本文へジャンプします。




2010年8月

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月28日 (土)

土曜は2戦2勝。日曜もS評価馬に期待。

人気ブログランキングへ←90位以内まで浮上


【本日の成績】

(推奨馬)

小倉8Rのタマモコントラバスは、スタートで出遅れ、直線だけの競馬で勝馬からコンマ5秒差の4着。
今回を含め3走続きの出遅れは気になるところだが、スタートさえ決まれば、次走も勝ち負けが見込める。覚えておきたい1頭。

小倉8R  10番 タマモコントラバス   《93.4》 A評価 5番人気 4着
小倉11R  2番 ポイマンドレース    《96.0》 S評価 1番人気 1着
小倉11R 15番 タイセイフレイヤ    《81.9》 B評価 3番人気 2着
新潟11R  5番 ケイアイデイジー    《93.3》 A評価 1番人気 3着



【明日の小倉1200m戦】


明日の「1200m戦」は3鞍。
4Rは、調教指数《80》を超えたB評価以上の馬がおらず、11Rについては、↓をご覧下さい。

(1
R 2歳未勝利戦)


Ko082901bmp

このレースの好調教馬は、今週、栗東・CWで指数《82.9》B評価・順位19位をマークした7番・レーガンの1頭。
力がいるCWで入念に乗り込まれ、徐々にではあるが動きは良化。
前走と同様、スンナリと先行すれば、渋太い。



【明日の推奨馬】



(小倉11R 推奨馬 6番 カイシュウボナンザ)


Ko082911bmp

今回は追い切りを栗東・ポリトラックからCWへ変更。
今週は川田騎手を背に今までに無いしっかりとした攻め。調教指数は《96.0》(
S評価)をマークし、順位も2位。
本日、出走した調教指数《96.0》のS評価馬2頭(1600万下・1000万下)は、いずれも1着。
同じ指数をマークしている同馬も、当然、勝ち負けが期待できる(しかも500万下なら)。
近走は人気を裏切り続けたが、調教の内容を一変させた今回は、この流れに終止符をうちたいところ




(札幌9R 推奨馬 6番 モルトグランデ)


Sa082909bmp

重賞の割には好調教馬、しかも高い指数をマークしている馬が少なく、同馬が、今週、函館・Wでの追い切りでマークした調教指数《87.9》(A評価)・順位2位が1番。
実際、上位人気馬の調教指数をチェックしたところ、いずれも思いのほか低く、出馬表が示すとおり↑、調教の動きからは、同馬を最上位に評価できる。

マギれが多いフルゲートの小回り短距離戦。デキの良さを活かし昨年(2着→9着降着)の雪辱を果たしてもらいたい




その他の小倉12R、新潟7Rの推奨馬については会員ページ内のコラム(PC版 
携帯版)をご参照下さい。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】



土曜日は、栗東・CWでの好調教馬が活躍。
新潟記念に出走する順位1位のテイエムプリキュア(
S評価)は、攻め駆けすることで有名だが、今週の同馬の動きは、7歳牝馬にして「生涯最高」と言えるほど秀逸。
新潟の外回りコースは、同馬にとって厳しいものであることは間違いないが、超がつく抜群のデキで克服できないものか。



Cw0825bmp

小倉5R  14番 スズカデジタル     《85.0》 B評価 2週連続の好調教馬
小倉7R  7番 メイショウオルフェ   《91.0》 A評価
新潟8R  13番 ゼロチョウサン     《94.0》 A評価 2週連続の好調教馬
新潟9R  8番 タガノシュペリエル   《88.6》 A評価
新潟11R  1番 テイエムプリキュア   《97.0》 S評価 2週連続の好調教馬
札幌11R 12番 オオヒメ         《90.0》 A評価




●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。


人気ブログランキングへ←90位以内まで浮上

| | コメント (0)


2010年8月27日 (金)

相変わらず走る「小倉1200m戦」の好調教馬

人気ブログランキングへ←90位以内まで浮上




【明日の小倉1200m戦】


明日は4レースが組まれている「小倉1200m戦」での好調教馬です。

(2
R 2歳未勝利戦)

Ko082802bmp

3番・ブーケパルフェは、7/15に栗東・坂路で指数《82.0》B評価・順位6位をマークし、T評価馬入り。
その後の調教ではあまり速い時計は出していないが、2歳馬としては標準並の4F53~54秒をマークしており、1ケ月ぶりのレースとなるが「デキは平行線」と言ったところか。

今回は芝替わり。血統的にはダート向き(父・アフリート)のようにも思えるが、好調教馬にしばしば見受けられる"条件替わりで一変"には注意。



(6R 3歳未勝利戦

Ko082806bmp

このレースは好調教馬が3頭いるが、注目すべきは、先週、栗東・坂路で自己ベストを更新し、この中では最も直近に指数《80.5》B評価・順位6位をマークしている4番・ジュエリーフラン
これまで2着3回と勝ち味に遅いところはあるが、今回は、相手関係も楽になり、未勝利脱出のチャンス。



(9R 2歳オープン戦)

Ko082809bmp

2歳オープンと言っても、九州産馬限定で、ほとんどが未勝利馬。
今週、栗東・CWで指数《81.0》B評価・順位23位をマークした5番・テイエムタマゲタも2戦して12着と6着。
レース成績と走破時計はパッとしなしが、調教の動きは良化しており、"穴で一考"の価値は有る。


12Rについては、↓をご覧下さい。




【明日の推奨馬】



(小倉11R 推奨馬 2番 ポイマンドレース)


Ko082811bmp

栗東・CWでは常に良い動きをする同馬だが、今週は調教指数《96.0》(
S評価)と抜群の動きを見せ、順位も2位
しかも併せ馬ではオープン馬に先着と、状態に関しては文句なし。
降級3戦目の今回は、そろそろ決めたいところ。
友道厩舎×鮫島騎手は、単勝回収率、複勝回収率共に100%を超え、相性抜群。



(小倉12R 推奨馬 15番 タイセイフレイヤ)

Ko082812bmp

攻め駆けするもレースでは結果が出ていなかった同馬だが、前走は芝替わりで走りが一変。
今回は中2週となるが、栗東・坂路でしっかりと乗り込まれ、今週もオープン馬と併せて4F52.6-1F12.6・指数《81.9》(
B評価)をマークし、良好な状態を維持。
芝替わり+ブリンカー2戦目で、更に前進を見込む。

その他の好調教馬では、B評価+降級+減量騎手の13番アディアフォーン、前走が見所十分だったT評価馬・5番ジョニーバローズ、そして、《87.0》(
A評価)と最も高い指数をマークしている10番ケンブリッジシーザに注意。その他の小倉8R、新潟11Rの推奨馬については会員ページ内のコラム(PC版 携帯版)をご参照下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


小倉4R  12番 ライツェント        《95.0》 A評価
新潟8R  7番 コスモミカエル      《94.0》 A評価
新潟9R  5番 ニシノホウギョク     《88.6》 A評価
札幌10R  3番 ニューロザリオ     《84.4》 B評価
札幌12R 14番 ブルーモーリシャス   《88.7》 A評価 2週連続の好調教馬


※「調教から狙える好配当馬」とは、純粋に調教だけから選定した配当妙味がある馬です。今週分については、該当馬を全頭挙げさせていただきます。


上記以外の「推奨馬」「調教から狙える好配当馬」を含めS評価A評価B評価、T評価の馬を下記サイトにて掲載しておりますので、よろしくお願いします。

      ↓↓↓

●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。


人気ブログランキングへ←90位以内まで浮上

| | コメント (0)


2010年8月26日 (木)

1週前の調教から分析できること

人気ブログランキングへ←85位以内まで浮上




【1週前調教から分析】

キーンランドCを占うに当たって、1週前の好調教馬を探してみた。ドバイ遠征以来となるローレルゲレイロが《84.0》のB評価8位。同馬は常に稽古駆けするので、すぐには飛びつけない面もある。今週の追い切りを分析してからジックリ検討したい。


Photo

一方の新潟記念はザッと見渡して、テイエムプリキュアが《84.6》のB評価11位。マルカシェンクが《90.0》でA評価。頭数の少ない木曜だったが順位1位。先週は札幌Dのロジユニヴァース(1位)で2着。1位は素直に評価したい。

テイエムプリキュア、マルカシェンクの2頭は何れも人気薄。テイエムプリキュアは53キロが魅力。マルカシェンクは出遅れ癖があるので、距離が延びるのは良さそう。逆にスマートギアが坂路でランクインしていないのは気になる点。今週の調教には要注意。


人気ブログランキングへ←85位以内まで浮上





●高中式・調教サイト●

PC版はコチラ 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

| | コメント (0)


2010年8月26日 (木)

S評価をマークし、2着に好走(昨年のダービー馬に復活の兆し)

人気ブログランキングへ←85位以内まで浮上




【小倉1200m戦】

先日来、取り挙げている「小倉1200m戦」。
この土日は、日曜1Rと4Rを除く6レースで調教指数《80》以上をマークした好調教馬が出走していましたが、その成績は次のとおり(日曜の9Rについては、「日曜日の推奨馬」↓をご覧下さい)

(土曜 1R 2歳未勝利戦)

Ko082101bmp



(土曜 4R 2歳新馬戦)


Ko082104bmp


(土曜 9R 伊万里特別 3歳上500万下)


Ko082109bmp


(土曜 12R 3歳上500万下)


Ko082112bmp


(日曜 7R 3歳未勝利)

Ko082207bmp

6レース中、3レースで好調教馬が勝ち、馬券に絡まなかったのは、土曜9Rの1レースのみ。小倉開催も、あと2週を残すだけとなりましたが、今後も引き続き「1200m戦」は積極的に狙っていきたいと思います。


人気ブログランキングへ←85位以内まで浮上




【日曜日の推奨馬】



新潟6R 推奨馬 10番 ディープサウンド 1番人気 2着

(購入馬券)
7月の終盤から美浦・坂路で入念な乗り込み。
先週は4F50.6-1F13.0・指数《80.8》(B評価)・順位18位、今週は4F51.7-1F11.8・指数《81.4》(B評価)・順位13位をマーク。この時期の2歳新馬で2週連続してB評価以上をマークする馬はほとんどおらず、万全の仕上がり。

馬券の方は、2倍を切る単勝は買い辛く、好調馬2頭(4番・ランパスインベガスと15番・キングフィーシャー)を絡めた3連複(フォーメーション)2万6500円を購入。

勢司厩舎は新潟での成績が勝率10%、連対率24%、複勝率48%。他の競馬場と比べると飛び抜けて優秀。

Ni082206bbmp

(レース結果)
スタートはまずまずだったが、先行勢が多く、道中は中団やや後方寄りを追走。終始、抜群の手応えで、鞍上の手はほとんど動かず。
4コーナーを過ぎ軽く仕掛けられただけで先団に並びかけ、直線半ばで前を行く2頭を捉えにかかるも、そこからの伸びがひと息で勝馬から半馬身差の2着。
"前を行く2頭"は相手候補に据えた4番・ランパスインベガスと15番・キングフィーシャー。
結果、好調教馬3頭のワン・ツー・スリーとなり、3連複の配当は3600円。

2歳戦は、調教の良し悪しがレース結果に直結する確率が高い。
但し、レース経験が浅い若駒だけに、調教は抜群でも気性面の問題等で結果を中々出せない馬もいるので(また、その逆のケースもあり)、「確勝級」と思える場合でも、馬券の方は「単勝1本で勝負」ではなく、保険をかけることも必要。

Ni08226bmp
 購入額 2万6500円 払戻金 5万4000円



小倉9R 推奨馬 3番 ケンブリッジエル 1番人気 5着

(購入馬券)
稽古駆けする同馬だが、今回も2週前に指数《88.4》(A評価)・順位9位をマークし、好調を持続。他にA評価をマークした馬が2頭いるが、いずれも久しぶりの芝のレース。
好調教馬の中では同馬が1歩リード。

前走は4ケ月半ぶりながらも差がない2着に入り、降級2戦目で「今回こそ」と、まずは単勝2万円を購入。。
そして、この土日も「1200m戦」では好調教馬が馬券圏内を賑わしていたことを踏まえ、他の好調馬3頭(4番・ショウナンカッサイと7番・エーシンブイムードと12番・ミッキーフォルテ)を絡めた3連複(フォーメーション)2万4000円を購入。

Ko082209bbmp

(レース結果)
好スタートから好位の3番手を追走。
直線入り口で逃げた勝馬に迫り、手応えからは「楽勝か」に思えたところ、外の馬に内を閉められ(内に押し込められ)、脚を余した形で5着。
残念な結果だったが、他の騎手からすれば、内を閉めて相手にプレッシャーをかけるのは当然のこと。次走、スンナリとした走りで今日の鬱憤を晴らして貰うことを期待。

↑のとおり、軸に据えた推奨馬は5着に敗れるも、6番人気のA評価馬・7番エーシンブイムードが3着に入線。
調教が動く馬は、近走の成績が悪くとも、条件替わり(今回は芝替わり)で激走することがあるので、要注意。
Ko082209bmp

 購入額 4万4000円 払戻金 0円



札幌9R 推奨馬 8番 ヒルノダムール 2番人気 4着


(購入馬券)
ダービーでは2強(ヴィクトワールピサとペリーサ)に一泡吹かしてくれることを期待したが、9着に惨敗。同馬にとっては、秋の巻き返しに向けた大事な一戦。

レース前日に書いたとおり、指数的には、同馬が先週にマースした《94.0》(A評価)・順位1位よりも、ロジユニヴァースが今週にマークした《96.0》(S評価)・順位1位の方が上。ただ、ロジユニヴァースが速い追い切りをこの1本しかこなしていないのに対し、ヒルノダムールは7月下旬に札幌入りして入念な乗り込み。

皐月賞2着の実績からすれば、初の古馬との対戦でも見劣りすることはなく、斤量面も有利。2番人気に推されるも、単勝オッズが5倍を超え妙味十分と、単勝1万円と複勝2万円を購入。

Sa082209bbmp_2

(レース結果)
スタートした直後に大きく躓く。直ぐさま立て直して中団からの競馬。
スタートで後手を踏んだ割には手応えは良く、直線半ばで馬群を割って出た時は、先に抜け出した1、2着には及ばずとも「3着は…」と思わせたが、最後のひと伸びに欠け4着。
この後は、菊花賞に直行とのこと。今日は「出だしの躓きがなければ…」と言ったところだが、この2ケ月で心身共に成長することを願う。

S評価をマークしたロジユニヴァースを軽視したことを反省。
調教過程が「急仕上げ」のように思え、また、近走の不甲斐ない成績からも、ここでの変わり身は期待薄かと…。
ただ、今週の調教指数は断トツの1位であり↓、これだけ動ければ実力馬の復活に下地十分だったと言うこと。

Sa082209cbmp

Sa082209bmp
 購入額 3万円 払戻金 0円


人気ブログランキングへ←85位以内まで浮上





●高中式・調教サイト●

PC版はコチラ 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

| | コメント (0)


2010年8月21日 (土)

実りの秋を目指し古馬に挑む(札幌記念)

人気ブログランキングへ←90位以内まで浮上


【本日の成績】

(推奨馬)

小倉4R  7番 ジンクアッシュ     《89.1》 A評価 1番人気 1着
小倉12R 14番 エーシンフェアリー   《94.0》 A評価 1番人気 2着
新潟6R   7番 アポロジャスミン    《85.8》 A評価 1番人気 2着
新潟12R  1番 アドマイヤセナ     《90.7》 A評価 2番人気 2着


本日の「調教から狙える好配当馬」の成績は3戦1勝で、単勝回収率
180%・複勝回収率66%でした。


【明日の小倉1200m戦】

先日来、取り挙げている「小倉1200m戦」での好調教馬です。

(7
R 3歳未勝利戦)

Ko082207bmp

このレースの好調教馬は3頭。
妙味がありそうなのは、4ケ月の骨折休養明けながら、栗東・坂路でビッシリと追い切られ、先週、《83.2》B評価・順位10位と最も高い調教指数をマークした4番・ファンドリノチカラ
2歳時に栗・CWで指数《87.0》・順位6位優秀な指数をマークしているのは、能力の高さの現れ。
今の未勝利戦なら、いきなりから走ってもおかしくない。

1Rと4Rは、調教指数《80》を超えたB評価以上の馬がいませんでした。
Rについては、↓をご覧下さい。


【明日の推奨馬】


(小倉9R 推奨馬 3番 ケンブリッジエル)



Ko082209bmp_2 Ko082209bbmp_2
栗東・坂路では常に攻め動く同馬だが、今回は先々週に4F52.1-1F12.6・指数《88.4》(A評価)・順位9位をマーク。
直前の追い切りは輸送を考慮してかやや軽めで、調教指数は80を少し下回ったが、時計的には4F52.8-1F12.8ならば十分。
4ケ月半ぶりのレースだった前走も差がない2着と、降級すれば力上位は明らかで、一叩きされた今回は前進あるのみ。
同じレースで3着だったB評価馬・ショウナンカッサイの先行力には注意したい。
あとのA評価馬2頭は久しぶりの芝のレース。デキの良さを活かし、芝のスピード競馬に対応できれば。


(札幌9R 札幌記念GⅡ 推奨馬 8番 ヒルノダムール)


Ha082209bmp_2

3歳上の重賞(GⅡ)だけに好調教馬が多数いるが、先週、札幌ダート・コースで調教指数《94.0》(A評価)・順位1位をマークした唯一の3歳馬・ヒルノダムールを最上位に評価。
指数的には、同じく札幌ダート・コースで調教《96.0》(S評価)・順位1位を叩き出したロジユニヴァースが1番だが、同馬は、宝塚記念以降、速い時計を出したのは、これ1本のみ。
それに対し、ヒルノダムールは、7月下旬に札幌入りして入念な乗り込み。最終追い切りは、芝で素軽い動きを見せ、状態は文句なし。
ダービーは残念な結果だったが(3番人気9着)、皐月賞2着を含め常に高いレベルの戦いをしてきた同馬。
秋の大一番に向けて弾みとなる走りを期待。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】

小倉7R   4番 ファンドリノチカラ    《83.2》 B評価
新潟1R  8番 サトノピースピース   《82.0》 B評価
新潟12R  2番 グラスピュア         《82.3》 B評価
函館4R   1番 サダムグランジュテ   《81.0》 B評価


※「調教から狙える好配当馬」とは、純粋に調教だけから選定した配当妙味がある馬です。今週分については、該当馬を全頭挙げさせていただきます。


上記以外の「推奨馬」「調教から狙える好配当馬」を含めS評価A評価B評価、T評価の馬を下記サイトにて掲載しておりますので、よろしくお願いします。

      ↓↓↓

●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ
 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)


2010年8月20日 (金)

明日も勝負レースは小倉1200m戦

人気ブログランキングへ←90位以内まで浮上



【小倉1200m戦】

先週まで100~150位だった【競馬ブログランキング】も90位まで上昇。先週の土曜は夏競馬としては最高の4,000アクセスまで到達。読者数が増えているので気合いを入れ直して、G1級メンバーが揃った札幌記念を何とかしたい。その前にまずは先日来、取り挙げている「小倉1200m戦」での好調教馬。



(1R 2歳未勝利戦)

Ko082101bmp


このレースで調教指数《80》以上をマークしているのは、7番・カノヤキャプテンの1頭のみ。初戦は3番人気・3着だったが、その2週前に栗・CWで《82.7》のB評価で、順位も5位にランクインしていた。今回は小倉滞在となるが、他にライバルらしき好調教はおらず。
順当に勝ち負けになりそう。



(9R 伊万里特別 3歳上500万下)


Ko082109bmp

好調教馬が4頭いるが、妙味がありそうなのは、今週、栗東・CWで《85.0》B評価と最も高い調教指数をマークした6番・ウィザースプーン。栗・CWで10位の順位も優秀。2ケ月ぶりを一叩きされ、粘りも増すはず。降級馬の13番ショウナンアトムも《83.2》のB評価


4R「2歳新馬戦」と12R「3歳上500万下」については、↓をご覧下さい。



【土曜日の推奨馬】


(小倉4R 推奨馬 7番 ジンクアッシュ)

Ko082104bmp

このレースで調教指数《80》以上をマークしたのは同馬のみ。7月初旬から栗東・坂路でじっくりと乗り込まれ、8月に入り速い時計を連発。今週は4F51.0-1F12.6・指数《89.1》(A評価)と、2歳新馬としては抜群の時計・指数をマーク。順位も上記の画像の通り、古馬に混じり4位と文句なし。しかも、併せ馬で1600万下の古馬に先着と勝負根性もありそう。




(小倉12R 推奨馬 14番 エイシンフェアリー)


Ko082112bmp
滞在競馬だった前走は2番人気に支持されたが7着に敗退。今回は栗東に戻り、2週続けてCWでしっかりと追い切られ、先週は調教指数《94.0》(A評価)・順位1位をマークして調教は抜群。好調教馬が6頭いる中、調教過程を含め、最も変わり身が見込める。また、同馬は上のクラスでも好戦歴がある降級馬。牝馬同士の今回はそろそろ決めたいところ。坂口正則厩舎は、この小倉開催の成績が勝率10%、連対率33%、複勝率53%と絶好調。

10番ゴッドフェニックスは栗・坂路で《87.8》のA評価。順位も5位にランクイン。調教は相変わらず動くので、芝変わりで一変の可能性はある。札幌1200m戦などの調教指数に関しては、「高中式・調教サイト」(PC版 携帯版)でご覧下さい。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】


小倉9R   6番 ウィザースプーン    《85.0》 B評価
小倉12R 10番 ゴッドフェニックス    《87.8》 A評価
新潟5R  15番 サーストンサブリナ    《85.7》 A評価

※「調教から狙える好配当馬」とは、純粋に調教だけから選定した配当妙味がある馬です。今週分については、該当馬を全頭挙げさせていただきます。



人気ブログランキングへ←90位以内まで浮上

| | コメント (2)


2010年8月19日 (木)

札幌記念攻略の前準備

人気ブログランキングへ
90位付近まで進出





【先週の「札D」と「函W」をチェック】

先週まで100~150位だった【競馬ブログランキング】も90位まで上昇。先週の土曜は夏競馬としては最高の4,000アクセスまで到達。読者数が増えているので気合いを入れ直して、G1級メンバーが揃った札幌記念を何とかしたい。新たに作成、公開している北海道の調教指数で、まずは先週までの調教を分析してみる。

Photo


例えば「会員ページ」へログインして頂き、先週の「札D」「函W」をチェックしてみよう。



Photo_2

「札D」ではヒルノダムールが1位で《94.0》のA評価。なるほど、6ハロンで80秒を切る時計。しかもラスト12秒台は馬場を考えれば非常に優秀だったよう。マイネルスターリー、サクラオリオンも1週前からキッチリ態勢を整えている。


Photo_3


一方の「函W」はどうか。ヤマニンキングリー、アーネストリー、ジャミールの3頭がランクイン。僅かに《80》を超えたB評価となった。さすが古馬オープン馬だけあって、調教でも動いている馬が多い。1週前の時点ではヒルノダムールが好調教で、古馬相手でも調教的には勝るとも劣らない。

札幌、函館は意外に調教に注目している人が少なく、また時計的に速いのか遅いのか?が比較し辛い。その盲点を巧く馬券に繋げたい所。一番右の「出走R」が「--」となっている馬は、先週が好調教でも、まだレースには出走していない。何となくでもよいので、名前を覚えておいて頂きたい。【競馬ブログランキング】もどうぞよろしくお願いします。




●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。




人気ブログランキングへ
←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (2)


2010年8月18日 (水)

2歳馬でA評価なら

人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。




【小倉1200m戦】

先日来、取り挙げています「小倉1200m戦」での好調教馬。

(2R 2歳未勝利戦)

Ko081502bbmp
このレースで調教指数《80》以上をマークしたのは、9番・トキノゲンジ(2番人気)の1頭のみ。しかも、栗東・CWで指数《87.0》A評価と、2歳馬としては非常に優秀な指数をマーク。
馬券の方は、単勝2万円と上位人気の3、4、10号馬の3頭を絡めた3連複を購入したところ、9番・トキノゲンジがゴール前で先行した3号馬、4号馬を捉え1着。


Ko081502bmp





(4R 2歳新馬戦)


Ko081504bmp

9番・チーフミッキー
(9番人気)は、栗東・CWで《90.0》A評価と、2Rのトキノゲンジ以上に優秀な指数を叩き出していますが、これは1ケ月前の7/14にマークしたもの。その後、同馬は、速い追い切りを1本もしておらず、馬券の方は、見送り。

レースの方は、勝馬から約2秒離され7着。
ただ、この時期の2歳馬が調教でこれだけ動けるのは能力が高い証拠。次走以降、ビシッと追い切りがこなされれば、変わり身に注意。


なお、6Rと12Rは、調教指数《80》を超えたB評価以上の馬がおらず、10R「北九州記念GⅢ」については、↓をご覧下さい。




【日曜日の推奨馬】


先週から、これまでの「推奨馬」とは別に、純粋に調教だけから選定した配当妙味がある馬を「調教から狙える好配当馬」挙げさせていただていますが、この土日の成績は9戦2勝、単勝回収率183%・複勝回収率61%。



小倉10R 推奨馬 16番 ダッシャ-ゴーゴー 2番人気 11着


(購入馬券)
このレースは、S評価馬4頭を含め、調教指数《80》を超えるB評価以上の馬が全部で10頭。
その中にあって、2週連続してS評価、しかも順位1位をマークした同馬を最上位に評価(詳しくは「2週前、1週前の「S評価」「1位」がポイント」中の
【北九州記念の調教指数の見解】を参照願います)。2週連続のS評価も滅多に見ることはないが、これに加え2週連続の「1位」は、極めて稀。
よって、単勝500円台なら美味しいと感じて、単勝2万円と複勝3万円を購入。

Ko081510bbmp Ko081510cbmp

(レース結果)
スタートはひと息だったが、行きっぷりは良く、直ぐさま中団へ。大外を廻って徐々に先団へと進出を図るも、4コーナーで大きく外に振られ不利があり、小回りの電撃6F戦故に万事休す(11着)。
鞍上のコメントによれば、制裁の対象となった2件(6号馬と10号馬)を含め計3回に不利があったとのこと。もちろん、これらの不利がなくとも、今日の道中の位置取りや展開から言って、勝ち負けになったかどうかはわかりませんが、非常に残念な結果。
ただ、同馬はこれから先のある3歳馬。中味が濃い調教をこなしているだけに、次走はスムーズな競馬で巻き返して貰いたいところ。
Ko081510bmp

 購入額 5万円 払戻金 0円


新潟11R 推奨馬 1番 シングライクバード 6番人気 3着


(購入馬券)
前走時から栗東・CWでの動きが良化(5番人気3着)。今回は先週が調教指数《81.0》(B評価)・順位6位で、今週は指数《97.0》(S評価)・順位1位と、絶好の動きを見せ状態は更に良化。
牡馬相手で強敵も多いが「S評価」をマークするデキならば好戦必至と、単勝1万円と複勝2万円を購入。
友道厩舎の今年の新潟での成績は(2-2-2-2)と非常に優秀。

Ni081511bbmp

(レース結果)
まずまずのスタートを切るも、二の脚が全くつかず最後方を追走。道中も上がって行く気配もなく、直線を向き大外一気の競馬。メンバー中最速の上がりで(33秒1)、4着馬との3着争いを征するも、1、2着馬とは3馬身以上の差(複勝290円)。
前2頭には離されたが、牡馬相手に55kgを背負い健闘の3着。
今回は初のS評価をマークしたが、調教での動きの良化ぶりには馬自体の成長が認められ、牝馬同士なら重賞でも十分に好戦出来る。ただ、社台RHの馬故に、引退までに残された時間は短いので…。

Ni081511bmp

 購入額 3万円 払戻金 5万8000円



●高中式・調教サイト●

PC版はコチラ 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)


2010年8月14日 (土)

2週前、1週前の「S評価」「1位」がポイント

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします!



【本日の回顧】

昨日書きました「小倉1200m戦」での好調教馬。小倉4Rの2歳新馬戦は、唯一の該当馬 5番・スギノエンデバー《80.9》(B評価)が快勝(1番人気・1着)。6Rでは推奨馬に挙げた13番・セレスワンラヴは4着に敗れましたが、「調教から狙える好配当馬」に挙げた8番・ハバタクテーラーが1着(単勝1,040円・複勝370円)。(1Rと9Rは調教指数《80》を超えたB評価以上の馬がいませんでした)。

13番・セレスワンラヴは、本日の馬体重が前走時から-10kg。小柄な牝馬だけに大幅な馬体減が堪えて直線の伸びを欠きました。敗因がハッキリしているので、次走の巻き返しに期待したいところです。

なお、本日の「調教から狙える好配当馬」の成績は5戦2勝で、単勝回収率330%・複勝回収率110%。今週からこのブログでは前日に「推奨馬」と「調教から狙える好配当馬」の中からピックアップした馬を掲載させていただくことにし、詳細については、「回顧」で説明させていただくことにいたします。また、今週から、函館ダート・コースに替わり、札幌ダート・コースの調教指数を掲載させていただきます。




【北九州記念の調教指数の見解】


このレースはS評価馬4頭を含め好調教多数。その中で16番ダッシャ-ゴーゴーの調教が素晴らしい。今週の追い切りは控えめだったが、1週前、2週前に栗・坂路で「S評価」、「1位」をマークしているのがポイント。

Photo_2

ちなみに2週前が栗東・坂路で4F52.2-1F11.6で、調教指数に換算すると《95.1》でS評価。先週も4F50.5-1F12.0マークで、調教指数は《99.0》のS評価。2週連続してS評価、しかも順位1位マークは特筆すべき。

前走のCBC賞は初の古馬との対戦で差がない2着。その時の3着馬は函館スプリントをレコード勝したワンカラットと、内容が非常に濃い2着だった。相性が良い小倉の地で初重賞制覇が狙える状態。




【明日の「調教から狙える好配当馬」】

新潟8R   3番 ピースオブラック    《93.9》 A評価
新潟9R   5番 シンボリカージナル   《88.6》 T評価
新潟10R  3番 フキラウソング      《92.7》 A評価
札幌2R  10番 ビーンケード      《86.7》 T評価

※「調教から狙える好配当馬」とは、純粋に調教だけから選定した配当妙味がある馬です。今週分については、該当馬を全頭挙げさせていただきます。


上記以外の「推奨馬」「調教から狙える好配当馬」を含めS評価A評価B評価、T評価の馬を下記サイトにて掲載しておりますので、よろしくお願いします。

      ↓↓↓

●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ
 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)


2010年8月13日 (金)

馬券が美味しい小倉1200m戦

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします!



【馬券が美味しい小倉1200m戦】

好調教が結果に繋がるのが2歳戦。それに負けず劣らず1200m戦も、調教指数の良し悪しが結果に直結します。最近ではCBC賞でS評価ヘッドライナーがで勝利(単勝870円)。函館SSでもS評価ワンカラットがレコード勝ち(単勝420円)。

1200m戦は重賞、未勝利問わず、馬券的には単勝でも、3連複でも美味しいと思います。先週、馬券で実践した3レースを含め、以下の4レースについて、少し説明しておきます。

今週、日曜のメーンレースも芝1200mの「北九州記念GⅢ」。



【土曜日・小倉1R】


当週の追い切りで調教指数《82.9》(B評価)と、このレースで唯一《80》以上をマークした11番・モアグレイス(推奨馬)。相手関係も楽になる今回は「勝ち負け」になるはず。単勝400円台なら、朝から勝負したくなるレース。

まずは単勝1万円を投入。複勝オッズが1.4倍~と低かったため、断トツ1番人気の8番・キミニアエタキセキとの枠連1万円を保険で購入。

Ko080701bbmp

レースは好位を追走していた11番モアグレイスが、ゴール前で先に抜け出した3号馬を差し切り1着(単勝440円)。1番人気のキミニアエタキセキは5着に敗れ、枠連はハズレ。
抜けた1番人気が馬券に絡まず、モアグレイスの複勝は跳ね上がり270円。

Ko080701bmp



【土曜日・小倉10R】

このレースの好調教馬は、今週、栗東・坂路で指数《90.1》(A評価)・順位7位をマークした6番・エーシンリジルと先週、同じく栗東・坂路で指数《87.5》(A評価)・順位1位をマークした10番・ハッピープレゼントの2頭。指数の高い6番エーシンリジルを上位評価し、推奨馬へ。馬券の方は、推奨馬・エーシンリジルの単勝1万円と複勝2万円を購入。

Ko080810bbmp
レースの方は、手応え良く絶好位を追走していた6番エーシンリジルが直線半ばで力強く抜け出し1着(単勝490円・複勝180円)。10番ハッピープレゼントもゴール前までしっかり伸びて2着に入り、好調教馬頭のワン・ツー。特に栗・坂路、栗・CWで10位以内をマークした馬はよく走る。

Ko080710bmp_2



【日曜日・小倉1R】

土曜日の1Rと同様、このレースも調教指数《80》以上(B評価)をマークしたのは、7番・フレイムヘイロー(3番人気)の1頭のみ。レースでは、逃げる断トツ1番人気の10番・エーティーガンダムをピッタリとマークし、直線半ばでアッサリとかわし去り1着。この時期の2歳馬は、調教指数《80》以上をマークしていれば、馬券になる確率は高い。初戦5着から一変。

Ko080801bbmp




【日曜日・小倉8R】


このレースの好調教馬は次の5頭。直近で高い指数をマークした馬はいなかったので、「推奨馬」と「調教から狙える好配当馬」に抜擢する馬はおらず。ただ、このレースは人気が割れ気味で、1、2番人気の馬も決め手に欠けるところがあり、配当妙味も十分な好調教馬を絡めた馬券を購入することに。

まず、目をつけたのは、18番・リッピアピンク。①好指数をマークした日付が最も直近であったこと、②調教指数《89.1》と最も高い指数をマークしていたこと、③調教順位10位以内を2回マークしていたこと、を理由に軸馬に抜擢。

そして、芝で変わり身が見込め("1走し3着"と芝実績もあり)、鞍上も絶好調・ホワイト騎手の2番・タイセイフレイヤと前走が直線で失速したものの見せ場十分だった16番・エトピリカを2、3番手に評価。何れも今春に《80》以上をマークした経歴あり。相手候補としては抑えておくべき。

馬券の方は、18番リッピアピンクに、2番タイセイフレイヤと16番エトピリカを絡めた3連複(フォーメーション)。3頭すべて単勝10倍弱の配当なら単勝も追加で購入。


Ko080808bbmp

レースの方は、先に抜け出した2番タイセイフレイヤを18番リッピアピンクがゴール前で差し切り1着(単勝830円)。16番エトピリカも3着に入り、好調教馬5頭の中からピックアップした3頭のワン・ツー・スリーで、3連複の配当は13,540円。

15番人気の好調教馬・ミティークも5位入線。下位クラス、しかも、このレースのような牝馬限定戦では、人気に関係なく好調教馬が激走することが多い。払い戻しが17万超えで、ひとまず今週の飲み代にはなる。

Ko080808bmp


なお、今週からこのブログでは前日に「推奨馬」と「調教から狙える好配当馬」の中からピックアップした馬を掲載させていただくことにし、詳細については、「回顧」で説明させていただくことにいたします。

また、今週から、函館ダート・コースに替わり、札幌ダート・コースの調教指数を掲載させていただきます。



【明日の6Rを例として(明日の推奨馬)】

例えば明日の6Rの芝1200m戦。
13番セレスワンラヴは休み明けの前走が《80.4》のB評価
そして今回は栗東・坂路で4F51.5-1F13.0で、調教指数に換算すると《88.4》のA評価。中2週とローテーションは厳しいが、前走の疲れを微塵も感じさせず、むしろ上昇している。

Photo

しかも全体でも順位4位で、前述のように栗・坂路での10位以内は優秀。未だ3歳未勝利にいるのが不思議でならない。持ち時計も他馬を圧倒。宮本厩舎×和田騎手の成績は勝率14%、連対率21%、複勝率29%と、今年に入り急速に良化しており好相性。



【明日の「調教から狙える好配当馬」】

小倉2R   8番 ミッキーマドラー    《91.0》 A評価
小倉6R   8番 ハバタクテーラー    《81.0》 B評価
小倉8R  14番 ベネラ           《80.2》 B評価
新潟10R  7番 モンテフジサン      《96.0》 T評価
札幌10R  1番 クナンガン         《85.0》 B評価

※「調教から狙える好配当馬」とは、純粋に調教だけから選定した配当妙味がある馬です。今週分については、該当馬を全頭挙げさせていただきます。


上記以外の「推奨馬」「調教から狙える好配当馬」を含めS評価A評価B評価、T評価の馬を下記サイトにて掲載しておりますので、よろしくお願いします。

      ↓↓↓

●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ
 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)


2010年8月11日 (水)

単勝380円でも「2階級降級」、唯一の「好調教馬」なら

人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。




【土曜は4戦3勝】

土曜日は好調教馬がキッチリ結果を出して、馬券の方もプラス11万5千円。日曜日も、この状態を維持したいところだが、結果のほどは如何に↓。

小倉1R  11番 モアグレイス      《82.9》 B評価 2番人気 1着
小倉5R  11番 マザーウェル      《80.9》 B評価 4番人気 3着
小倉7R  17番 トロワプレジール    《96.0》 S評価 2番人気 1着
小倉10R   6番 エーシンリジル     《90.1》 A評価 2番人気 1着


なお、先日来お知らせしていますとおり、これまでの「推奨馬」とは別に、純粋に調教だけから選定した配当妙味がある馬を挙げさせていただくことにいたしますが、手始めに、この土日はサンプルとして「調教から狙える好配当馬」11頭を挙げさせていただきましたところ、その成績は(2-1-1-7)・単勝回収率117%・複勝回収率85%でした。




【日曜日の回顧】

新潟2R 推奨馬 6番 ショウナンカミング 2番人気 5着

(購入馬券)
今週は栗東・CWで調教指数は《81.8》のB評価をマーク。この時期、栗東・CWで《80》を超える指数を叩き出す2歳馬はほとんどいないこと、そして、今年、須貝厩舎は新潟で(2-1-3-4)と優秀な成績を収めていることもあって、同馬の単勝2万円に、好調教馬2頭↓とのワイド1万円を購入。

Photo_5
(レース結果)
まずまずのスタートを切るも、直後、「アクシデント発生か?」と思わせるほどズルズルと後退。道中も折り合いを欠く走り。直線半ばから良く追い上げて掲示板は何とか確保するも(5着)、勝馬との差は1コンマ5秒。力を要する栗東・CWで2歳馬らしからぬ動きを見せていることからも、能力上位は確か。次走は、巻き返しに期待。
Ni080802bmp_3
 購入額 3万円 払戻金 0円
 本日の収支 -3万円 昨日から通算 +8万5000円




小倉10R 推奨馬 13番 ゴールデンチケット 2番人気 2着


(購入馬券)
6ケ月ぶりとなるが、栗東・坂路で武豊騎手を背に2週連続して抜群の時計・指数をマーク。これだけ動ければ、デキは文句なし。しかも、昨年のJCダート3着を筆頭に、これまでの実績を考えれば、単勝250円なら買える馬券。単勝2万円に、オープンでの好走歴のある降級馬の1番・インバルコ(1番人気)と栗東・CWで好調教連発の4番・マイエンブレムを絡めた3連複(フォーメーション・千円×7点+千円×5点+「1-4-13」を3千円)1万5千円を購入。

Photo_6

(レース結果)
好スタートから抜群の手応えで3番手を追走。直線に入り持ったままで前の2頭に並びかけた時は(かたや1号馬は鞍上が必死に追いどおしで)楽勝かの印象。ところが先頭に躍り出てからの伸びがイマイチで、直線半ばでようやくエンジンがかかった1号馬にゴール前でクビ差かわされ2着。

完全に勝ちパターンだったが、早めに抜け出し過ぎて、直線で1頭になって気を抜いた分の差。単勝は外してしまったが、3連複(1470円)が2千円分的中で僅かの取りガミ。
Ko080810bmp_3
 購入額 3万5000円 払戻金 2万9400円
 本日の収支 -3万5600円 昨日から通算 +7万9400円




新潟12R 推奨馬 4番 スペシャルハート 1番人気 1着


(購入馬券)
前走時の追い切りでは抜群の時計・指数を叩き出し、調教指数は《97.0》の(S評価)。断トツの1番人気に推されながらも3着に敗れたが、これは直線半ばまで執拗に絡まれたことが全て。現級勝ちもあり、力上位は明らか。S評価馬の巻き返しに期待し、単勝3万円購入。

Photo_3 

(レース結果)
抜群のスタートから、二の脚も速く一気にハナヘ。2頭ほど絡んでくる馬もいたが、手応えの差は歴然。直線半ばでそれらを振り切り、後続の追い込みも楽々しのぎ切り快勝(単勝190円)。調教指数が《97.0》の(S評価)なら、まともに走れば能力が違うのは当然。
Ni080812bmp_3
 購入額 3万円 払戻金 5万7000円
 本日の収支 -8600円 昨日から通算 +10万6400円




函館11R 推奨馬 5番 ケイアイライジン 2番人気 1


(購入馬券)
3ケ月ぶりとなるが、7月中旬から函館Wで入念に乗り込まれ、7/21(水)には調教指数《80.3》(B評価)をマーク。他に調教で目立った動きをしている馬はおらず。しかも、同馬にとって今回は「2階級の降級戦」で、「確勝級」と判断できれば単勝380円でも美味しい。単勝2万円と、同馬からの3連複(1頭軸流し・500円×15点+千円×10点)1万7千500円を購入。

Photo_4

(レース結果)
スタートはあまり良くなかったが、スッと内の好位へ。道中は余裕の追走で、直線では軽く仕掛けられただけでアッサリと馬群を割り、力の違いを見せつけ完勝(単勝380円)。上位人気の決着ながら(2番人気-5番人気-4番人気)、1番人気の3号馬が5着に敗れたことで、3連複の配当も意外と高く3,950円。

「2階級の降級」、メンバー中唯一の「好調教馬」なら単勝で勝負できる。小倉のメーンでゴールデンチケットが負けたのは誤算だったが、ケイアイライジンの単勝が300円台ついたのも、ある意味では嬉しい誤算だった。休み明けを巧く判断できれば、馬券的に美味しいレースは多々ある。
Hk080811bmp_3
 購入額 3万7500円 払戻金 13万5250円
 本日の収支 8万9150円 昨日から通算 +20万4150円



●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (2)


2010年8月 8日 (日)

函館2歳S、関屋記念を終えて

人気ブログランキングへ←1クリックお願いします!



【函館2歳S】


函館2歳Sは2番人気のマジカルポケットが、1番人気のマイネショコラーデを差し切って優勝。頭数が少なく配当が微妙だったので推奨は控えたが、調教的には函Wで《89.0》のA評価をマークしていた。

Photo

3着に入ったルリニガナも函Dで《88.1》のA評価。終わってみればA評価の好調教馬の2頭、プラス1番人気のマイネショコラーデで決着。過去の傾向を調べていくと、一つのレースに該当馬が2頭いる場合、馬連・ワイドの1点買いがよさそう。やはり2歳戦は調教で動く馬は、レースでもシッカリ走ってくれる。


【関屋記念】

一方の新潟の関屋記念は6番人気のレッツゴーキリシマが逃げ切り勝ち。今回は9ヶ月の休み明けが気になったが、久々を思わせない力強い走りで見事重賞初制覇。

Photo_2

調教指数的には美・坂路で4週に渡ってB評価以上で、すべて10位以内の高い指数をマーク。久々でも万全の仕上がりとは読んだが、何より新潟の長い直線が合うかが微妙と判断していた。

調教指数でB評価以上の馬は、夏負けしていない証拠。逆に人気で惨敗する馬は、調教で動いていないにも関わらず、これまでの実績で人気する場合がほとんど。暑さとともに調教指数が威力を発揮してきた。また馬券的な回顧は週明けの手の空いた時に更新します。



上記「推奨馬」などを含めS評価、A評価、B評価、T評価の馬を下記サイトにて掲載しておりますので、よろしくお願いします。

      ↓↓↓

●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ
 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (2)


2010年8月 7日 (土)

ゴールデンチケットは本当に仕上げ途上なのか?

人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。



【今後の方針を少し】

昨日のブログに書きましたとおり、これまでの「推奨馬」とは別に、純粋に調教だけから選定した配当妙味がある馬を挙げさせていただくことに。

正式には、これに関する要項(サイトとブログの区分けを含め)が決定次第、実施することにいたしますが、それまでの間は、「調教から狙える好配当馬」(好配当と言えない場合もあるかも知れませんが)として前日のブログでサンプルを挙げさせていただきます。


(本日の推奨馬)


小倉1R  11番 モアグレイス      《82.9》 B評価 2番人気 1着
小倉5R  11番 マザーウェル      《80.9》 B評価 4番人気 3着
小倉7R  17番 トロワプレジール    《96.0》 S評価 2番人気 1着
小倉10R   6番 エーシンリジル     《90.1》 A評価 2番人気 1着




【明日の推奨馬】

小倉10R 13番 ゴールデンチケット


先週は4F52.2-1F12.2マークで、調教指数に換算すると《84.1》(B評価)で13位。今週も4F51.7-1F12.5の好時計で、指数に換算すれば《87.9》(A評価)で12位。ベスト10入りは果たしていなくても、武豊騎手を背に「2週連続好調教」なら仕上げとしては十分。

Photo

昨年のJCダート3着を含めこれまでの実績を考えれば、このクラスでは負けられないところ。森厩舎×武豊騎手の2009年1月1日~の成績は勝率19%、連対率27%、複勝率42%と好相性。仕上がり8分という声もチラホラ聞こえるが、調教指数的には決してそんなことはない。むしろ人気が集中しなければ美味しい。



新潟2R 6番 ショウナンカミング


当レースは6番ショウナンカミング、7番バライロー、8番コンプリートの3頭が該当。6番ショウナンカミングは今週の栗東・CWは上がり1Fを要したが、6F、5F、3Fの時計が非常に優秀。調教指数は《81.8》のB評価

Photo_2

この時期の栗東・CWで《80》を超える2歳馬はほとんどおらず、3頭の中で6番ショウナンカミングが最も評価できる。今年、須貝厩舎は新潟で(2-1-3-4)と優秀な成績を収めていることも後押し。



新潟12R 4番 スペシャルハート


前走時の追い切りでは美浦・坂路で4F49.7-1F11.5・指数《97.0》(S評価)・順位1位と絶好の時計・指数を叩き出した。そして、断トツの1番人気に推されたが、直線半ばまで執拗に絡まれ最後に力尽き3着。

Photo_3

今回は中1週で同馬としては軽めの調教だったが、調教指数は《80》を少し下回った程度でデキ落ちはない。「S評価」「1位」をマークした馬は、一度敗れただけで評価を下げない方がよい。



函館11R 5番 ケイアイライジン


攻め駆けするT評価馬。3ケ月ぶりとなるが、7月中旬から函館Wで入念な乗り込み。調教指数的には7/21(水)に《80.3》(B評価)をマーク。

Photo_5

当レースは該当馬が1頭だけで、他に好時計をマークしている馬はいない。今回は「2階級の降級」。実力的に一番、調教の動きも一番なら、勝ち負けを期待してよいだろう。



【明日の調教から狙える好配当馬】

小倉2R  14番 マキハタピンナップ   《80.4》 B評価
新潟5R   6番 ルシャンベルタン    《80.7》 B評価
新潟7R   7番 サクラベッシー      《88.0》 A評価
新潟8R   4番 トーセンドンファン    《82.7》 B評価 2週連続の好調教馬
新潟11R  4番 マルカシェンク      《90.3》 A評価 3週連続の好調教馬


上記「推奨馬」などを含めS評価、A評価、B評価、T評価の馬を下記サイトにて掲載しておりますので、よろしくお願いします。

      ↓↓↓

●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ
 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)


2010年8月 6日 (金)

「調教から狙える好配当馬」

人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。


【武豊騎手が復帰】


先週の小倉競馬場は武豊騎手の戦列復帰で大変盛り上った模様。
負傷の部位・程度の違いはあれど、若い頃は驚異的な回復力を見せていた同騎手ですが、年齢を重ね、今回の復帰に関しては、当初からの予定を何度も変更する等、非常に慎重でした。

そして、先週は日曜日の2鞍のみの騎乗で、その成績は(0-0-1-1)。
大きな怪我の後だけに、騎乗ぶりにもまだまだ"慎重"な面が見受けられましたが、騎手の世界も「新規参入」が相次ぐなど年々厳しさを増しており、武豊騎手と言えども"復帰、即大活躍"というわけには中々いかないよう。



【調教から狙える好配当馬】

Kさん、そして、会員様からご指摘頂きました。貴重なご意見ありがとうございます。先々週(7/24、7/25)は、B評価馬51頭の単勝回収率が325%、複勝回収率が135%と大幅に100%を超え。好調教ということだけで人気薄で激走する馬も多数います(調教以外のファクターでマイナス点があっても)。

そこで純粋に調教だけから選定した配当妙味がある馬を挙げさせていただくこととし、その要項(サイトとブログの区分けを含め)が決定次第、実施することにいたします。なお、それまでの間は、手始めに「調教から狙える好配当馬」(好配当と言えない場合もあるかも知れませんが)として、前日のブログでサンプルとして挙げさせていただます。

(調教から狙える好配当馬)

新潟9R  4番 ラバーフロー      《88.1》 A評価
新潟9R  7番 エーシンブラン     《84.3》 B評価
新潟12R 11番 ウインザースプーン  《85.5》 A評価
函館2R   1番 スズカマジェスタ    《80.9》 T評価
函館7R   3番 ツクバフージン     《88.3》 A評価
函館10R  4番 グレイドキング     《87.0》 A評価

また、「2週連続の好調教馬」については、現在、データを分析中ですので、これが完了次第、今までのように該当馬を掲載するのではなく、"狙い目がある2週連続の好調教馬"として「推奨馬」又は「調教から狙える好配当馬」↑の中で掲載させていただきます。



【明日の推奨馬】

小倉1R 11番 モアグレース

今週の水曜に栗東・坂路で4F52.5-1F12.5マーク。調教指数は《82.9》で、古馬も含めて20位。栗東・坂路では2歳馬としては優秀で、このレースで唯一の《80》以上のB評価。

Photo_2
前走はゴール前で伸びを欠いたものの、好メンバーが揃った中で差がない5着。相手関係も楽になれば、今回のメンバーなら勝ち負けになる。西園厩舎はこの小倉開催の成績が(2-1-2-9)と好調。



小倉5R 11番 マザーウェル

栗東・坂路で先週は4F52.2-1F12.6・指数《80.1》(B評価)、今週は4F52.5-1F12.8・指数《80.9》(B評価)と「2週連続の好調教」。血統的には母シンコウラヴリイの超良血馬。7月に入ってからコンスタントに好調教。ようやく体質がシッカリしてきたようだ。


Photo_3
最後の一押しが利かないタイプなので、小回り平坦コースは向くはず。牝馬同士なら初勝利は近い。平田厩舎×藤岡康騎手の2009年1月1日~の成績は勝率12%、連対率21%、複勝率26%で、単複共に回収率は100%超。



小倉7R 17番 トロワプレジール


今週の栗東・CWで《95.0》マークで、古馬も含めて1位の調教指数。実は1週前の栗東・CWでも《96.0》のS評価をマーク。2週連続で秀逸の動きを披露している。

Photo_4
前走は既走馬に混じり出遅れながらの3着と能力は高い。今回は3ヶ月の休み明けとなるが、休養前よりも明らかに調教時計も良化。連闘で挑む武豊騎手騎乗の14号馬を含め強敵は多いが、それで人気が割れるようなら面白い。



小倉10R 6番 エーシンリジル


栗東・坂路では好時計を連発する同馬。今週も4F51.1-1F12.5・指数《90.1》で、7位の調教指数をマーク。ハッピープレゼントとともにA評価で、指数の高いエーシンリジルをやや上位評価した。

Photo_5
最近ではヘッドライナーがCBC賞を勝ち、ワンカラットが函館SSをレコード勝ち。調教指数は短距離戦で特に威力を発揮。前走は6番人気の低評価ながら3着。6月2日からランクイン。前走がフロック視されて軽量51kgだが、2走前辺りから馬が変わってきている。野元厩舎の成績は今日の中(推奨馬4頭)ではやや見劣るも、この小倉開催の成績は(2-2-0-8)と優秀。



上記「推奨馬」などを含めS評価、A評価、B評価、T評価の馬を下記サイトにて掲載しておりますので、よろしくお願いします。

      ↓↓↓

●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ
 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)


2010年8月 6日 (金)

栗東・坂路の1位はダッシャーゴーゴー

人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます


今週の調教指数を計算、公開しました。「調教時計が速いほど、指数も高いのですか?」という質問を某会員様から頂いたので、水曜・坂路を例にとって簡単に説明してみましょう。まず次の表は水曜の栗東・坂路の全体時計ベスト10です。

表.水曜の栗東・坂路のベスト10

1 メリッサ 牝6 500 130 馬也 91
2 アドマイヤセナ 牡7 503 132 馬也 92
3 ダッシャーゴーゴー 牡3 505 120 一杯 99
4 ファミリズム 牝4 506 127 一杯 92
5 メイショウアツヒメ 牝4 509 123 一杯 93.8
6 コスモベル 牝6 510 127 一杯 88.9
7 サマーウインド 牡5 510 125 一杯 90.9
8 エーシンリジル 牝3 511 125 一杯 90.1
9 ラバーフロー 牡2 511 127 一杯 88.1
10 レディルージュ 牝4 512 126 一杯 88.2

一番時計はメリッサの4F50.0秒、二番時計がアドマイヤセナの4F50.3秒、三番時計がダッシャーゴーゴの4F50.5秒でした。レディルージュの51.2秒までがベスト10入り。そしてココからが調教を判断する上での重要なポイント

全体時計だけではなく、「ラスト1ハロン」「追い方」なども併せて評価しなければなりません。「ラスト1ハロン」を比較すると、メリッサ、アドマイヤセナは馬也とはいえ13秒台。それに対してダッシャーゴーゴーは12.0秒。ベスト10入りの中でも「ラスト1ハロン」は最速。「全体時計」も速く、「ラスト1ハロン」も速いという理想的な調教時計。上記の判断基準を設けた上で、独自に計算を行うと「栗東・坂路」の調教指数は次のようになります。

Photo

ダッシャーゴーゴーが《99.0》で1位。水曜の栗東・坂路の唯一のS評価馬となります。今週の出走はありませんが、4日の坂路の調教指数1位だったという事実は必ず覚えておくべき。

2位がメイショウアツヒメの《93.8》(A評価)、3位がヒシロイヤルの《93.5》(A評価)と続きます。ヒシロイヤルは全体時計が51.4秒で12位でしたが、「ラスト1ハロン」が馬也で12.4秒と秀逸。 基本的には調教時計が速いほど、指数も高くはなりますが、必ずしも一致するとは限りません。

調教時計で大事なことの一つが「全体時計」と「ラスト1ハロン」のバランスでしょう。水曜・CWは《95.1》以上のS評価馬の該当はありませんが、上位には馬券的にも面白そうな馬が数頭。また質問があればコメント欄、メールでご連絡下さい。




●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (0)


2010年8月 4日 (水)

スマートギアが複勝200円超えとは

人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。


先週の金曜日の夜は、週初めに突発的な大仕事が入った影響もあり疲労困憊だったところ、競馬仲間と「焼き肉」を食べながら競馬談義に花を咲かせことで、身体の方だけでなく精神的にもリフレッシュ。


ところが、土曜日の夕方に自宅のパソコンがパンクし、その復旧作業等で再びフラフラ状態へ。日曜日は、手助けに来たくれた知人が懸命に復旧作業をしているのを横目で見ながら、同人から借りたノートパソコンでもって馬券の方だけは何とか購入することが出来たのですが、パソコン自体は、万策尽きてハードディスクを初期化せざるを得ないことに。


ソフトのインストールや諸設定のやり直し等、手間暇のかかることも結構ありましたが、データに関しては、こまめにバックアップを取っていたことがせめてもの救いでした。遅ればせながら、MKさんには、日曜日の朝早くから復旧作業にご尽力いただきましたことを深く御礼申し上げます。



「推奨馬」の方ですが、先週(7/24~)から「調教師(厩舎)」というファクターに注目し始めたところ、今週は人気馬中心の推奨ながらも(3-0-1-4)と回復基調。暫くの間は、データを取りながら、これの有効性を検証していく予定ですが、それ以外のファクターに関する検討が疎かにならないよう十分に注意したいと思います。

※先週の土曜日の収支はプラス1万5千円。↓回顧中の(購入馬券)→「推奨理由」については、「小倉記念はスマートギア」もご参照下さい。




【日曜日の回顧】


小倉1R 推奨馬 13番 ウルル 1番人気 5着

(購入馬券)
前走は断トツの1番人気に推されながらも、やや太目が残り2着に惜敗。今週は栗東・坂路で2歳馬としては非常に優秀な時計をマーク。今回は「確勝級」と思えるも、1.5倍の単勝は買い辛く、好調教馬2頭↓を絡めた3連複(フォーメーション・千円×31点)3万1千円を購入。同馬を管理する宮本厩舎の成績は昨年と比べ大幅な飛躍。
Ko0801012bmp_3

(レース結果)
スタートはひと息も二の脚を使い先団の好位ヘ。4コーナー手前で鞍上の手が激しく動くも反応鈍く、直線でも見せ場なく5着。ただし今回の敗因はレース中の「鼻出血」とはっきりしている。坂路で古馬も含めた2番目の調教指数をマークできる馬は少ない。これで人気を落としてくれることに期待。

Ko08011bmp_2
 購入額 3万1000円 払戻金 0円
 本日の収支 -3万1000円 昨日から通算 -1万6000円




函館4R 推奨馬 10番 スズカマジェスタ 2番人気 5着


(購入馬券)
函館Wで好時計を連発。2歳新馬でこれだけ稽古を積めれば勝ち負けと、単勝1万円と複勝2万円を購入。橋田厩舎は、例年に比べると成績低調だが、函館開催は、連対率が20%超で、複勝率が30%超。

(レース結果)
もっさりとしたスタートから、1コーナーを廻る辺りでようやく行き脚がつき4、5番手を追走。3コーナー過ぎに前を捉えにかかるも、反対に突き放され、直線手前で追い出されてからも伸びを欠き5着。今回は逃げた勝馬に前半千mが65秒と超スローペースに持ち込まれ、スタートがイマイチだった同馬にとっては、追走になし崩し的に脚を使わされる厳しい展開。

Photo_3

調教の動きから能力が高いことは間違いない。今回は距離が合わなかったと判断。調教で動く2歳馬は、距離短縮、初ダートで一変するケースが多い。次走以降も要注目。

Ha080104bmp
 購入額 3万円 払戻金 0円
 本日の収支 -6万1000円 昨日から通算 -4万6000円




小倉9R 推奨馬 5番 ニホンピロアワーズ 2番人気 1着


(購入馬券)
前走は後続を7馬身ちぎる圧勝劇。今週は栗東・CWでこれまでにない抜群の動きを見せ、状態は更に良化。土曜・小倉11Rのミキノバンジョー(推奨馬・1番人気1着)でお世話になった大橋厩舎に再度期待し、単勝1万円と複勝2万円を購入。

(レース結果)
まずまずのスタートを切るも、テンに速い馬が多く、好位の4番手を追走。3コーナー過ぎで外に持ち出され、4コーナーを廻り一気にスパート。直線半ばで前をまとめてかわし去り、ゴールまで全く脚色衰えず快勝(単勝450円・複勝150円)。


Photo

3歳馬ながら、これで古馬混合の500万下、1000万下を連勝。調教で常に動く3歳馬は、一度勢いがつけば止められない。それを判断できるのが調教指数の良い所でしょう。昨秋にシリウスS、武蔵野Sを連勝したワンダーアキュートも同じパターン。調教の良さが実戦に繋がり始めた。このようなタイプはキッカケ一つ。貴重な「お宝ホース」となってくれそう。

Ko080109bmp
 購入額 3万円 払戻金 7万5000円
 本日の収支 -1万6000円 昨日から通算 -1000円




小倉10R 推奨馬 1番 スマートギア 1番人気 3


(購入馬券)
攻め動くタイプも、今回も栗東・坂路で「2週連続の好調教」と抜群の動き(小倉記念はスマートギアを参照)。小倉2千mは(0-2-0-0)。戦列復帰の武豊騎手にも期待し、単勝1万円と複勝2万円を購入。

武豊騎手×佐山厩舎の2009年1月以降の成績は、勝率7%、連対率41%、複勝率44%。全体の勝率が15%を超える武豊騎手だけに佐山厩舎の馬に騎乗した際の勝率の低さは気になるものの、一般的には"好相性"。

(レース結果)
毎度のことながら、ほぼ最後方からの競馬。4号馬が他馬を離し気味に逃げ、道中は縦長の隊列。3コーナー過ぎで馬群が一気に収縮し、同馬も早めに外に持ち出されて、直線入り口では"射程圏内"かと思えるも、そこからジワジワとしか伸びず3着が精一杯(複勝210円)。上がり3F34秒4はメンバー中最速ですが、同馬としては切れを欠く走り。
↑の「騎手×厩舎」のデータが示したとおりの結果に(連対率と複勝率は高いが、勝率は…)。
Ko080110bmp
 購入額 3万円 払戻金 4万2000円
 本日の収支 -4000円 昨日から通算 +1万1000円


Photo_2


スマートギアは3着止まりだったが、複勝200円超えは個人的にはラッキー。各専門紙のTMの評価が低かったようだが、調教指数的には「2週連続好調教」「A評価」なら消せない1番人気だった。




●高中式・調教サイト●

PC版はコチラ 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (3)


2010年8月 2日 (月)

「日曜日の回顧」に先駆け土日の成績です

人気ブログランキングへ←いつもありがとうございます。


土曜日の夕方、自宅のパソコンがクラッシュしたため、「日曜日の推奨馬」をアップすることが出来ず、申し訳ありませんでした。

調教サイトについては、データ作成、サイト更新等、全ての作業を別部隊で行っていますので、全く問題ないのですが、私が担当している「コラム(推奨馬の選定&コメントの作成)」及びこのブログに関する作業がストップ。
取り敢えず、推奨馬の馬名等のみを連絡し、「パソコンが復旧次第、残りの作業を」などと、当初は割合と悠長に構えていたのですが…。

土曜日の段階で自力での回復を諦め、日曜日には知人の応援を仰ぎ懸命に復旧作業を行ったのですが、結局のところ、万策尽きてハードディスクを初期化。

データに関しては、バックアップを取っており、ほとんど影響ありませんでしたが、最近、動作の不安定さが気になりだし「そろそろ…」と思っていた矢先でしたので、何事も予兆があった時点で迅速に対応する必要があることを痛感した次第です。

取り急ぎ、「日曜日の回顧」に先駆けまして、土日の「推奨馬」及び「2週連続の好調教馬」の成績のみを掲載させていただきます。


【推奨馬】


(土曜日)
小倉4R    7番 ドレッドノート       1番人気 1着
小倉11R 12番 ミキノバンジョー 1番人気 1着
新潟3R    1番 ニシノヘレンド     1番人気 7着
函館5R    9番 ブアットムー    4番人気 10着

(日曜日)
小倉1R  13番 ウルル         1番人気 5着
小倉9R    5番 ニホンピロアワーズ 2番人気 1着
小倉10R  1番 スマートギア       1番人気 3着
函館4R  10番 スズカマジェスタ    2番人気 5着


【「2週連続の好調教馬」】
「2週連続の好調教馬」とは、当週の追い切りを含めた3週間以内で、2週連続して調教指数が80を超えている馬(S、A、B評価の馬)です。
データを出し始めた昨年の11/28からの通算成績は(46-38-36-252)。

(土曜日)
小倉8R 7番 メイショウマレンゴ 4番人気 7着
07/28 栗東・坂路 調教指数《88.5》(A評価)
07/21 栗東・坂路 調教指数《80.6》(B評価)
小倉8R 12番 マイプラーナ 1番人気 1着
07/28 栗東・坂路 調教指数《89.9》(A評価)
07/22 栗東・坂路 調教指数《82.4》(B評価)
小倉9R 9番 スピルオーバー 7番人気 9着
07/28 栗東・CW 調教指数《88.0》(A評価)
07/21 栗東・CW 調教指数《81.7》(B評価)
小倉11R 4番 メイショウタフ 6番人気 10着
07/28 栗東・坂路 調教指数《80.3》(B評価)
07/21 栗東・坂路 調教指数《80.6》(B評価)
新潟11R 6番 タイガーストーン 4番人気 8着
07/28 栗東・坂路 調教指数《96.0》(S評価)
07/21 栗東・坂路 調教指数《80.4》(B評価)
函館7R 6番 メリュジーヌ 2番人気 8着
07/28 函館・ 調教指数《88.0》(A評価)
07/21 函館・ 調教指数《85.0》(B評価)


(日曜日)
小倉8R 8番 タムロスカイ 3番人気 4着
07/28 栗東・坂路 調教指数《80.3》(B評価)
07/22 栗東・坂路 調教指数《89.0》(A評価)
小倉9R 15番 シルクターンベリー 7番人気 5着
07/28 栗東・坂路 調教指数《88.6》(A評価)
07/21 栗東・坂路 調教指数《86.7》(A評価)
小倉10R 1番 スマートギア 1番人気 3着
07/28 栗東・坂路 調教指数《89.0》(A評価)
07/21 栗東・坂路 調教指数《90.1》(A評価)
小倉10R 13番 ラインプレアー 11番人気 12着
07/28 栗東・CW 調教指数《85.0》(B評価)
07/21 栗東・CW 調教指数《90.0》(A評価)
小倉10R 15番 サンレイジャスパー 12番人気 6着
07/28 栗東・CW 調教指数《85.0》(B評価)
07/21 栗東・CW 調教指数《85.0》(B評価)
新潟11R 5番 エノク 5番人気 9着
07/28 栗東・坂路 調教指数《80.8》(B評価)
07/21 栗東・坂路 調教指数《82.1》(B評価)
函館4R 10番 スズカマジェスタ 2番人気 5着
07/28 函館・W 調教指数《80.9》(B評価)
07/21 函館・W 調教指数《80.5》(B評価)
函館8R 1番 ケージーハッピー 6番人気 5着
07/21 美浦・坂路 調教指数《84.0》(B評価)
07/14 美浦・坂路 調教指数《81.4》(B評価)
函館9R 4番 メイショウートッパー 12番人気 10着
07/28 函館・D 調教指数《86.5》(A評価)
07/22 函館・D 調教指数《86.0》(A評価)
函館11R 8番 ホワイトベッセル 7番人気 7着
07/28 函館・W 調教指数《82.4》(B評価)
07/21 函館・W 調教指数《87.5》(A評価)


上記「推奨馬」などを含めS評価、A評価、B評価、T評価の馬を下記サイトにて掲載しておりますので、よろしくお願いします。

      ↓↓↓

●高中式・調教サイト●
PC版はコチラ
 携帯版はコチラ
※上記サイトで「調教ランク」「出走メニュー」「予想コラム」を提供しています。
なお、平成22年5月29日(土)開催分から有料化させていただきましたが(詳細については、こちらまで)、先週分の調教データについては、トップ・ページ内「先週分(無料)」(PC版)・「先週の開催メニュー」(携帯版)に掲載していますので、是非1度ご覧下さい。

人気ブログランキングへ←1クリックよろしくお願いします

| | コメント (1)


« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »