本文へジャンプします。



« 日曜日の確変モード(その3) | トップページ | 明日の重賞(GⅠ&GⅢ)もS評価馬の活躍に期待 »

2010年12月17日 (金)

先週の好調を維持し、年末に向けてラストスパート

【日曜日の確変モード・番外編】

一昨日は、阪神JF(GⅠ)を一緒に観戦し共に馬券が的中した某スポーツ新聞のレース部長さん(この件に関してはコチラを)と北新地で祝勝会?

この日は二人ともフトコロが少々潤っていたこともあって、食事をした後は高級クラブの「W」へ。こちらのお店は、一昨年のリーマンショック以降、北新地の多くの高級クラブが苦境に喘ぐ中にあって、客足が途絶えることのない繁盛店。


そして、このお店でお世話になっているのが"あゆ美"ママさん。前回飲みに来た時、ママさんに「この前"アユミチャン"という名前の馬が走ってたよ」との話をしたところ、ママさんからは「(自分と同じ名前なので)応援するから、今度レースに出る時は教えてね」と言われていたのですが、正直に言いますと、すっかり忘れてました!
土曜日の夜遅くに「アユミチャン」が翌日の中山1Rに出走しているのを発見したのですが、取り敢えず今回は「がんばれ馬券」でも買って、ママさんへは事後報告することに。


そして、日曜日は阪神競馬場へ着くや否やアユミチャンの「がんばれ馬券」(単複各千円)を買って、モニター越しに同馬の応援を。ちなみに、アユミチャンは、先週、美浦・坂路で4F52.3-1F12.5をマークしており、調教指数的にはB評価(《80》超え)までは至らなかったものの「3着までなら十分」というレベルで、実際に3番人気に支持されていました。

Na121201

レースの方は、抜群のスタートを切ったアユミチャンが一気にハナを奪い、直線を向いても逃げ脚は全く衰えることなく、むしろ後続を突き放して5馬身差の圧勝(単勝870円・複勝210円)。

馬券の方は、「がんばれ! アユミチャン」と書いてあるくらいですから、当たろうがハズレようがママさんへプレゼントしようと思っていたのですが、本当に同馬が勝ち、一瞬「この馬券を払い戻したら1万800円。馬券をコピーして…」などとセコいことを考えましたが、やはり「アユミチャン」の記念すべき初勝利の馬券ですので、ゲンを担ぐ意味も込めて"現物"をママさんへ。

ところで、今週は月曜日の「阪神JCを振り返って」から始まり、今朝の「日曜日の確変モード(その3)」まで好調教馬の活躍によって儲けた馬券について報告させていただきましたが↓、

Ss1212bmp

振り返ってみれば、このアユミチャンの"がんばれ馬券"が的中して後、好調教馬が「確変モード」に突入し、ほぼ連戦連勝状態に。

思わず"あゆ美ママさん"は、「今は亡き伊丹十三監督の映画のタイトルになった"あ○○○"かも」と、少々下品なことを考えてしまった次第です(↑でも書きましたとおり、北新地全体が厳しい状況に置かれ、実際に潰れてしまったクラブも多数ある中にあって、クラブ「W」がいつも千客万来なのも、あゆ美さんの"あ○○○"パワーのお陰?)。


今年も残すところ、あと2週。今の流れを維持できるように年末に向けてラストスパートをかけたいと思います。


(日曜日に福の神を招いてくれた「アユミチャンことあゆ美ママ」↓)

Ayumimm




【今週もまずは2歳戦】

(中山9R 黒松賞 15番 ツクババレー)

Na121809bmp

美浦・坂路で先週は4F50.6-1F12.3・指数《88.2》(A評価)・順位2位、今週は4F51.6-1F12.0・指数《86.2》(A評価)・順位4位と、2歳牝馬としてはレベルの高い「2週連続の好調教」。
このクラス(2歳500万)の馬がこの指数を連発していれば、能力的にも十分勝ち負けが期待出来ます。今回は未勝利を勝ち上がったコース・距離で2勝目を狙います。
先手を奪えば渋太い6番・テイエムオオタカ(
A評価馬)が相手候補の筆頭です。


その他の中山8R・3歳1000万下、小倉11R・豊明特別の推奨馬については、会員ページ内のコラム(
PC版 携帯版)をご参照下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


阪神5R 13番 サワヤカユウタ 2週連続の好調教
12月15日(水) 栗・CW 《90.2》 A評価
12月9日(木)  栗・CW 《80.1》 B評価

阪神11R 2番 リビアーモ 
2週連続の好調教
12月15日(水) 美・坂路 《80.9》 B評価
12月9日(木)  美・坂路 《91.9》 A評価

小倉8R 9番 スズカスパーク

12月15日(水) 栗・坂路 《85.0》 B評価


「高中式調教サイト」のご登録はコチラから


人気ブログランキングへ←競馬ブログランキング

| | コメント (0)


コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。