推奨馬」「妙味のある新馬」「調教から狙える好配当馬」がいずれも馬券に絡み、今週もプラス収支。

Co0123bmp_3

土曜日のイライラもほぼ解消し、「出来れば儲けの上積みを」などと気分的にもかなり余裕が出てきたのですが、その後は如何に?



(小倉9R 4歳上500万下 4番 モルフェキング)

攻め駆けする同馬ですが、今週は栗東・CWでこれまでで最高となる指数をマーク。そして、近走も惜しい競馬が続いていましたので、ここは絶好の狙い目。しかも、専門紙等の人気は降級馬の10番・ルナキッズに"一本被り"となっていたので、配当妙味も抜群。
と言うとこで、馬券の方は同馬の単勝2万円と"元返し"のつもりでルナキッズとの枠連3万円を購入。

なお、ルナキッズとの「馬連」でなく「枠連」にしたのは、①配当がほとんど変わらなかったこと(馬連「4-10」の最終オッズは240円)、②7枠については、「ひょっとして代用品が…」との思いが頭によぎったことが理由。また、枠連の最終オッズが2倍を切った時に備え?、単勝が2万円に対し、枠連の方は3万円にした次第。

Ko012309bmp

レースでは、逃げ馬を"大名マーク"していた同馬が直線入り口で先頭。片や3番手を追走していたライバルの10番・ルナキッズは手応え怪しく伸びあぐねていましたので、この時点では「モルフェキングの頭は決まり!」とほくそ笑んだのですが…。そこに突っ込んできたきたのが"代用品(失礼・笑)"の9番(ルナキッズと同枠)・エーシンアルカウス。直線半ばからは2頭の競り合いが続きましたが、モルフェキングは、近走と同様、お決まりのように?ゴール前できっちりとかわされ2着。

「出来た」と思った単勝を取り逃しイラッとした反面、エーシンアルカウスのお陰で???5万円がパアにならずにすんでホッとしたところもあり、複雑な心境。

Ko012309b_4
購入額 5万円 払戻額 6万9000円



(京都10R 伏見S 7番 カレンチャン)

2週連続して"A評価&順位1位"を含め「3週連続の好調教」と今週の好調教馬の中では一押しの同馬。この調教と休養前の戦績から「ここは通過点」と、馬券の方でも自信を持って勝負。

当初は、同馬の単勝3万円以外に12番・ローズカットダイヤを本線にした好調教馬2頭を絡めた3連複を購入する予定にしていたところ、もう1頭の好調教馬・6番ケンブリッジエルが+16kgと自己最高の馬体重となっていたことで、相手を12番・ローズカットダイヤを1頭に絞ったワイド2万円を購入。

なお、6番・ケンブリッジエルですが、先週は栗東・坂路でA評価1歩手前の好指数をマークしていたのですが、今週の追い切りはB評価にも及ばず。馬体重の大幅増を見て「原因はこれか」と一人で勝手に納得していたのです。

ちなみに、12番・ローズカットダイヤについては、「今の京都(芝の短距離)は内枠が圧倒的に有利やけどとなぁ~」と多少の不安が…。

Ky012310bmp

レースの方は、太目残り?の6番・ケンブリッジエルが直線半ばで逃げ馬を捉え一旦先頭へ。7番・カレンチャンはその直後の絶好位を追走していましたので、ここでも「よっしゃぁー」といったところでしたが、そこからこれまでのような伸びが見られず3着が精一杯。

結局、6番・ケンブリッジエルも2番・オリオンスターズの末脚に屈して2着に敗れましたが、「安め」と思った3連複の配当が何と万馬券の11880円。当初の予定どおり、本線ではなかったにせよ、6番・ケンブリッジエルとの3連複を少しでも買っていれば…。

なお、このレースでのカレンチャンは、外目をロスなく追走し、非常にスムーズな競馬が出来ていたにも拘わらず、これまでの瞬発力十分な走りが見られず。当然、7ケ月の休養明けの影響もあったと思いますが、過去3走では多少苦しいところから馬群をこじ開けて伸びていましたので、同馬は内で脚を溜めて末脚を発揮するタイプかもしれません?次走の走りに注目。

この日は代用品(またまた失礼・笑)の活躍もあって、馬券を購入したレースはすべて払戻金にありついてきましたが、最後の最後でハズレてパーフェクトならず。

Ky012310b

購入額 5万円 払戻額 0円




【番外編】

(中山10R 若潮賞 2番 ナシュワンヒーロー)

体質が強化されビシビシと稽古が出来るようになった同馬。今回も栗東・坂路でA評価となる抜群の指数をマーク。直前に行われた中山9Rで「距離が長い」と思っていたテイエムオオタカ(T評価馬)が逃げ切り勝ちを収めたこともあり、ナシュワンヒーローも「2番枠からスンナリと先行すれば後続を封じ込めるかも」と馬券購入へ。同馬の単勝2万円と元返しのつもりで断トツの1番人気の8番・ディオーサとのワイド2万円を購入。

Na012310bmp

レースでは、抜群のスタートを切った同馬は先手を主張した逃げ馬を見る形で2番手を追走。4コーナーで前をかわすと直線を向いてからは後続を突き放した快勝(単勝440円)。
元返しの相手?据えた8番・ディオーサは直線伸びきれず5着。

Na012310b_2

購入額 4万円 払戻額 8万8000円



(小倉12R 早鞆特別 10番 アークビスティー)

前走時から栗東・坂路主体に調教からCWに変更され、今回は1/19にB評価となる指数をマークしているだけですが、前週もB評価一歩手前の指数をマークしており、調教の動きから変わり身が見込めた同馬。混戦模様なレースだけに、当初、馬券の方は「見送り」の予定でしたが、京都10Rの馬券が"丸抜け"となり、「このままで今日を終えるのは…」と馬券の虫が疼き?、同馬の単勝2万円を購入。併せて同馬に他3頭の好調教馬を絡めた3連複1万5百円(フォーメーション・5百円×21点)を購入。

Ko012312bmp_2

レースの方は、直線半ばで早め先頭に立った同馬が2着馬との叩き合いを征し、ハナ差の1着(単勝450円)。10番人気の低評価を覆す頑張りを見せたA評価馬の15番・ニシノミーチャンが3着に粘り込み、3連複の配当は19970円と万馬券。

馬券的中で京都10Rの痛手を癒したのも束の間、頭の中は「3連複の方は何で千円買わへんかったや」と欲深い思いで一杯に…。

Ko012312b_2
購入額 3万500円 払戻額 18万9850円




【先週の好調教馬】

最後に先週の好調教馬全体の成績について少々。

Tk0122bmp_3

前2週では単勝の配当が9740円、11310円、8830円と大穴を空けた好調教馬がいましたが、この土日は単勝3千円台の中穴を空けたT評価馬が2頭のみ(土曜・小倉6Rのリュンヌ・単勝3340円、日曜・3Rのケイアイアルテミス・単勝3840円)。

従って、単勝回収率及び複勝回収率で100%超となったはT評価馬の単勝回収率(134%)とA評価馬の複勝回収率(106%)だけと、前2週のように200%を超えような目立ったところはありませんでしたが、勝率・連対率・複勝率を見る限り、好調教馬は前2週よりもコンスタントに馬券に絡んでいた様子。

ところで、今週から開催替わり。関東の方は中山から東京に移り、京都の方は2開催目に入って芝の痛みも目につき始めました。

↑のケンブリッジエルのような太目と思えた馬が好走したように調教面でからも不安定な要素も多く、また、コース替わり等による馬場のコンディションの見極めも重要になってきますので、今週末の馬券の方は、様子を窺いながらの方が宜しいようで。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ
←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月25日 (火)

土曜日はストレスが貯まる1日。日曜日は…

【ストレスが貯まった土曜日】

Co0122bmp

先週の土曜日は、前日のブログで取り上げた京都10Rの4番・ショウナンマイティ(コラム推奨馬)が直線半ばでスムーズさを欠く場面もあり、メンバー中最速の末脚(上り3F)を使うも「首+頭」差の3着。

Ky012210bmp

同じく「妙味のある新馬」として取り上げた小倉4Rの3番・メイショウナダルが(1番人気に支持され"妙味のある"とは言えませんでしたが)、「勝った」と思ったところをゴール前で人気薄(13番人気)の12番・オースミドライバーの強襲に遭い2着。

Ko012204bmp

そして、京都6Rの新馬戦。良血馬の7番・エアワンピース(母が秋華賞馬のエアメサイア)に人気がかぶるようなら、好調教馬2頭は共に配当妙味十分。2頭の内から乗り込み量の差で9番・ディアヴァンドームの方を「妙味のある新馬」に抜擢したところ、もう1頭の好調教馬、4番・サクラシオンが快勝(ディアヴァンドームは9着)。

Ky012206bmp

なお、「コラム推奨馬」とした中山2Rの3番・トウカイチャームは、美浦・坂路で自己ベストを1秒5も短縮して「変わり身十分」とかなり期待をしていたのですが、直線入り口で一旦は先頭に立つもそこから大失速の11着。スピードよりパワーが優先する馬場状態の影響もあったと思いますが、同馬は前走(3着)でも抜け出してからの末脚が非常に甘くなっていましたので、1800mという距離が長いのでは?調教面からはイチ推しの馬ですので、次走以降は「距離短縮」で絶好の狙い目。


↑のとおり、土曜日はやることなすことが全てうまくいかず、悔しい思いの連続で大変ストレスが貯まる1日。よって、その晩は床につく前から日曜日に向けて秘かに闘志を燃やしていたのですが、結果は如何に。




【入れ込み気味の日曜日】


日曜日は、土曜日の鬱憤↑を晴らすべく早朝から京都競馬場へ出陣。先週風邪で現場を休み"競馬場に飢えていた?"こともあってか、競馬場に着くや否や早くも入れ込み気味。

朝イチから"馬券購入モード"へ突入し、まずは「コラム推奨馬」&「妙味のある新馬」↓から攻めてみることに。

Co0123bmp

(京都3R 新馬戦 5番 シナトラソング)

1/4の栗東・坂路で好時計をマークした13番・トミケンヒーローが人気を集めていましたが、3番・シナトラソングは同馬と比べても時計や乗り込み量から全く遜色なく、人気がない分だけ"お買い得"。馬券の方は、単勝2万円とこの2頭からの3連複1万2千円(2頭軸総流し・千円×12点)を購入。

Ky012303bmp

レースの方ですが、3番・シナトラソングはアオリ気味のスタートとなるも、その後の二の脚が抜群。3コーナーを回る辺りでは早くも前の各馬を射程圏に捉え、直線に入った時は逃げる13番・トミケンヒーローをかわすかの勢いも、直線半ばは逆に突き放されて、最後は後方から鋭い脚で伸びてきた9番・ペガサスソングにもかわされ3着。

540kgの馬体重が示すとおり、今回は馬体に余裕があった分、末が甘くなった感。所謂「大型馬の一叩き」で次走も引き続き注目。馬券の方は、2着に入ったペガサスソングが11番人気で、3連複の配当は17130円と万馬券。

Ky012303b

購入額 3万2000円 払戻額 17万1300円



(京都6R 3歳500万下 6番 オーシャンフリート)


好調教プラス未勝利戦を圧勝したコース替わりで、ここは番長こと藤田伸二騎手に何としても頑張って貰いたいところ(↑のシナトラソングも3着に敗れ、この時点で今年は未勝利)。それでもって、馬券の方は、単勝3万円の1本勝負。

Ky012306bmp

レースの方は、好スタートを切りスピードの違いでハナに立った同馬が、直線に入って後続を突き放し余裕の逃げ切り勝ち(単勝290円)。藤田騎手も今年の未勝利脱出。この勝利を機にこれまでのようにガンガン勝って下さいね。私が馬券を買っている時は(笑・勝手なことを言ってスイマセン)。

Ky012306b

購入額 3万円 払戻額 8万7000円



(京都8R 4歳上500万下 12番・エリモサプライズ)


↑の2レースでそれなりの払戻金を手にしてイケイケ状態。
このレースは前日のブログで「調教から狙える好配当馬」として取り上げた12番・エリモサプライズで勝負。同馬は2番人気に推され、思っていたよりも妙味は薄れていましたが、それでも単勝6倍超は魅力十分。同馬の単複各1万円を購入。

Ky012308bbmp

レースは、好位を追走していた同馬が直線半ばでほんの一瞬だけ先頭に立ちましたが、その直後に勝ち馬にアサッリとかわし去られ2着(複勝200円)。休み明けを3回使われ馬体もかなり絞れてきましたので、次走に期待しましょう。

Ky012308

購入額 2万円 払戻金 2万円


この続きは明日にでも。



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (2)


2011年1月23日 (日)

坂路王と呼ぶに相応しい活躍

【栗東の坂路王ことセイクリムズン】

当ブログの読者の方には御馴染みですが、「栗東の坂路王」ことセイクリムズン。4歳春に坂路で50秒台を叩き出して以来、「T評価」(=お気に入り)の1頭へ。当時は芝路線を使われておりましたが、ダート路線へ転向し、素質を開花させてくれました。


Photo
(霜月S)
栗・坂路 4F50.1-1F12.8 ⇒調教指数《92.0》 A評価・順位5位

2走前の霜月Sは単勝730円で、3連複は21140円の万馬券。購入額3万7000円に対して、払戻金が30万9400円。



Photo_2


前走のカペラSでも、単勝440円、3連複37030円。《96.9》のS評価・順位1位でしたので、何も考えずに勝負できました。この時が購入額6万円に対して、払戻金が50万2300円。年末の忘年会費を捻出してくれましたのを覚えております。



12
(カペラS)
栗・坂路 4F51.2-1F12.2 ⇒調教指数《96.9》 S評価・順位1位


セイクリムズンは2走だけで100万近い利益をもたらしてくれています。まさに「栗東の坂路王」と呼ぶに相応しい活躍です。このように一度でもS評価をマークした馬は、将来的には重賞を勝てる能力がある証拠です。あとは調教から、如何に早く素質を見抜くかどうかだけです。


(1週前)
栗・坂路 4F51.0-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価

今回は1週前に栗・坂路で4F51.0-1F12.2をマーク。まずは1週前がどのような評価かをチェックしておきましょう。





【負けず劣らずの坂路の女王】


「栗東の坂路王」がセイクリムズンなら、「栗東の坂路女王」はケイアイガーベラ。快進撃が始まったのが、去年の夏前のプロキオンS。牡馬のナムラタイタン、サマーウインドの陰に隠れた4番人気に過ぎませんでした。


Photo_3



しかしながら、当時も栗・坂路で《99.0》のS評価という破格の好指数をマーク(もちろん順位は1位です)。セイクリムズンほどではありませんが、同じく馬券でも美味しい想いをさせて貰っております。


Photo_5 

1週前が栗・坂路で4F50.1-1F11.8と動いています。A評価以上は間違いありませんので、果たして今回はS評価に到達するか?また満点近くに達するかが気になります。

(1週前)
栗・坂路 4F50.1-1F11.8 ⇒調教指数《??》・?評価


稽古で一度でも気になった馬は、「T評価馬」(=お気に入り)としてリストに挙げてあります。セイクリムズン、ケイアイガーベラのような馬を、先に見つけておけばかなり美味しい想いができます。


Photo_6

果たして根岸Sは、「栗東の坂路王」セイクリムズンか?それとも「栗東の坂路女王」ケイアイガーベラか?今週の追い切りを待つことにしましょう。


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年1月22日 (土)

休養明け&昇級初戦も2週連続の1位なら

先週は風邪で現場行きを休みましたが、わずか1週間空けただけで、明日の京都競馬場行きが今から楽しみでワクワクした気分(まるで子供の遠足前日状態)。競馬場からの帰りは"ワクワク"ならぬ"ウキウキ"の気分で京阪電車に乗っていれば良いのですが…。

ところで、番長こと藤田伸二騎手が今年未だに未勝利と元気がありません。並みの騎手?なら「7日間勝ち星なし」に過ぎませんが、常に上位でリーデイング争いをする同騎手とっては"ただならぬこと"と言っても過言ではありません。先週の日経新春杯でのヒルノダムールを含めて今日も同騎手の手腕に期待した馬が何頭かいましたが、勝ち切れませんでした。

ちなみに、明日は藤田騎手に何としても頑張って貰いたいレースが2鞍ほどあります。ついては、年明けから貯めていた分?をまとめて勝っていだだけば当方としても非常に助かりますので、よろしくお願い申し上げます。



【明日の新馬戦】

本日は京都、中山、小倉で合計4鞍の新馬戦が組まれ、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で9頭(A評価馬×1頭・B評価馬×8頭)出走していましたが、その成績は(2-1-2-4)。

昨日のブログで取り上げた小倉4Rの3番・メイショウナダル(B評価馬)は1番人気に支持されましたが(A評価をマークしていた5番・プルピットレディの方に人気が集中すると思ったのですが)、2着に惜敗。最内をついて抜け出した時は「勝った」と思ったのですが、13番人気の12番・オースミドライバーの強襲に屈してしまいました。人気薄で激走したオースミドライバーは調教というファクターからも拾い辛い馬。「(気性面などから)走ってみなければわからない」という新馬戦の「怖さ」が顕著に現れたレースでした。

Ko012204bmp

明日も新馬戦は京都、中山、小倉で合計4鞍。調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で7頭(B評価馬×6頭・T評価馬×1頭)。そのうちの1頭(B評価馬)を「妙味のある新馬」に抜擢しましたが、これについては、会員サイト内(PC版 携帯版)のみの掲載とさせてさせていただきますので、ご了解下さい。



【2週連続の1番時計&1番指数】

(京都10R 伏見S 7番 カレンチャン)

Ky012310bmp

栗東・坂路で1/6に4F50.7-1F12.0、1/12に4F51.5-1F12.2と2週連続して1番時計をマークし、指数も《93.2》(A評価)と《90.0》(A評価)で順位も2週連続の1位

今週も4F53.4-1F12.0・指数《81.4》(B評価)・順位24位をマークし、7ケ月ぶりのレースで、しかも昇級初戦となりますが、この指数を見る限り(この指数を連続して叩き出していれば)、「仕上がりは万全、能力も十分」とイキナリから好戦が期待できる状況です。

他に好調教馬が2頭しますが、2週連続してA評価をマークし、ポン駆けの実績も十分な12番・ローズカットダイヤが相手候補の筆頭です。


その他の京都6R・3歳500万下などの推奨馬については、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都8R 12番 エリモサプライズ
1月20日(木) 栗・坂路 《85.9》(A評価




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月21日 (金)

栗・CWで古馬顔負けの好調教

【ノンアルコールビール】

今年に入ってから「禁酒」しておりますが(この件に関してはコチラコチラコチラを)、最近は、ほとんどの飲食店でノンアルコールビール(ノンアルコールビールテイスト飲料)が置いてあるので非常に助かります。

味に関して言えば「ちょっと…」と言う人が多く、私も最初の頃は多少抵抗がありましたが、正月明けからガンガン飲み続けていると、「美味い」とまではいかなくとも「これで十分」というレベルにまでは達してきました。

ですので、3月初めに「アルコール解禁」となった場合でも(なるかな?)、アルコールの総摂取量を少しでも減らすため、食事の際は「取り敢えずビール!」ではなく、ノンアルコールビールを飲み続ける予定。

ちなみに、ビールメーカーは各社共にノンアルコールビールの売上を伸ばしているようで、今後、販売に力を入れるとのこと(コチラのニュースを参照)。これによって"より美味しい"商品がドンドン開発されることを大いに期待します。



【明日の新馬は全部で9頭も該当】


先週の日曜は京都と中山で合計3鞍の新馬戦が組まれ、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が2頭出走。両馬共に1番人気に支持されていましたが、レース前日ののブログで「多頭数の混戦模様のレースだけに、配当面も考えると馬券を購入される際は控え目が宜しい様で」と書きました。

Ky011605bmp

明日は京都、中山、小倉で合計4鞍の新馬戦が組まれていますが、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で9頭(A評価馬×1頭・B評価馬×8頭)。会員コラム内(PC版 携帯版では「妙味のある新馬」として2頭を取り上げていますが、そのうちの1頭だけ簡単に紹介させていただきます。会員の皆さまは、その他の7頭も注目してみて下さい。順位10位以内も何頭かおります。


小倉4R 3番 メイショウナダル
1月19日(水) 栗・坂路 《84.2》(B評価

栗東・坂路で1/19に4F52.2-1F12.5・指数《84.2》(
B評価)・順位17位をマーク。指数的には《88.9》のA評価馬・順位2位が1頭いますので、人気の方はこちらに集まりそうですが、メイショウナダルの方は、発馬練習からゲートの出も速そうですので、小回りの短距離戦だけにスタートダッシュが決まれば逆転の可能性も十分です。



【栗・CWで好指数で古馬顔負けの好調教】

(京都10R 若駒S 4番 ショウナンマイティ)

Ky012210bmp

前走後も栗東・坂路で入念に乗り込まれ、先週は4F52.2-1F13.1・指数《84.3》(B評価)・順位11位をマーク。そして、今週はCWで指数《89.6》(A評価)と好指数を叩き出し、順位は3位「古馬に混じって栗・坂路、栗・CWで順位10位入り」のパターンです。

2ケ月ぶりの実戦となった前走も、2週続けてA評価で順位10位以内。8着に敗れたのは、道中で折り合いを欠いたため。今回は、一度使われた後、ビシッと追い切った効果が見込めます。栗・CWで10位以内を連発しており、調教は古馬も顔負け。折り合えさえつけば、2走前に披露したような「3歳馬離れ(その当時は2歳馬でしたが)」した末脚が期待できます。



水曜の栗・坂路ではS評価が3頭も該当。恐らく来週の根岸Sへ出走してくると思います。少し気が早いですけれども、来週の重賞で幾ら儲けが出るか、今から楽しみです。その他の中山2R・3歳未勝利戦の推奨馬と併せて、会員ページ(PC版 携帯版)でご確認下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


小倉10R 13番 エランドール
1月19日(水) 栗・坂路 《87.4》(A評価

小倉11R 2番 ガンダーラ
1月19日(水) 栗・CW 《86.0》(A評価



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月20日 (木)

過去のデータと比較してみると

【意外と得意なダート戦】

Photo_2

2歳戦とともに比較的、得意としているダート戦。JCダートは《95.9》でS評価の3番トランセンドが推奨馬。栗・坂路で見事に順位1位でした。3連複は外してしまいましたが、単勝で無事にプラス収支。


Ha120511
購入額 4万5000円 払戻額 7万円



今回の平安Sでは、そのJCダートで8着だったダイシンオレンジが人気の一角となりそう。当時は中間にCWで《85.0》のB評価でしたが、順位は16位。尚、「過去分一覧」PC版の会員内ページの左下部から閲覧可能です。


Photo_4 


11月7日の2走前・みやこSを振り返ってみると、栗・CWで《81.0》のB評価、《88.0》のA評価。B評価以上が2本ですが、順位は10位以内に入っていません。

Photo_5


先週の13日(木)のCWでは1位ヒルノダムール、2位ダノンカモン、4位サクラエルドールが馬券圏内。坂路でも5位オーシャンカレントが10番人気で1着。10位以内に入ると入らないのとでは、結果、回収率も大きく変わってきます。


13_313_4   



今回は1週前、2週前ともに、いつものパターンで栗・CW追い。10位以内に入っているかどうかも注目したい所。他に人気しそうなインバルコは栗・坂路、マチカネニホンバレは美・坂路での追い切り。

ダイシンオレンジ
(1週前)栗・CW 6F79秒後半-1F13秒前半 ⇒調教指数《??》・?評価
(今週) 栗・CW 6F83秒後半-1F11秒後半 ⇒調教指数《??》・?評価

インバルコ
栗・坂路 4F53.2-1F12.8 ⇒調教指数《??》・?評価

マチカネニホンバレ
美・坂路 4F51.1-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価




【明け4歳馬の勢いか?それとも】

中山のAJCCは登録が12頭と落ち着きました。有馬記念で5着のトーセンジョーダン、中山金杯で重賞初制覇を飾ったコスモファントムが中心となりそう。

有馬記念を調べてみると、トーセンジョーダンは栗・坂路で《92.2》のA評価・順位3位。当時も調教は良かった訳です。対して中山金杯のコスモファントムはランク外で、決して稽古で動いてはいなかったよう。

トーセンジョーダンは前回と同様に順位10位以内か?コスモファントムは前走より少しでも評価が上がっているか?に注目してみましょう。


トーセンジョーダン
栗・坂路 4F51.7-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価

コスモファントム
栗・坂路 4F53.7-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから

| | コメント (0)


2011年1月19日 (水)

人気薄の好調教馬の激走には注意

【人気薄のA評価馬が激走】

先週は好調教馬の中でも人気薄のB評価馬とT評価馬の激走が目立ちましたが↓、

Tk0108bbmp

今週は人気薄のA評価馬が激走し、単勝回収率が361%、複勝回収率が113%と共に100%超↓。


Tk0115bmp

そして、単勝8千円超と、この好成績に大きく貢献したA評価馬が1/17のブログでも少しふれた京都12Rの15番・オーシャンカレント(10番人気)。

Ky011612bbmp_2

しかしながら、当方はこのレースで10番・メイショウデイム(A評価馬)を会員ページ内のコラムで推奨。

Co0116bmp

同馬は、直近の追い切りで15番・オーシャンカレントを上回る好調教馬の中でも最も高い指数をマーク。凍結を防ぐため散水が全くされていないダートコースは、レース中に砂埃が立ちまくる程のパサパサの状態で、追い込み脚質の同馬には正に持ってこいの状況でしたので、「ここは勝負」と同馬の単複各2万円を購入。

レースの方ですが、好スタートを切った同馬は中団に控えて脚を溜める競馬。直線を向いてスンナリと外に持ち出された時は「出来た!」と思ったのですが…。
同馬は期待に応えて鋭く伸びてきたのですが、先に抜け出していた15番・オーシャンカレントを捉えきれず2着(複勝210円)。

Ky011612bmp_3
購入額 4万円 払戻額 4万2000円



この土日における「コラム推奨馬」などは、2着、3着で複勝のみ的中のレースも多かったですが、「調教から狙える好配当馬」に挙げた土曜・京都2Rの10番・ゴールデンオブジェはキッチリ1着。稽古駆け→初ダートで一変は健在。やはり同馬も栗・CWで《83.0》のB評価もさることながら、3位と非常に優秀な順位でした。

Ky011502bmp


Ky011502bbmp

全体としては、冒頭で書きましたとおり↑、人気薄の好調教馬が激走する傾向が先週に引き続き見受けられました。

日経新春杯ではヒルノダムールの"単勝1本勝負"。馬券購入前は同馬とルーラーシップとの馬連やワイドで保険を賭けることも考えたのですが(本物の状態でないローズキングダムは軽視)、5倍を超える単勝オッズの魅力には勝てませんでした。

また、↑で紹介した日曜・京都12Rでも、メイショウデイムの単複以外に、私が普段よくやるように同馬に他の好調教馬を絡めた3連複を買うことも頭に浮かんだのですが、単勝6倍超に目が眩み結局は単複で勝負。結果、メイショウデイムが人気薄の好調教馬・オーシャンカレントを連れて来たにも拘わらず高配当を取り逃がしてしまいました。


今年の正月明けは、先週のメイショウマシュウのお陰(単勝9740円・複勝2220円)で単複馬券でそれなりの回収率を維持していますが、変則開催の影響もあって体調管理が難しく、競争能力が十分に発揮出来ないことも多い時期故に、この土日は"単勝勝負(特に単勝1本勝負)"の危険性を実感した次第。

それよりも、↑オーシャンカレントにような「高配の使者」が人気はなくともしっかりと調教をこなしている馬の中に潜んでいますので、この週末は、人気薄の好調教馬を絡めた馬券も"広く薄く"購入してみることにしましょう。

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (1)


2011年1月18日 (火)

G1仕様で挑んだ日経新春杯

【禁酒続行中】

今年に入り早や半月が立ちましたが、昨年末に宣言したとおり?、年明けから禁酒しています(この件についてはコチラコチラを)。大晦日にサントリー社製の「オールフリー」を量販店で山のように買い込み、自宅ではひたすらこれを愛飲し、外食先でも"ノンアルコールビールテイスト飲料&ウーロン茶"(↓写真は先日行った「北新地本通り つるとんたん琴しょう楼」)。

Tsuru1

Tsuru3

先週までは変則開催によるバタバタで飲み会を全て見送っていたこともあって、今のところは、正月の挨拶回りで戴いた"お屠蘇3杯(1杯×3軒)"を除くと「パーフェクト」と言える状況ですが、今週からは遅めの新年会等の予定が目白押し。

仕事絡みの宴席もありますので、"乾杯"程度はご容赦いただくとし、それ以外は↑のようにノンアルコールビール等でもって凌いでいきたいと思います。

なお、予定としては、この1月と2月を禁酒し、3月初旬に再検査(肝機能を調べるための血液検査)を受け、それでもって、γ-GTPの数値が○○○以下に下がっていれば"アルコール解禁"へ。ただ、今までもこうしたことを繰り返してきましたので(私の場合、お酒も含め色々なこと?で"何とかは死ななきゃ治らない"を絵に描いたような人生を歩んでいますので)、今後は、年齢的なことも考慮し、浴びるほど呑むようなことは4半期(3ケ月)に1度くらいに抑えたい思います!?




【G1仕様の仕上げでも、相手が一枚上(日経新春杯を振り返って)】


昨日の記事にも書きましたが、日経新春杯(GⅡ)について少々。

昨年も何度かコラム推奨馬に取り上げた11番・ヒルノダムールですが、皐月賞2着後は精彩を欠くレースが続き、前走の鳴尾記念も1番人気に支持されながら精一杯の2着と、同馬らしい鋭い走りが中々見られません。

今回は栗東・CWで3週続けてしっかりと追い切られ、好指数を連発。1月13日には栗・CWで順位1位有馬記念をパスしてこのレース1本に絞った攻め過程は、重賞戦線そしてGⅠ戦線での活躍を願う陣営の今年へ賭ける並々ならぬ意気込みが伝わってくるもの。

Photo_4


5番・ローズキングダム、8番・ルーラーシップという有力馬の参戦により、同馬が復活の狼煙を上げるに相応しい舞台も調い、その2頭の参戦で単勝は5倍を超えて妙味十分。馬券は単勝1本に絞りました。

しかしながら、期待とは裏腹にレースの結果は、前走と同様、先に抜け出した8番・ルーラーシップを捉え切れずに2着。しかも、前走は"詰め寄って"の2着であったのに対し、今回はゴール前で"突き放されて"の2着。中間で一頓挫あった5番・ローズキングダムの追撃は凌いだものの、ルーラーシップには0.5kgのハンデを貰いながら"完敗"といった内容でした。

今日の勝ちっぷりから8番・ルーラーシップの方は、早くも今年GⅠで活躍が期待される"強い4歳馬世代"の1頭として名乗りを上げましたが、11番・ヒルノダムールも素材としては勝るとも劣らない馬。同馬には、今回のような厳しい稽古を耐え抜き、昨年GⅠで掲示板を賑わした同期の連中と肩を並べ、競馬界を盛り上げる存在となってくれることを改めて期待します。

Ky011611bbmp

購入額 3万円 払戻額 0円


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月17日 (月)

同じB評価でも、推奨できない理由

【同じB評価でも、順位は?】

日経新春杯で断然の支持を集めた5番・ローズキングダム。直線では窮屈になるシーンはありましたが、3~4コーナーでの手応えが悪かったのは「状態面」が本物ではなかったからでしょう。ジャパンC時は4F52.4秒-1F13.2秒の時計で、調教指数《82.0》のB評価順位4位

Photo

それに対して、今回は坂路で4F52.8-1F13.1。4Fで0.4秒、1Fで0.5秒遅い時計で、調教指数はギリギリ《80》のB評価。しかし、注目すべきは「順位」でした。


前走(ジャパンC)
栗・坂路 4F52.4-1F12.6  ⇒調教指数《82.0》 B評価・順位4位

今走(日経新春杯)
栗・坂路 4F52.8-1F13.1  ⇒調教指数《80.3》 B評価・順位26位


ジャパンCが順位4位で、日経新春杯が順位26位。時計の違い以上に、順位に違いが表れていました。GⅠ2勝馬で、坂路で動く同馬にとっては平凡な順位。

26_2 


それに対して11番・ヒルノダムールは1月13日に栗・CWで《89.0》のA評価。5番・ローズキングダムよりも評価したのは、栗・CWで順位1位だったから。菊花賞時が順位3位でしたので、それに勝るとも劣らない仕上げ。

Photo

コラムにも「今回の攻め過程には、陣営の今年に賭ける意気込みを大いに感じます。」と書いた通り。陣営の意気込みを買って本命に抜擢した次第です。


Photo_3 

日曜の京都12Rを単勝88.3倍の10番人気で勝った15番・オーシャンカレントも、1月13日の栗・坂路で《90.3》の
A評価順位5位。何度も繰り返していますが、「古馬に混じって栗・坂路、栗・CWで順位10位入り」はかなり優秀。是非、覚えておきましょう。回顧はまた、明日以降にでも。

| | コメント (0)


2011年1月15日 (土)

飛躍に向けて第一歩

明日の京都競馬場付近の天気は「雪」の予報。ようやく正月明けの変則開催が終了し、やっと一息ついたところですので、「降雪による中止」→「代替開催」はご勘弁いただきたいのですが…。

↑のとおり、開催自体が微妙な状況ですし、風邪の治り具合も"あと一歩"と言ったところですので、明日は京都行きを中止し、自宅でじっくりと競馬に取り込みます。



【明日の新馬戦】

本日は京都と中山で合計3鞍の新馬戦が組まれ、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が7頭(A評価馬×3頭・B評価馬×3頭・T評価馬×1頭)出走していましたが、その成績は(0-1-3-3)。

昨日のブログで「妙味のある新馬」として取り上げた中山4Rの9番・アスパイヤリング(5番人気)ですが、昨夜遅く当ブログを見た友人(北海道在住の競馬関係者)から電話が入り同馬に関する"有力な情報?"がもたらされたこともあって結構期待していたのですが、最後の直線でスムーズさを欠く場面もあり惜しい3着(複勝250円)↓。
それでも見せ場たっぷりの走りを披露してくれましたので、掲示板を確保した他2頭の好調教馬と共に次走も期待です。

Na011504bmp

Na011504bbmp

明日も京都と中山で合計3鞍の新馬戦が組まれていますが、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)は2頭のみ(A評価馬×2)。両馬共に新聞紙上では上位人気に支持されている有力馬ですが、多頭数の混戦模様のレースだけに、配当面も考えると馬券を購入される際は控え目が宜しい様で。

よって、明日は「妙味のある新馬」に該当する好調教馬はおりませんでした。



【今年は飛躍の年に】

(京都11R 日経新春杯(GⅡ) 11番 ヒルノダムール)

Ky011611bmp

前走後はこのレースを目標に栗東・坂路で入念に乗り込まれ、追い切りはCWで。
12/29に指数《94.0》(
A評価)、1/13に指数《89.0》(A評価)と好指数をマークし、順位は共に1位。1/4にもこの両日と遜色が無い調教をこなしており(指数は未計算)、CWで強い追い切りを3本行ったのは、これまでで初めてのことです。よって、今回の攻め過程には、陣営の今年に賭ける意気込みを大いに感じます。
昨年の春には上位2頭(5番・ローズキングダム、8番・ルーラーシップ)に先着したこともあり、力の差はありません。にも拘わらず、今回はハンデ戦ということで斤量面の恩恵もありますので、同馬としては、今年、重賞戦線そしてGⅠ戦線を戦うためにも、このレースをその第一歩としたい
ところです


その他の京都12R・4歳100万下などの推奨馬については、会員ページ内のコラム(PC版 携帯版をご参照下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都3R 16番 ミッキーセブン
1月6日(木) 栗・坂路 《82.4》(B評価

中山8R 10番 ドンビザッツウェイ
1月13日(木)  美・坂路 《84.4》(B評価
12月29日(水) 美・坂路 《85.0》(B評価



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月14日 (金)

ベスト10入りは3歳馬らしかぬ好調教

【風邪やインフルエンザにご注意を】

3日連続開催終了後に風邪でダウンし、今週は結構辛い日々でした。

早期回復を目指し、今回は速攻でお医者さんへ。行った先は街中の小さな個人医院ですが、待合室は正に"満員御礼"状態と広く世間では風邪が蔓延している様子。

ちなみに、今朝のテレビ番組によると新型のインフルエンザに大流行の兆しがあり、しかも、そのターゲット?がこの型に免疫がない30~50歳台とのこと。暫くの間は、酷寒の日々が続きそうですので、皆様におかれてもご注意を。

私の方は、処方薬の効果もあってか快方には向かっていますが、咳が止まらず、いまいちスッキリとしません。

と言うことで、来週からは新年会の予定も入っていることもあり(今週までは変則開催のバタバタで飲み会は全てパス)、大事を取って日曜日の現場(京都競馬場)行きを見送ろうかと今から思案しているところ。




【新馬戦の"怖さ"と"旨み"】


先週の新馬戦では、推奨した日曜・京都4Rのエーシンジャイヴが1番人気で10着。稽古の動きとは裏腹に、気性面から全くレースにならず、新馬戦の"怖さ"を改めて痛感させられた次第です。その反面、人気薄で取り挙げた好調教馬(日曜・京都4Rのメイショウマシュウ)が激走し(この件についてはコチラコチラを)、馬券的にはそれなりの払戻金を手にしました。

Ky010904b

明日は京都と中山で3鞍の新馬戦が組まれており、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で7頭(A評価馬×3頭・B評価馬×3頭・T評価馬×1頭)。会員コラム内(PC版 携帯版では「妙味のある新馬」として2頭を取り上げていますが、そのうちの1頭だけ紹介させていただきます。


中山4R 9番 アスパイヤリング
1月12日(水) 美・坂路 《81.0》(B評価
12月29日(水) 美・坂路 《91.0》(A評価

美浦・坂路での乗り込み量はハンパではなく、そのうえ年末から年始にかけて好時計を連発しています。姉兄にはダートの快足馬がいますので、血統的にもこの条件は合うはずです。人気の方はもう1頭いるA評価馬に集まりそうですが、短距離戦故にスタートさえ決まれば同馬にも「勝ち負け」の期待十分でしょう。





【年末から栗東・CWで3歳牝馬らしかぬ好調教】


(京都5R 3歳未勝利戦 4番 ヴァレノーヴァ)

Ky011505bmp

ソエによる放牧で4ケ月ぶりのレースとなりますが、栗東・坂路で入念に乗り込まれています。年末からCWで速い追い切りを3本こなし、1/6には《87.8》(A評価)と抜群の指数をマーク。順位6位。何度も繰り返していますが、「古馬に混じって栗・坂路、栗・CWで順位10位入り」はかなり優秀です。

今週もオープン馬(古馬)と併せて大きく先着しており、仕上がりに関しては万全。前走の新馬戦は直線半ばで失速して6着に敗れていますが、その時の1~5着馬は先週のシンザン記念を勝ったレッドデイヴィスを含め全馬勝ち上がっており、レベルが非常に高い1戦でした。

今回も強敵が多く厳しい戦いになるでしょうが、好指数・好順位をマークした稽古の動きからは、先の新馬戦時よりも大幅な上積み&変わり身が見込めますので、配当妙味もあり好戦を期待。


その他の京都4R・3歳500万下の推奨馬については、会員ページ内のコラム(PC版 携帯版をご参照下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


京都2R 10番 ゴールデンオブジェ
1月12日(水) 栗・CW 《83.0》(B評価

京都9R 2番 サクラエルドール 2週連続の好調教
1月13日(木) 栗・CW 《83.5》(B評価
1月6日(木)  栗・CW 《88.4》(A評価

中山10R 9番 アイアムマリリン
1月13日(木) 美・坂路 《85.4》(A評価




「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (2)


2011年1月13日 (木)

気になるローズキングダムの状態

【気になるローズキングダムの状態】

日経新春杯にローズキングダムが出走へ踏み切りました。58キロは妥当な線だと思いますが、問題は「斤量」よりも「状態面」にあるのではないでしょうか。予定していた有馬記念を、直前に疝痛により出走取り消し。3日の坂路が4F53.9秒-1F13.6秒で、これだけでは時計的に物足りません。


Photo

↑ジャパンC時はフローテーションに大きく先着。4F52.4秒-1F13.2秒の時計で、調教指数《82.0》のB評価・順位4位。その時と比較すると4Fは遅く、1Fはやや速め。あとは当時と比較して馬場状態がどうかで、《80》が一つのボーダーラインでしょうか。


ローズキングダム
栗・坂路 4F52.8-1F13.1         ⇒調教指数《??》・?評価

ゲシュタルト
栗・CW 6F83秒前半-1F12秒前半  ⇒調教指数《??》・?評価

ビートブラック
栗・坂路 4F52.4-1F計不        ⇒調教指数《??》・?評価

ヒルノダムール
栗・CW 6F80秒後半-1F12秒前半  ⇒調教指数《??》・?評価

ルーラーシップ
栗・CW 6F83秒前半-1F12秒前半  ⇒調教指数《??》・?評価


明け4歳世代のライバルも強力。ヒルノダムールがCWで好時計で、ビートブラックの4Fもローズキングダムより優秀。調教指数は現在計算中ですので、明日の昼頃にはサイト上(PC版 携帯版)にアップできると思います。先週のメイショウマシュウに続く、3歳新馬も探して行きたいと思います。

| | コメント (0)


2011年1月12日 (水)

メイショウマシュウが11番人気だった理由

【競馬場から帰宅後にダウン】

年明けから非常に寒い日が続いていますが、変則開催によるバタバタ&寝不足も相まって月曜日に京都競馬場から帰宅した後、風邪でダウン。暫くの間は、平年以上の寒さが続くとの予報ですので、皆様におかれましても、体調管理には十分にご留意下さい。

ここ数日はチョコラ号との朝の散歩も結構辛いものがありました。普段は早朝から布団のの中で微睡んでいる私に"ネコパンチ"ならぬ"イヌパンチ"を容赦なく浴びせかけて散歩の催促をするチョコラ号ですが、さすがに彼もこのところの寒さが堪えているのか、当方からの要請?で渋々外へ出る感じ↓。

Wan0108




【新馬が1週前に好調教=人気の盲点】

この3日間で京都と中山を併せて合計8鞍の新馬戦が組まれ、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で17頭(A評価馬×4頭・B評価馬×11頭・T評価馬×2頭)出走しており、その成績は(3-2-2-10)。

先日も少しふれましたが、日曜・京都4Rでは単勝オッズが1.6倍と断トツの1番人気に支持された5番・エーシンジャイヴが10着に敗れ、11番人気の7番・メイショウマシュウが激走して3連単の配当は139万円超と大波乱となりました。

Ky010904b

このレースでは調教面から人気薄の7番・メイショウマシュウの単複を拾えたことで儲けを出すことができましたが↓、惨敗した5番・エーシンジャイヴの鞍上(武豊騎手)がレース後に「ハローの跡とかを見てばかり。レース慣れが必要」とコメントしています通り、新馬戦に関しては「稽古は動いていても、実際のレースでは(気性面などから)走ってみないとわからない」という危険性も同時に孕んでいます。


ちなみに7番・メイショウマシュウは12月上旬から調教して、12月30日(木)に栗・坂路で4F53.1秒-1F12.4秒の好時計。指数に換算すると《80.9》で、
B評価の順位8位。毎度のことながら呟いておりますが、「古馬に混じって栗・坂路、栗・CWで順位10位入り」はかなり優秀です。にも関わらず、単勝97.4倍の11番人気?

Ky010904bbmp

実は年明けは1月6日にEコースでサッと流しただけ。スポーツ紙の調教欄に載っていないケースが多く、確かに直前のこの追い切りだけ見れば手が出ません。1週前の4F53.1秒-1F12.4秒の
B評価順位8位を皆が知っていれば、決して単勝97.4倍にはなっていないと思われます。「新馬で1週前に好調教=人気の盲点」が馬券的にも狙いやすい所です。




【人気薄の好調教馬が激走した3日連続開催】


Tk0108bmp

この3日間における好調教馬の成績ですが、B評価馬の単勝回収率が234%、T評価馬の単勝回収率が239%と共に200%を超え、B評価馬については、複勝回収率も160%と100%超えとなり↑、人気がない好調教馬の激走が目につきました(この3日間におけるA~T評価馬の勝ち馬の一覧表です↓)。

108110bmp

反面、「これは堅い」と思えた人気の好調教馬が馬券圏内はおろか掲示板にすら載れなかったことも多く、「さすが正月明けの変則開催」と言いたくなるくらい難解な3日間でした。

馬券の方ですが、金曜日のブログにて「コラム推奨馬」として取り上げた土曜・京都12Rの16番・トーホウチェイサー(4番人気で1着)、


Ky010812bmp

購入額 3万円  払戻額 10万4000円


土曜日のブログにて日曜・京都4Rの5番・エーシンジャイヴをコラム推奨した際、穴候補として取り上げた7番・メイショウマシュウ(11番人気で1着)、


Ky010904bbmp

購入額 2万6000円  払戻額 25万7100円


そして、日曜日のブログにて「調教から狙える好配当馬」として取り上げた月曜・京都7Rの1番・ハートシューター(5番人気で1着)といった好調教馬の活躍で、何とか3日間を凌ぎ切りました。

Ky011007

購入額 2万円  払戻額 10万6000円



①コラム推奨馬9頭の成績 (4-0-0-6)※
②調教から狙える好配当馬5頭の成績 (1-1-1-2)
③妙味のある新馬2頭の成績 (1-0-0-1)

※日曜・京都4Rで穴候補に挙げたメイショウマシュウを含む。

馬券の方は日曜・京都4Rのメイショウマシュウで何とかなったものの、諸々の要因が相まって京都からの帰るや否や風邪でダウンした次第です。




【変則開催の余波に注意】

今朝の坂路調教データを取ってみたところ、栗東、美浦共に速い調教時計を出している馬が普段と比べると非常に少く、月曜日が開催日であったことにより、今週の追い切りは、明日が中心になると思われます。

このような日程的なことを含め調教に関して言えば、少なくとも今週末まで年末・年始を挟んだ変則開催による影響が色濃く出ています。変則開催が続きますが、人気の盲点をつきやすいので、馬券的には助かります(お陰さまで毎年1月は得意です)。

高中式調教サイト(PC版 携帯版にて好調教馬、推奨馬を取り挙げておりますが、馬券購入に際しては、馬体重の増減(出来ればパドックや返し馬の気配も)をしっかり確認する等、慎重を期して頂きたいところです。

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから




人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月 9日 (日)

明日こそは勝ち名乗りを(明日の新馬戦)

【喜んで良いものやら】

昨日のブログで取り上げた京都4Rの5番・エーシンジャイヴは、単勝オッズが2倍を切る断トツの1番人気。片や穴候補として挙げた7番・メイショウマシュウは11番人気で単勝オッズは90倍超。

Ky010904bmp

馬券の方は、この2頭からの3連複6千5百円(2頭軸総流し・5百円×13点)、5番・エーシンジャイヴに2番人気の11番・マッキンリー(調教指数は先の2頭とはかなり差があるものの、今日のメンバーの中では3番手)を絡めた3連複1万3千円(2頭軸総流し・千円×13点)、そして、7番・メイショウマシュウの単勝千5百円と複勝5千円を購入。
正直なところ5番・エーシンジャイヴは「ほぼ確勝級。まず3着はハズさん」と思っていましたので、「7番・メイショウマシュウか11番・マッキンリーが3着以内に入ってくれさえすれば(出来ればメイショウマシュウが)」と思っていたところ…。

5番・エーシンジャイヴは好スタートから果敢にハナに立ったものの直線半ばで大失速の10着。それとは対照的に7番・メイショウマシュウは直線に入り一気に突き抜け1着(単勝9740円・複勝2220円。ちなみに3連単の配当は約140万円)。そして、調教指数3番手で5番・エーシンジャイヴの相手にも据えた11番・マッキンリーが3着で、3連複は絵に描いたようなタテ目。

メイショウマシュウの活躍で払戻金はそれなり?の金額となりましたが、自信を持って推奨した馬が10着に惨敗し複雑な心境。新馬戦の"怖さ"と"妙味"を同時に味わったレースでした。

Ky010904bbmp

明日は京都競馬場で3日連続開催の最終日を戦ってきます。
本線の馬(馬券)をハズしておきながら誠に恐縮ですが、メイショウマシュウからの「お年玉(寒中見舞い?)」で明日は逃げ込みを図ります。



【明日の新馬戦】

本日は京都と中山で合計3鞍の新馬戦が組まれ、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で6頭(A評価馬×1頭・B評価馬×5頭)出走していましたが、その成績は(1-1-1-3)。↑で書きましたとおり、又々、ブログで取り上げた馬が馬券に絡めず(誠に申し訳ありませんでした)。

明日も京都と中山で合計3鞍の新馬戦が組まれていますが、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部7頭(A評価馬×3頭・B評価馬×2頭・T評価馬×2頭)。そして、これまた昨日と同様、そのうちで勝ち負けの期待が出来る1頭をコラム推奨馬へ↓。明日こそは"きちっとした結果"を出したいところです。

なお、明日は「妙味のある新馬」に該当する好調教馬はおりませんでした。



【ハイレベルな好調教】

(中山4R 新馬戦 3番 ラデュレ)

Na011004bmp

好調教馬が4頭いますが、美浦・坂路で12/23に4F52.6-1F12.0・指数《85.1》(A評価)・順位4位、1/6に4F51.2-1F12.1・指数《88.5》(A評価)・順位2位と、この時期の3歳新馬としてはレベルが高い指数を連発している同馬を一番手に評価。この指数を叩き出していれば、しかも牝馬同士の限定戦なら"勝ち名乗り"を挙げてくれることを期待します。

同馬には見劣りますが、
他の好調教馬3頭も乗り込み量も豊富で十分に好戦を期待できますので、馬券の方は、ラデュレにこの3頭を絡めた3連複(フォーメーション)で攻めてみる予定です


その他の京都12R・4歳上1000万下などの推奨馬については、会員ページ内のコラム(PC版 携帯版をご参照下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】

京都7R 1番 ハートシューター
1月5日(水) 栗・CW 調教指数《83.0》(B評価



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月 8日 (土)

難解を極めた3日連続開催の初日

【難解な1日】

まずは、京都1RでB評価馬の9番・イイデスタップが6番人気で1着(単勝2160円・複勝410円)↓。鞍上のリスポリ騎手はJRA初騎乗で初勝利。

Ky010801bmp

中山7RではT評価馬の10番・リネンタキシードが12番人気で1着(単勝11310円・複勝1710円)↓。ちなみに、このレースの3連単の配当は180万円超。

Na010807bmp

そして、京都11RではB評価馬の3番・トーセンイマジゲンが8番人気で1着(単勝2350円・複勝640円)、B評価馬の4番・ノボリデュークが11番人気で3着(複勝1860円)で↓、3連単の配当は80万円超。

Ky010811bmp

↑のとおり、本日は人気がない好調教馬の激走が目につきましたが、反面、堅軸と思える人気の好調教馬が掲示板にすら載れないことも多く、非常に難解な1日でした。

個人的にも、最後の最後、昨日のブログで取り上げた京都12Rの16番・トーホウチェイサー(4番人気で1着)の活躍で何とか事なきを得ましたが↓、大変厳しい戦いでした。

Ky010812bmp

やはり変則開催は一筋縄ではいきません。
残りあと2日。途中で「弾(資金)切れや(泣)」とならなように気をつけます!



【明日の新馬戦】

本日は京都と中山で各1鞍づつの新馬戦が組まれ、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で4頭(B評価馬×4頭)出走していましたが、その成績は(2-0-1-1)↓。

Ky010804bmp

Na010804bmp

会員コラム内(PC版 携帯版では「妙味のある新馬」として次の2頭を取り上げたところ、

Co0108bmp
コンノート(4番人気)は勝ってくれましたが、昨日のブログで紹介したサンタンジェロ(3番人気)だけが馬券に絡めず、またしても情けない結果に(誠に申し訳ありませんでした)。

明日は京都と中山で合計3鞍の新馬戦が組まれていますが、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で6頭(A評価馬×1頭・B評価馬×5頭)。そして、そのうちで"勝ち負けの期待が大"の1頭をコラム推奨馬へ↓。

なお、中山6Rの新馬戦で配当妙味十分の好調教馬が2頭いましたが、その2頭は共に狙っていたレースを除外され、このレースに出走してきたとのことでしたので、「妙味のある新馬」とはしませんでした(調教過程に狂いが生じたことで今回マークしている調教指数を額面どおりに評価し辛いところがありますので)。



【年末年始に好指数をマーク】

(京都4R 新馬戦 5番 エーシンジャイヴ)

Ky010904bmp

栗東・坂路で入念に乗り込まれ、12/30に4F52.8-1F12.8・指数《82.3》(B評価)・順位7位、1/6に4F51.7-1F13.1・指数《84.0》(B評価)・順位6位と「2週連続の好調教」。
時計・指数は他馬を圧倒していますので、稽古どおりの走りをすれば"勝ち負けの期待大"と言ったところです。

穴候補としては栗東・坂路を中心にCWも併用して乗り込み量の豊富な7番・メイショウマシュウ。12/30にはエーシンジャイヴに次ぐ4F53.0-1F12.4・指数《80.9》(B評価)・順位8位をマークしていますので、人気はありませんが"要注意"です。


その他の京都11R・シンザン記念(GⅢ)などの推奨馬については、会員ページ内のコラム(PC版 携帯版をご参照下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】

京都2R 7番 スズカセクレターボ
12月30日(木) 栗・坂路 調教指数《88.0》(A評価

京都8R 1番 レコメンド
1月3日(月)  栗・坂路 調教指数《91.7》(A評価

京都8R 9番 スズカイルマン 2週連続の好調教
1月5日(水)  栗・坂路 調教指数《80.8》(B評価
12月30日(木) 栗・坂路 調教指数《85.0》(B評価



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (2)


2011年1月 7日 (金)

長丁場(3日連続開催)につきペース配分を忘れずに

【追い切り日が分散】

明日から3日連続開催。今年は追い切り日が分散されていたため、調教指数の計算上、その取扱には苦労しましたが、通常通りサイト(PC版 携帯版上で公開しています。

頭数の関係もあって指数を公開はしませんでしたが、↓で取り上げた京都12Rの16番・トーホウチェイサーのように、「追い切り日外」と思われる日に速い調教時計を出している馬も結構いましたので、「T評価」(=お気に入り)として扱っておきます。今後のためにも該当馬がどのような走りを見せるか注目してみたいと思います。

兎に角、3日間という"長丁場"になりますので、馬券の方は、ペース配分を含めて慎重を期したいところです。



【明日の新馬戦】

1月5日(水)は京都と中山で各1鞍づつ新馬戦が組まれており、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で3頭(A評価馬×1頭・B評価馬×2頭)出走していましたが、その成績は(1-0-1-1)↓。そのうち1勝、3着1回と成績は上々でも、「妙味のある新馬」で取り上げた京都6Rの6番・ヴイブラッドのみ馬券に絡めず。(誠に申し訳ありませんでした)。

Co0105bbmp

明日も京都と中山で各1鞍ずつ新馬戦が組まれており、調教指数《80》を超えてB評価以上の馬(好調教馬)が全部で4頭(B評価馬×4頭)。会員コラム内(PC版 携帯版では「妙味のある新馬」として2頭を取り上げていますが、そのうちの1頭を紹介させていただきます。



中山4R 10番 サンタンジェロ
12月29日(水) 美・坂路 《80.5》(B評価

調教時計及び指数は16頭中2番目ですが、他の14頭と比べれば同馬も抜けた存在です。初レースで、しかも、短距離戦。揉まれたくないところですので、スタートが抜群にうまい鞍上は魅力的です。強力なライバルがおり"勝ち負け"とは言い辛いですが、スンナリと先行すれば「複勝圏内」の期待十分。




【追い切り日の谷間?に好時計】

(京都12R 4歳以上1000万下 16番・トーホウチェイサー)

Ky010812bmp

1/4に栗東・坂路で4F51.3-1F12.4をマークし自己ベストを更新。4F51.3秒は12/29~1/6の間でベスト10に入る優秀な時計です。ちなみに、調教指数は未計算ですが、1Fも12.4秒と好時計をマーク。通常の追い切り日でしたら、かなり高い指数になっていたと思われます(※)。

前走から約2ケ月と間隔が空きましたが、自己ベストの時計を叩き出すくらいですから、仕上がりに関しては「万全」と言えるのではないでしょうか。相性抜群(2-0-0-0)の鞍上を背に「勝ち負け」を期待します。


※ 1/4については、追い切り頭数が少ないため調教指数は算出していませんが、時計的に優秀なもの(通常の水曜もしくは木曜の追い切り日にこの時計をマークしていれば、少なくとも《80》を超える指数となっていると思われるもの)については、「T評価」としています。


その他の京都5R・3歳未勝利戦などの推奨馬については、会員ページ内のコラム(PC版 携帯版をご参照下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】

京都2R 4番 ニホンピロザジ
1月5日(水) 栗・CW 《86.0》(A評価



「高中式調教サイト」のご登録はコチラから



人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月 6日 (木)

3歳馬からのお年玉は…

変則開催によって年明けのスケジュールがタイトになるのは例年のことですが、今年は予想以上にバタついています。昨日分のデータ整理を終え、1/8~1/10の3日分のデータ作成に取りかかったのですが、今回は追い切りが1/4、1/5、1/6に分散されているため(しかも、1/4と1/5は追い切った馬の頭数が中途半端)、苦戦を強いられています。

と言うことで、一旦その作業を中断し、取り急ぎ簡単ですが昨日の回顧を。


【人気薄のS評価馬が激走(武英智騎手、ゴメンなさい)】

お正月の「お年玉」を貰ったのは、コラムで推奨した↓

Co0105bmp

中山3Rの9番・フェアユース(B評価馬・3番人気・3着・複勝270円)ではなく、

Na010503bmp

Na010503

購入額 3万円 払戻額 5万4000円


中山9Rの12番・ロードカナロア(A評価馬・1番人気・2着)でもなく、

Na010509bmp

Na010509

購入額 3万円 払戻額 0円


前日のブログで「調教から狙える好配当馬」として取り上げた京都3Rの14番・ホッコーガンバ(S評価馬)でした。

Ky010503bmp

同馬は、昨日出走していた好調教馬の中で唯一の「S評価馬」↓。


Tk0105bmp

通常であれば、当然、「コラム推奨馬」に抜擢するところですが、誠に申し訳ありませんが、鞍上が昨年1勝しか挙げていない武英智騎手では自信を持って"推奨"というわけにはいきませんでした。正直に言って、その1勝がこのホッコーガンバであったこと(相性の良さ)を加味しても「調教から狙える好配当馬」としてブログに挙げることさえも戸惑ったくらい。

ただ、年末12/29のブログで「2歳馬(年明けには3歳馬に)の場合、調教の動きが一変すると、レース結果も一変することがありますので、人気にかかわらず該当馬については"調教から狙える好配当馬"に取り上げることにしたい」と書きました。



【S評価馬の単勝を買い続ければ

同馬についても、美浦・坂路で中間に自己ベストを大幅に更新する時計をマークし、年末にはS評価となる抜群の指数を叩き出すなど、調教内容が急激に良化していましたので、調教面からは間違いなく狙い目十分。よって、「推奨馬」は回避したものの「調教から狙える好配当馬」へ。

レースの方は、好スタートを切った同馬が二の脚を使って一気にハナへ。直線を向くと軽く仕掛けただけで後続を突き放し、最後は手綱を緩める余裕を見せながら3馬身半差をつける圧勝。S評価馬単勝回収率は100%超えなので買います。正に↑タイトルの"()内"で書きましたとおり「武英智騎手、ゴメンなさい」という結果でした。

S評価をマークした調教内容、そして、レースでの勝ちっぷりから、同馬は上のクラスでも十分に通用すると思われますので、引き続き武英智騎手が騎乗するのであれば、次走は同騎手の応援もしっかりとさせていただきます。

Ky010503

購入額 1万円 払戻額 13万7000円


ホッコーガンバ&武英智騎手の活躍でもって、3日連続開催用の軍資金に余裕ができてホッとひと安心。この流れを維持出来るよう張り切って調教データ作りに励みたいと思います。



【シンザン記念は坂路調教馬の戦いか?】

5日(水)
オルフェーヴル
栗・坂路 4F52.8-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
シゲルソウサイ
栗・坂路 4F52.6-1F12.2 ⇒調教指数《??》・?評価
トキノゲンジ
栗・坂路 4F51.4-1F12.8 ⇒調教指数《??》・?評価
ドナウブルー
栗・坂路 4F52.6-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価

6日(水)
アドマイヤサガス
栗・坂路 4F51.7-1F12.4 ⇒調教指数《??》・?評価


シンザン記念の有力馬は坂路調教馬が多数。何れも4F51~52秒台の好タイムをマーク。特に4Fではトキノゲンジが51.4秒と速く、1Fはシゲルソウサイが12.2秒で最速。4F、1Fのバランスを考えれば、4頭の何れが優秀かどうか。

アドマイヤサガスは4F、1Fとも優秀に思えますが、1頭だけ6日(水)の追い切り。5日(水)の坂路は1Fが掛かっており、対して6日(水)の馬場状態がどうかがポイント。

「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


2011年1月 4日 (火)

昨年の金杯は3連複で3万馬券

【真面目に調教積めば結果もキッチリ】

人も馬も正月休みを取りたいはずですが、競馬業界ではほとんど関係ありません。今年も金杯が5日(水)に行われるので、正月も休まずトレーニングせねばなりません。昨年は7番・ライブコンサートが単勝1,430円の5番人気で1着。

Photo_2 

調教内容を振り返ってみれば、年末の30日に坂路で4F53.2秒-1F13.0秒、年明けの3日にも4F52.0秒-1F12.5秒。ともに併せ馬で一杯に追い切る好調教。5番・スマートギアも2着。3着に13番人気の8番・レインダンスが入って、3連複は31,060円の万馬券でした。

2010



【調教を1週でも休めば能力半減】

正月競馬で好スタートを切るポイントは一つ。年末、年始も地道に好調教をこなしていることです。よくよく見てみると、軽い調教しかこなしている人気馬もおります。調教を1週でも休めば能力半減。それが競走馬なのです。


190_3 080106tanaka_na11_3tan   

年末に机の中を整理していると、2008年の正月競馬の馬券を発見しました。3連単88万馬券で、払戻しは195万560円。お気に入りの4番ワイルドファイアー(9番人気)、13番カイシュウタキオン(3番人気)を軸にした馬券。やはり2頭ともに年明けに一杯に追っています。

Photo_3

翌年の2009年も324,580円の3連複を千円獲って、払い戻しが300万円オーバー。振り返ってみると、100万超えの払い戻しは、1月が圧倒的に多い気がします。調教指数は会員ページで(PC版 携帯版)公開しています。今年も1月競馬で儲けを出して、2月最初の北新地の節分の「お化け」へ向けて資金を貯めておかねば…。



【今年は3~4頭の好調教馬

本日から本格的に稼働。まずは明日の金杯、そして、1/8~1/10の3日連続開催を「体力」と「財力」を温存しながら乗り切りたいと思います。

そして、毎年のことながら、ただでさえ競走馬の体調管理が難しい時期に変則開催によって調教の日程も"変則"となっていますので、馬券への参戦は、各馬の馬体重をしっかりと確認したうえでソロソロとスタートしたいと思います。

東西の金杯ですが、両レース共に人気は割れ加減で混戦模様。

調教面からも、中山・京都のそれぞれで3~4頭の好調教馬(
A評価馬B評価馬)がいます。「これっ!」と言えるような目立った馬はいませんでしたが、中山は軽ハンデが魅力のA評価馬を、京都は休み明けで変わり身が見込めるB評価馬を、"運試し"程度に少し買ってみる予定。



【明日の新馬戦は妙味十分】

明日は中山と京都で各1鞍づつ新馬戦が組まれており、調教指数《80》を超えて
B評価以上の馬(好調教馬)が全部で3頭(A評価馬×1頭・B評価馬×2頭)出走しています。

3頭とも「馬券圏内の可能性大」と言ったレベルで、そのうちの1頭(
B評価馬)は配当的にも妙味十分ですが、これについては、会員サイト内(PC版 携帯版)のみの掲載とさせてさせていただきますので、ご了解下さい。



【3歳馬からの"お年玉"を期待】

昨年は「調教の良し悪しがレースの結果に直結することが多い2歳戦」というフレーズを連発しましたが、年が明けて「2歳馬」が「3歳馬」に替わるだけで、今年も"ここ"を中心に攻めていきたいと思います。

(中山9R ジュニアカップ 12番 ロードカナロア)

Na010509bmp

栗東・坂路で休みなく乗り込まれ、追い切りはCWで。12/29にマークした指数《86.0》(
A評価)・順位10位は前走時を大幅に上回っており、状態の良化は顕著。

前走は軽く仕掛けただけで後続に6馬身差をつけ好時計で圧勝しており、「3歳オープン」と言えど1勝馬同士なら力上位。

相手筆頭は美浦・坂路で4F51.8-1F12.5・指数《86.0》(
A評価)・順位3位と好時計・好指数をマークしている7番・マイネルロガール。


その他の中山3R・3歳未勝利戦の推奨馬については、会員ページ内のコラム(
PC版 携帯版)をご参照下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】

京都3R 14番 ホッコーガンバ
12月29日(水) 美・坂路 《95.5》(
S評価
12月15日(水) 美・坂路 《91.9》(
A評価

中山4R 1番 ニシノサンタロウ 
2週連続の好調教
12月29日(水) 美・坂路 《86.0》(
A評価
12月23日(木) 美・坂路 《88.0》(
A評価

中山12R 2番 マイネプリンセス
12月31日(金) 美・坂路 《指数未計算》(T評価) ※

※ 12/31については、追い切り頭数が少ないため調教指数は算出していませんが、時計的に優秀なもの(通常の水曜もしくは木曜の追い切り日にこの時計をマークしていれば、少なくとも《80》を超える指数となっていると思われるもの)については、「T評価」としています。




【京都金杯の坂路追いの一例】

オセアニアボス
栗・坂路 4F51.8-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
スズカコーズウェイ
栗・坂路 4F52.7-1F12.6 ⇒調教指数《??》・?評価
スズカコーズウェイ
栗・坂路 4F51.7-1F12.1 ⇒調教指数《??》・?評価
ダンツホウテイ
栗・坂路 4F53.5-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
ネオヴァンドーム
栗・坂路 4F52.7-1F13.1 ⇒調教指数《??》・?評価
バトルバニヤン
栗・坂路 4F53.1-1F12.5 ⇒調教指数《??》・?評価
バトルバニヤン
栗・坂路 4F51.2-1F12.7 ⇒調教指数《??》・?評価
マヤノライジン
栗・坂路 4F52.8-1F12.9 ⇒調教指数《??》・?評価
リクエストソング
栗・坂路 4F58.5-1F計不 ⇒調教指数《??》・?評価

| | コメント (0)


2011年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます

新年 明けましておめでとうございます。
旧年中は誠にありがとうございました。
本年は、干支にちなみまして卯(うさぎ)が飛び跳ねる如く"飛躍の年"にしたいと思っておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

高中晶敏 スタッフ一同


明日から1月5日の金杯、そして、10日~12日の3日連続開催に向けて調教データの作成を開始する予定です。「金杯で乾杯!」となるよう頑張ります。



(数年前のものですが、お正月用に正装したチョコラ号↓)


2

| | コメント (0)


« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »